UNISON SQUARE GARDEN先生が来校!
アルバム「MODE MOOD MODE」公開インタビュー!

生放送 2018.1.24 水曜日

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 学び舎の春 〜LAST RUNNERS〜 』

「学び舎の春 〜LAST RUNNERS〜」
これは、今年の3月で閉校になってしまう、北海道旭川東栄高校のみんなのためにUNISON SQUARE GARDEN先生がつくってくれた合唱曲のタイトルです。

あしざわ教頭「今、聴いてもらっているこの歌も、旭川東栄高校みんなの声です」

とーやま校長「歌ってくれた3年生が卒業してしまう3月もすぐそこだもんね。やっぱり曲を聴くとみんなの表情を思い出すね」

あしざわ教頭「この曲は体育館で録ったじゃないですか。みんなの声が響く感じとかを聴いていると、この場所も4月には誰もいなくなってしまうのかな。って色々思いますね」

とーやま校長「本当の卒業が、すぐそこに近づいているんだね。
そしてこれは、東栄高校のみんなだけでなく、SCHOOL OF LOCK!の生徒のみんなもそうだね」

あしざわ教頭「今は受験で、卒業のことまで考えられないかもしれないけど、もう少しで、今の仲間とは別れることになるんですよね…」

「学び舎の春 〜LAST RUNNERS〜」。実はまだ、正式な音源になっていません。

とーやま校長「特にこの時期、”この曲を、もっとたくさんのみんなに歌ってほしい”そんな想いを込めて、この曲の正式なレコーディングを行いたいと思います!」

ということで!
急遽、この歌を歌ってくれる生徒を、全国から募集します!

「学び舎の春 〜LAST RUNNERS〜」 合唱プロジェクト!!!

とーやま校長「そう! この曲をみんなの歌で音源にします!」

あしざわ教頭「みんなの力を貸してください!」

とーやま校長「どんな生徒に参加してほしいか、なんだけど……この歌を歌いたい10代なら誰でも大丈夫!

あしざわ教頭「特に歌のレッスンを受けているとか、合唱部に入っているとか、そういうのじゃなくて大丈夫だと」

卒業生でも在校生でも大丈夫!
中学生でも高校生でも、専門学生でも大学生でも! とにかく、10代であればOK!!

……ただ、すでに、レコーディングの日程は決まっています。
それが、3月3日!

とーやま校長「ということで、もし、お前がこの合唱のメンバーに選ばれた場合は、2月中に、自主練をしてもらうことになります」

あしざわ教頭「この段階でどこかに来てもらったりすることはないんですが、
このプロジェクトを担当する、うちの職員なんかと電話とかでやりとりをしてもらったりすることになります」

とーやま校長「そして、このレコーディングは、都内で行います。で、ちょっと申し訳ないんだけど…交通費は自費になります…!

改めて応募資格をまとめると……
・10代であること。
・この曲を歌いたいこと。
・2月に自主練ができること。
・3月3日のレコーディングに参加できること。
・レコーディング当日、自費で都内のスタジオに来られること。


とーやま校長「レコーディングさせてもらった合唱は後日、正式な音源になります。
つまり、今後この曲が誰かに聴かれる時は、お前の声として、広まっていくことになります!!」

あしざわ教頭「今後、いつかの卒業シーズンに君の歌で誰かが泣いたりすることもあるでしょうし、
君の声を何度も聴きながら、どこかの学校の生徒がこの曲の合唱の練習をしたりすることもあるでしょう!」

とーやま校長「想像しただけですごいことだよね!」

エントリー方法は、この曲を歌った、君の声を送ってきてもらいます。
コースは、ソプラノ、アルト、テノールの3つ。

すでに特設サイトには、この曲の合唱の見本となる音源や楽譜が揃っています!

あしざわ教頭「楽譜がよくわからない、どのコースにしたらいいかよくわからない、という生徒はぜひ、合唱部の友だちや音楽の先生に聞いてみてください。この特設サイトを見てもらったら、一発でわかるはずです」

とーやま校長「これを見てもらって、お前が歌った歌を、録音して送ってきてほしい!」

あしざわ教頭「もちろん、君の歌はしっかり聞かせてほしいのですが、 家にレコーディング用のすごいマイクがあるとか、
そういう生徒も少ないと思うので、スマホの録音機能とかで大丈夫です。ただ、なるべく静かなところで録音してください」

録音した歌の送り方は、特設サイトに詳しく書いてあります。
「学び舎の春 〜LAST RUNNERS〜」 合唱プロジェクト。締め切りは、2月16日です!!


SCHOOL OF LOCK!




しゅっしゅー!!
参加したいです!!
明日お母さんに相談してみよう!!
自費でももちろん参加したいです!!!

よし!!
アルトに参加したいぞ!!
かんばるりんね
女性/14歳/東京都
2018-01-24 22:07

学び舎の春
マジで感動。
もう泣いてる。
すごい参加したい!
ガフィサ
男性/18歳/茨城県
2018-01-24 22:06



とーやま校長「…って感じにさせてもらったんですけど、斎藤先生、大丈夫ですか?」

斎藤先生「僕、テノールで!」

あしざわ教頭「あれ? もういるの!?」

とーやま校長「貴雄先生は大丈夫ですか?」

鈴木先生「うん、いいでしょう!」

あしざわ教頭「これ、いるなあ…」

とーやま校長「最後に、田淵先生からも、このプロジェクトに参加したいという生徒に向けて何か一言いただけないですか?」

田淵先生「まあ、作ったからには私の手を離れた曲なので、各自ご自由に歌ってくれたまえ!」

あしざわ教頭「みんないるね!」

とーやま校長「よし! ってことで、無事、このプロジェクト、今日からスタートします!」

あしざわ教頭「ちょっと待って! 今、OK取ったんですか?(笑)」

「学び舎の春 〜LAST RUNNERS〜」 合唱プロジェクト。
詳しくは、特設サイトから確認してほしい!


♪ 君の瞳に恋してない / UNISON SQUARE GARDEN


ということで今夜は、生放送教室にSCHOOL OF LOCK!の”鍵のスクールドクター”
UNISON SQUARE GARDEN先生が登場ーーーー!!!!

SCHOOL OF LOCK!


斎藤宏介先生(Vo.&Gt.)
田淵智也先生(Ba.&Cho.)
鈴木貴雄先生(Dr.&Cho.)



ユニゾン先生は本日、
ニューアルバム「MODE MOOD MODE」をリリース!


とーやま校長「田淵先生が両手を何度も掲げていますが…今日は白衣着ていないんですね!」

SCHOOL OF LOCK!


斎藤先生「あ、そういえば…」

とーやま校長「今日はノー白衣ですか?」

田淵先生「だんだん無くなっていくんですよね。医師免許って」

あしざわ教頭「そういうものでしたっけ?」

とーやま校長「医師免許って消失に向かっていくものなんですか?」

田淵先生「だって、運転免許とかも本当はそうした方が良いと思っていて。今、事故とかも多いじゃないですか。返納の時期を明確に決めるんじゃなくて、だんだん無くなっていけば…」

鈴木先生「免許証をでかい氷とかで配布して、だんだん小さくなってきたら適当な時にまた大きくしてもらわないと無くなるとかね」

斎藤先生「久しぶりのお医者さんに診てもらうのイヤだもんね」

あしざわ教頭「それは確かにそうなんですけど、みなさんの場合、だんだんじゃなくてもう無いんですよ(笑)」


SCHOOL OF LOCK!



さあ! 学校掲示板にはすでにアルバム「MODE MOOD MODE」の感想が届いています!


聴きました!!
ユニゾン先生、お久しぶりです!!MMM昨日フラゲして昨日は3時まで起きてライブDVDみてました!笑
今日の学校の登下校はじっくり聴かせてもらってます。とにかく前回のDr.Izzyでの衝撃とはちがう衝撃を受けました。本当にこんな大作…言葉にならない素晴らしさです。3人の奏でる音楽がすきだーーーーーーー!!!!!!
のらねこまゆ子
女性/16歳/東京都
2018-01-24 22:14


UNISON SQUARE GARDEN先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「書き込みを読む直前に、斎藤先生が思わず『名盤』という言葉をボソッとつぶやかれましたけれど…本当にそうですよね!」

斎藤先生「本当に自信があるというか、ものすごく自然に生まれたアルバムで。今、ツアーも回っているんですけど、1本1本のライブが終わった後も”俺ら、マジでカッコイイな!”みたいな感じで感覚が麻痺しちゃってて(笑)
何やっても”自分たち最高!”みたいな自己暗示に陥っているから、そんな中で作っためちゃくちゃカッコイイ12曲のアルバムが出来ました。どうぞ! って胸を張って世に出せたアルバムだなあって思っていますね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「力んで作った訳でもなく、今のユニゾンで出来るものがスルッと生まれた感じなんですかね」

田淵先生「楽しいことをやりながらバンドを長く出来ると、外に向けてって気持ちがあまり無くなってくるんですよね。
とにかく自分たちがやっていて、楽しい! カッコイイ! 最高! アルバム出来た、イェーイ! ドーン! からの曲聴いてもらってライブツアードーン! からの客来てドーン! イェーイ!! みたいな」

あしざわ教頭「ドーン! が止まらないじゃないですか(笑)」

田淵先生「外の人に気に入ってもらうための音楽をやらなくなって来て、自分たちが楽しいことをやろうぜ、っていうマインドで作り続けられて、
なおかつその上でバンドを回せている、とても幸せなことだなあ、と思う次第です。
アルバムを出すごとにどんどん純度が上がっているので、今回も、そりゃ楽しいことをやっているから良いもの出来るよね! っていうような気持ちですね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「楽しいっていう言葉を1曲目と2曲目ですでに感じていて! 1曲目なんてアメリカのシアトルで録音してきたんじゃないかって思うくらいなんですよ! 今までのユニゾンを知っているからこそ、”マジか!”って思ったんです。
そこから、2曲目のイントロで、”グィーン!”とギターが左右に振れるところがあるんですけど…そこがすごく良くて!

斎藤先生「嬉しいね!」

とーやま校長「さらに、CDを手に取るまでシングル以外のタイトルが分からなかったり、曲順も発表になっていなかったんですよね」

田淵先生CD屋さんにいく楽しみになれば良いかな、と思って。CDなんて時代遅れのツールではあるけど、買うの楽しみにしている人だっているじゃないですか。
そういう人たちがパッと見た時に”うわ! 今回こういう曲順か!”っていう、ちょっとしたご褒美になれば良いなって」

とーやま校長「すでにアルバムを聴いている生徒もいると思いますが、アルバムについて聞きたいことがたくさんあるという生徒も多いと思うんです!」


そこで今日は、アルバム「MODE MOOD MODE」について、ユニゾン先生への"公開インタビュー”を受け付けます!

過去の授業も復習しながら、メンバーへの質問をぜひ学校掲示板もしくはメールから送ってきてください!

SCHOOL OF LOCK!



♪ Own Civilization(nano-mile met)  / UNISON SQUARE GARDEN


とーやま校長「…これですよ!」

斎藤先生「音楽ジャンルで言うところの、グランジと言う曲になりますね」

とーやま校長「アメリカ、シアトル発祥の音楽・グランジなんだよ! …俺はグランジだ!! これは俺の曲でもあると思っている!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「俺の曲?(笑)」

とーやま校長「この1曲目から2曲目の流れがすごく好きだっていう話をさせてもらったけれど、気合の入り方が尋常じゃないよね! と、言っていたら同じ意見が掲示板にも届いていたんだよ!」


キュイーーーーン!!
私も!!!!
おおおお、となりましたよ、校長!!!!
びりびりすりっぱ
女性/15歳/大阪府
2018-01-24 22:23




♪ Dizzy Trickster  / UNISON SQUARE GARDEN


SCHOOL OF LOCK!



ユニゾン先生!!!!
あの!!!!!!MMMやばすぎです!!!!!!!!!昨日フラゲしたんですけど、12曲が全部いろいろな雰囲気で素敵すぎます!!!!でも特に!!2曲目が大好きです!!!!!キュイーーンってところも好きだし、前奏でドラムの刻んでる音(?)がすごい聞こえるのも好きだし、「みんなが大好きな物語の中じゃ呼吸がしづらいんだね」の一節がツイッターで公開された時からこの歌詞がザクッと心にキたし、全体的に疾走感もすごいし、ハモりが結構聴こえるのも好きだし、cメロ?の言葉のノリの良さとかも好きだし、もっとたくさん好きなところはあるし、、ユニゾンのカッコいいところが全部詰め込まれてて、the ユニゾン!って感じだなって思いました!こんな短期間でここまで好きになった曲は始めてです!このアルバム、ほんとにすごいです!!!大好きです!!!
なつきら
女性/16歳/東京都
2018-01-24 22:35


斎藤先生「愛情がすごい!」

鈴木先生「嬉しいね!」

とーやま校長「Dizzy Tricksterだけでもこれだけ愛があって、アルバム全部の感想書いたら便箋8〜9枚分くらい書けちゃうんじゃない?」


MMM!!
曲順が最高です!!
最初今までにないようなメロディーの曲から始まり、そこからUNISON SQUARE GARDENワールドが広がっていく感じがとってもかっこいいです!
また様々な楽器の音であふれていて聞いていて感動で思わず身震いしました…
なかでもオーケストラを見に行こうで実際にオーケストラの音が鳴るのはうおお!っとなりました!笑


曲を作るにあたってどのように楽器や音色をきめていくのですか?
甘食パン
女性/18歳/青森県
2018-01-24 22:34




♪ オーケストラを観にいこう / UNISON SQUARE GARDEN



( ^o^) ヒョエーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!
アルバム全曲聞き終わりました!!!!
昨日は雪のため手に入れることが出来なく、最悪なMOODだったんですけど、そんなことも吹っ飛ぶぐらいの最高なアルバムでした!!!
店頭で始めて曲名、曲順を知る喜びや現物のCDを手に入れた時の心躍る気持ちは言葉に変えられないぐらいの幸福感にあるれています!!!
いつもファンの期待を超えてくるユニゾンが大好きです!!!
四月からのツアーでこの曲を生で聞くことを楽しみにしています!!!!
鉄血宰相
女性/16歳/石川県
2018-01-24 20:05


斎藤先生「ヒョエー来ましたね(笑)」

あしざわ教頭「初ヒョエーでしたね!」

とーやま校長「だけど、見ているポイントとか、ここが良いっていうところがみんなバラバラじゃないですか。これもすごいことだなって思って!」

鈴木先生バンドが持っている幅ですね

とーやま校長「ということですよね!」

鈴木先生「……(照)」

SCHOOL OF LOCK!


田淵先生「いや、良いこと言ってたよ?」

とーやま校長「あまり(鈴木先生が)目を見てくれなかった…」

あしざわ教頭「急にポツリと言われましたからね。不思議な空気になりました(笑)」

鈴木先生「自分で幅っていうのも気持ち悪いかなって思ったので、どういう顔されるのかな、って思ってたんですけど…」

とーやま校長「どういう顔してました?」

鈴木先生「いつも通り旭川の顔してました(笑)」

とーやま校長「旭川の顔?(笑)」

SCHOOL OF LOCK!



♪ 静謐甘美秋暮抒情 / UNISON SQUARE GARDEN


とーやま校長「この曲もめちゃくちゃ大好きなんですけど…曲名が漢字じゃないですか。あの…読めないんだよなあ……」

あしざわ教頭「ちょっと難しいですよね(笑)」

SCHOOL OF LOCK!



静謐甘美秋暮抒情
今回のアルバムを手に取って真っ先に目にとまったのはやっぱりこれでした。いや「お経かな?」と思いました。どんな曲か全く想像出来なかったんですけど漢字のゴツさとは裏腹にめっちゃポップでなんていうかもうどうしましょうこれすごいです.......サビの裏で聞こえるチュインチュインしたギター大好きです......斎藤先生は以前どこかで「kid, I like quartetのサビ裏のギターはママチャリに乗ってて思いついた」と仰ってましたが、やっぱこれもママチャリですか?
なめたけ太郎
男性/18歳/群馬県
2018-01-24 22:39


斎藤先生「これは、わりと真面目にスタジオで一生懸命作った感じなんですけど、左側から聴こえるアルペジオって言われるサビで聴こえるやつは
”チュインチュイン”か、”ギュインギュイン”で悩んで、”チュインチュイン”にしたっていう経緯があったので、そこを気に入ってもらえて嬉しかったですね」

とーやま校長「”チュインチュイン”の方が柔らかいし、激しくない方を選択したってことですか?」

斎藤先生クリアな、澄んだ空気感を演出できたと思っていたので、そういうところもギターの音作りに反映させてやってみましたね

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「ちなみに、曲名の読み方って…」

田淵先生「あれで合ってますよ!」

とーやま校長せいひつかんびあきぼ…○□△…ですか?」

あしざわ教頭「あきの辺りから急に怪しい(笑)」

とーやま校長「田淵先生、これは答え無しなんですかね」

田淵先生「もうちょっと長生きすればどこかで聞けると思いますよ(笑) でも、今の面白かったから、今ので正解で!」

SCHOOL OF LOCK!




わぁぁぁぁぁあぁぁあぁ!!!
受験が終わったらMODE MOOD MODEを買おうと思ってたのに、、、
気になって勉強が手につかない!!早く全部聴きたい!!明日、買いに行こうかなぁ?!
ランナーズハイ
女性/18歳/兵庫県
2018-01-24 22:41




♪ MIDNIGHT JUNGLE / UNISON SQUARE GARDEN


22時台はアルバム「MODE MOOD MODE」からの曲をたっぷりとお届けしました!
そして、本日の放送部では、RN びりびりすりっぱ が『Invisible Sensation』をアカペラで歌ってくれました!

SCHOOL OF LOCK!

田淵先生も半身の体勢で聴いてくれていました!


聴き逃してしまった生徒はradikoタイムフリーで!

放送部を聴けないという地域の生徒はラジコプレミアム会員に登録すれば日本全国のラジオが聴けるよ!


さあ、まだまだ学校掲示板に届いたアルバムの感想書き込みを紹介していくぞ!


うはぁぁああああっっっっっす!!!!!!!
うぇええええMODE MOOD MODE買いましたぁあああ!!!!最初から最後まで落ち着けないくらいいつも通りカッコいいし心つかまれたし素敵なアルバムでした..........!チーム幕張なので28日もめちゃくちゃ楽しみにしてます!!!!!ユニゾン先生、インフルエンザにはお気をつけて!!!
鎌倉時代のオサ
女性/15歳/神奈川県
2018-01-24 21:28


斎藤先生「最初、なんて言ってました?」

あしざわ教頭「うはぁぁああああっっっっっす!!」

斎藤先生「それ教頭のさじ加減じゃないんですか(笑)」

とーやま校長「じゃあ、斎藤先生にも読んでもらって…」

斎藤先生「読みますよ…。うはぁぁああああっっっっっす!!!!

あしざわ教頭「ほら! そのままでしょ(笑)」

斎藤先生「ちょっと田淵も読んでみてよ」

田淵先生「いやいや、僕は読まないですよ。………うはぁぁああああっっっっっす!!!!

とーやま校長「こうなると、コンプリートしたいので貴雄先生も…」

鈴木先生「いや、こういうこと書いたらユニゾンが喜ぶだろうっていう、やらしい感情がメールから見えてるので…」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「貴雄はどSだなあ!(笑)」

田淵先生「気になるんですけど、これスマートフォンで打っているのかなあ? これだけ小さい『っ』がいっぱいあるって、結構冷静な顔して打っている可能性あるよね」

とーやま校長「分析はやめてもらっていいですか(笑)」

あしざわ教頭「どこでスクールドクター出してるんですか!」

とーやま校長「そんな分析はいいんですよ! ユニゾン先生は、次のツアーが決まっているんですよね?」

鈴木先生「はい、決まってます!」

とーやま校長「でも、この間までツアーやってましたよね」

斎藤先生「確かに。でも、意外にライブしている時の方がヒマですよ!」

あしざわ教頭「どういうことですか?」

SCHOOL OF LOCK!


斎藤先生「ライブをしている時って1日ライブしかしないんです。例えば今日だったら、このラジオに来るまでに色んなことをやってラジオに来ているけど、ライブの日はライブしかしないから、逆にヒマですね」

とーやま校長「聞いたところによると、『MODE MOOD MODE』に収録されている楽曲は、『One roll, One romance』のツアー中に制作されていたんですよね?」

斎藤先生「去年はめちゃくちゃ曲を作ったね!」

田淵先生「そうだね。シングルを出した時にカップリング曲を追加で作らなきゃいけなかったりしから、作ったは作ったね。でも、それを見越して随分前から作っていたので」

UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2018「MODE MOOD MODE」
4月13日(金) 千葉県 市川市文化会館から、11月1日(木) 京都府 KBSホールまで!

詳しいスケジュールはUNISON SQUARE GARDENオフィシャルサイトをチェック!

とーやま校長「今年の4月から11月までですよ!」

田淵先生「まあ期間は長いけど、その間に対バンイベントも出つつな感じにはなると思うんですけどね」

とーやま校長「このアルバムを引っさげてのツアーは、今回が初めてですよね」

鈴木先生「そうですね」

とーやま校長「じゃあ、初めてお客さんの前で演奏する曲もたくさんあるってことですか」

鈴木先生「シングルが4枚出て、それはやっているので、それ以外の8曲かな?」

斎藤先生「だけど実は、『One roll, One romance』のツアーがまだ終わってないんですよ」

とーやま校長「終わってないんですか!?」

鈴木先生「でも、適当にツアー始まる前から練習して、適当にツアー行くので」

とーやま校長「それは、いい意味の適当でしょ?」

鈴木先生「いや、悪い意味の(笑)」

とーやま校長「貴雄〜! 頼むぜ〜!」

鈴木先生「生きてりゃいいのよ」

SCHOOL OF LOCK!


斎藤先生「たかを(笑)」


ここからは、生徒が直接ユニゾン先生にインタビューをしていきます!
まず最初に逆電した生徒は…

みくっぱ 静岡県 16歳 女性 高校1年生

RN みくっぱは、すでにアルバムはフラゲ済み!
かなり緊張しているようだけど、インタビューの心得はしっかりとあるとのこと!

とーやま校長「スミマセン〜わたくし、マネージャーのとーやまと申します〜。今日、本人たち疲れているんで短めにお願いします〜」

あしざわ教頭「イヤなマネージャーだな! みくっぱ、気にせずに聞きたいこと聞いていいからな!」

みくっぱ「はい! 今までは曲名とかで先入観持って聴いちゃったんですけど、このCDは自分のイメージだけで聴けたので、CDを買う時の興奮が今までにない感じですごい幸せでした!
そこで質問なんですけど、初めてのCDを流した時の1曲目のイントロのギターの音が、なんだか動物の鳴き声に聴こえて…。
ジャケットがキリンの絵っていうのもあって、もしかして何か関係あるのかなって思ったんですけど…」

斎藤先生「キリンの鳴き声ってこと!? なるほど〜! 面白いね!」

田淵先生「喉を鳴らしたりする時にこういう音を鳴らす動物がいるのかな」

斎藤先生「意図はしていないんですけど、強いていうのなら特にイントロとか曲の出だしは”あれ?”って思わせるように気をつけていて。
違和感であったり、めちゃくちゃ良い音だな、とか…。出来るだけ、頭からふっかけてやろうって思っているので、思わぬ拾われ方をするっていうのはすごく嬉しいですね。
キリンの鳴き声のように聴こえたっていうのなら、それは大成功だし、そう思ってもらえてめちゃくちゃ嬉しいです!」

田淵先生「君はキリンの鳴き声は聴いたことあるの?」

みくっぱ「全然ないんです!」

斎藤先生「キリンの鳴き声を聴いたことが無い人にまで、”キリンの鳴き声じゃない?”って思わせるような音だったんだね。
でも、ギターってそこが面白いんだよ! エフェクターっていうもので姿形を変えられるから、景色を変えたり色を変えたり、雰囲気や味を変えたりっていうのが最高なんですよ!
なので、そこを拾ってもらえて楽しくてしょうがないですね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「そろそろお時間ですが…他にも聞きたいことありますか?」

みくっぱ「大丈夫です! ありがとうございます!」

とーやま校長「実際にインタビューしてみて、いかがでした?」

みくっぱ「自分の想像とは違ったみたいですけど、嬉しいって思ってくれて良かったです!」

斎藤先生「そう思ったのならそれが正解だから、みくっぱにとって、あの音はキリンの鳴き声です!」

みくっぱ「そう思って聴きます!」

鈴木先生「これを機にいつかサバンナに行ったらどうだい?」

あしざわ教頭「急だなあ(笑)」

とーやま校長「みくっぱ、どうもありがとう!」

みくっぱ「ありがとうございました!」


♪ フィクションフリーククライシス / UNISON SQUARE GARDEN



フィクションフリーククライシスっ
直球で伝えます!笑フィクションフリーククライシスの歌詞、意味わかんないです!!笑でも、そういう歌詞だからこそあの曲が引き立ってると思います!!最高です!以上!!めちゃめちゃ好きです!!笑
さとこー
男性/16歳/宮崎県
2018-01-24 23:36


田淵先生「どの歌詞も好きですけど、こういう歌詞書いていると楽しいよね〜! 曲として聴いた時に言葉が入ってくるっていうのは作詞家的には褒め言葉であって、
文章で何かを伝えたいって思ってるわけではないので、こういう言葉の乗せ方も日本語の音楽にはあるんだぜ、っていうのをちょっとでも感じ取ってもらえるのは作詞家冥利につきますな

とーやま校長「音楽をやっている10代とか、自分で詩を書かなきゃいけない時とか、どうしても模範解答みたいなものがあって、逆にそこでがんじがらめになってしまうこともあるな、って思うんです。
物つくりってそういうことじゃないですか。でも、この曲はそういう思いを破壊してくれますよね」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「言葉自体がリズムみたいな感覚もすごくあるし、言葉を聴きたくて音を聴いてるみたいな感じにもなるし、両方が作用しているような気がしますね」

田淵先生「嬉しい限りですな」


続いてのインタビュアーは…

あーやん★ 兵庫県 17歳 女性 高校2年生

あしざわ教頭「中2高2は……フリーーーダーーム!!!

SCHOOL OF LOCK!


あーやん★「フリーーダーム!」

斎藤先生「久しぶりに聴いたねえ」

あしざわ教頭「不思議な距離が生まれましたね(笑) 貴雄先生、いかがですか?」

鈴木先生「いや……素敵な……

田淵先生「めっちゃ距離感あるじゃん!」

斎藤先生「めちゃくちゃギクシャクしてる(笑)」

あしざわ教頭「すごい気を使われた…!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「今からインタビューしてもらうけれど、今の気持ちとしてはどう?」

あーやん★「めっちゃ緊張してます! 緊張しすぎて、たぶん今、熱あるんです」

あしざわ教頭「大丈夫!?」

とーやま校長「何度くらいあるの?」

あーやん★「37度5分です」

とーやま校長「結構あるなあ…」

緊張で熱が出てしまったRN あーやん★だけど、
大好きなユニゾン先生に聞きたいことがあるので、頑張ってインタビューしていきました!

あーやん★「今日アルバムを聴いたんですけど、聴いているだけでライブを体感してるみたいでした!
どの曲もシングル級で、私が特に好きなのは3曲目と7曲目です。3曲目は私が大好きな『flat song』と『さわれない歌』をめっちゃいい感じに組み合わせたみたいやな、と思ってて。ラストのサビの『アンドロメダ』みたいなタララララン♪っていうのがめっちゃ好きです!」

斎藤先生「だんだん楽器が増えていくやつだ!」

あーやん★「最後、曲が終わったかな? って思ったら、もう一回上がってジャン! って終わるのも鳥肌ものです! 7曲目は知らないはずなのに体が勝手に動いてしまうような曲で、ライブで聴いたら絶対に楽しい曲やな、って思ってます。
今回のアルバムは全世界に売り出してもいけると思うくらい、素晴らしかったです!」

UNISON SQUARE GARDEN先生「ありがとう!」

あーやん★「そして、パッケージについて質問なんですけどデビュー後のアルバムの1作目や2作目、ベストアルバム以外のパッケージって全部動物ですよね」

斎藤先生「そうですね!」

あーやん★「あれって何か意味があるんでしょうか? そして、『One roll, One romance』ツアーのグッズにもキリンが登場しているんですけど、何か関係があったのかな、っていうのと、
アルバムの1曲目、よく分からないけどなんか引き込まれる曲なんですよ。いつも1曲目は曲が短くて、気のせいかもしれないけど1曲目と2曲目の間は他よりも短いと思いました。
それはどうしてなのかなって思いました。
最後に、8曲目で歌詞を繰り返す部分があるんですけど、歌詞にしっかりその回数分、歌詞が書かれてますよね。でも、ユニゾンさんの曲って繰り返す歌詞は一回しか書かれていなくて省略されてる場合が多いので、その違いを教えてください!」

斎藤先生「めちゃくちゃ詳しい! 俺らよりも詳しいよね」

まず、1つ目の質問!
「どうしてアルバムのジャケットには動物が多いのか?」

田淵先生「そういえば、いつのまにか動物シリーズみたいになってますね」

斎藤先生見た瞬間に、”ああ、このアルバムね”って言えるような力のあるもの、象徴的なものが一つあればアルバムとしていいんじゃないかって話が上がった時に、なんとなく3枚目の『Populus Populus』というアルバムでコーヒーカップの上で白鳥が泳いでるジャケットができたんです。
4枚目は何にする? ってなった時に、前回の動物がキャッチーで良かったし、もう1回動物にしようよって言ってハリネズミになったんです。そこからなんか引っ込みがきかなくなって…」

SCHOOL OF LOCK!


田淵先生「でも『Dr.Izzy』は別のになりかけたよね」

斎藤先生「そう、動物は卒業しようって話になったんだけど、結局戻っちゃったんだよね」

田淵先生「『Dr.Izzy』はラフ画までは機械だったんだよね。寸前でひっくり返って牛になったね(笑)」

斎藤先生「実は、デザイナーさんのこだわりがあって。ユニゾンを聴く時に型破りとか、常識にとらわれないみたいなことを感じて頂いてるみたいで。
例えば白鳥がコーヒーの上を泳いでるわけがないとか、ハリネズミがジャケットにいるのに、穴が開いちゃってるとか…。
今回で言うと、キリンなのになのにジョッキーがまたがっている。常識だと考えつかないものをキャッチーに描くっていうところにユニゾンに感じてもらっているらしくて、そういうところで動物を使っているね」

SCHOOL OF LOCK!


2つ目の質問は、「『One roll, One romance』のグッズにキリンがあったけれど、今回のアルバムとは関係があるのか?」

鈴木先生「いつもグッズは僕が作ってるんですけど、キリンっていうものをテーマにしてグッズを作ったけれど、別にこのアルバムとは全く関係ないんですよね。
今回、アルバムのジャケットどうしようってなった時にキリンって言ったのは田淵なんだけど、そこに関係性はあったのかな?」

田淵先生「ジャケットをどうするっていう会議の時ってデザイナーさんと30分くらいバーっと話すんだけど、その時に俺が適当に言っていたやつのうちの一つが
『キリンって高いところの草を食べるじゃないですか。そうじゃなくて、キリンが地べたに置いてある肉とか食ってたら面白いですね!』
って言ったら、”キリン良いですね…”ってデザイナーさんがボソッと言ったのも覚えているんだよね。そしたら、ラフ画がキリンになってた(笑)。
こういうのにしたいっていうのはあんまり僕らからは言ってなくて、かっこいいのにしてくれよな、っていうことだけ伝えているんだけど、僕たちがやっている遊び的な部分から決まったんじゃないか、と記憶してます!」

あーやん★「ありがとうございます!」

3つ目の質問は、「なぜ、1曲目は短めの曲が多いのか?」

田淵先生「長い曲があっても良いと思うけど、今の気分だと長いと飽きちゃうからね。最初から長いと頭でっかちな感じがするからじゃないですかね」

あーやん★「なるほど〜!」

最後の質問は、「『フィクションフリーククライシス』の歌詞が省略されずに歌詞カードに載っていたのはどうしてか?」

田淵先生いっぱい羅列していてカッコ悪いやつと、羅列しているとなんか気味悪くて面白いみたいなのがあって、これも感覚で決めるんだけど、今回はいっぱい並んでいると”うわ〜気持ち悪〜い!”って感じになったので、それを採用したんじゃないのかな」

SCHOOL OF LOCK!


あーやん★「ありがとうございます!」

とーやま校長「はい、時間です〜!」

あしざわ教頭「たっぷりインタビューできたね!」

とーやま校長「優しいマネージャーで良かったですね?」

あしざわ教頭「自分で言わない(笑)」

とーやま校長「インタビューしてみてどうでした?」

あーやん★「ユニゾンと逆電するのが夢だったんで、もう泣きそうです!」

斎藤先生「良かった!」

鈴木先生「それじゃあこれを機に、彼女にもサバンナに行ってもらって…

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「なんで生徒をサバンナに送り込むんですか!(笑)」

とーやま校長「なんかニヤニヤしてるなあ、と思ったら…」

鈴木先生「ニヤニヤしてる俺と目が合いましたもんね(笑)」

とーやま校長「俺は常に貴雄ロックオンしているから!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「結果、サバンナ発動しちゃったよ!」

RN あーやん★ 素敵なインタビューありがとう! 

そして、本日も黒板の時間になってしまいました。
今日は、斎藤宏介先生にお願いいたしました!


SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 言葉はいらない 』

斎藤先生「今日はたくさん曲をかけてもらって、僕らが大事にしていることって言葉よりも音楽に詰まってたりするし、理路整然と話せるほど、人間の感情って素直じゃなくないですか。
なんかいろんな感情があって当たり前だと思うし、それをそれとして、なんか思い悩む必要もないし…。僕らだったらそれが全て音楽に詰まっているので、今日はたくさん曲をかけていただいて嬉しかったです!」


♪ 夢が覚めたら(at that river) / UNISON SQUARE GARDEN


とーやま校長「このアルバムには好きなところがたくさんあって、誰かに絶対聴いてほしいなって思って、でもどんな言葉を添えたら良いんだろう、ってちょっと悩んでいたんですよ。
でも、『とにかく聴いてくれ!』の一言で良いな、って今の黒板を聞いて改めて思いました。この言葉を胸にアルバムをたくさんの人に伝えさせてもらいます!」

斎藤先生「めちゃくちゃ頼もしい!」

田淵先生「来週から配信も始まるので、とにかく曲順で聴いてくれ!」


ユニゾン先生! 今日も2時間ありがとうございました!
また遊びに来てください!

SCHOOL OF LOCK!


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN あっすー♪


SCHOOL OF LOCK!

RN せかくま


SCHOOL OF LOCK!

RN あっすー♪


SCHOOL OF LOCK!

RN おーさか生まれのねこ


SCHOOL OF LOCK!

RN なつめぐ


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN ふてふてりんご


SCHOOL OF LOCK!

RN ももとりまかろに


SCHOOL OF LOCK!

RN ♡桜嵐@永遠のSOLファン♡


SCHOOL OF LOCK!

RN ♡桜嵐@永遠のSOLファン♡


SCHOOL OF LOCK!

RN おさら桜09


SCHOOL OF LOCK!

RN ばなーなー



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
みくっぱ 静岡県 16歳 女性 
あーやん★ 兵庫県 17歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
びりびりすりっぱ 大阪府 15歳 女性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:01 学び舎の春 〜LAST RUNNERS〜 / 北海道旭川東栄高校3年生&UNISON SQUARE GARDEN
22:07 学び舎の春 〜LAST RUNNERS〜 / 北海道旭川東栄高校3年生&UNISON SQUARE GARDEN
22:12 君の瞳に恋してない / UNISON SQUARE GARDEN
22:33 道 / 宇多田ヒカル
22:37 Own Civilization(nano-mile met) / UNISON SQUARE GARDEN
22:39 Dizzy Trickster / UNISON SQUARE GARDEN
22:42 オーケストラを観にいこう / UNISON SQUARE GARDEN
22:46 静謐甘美秋暮抒情 / UNISON SQUARE GARDEN
22:50 MIDNIGHT JUNGLE / UNISON SQUARE GARDEN
22:52 Silent Libre Mirage / UNISON SQUARE GARDEN
22:52 Invisible Sensation / びりびりすりっぱ
22:57 Invisible Sensation / UNISON SQUARE GARDEN
23:18 Love me, Love you / Mrs. GREEN APPLE
23:35 フィクションフリーククライシス / UNISON SQUARE GARDEN
23:49 夢が覚めたら(at that river) / UNISON SQUARE GARDEN
23:54 君の瞳に恋してない / UNISON SQUARE GARDEN

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

有無は言わさず聴いてくれ、聴いたらわかる、そういうアルバム!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

濃厚すぎる12曲。マジで聴くしかないでしょ!!
ユニゾン先生ツアー楽しみにしてます!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev                 Next -
<   2018年1月   >
MonTueWedThuFriSatSun
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE