Mrs. GREEN APPLE先生が来校!
SCHOOL OF LOCK!史上初、超大型海外プロジェクトがいよいよ始動!!

生放送 2018.2.28 水曜日

SCHOOL OF LOCK!


今日もとーやま校長が黒板を書く音でスタートしたSCHOOL OF LOCK!
しかし、今日はまだ黒板は発表しません!

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!が始まって以来、“史上最大”と言ってもおかしくないとんでもない超大型プロジェクトがこれからスタートします!」

あしざわ教頭「先週、生徒のみんなには“超大型海外プロジェクトが始動する”とだけ、先にお伝えしていましたけど。今日ついにその全貌が明らかになるんですね!」

とーやま校長「しかも今日は、Mrs. GREEN APPLE先生が生放送教室に登場してくれる! これもすごい!」

あしざわ教頭「さらっとミセス先生が来るって言ってますけど、このタイミングでミセス先生が来るって事は…そういう事で良いんですよね?

とーやま校長「そういう事っていうのは?」

あしざわ教頭この海外プロジェクトに関係があるって事ですよね!」

とーやま校長「まぁ関係は……あるよね

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「そこ言っちゃうんですね(笑) 先週も関係があるっぽい事ってこと言ってましたけど…」

とーやま校長「改めて、ココでちゃんと発表させていただきます!
SCHOOL OF LOCK!が開校してもう12年が経つけれど、今年13年目にして、我が校史上、最大の海外プロジェクトが今宵、スタートします!

あしざわ教頭「はい。僕達は過去にも生徒のみんなと沢山のプロジェクトを一緒に行って来ましたけど、これは本当に史上最大級と言っても過言ではないです!」

とーやま校長「そして今回このプロジェクトを行うに当たって『一緒にやりましょう!』と声を掛けてくれたのが……!」

10代の夢を応援する、アクエリアス!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「このアクエリアスが”未来で夢を掴む為のきっかけにして欲しい!”と、我が校の生徒の為に、とんでもなく大きなプロジェクトを用意してれました!」

とーやま校長「それが、今日の黒板!」

SCHOOL OF LOCK!


アクエリアス presents
2018 FIFA ワールドカップ™ ロシア DREAM PASSPORT!!!



あしざわ教頭「今年6月に開催される、2018FIFA ワールドカップ™ ロシアに我が校の生徒1名を完全無料招待します!!!!

FIFA ワールドカップ™というのは、4年に1度開催されるサッカーの祭典!

208の国と地域が予選を行って、本大会に進めるのは32ヶ国!
そして、世界一の国を決める戦いが繰り広げられる!

とーやま校長「今回のロシア大会には日本も出場を決めております! ちなみに、前回ブラジル大会の予選、日本対コロンビア戦の最高視聴率は52.7%!

前回の決勝戦、ドイツ対アルゼンチン戦は、全世界で、10億人以上が視聴したと言われている!

とーやま校長「とにかく参加している国の数、経済効果も含めて、“世界最大級のスポーツイベント”!」

あしざわ教頭今回、そんなFIFA ワールドカップ™に生徒1名を招待!
現地では日本戦のサッカー観戦はもちろん、さらにはコイントスカストディアンという重要な役割を生徒の君に果たしてもらいます!」

とーやま校長「この“コイントスカストディアン”というのは、サッカーの試合が始まる前に行われる、先攻後攻を決めるコイントスのコインを審判に渡す役割の事。
つまり、コイントスカストディアンに選ばれると生徒のお前もFIFA ワールドカップ™の舞台でもある、グラウンドに実際に立つことが出来るってこと!

あしざわ教頭「全世界が注目するFIFA ワールドカップ™に行けて、しかもコイントスカストディアンという大役を任されるって、とんでもないことですよね!」

とーやま校長「さらに今回、そのロシアに行く生徒を応援、そして現地でサポート・お前の夢を一緒に応援してくれるのが…!」

<生徒が集まってくる>

あしざわ教頭「…と、その前に生徒が集まってきました! それでは、SCHOOL OF LOCK!本日も開校です! 起立! 礼!!」

とーやま校長・あしざわ教頭叫べーーーーーーーーーーーーーーー!!!!


♪ StaRt / Mrs. GREEN APPLE


とーやま校長「と言う訳で! 2018 FIFA ワールドカップ™ ロシア 応援プロジェクト『DREAM PASSPORT』を一緒に盛り上げてくれてるのは、我が校の“今を学ぶ”授業『超現代史』の講師…!」

Mrs. GREEN APPLE先生ーーーー!!!!

SCHOOL OF LOCK!


Mrs. GREEN APPLE先生Mrs. GREEN APPLEです!!!!

大森元貴先生(Vo.Gt.)
若井滉斗先生(Gt.)
山中綾華先生(Dr.)
藤澤涼架先生(Kb.)
睫鄒興\萓検Bs.)


とーやま校長「ちょっと興奮が冷めやらぬ状態ですが…ミセス先生! このプロジェクトどうですか?」

大森先生「10代でこんな経験が出来るってとんでもなく貴重ですよね!」

とーやま校長「今回はミセス先生が一緒にロシアに行って、生徒の事をサポートしてくれて、そしてその夢を一緒に応援してくれるんですよね?」

大森先生「そうなんです! 実際に僕達も生徒と一緒にロシアに行かせていただいて、そこで生徒がコイントスカストディアンとしての
大役を果たすまでのサポートと、更にその試合のサッカー観戦とかも一緒にする予定です!」

とーやま校長「ちなみに『FIFA ワールドカップ™の舞台に立ってもらう!』とは言ったけど
“試合前にコインを渡す大役を任せる”って事なので、サッカーの経験は無くても全然大丈夫! 性別も問わない!

あしざわ教頭「ただし、ロシアに行くという事でいくつか条件はあるんですよね?」

とーやま校長「そう、基本的な条件ある。ここからは実際に現地で生徒をサポートしてくれるミセス先生に、発表してもらおうと思います!」

大森先生「では、僕から生徒の君がロシアに行く為の条件を発表します!」

SCHOOL OF LOCK!


大森先生「まず条件その1! 応募できる年齢!
こちらは、応募の時点で13歳から17歳であること!

それ以下でもそれ以上でもなく13歳から17歳までです!

とーやま校長「さっき性別は問わないって言ったけど年齢には制限があるって事ね!」

大森先生「続いて条件その2! パスポート!
これは、既に持っている生徒は良いんですけど、もし持っていない生徒が選ばれた場合はパスポートを取得してもらう事になります!」

とーやま校長「でも、選ばれた後に取得しても全然間に合うからね!」

大森先生「僕もこれからですから!」

とーやま校長「えっ!? ノー海外?」

大森先生「ノー海外です!(笑)」

とーやま校長「なんか、まだまだだね…」

あしざわ教頭「校長も最近海外に行ったばかりでしょ(笑)」

とーやま校長「ごめん! 38歳にして、初めて海外に行った俺が言うことじゃなかった(笑)」

あしざわ教頭「パスポート、大事ですね!」


大森先生「続いて条件その3! 同伴者なし!
コイントスカストディアンをしてもらう生徒の保護者は同伴者として着いて行く事が出来ません!」

簡単に言うと一人でロシアに行くという事!

とーやま校長「でも一人とはいえ、アクエリアスが完全サポートしてくれるし、現地ではもちろんミセス先生とも合流するので、そこは安心してもらって大丈夫だよね!」

大森先生「大丈夫です! 僕からの基本的な条件は以上です!」

とーやま校長「大森先生ありがとうございます!」

あしざわ教頭「そして、生徒のみんなが気になっているのはロシアに行く日程ですよね!」

とーやま校長「現地で生徒のお前がコイントスカストディアンとして活躍してもらう日は…! 
日本 VS セネガル戦が行われる、6月24日 日曜日!

あしざわ教頭「これは現地時間って事ですね! ちなみにロシアに行く期間は6月24日だけではなく、その前後。6月22日から6月26日までの5日間となります!」

とーやま校長「これ、2戦目だからね」

あしざわ教頭「ドキドキする〜! 大事な試合だよ」

とーやま校長「若井先生、2戦目もわりとヒリつきますよね」

若井先生「そうですね。2戦目はみんな熱くなります」

SCHOOL OF LOCK!


応募するにあたって、学校を休まないといけないかも…。とか色々な条件はあるけど、

「それでもとにかくFIFA ワールドカップ™を自分の目で観てみたい!」
「夢のきっかけを探したい!」「ロシアに行って自分の中の何かを変えたい!」

そういう想いがあるやつは、まずは一旦応募してくれ!


とーやま校長「そして、ミセス先生を迎えておくる今夜は、今発表したばかりの2018FIFA ワールドカップ™ ロシアDREAM PASSPORTにちなんで、みんなの“夢”を聞いていこうと思う!」

「いつか日本を背負ってFIFA ワールドカップ™に出たい!」
「将来は海外で働きたい!」
「正直、今はまだ夢を持っていない」そんな生徒でもOKです!


みんなの思い描く“未来の夢”、このプロジェクトに関する事を学校掲示板もしくはメールから送って来て欲しい!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「若井先生もサッカー詳しいじゃないですか。FIFA ワールドカップ™のピッチに立つことが出来るってすごいですよね」

若井先生「僕も思い描いていた夢だったので、羨ましいし、本当にすごいことです!」



わ、わ、わ、W杯だってえーーーーーーー⁉⁉
なんじゃそりゃーーーーーーーーー⁈⁈
アクエリアス様!
あざっす‼
幻SOLファンクラブ会長のテン
男性/15歳/栃木県
2018-02-28 22:04


とーやま校長「あざっす!!」


SCHOOL OF LOCK!




ヤバない?
W杯に完全無料招待やと⁉
SOL、スゴいな。
ミセス先生も一緒にとか、最高かよ!
応募したいなあ。
green swan
女性/13歳/栃木県
2018-02-28 22:10


とーやま校長「とりあえず応募してみようよ!」


ここで、応募条件をもう一度おさらい!

・応募の時点で13歳から17歳の生徒であること!
・6月22日から26日までの5日間、同伴者なしでロシアに行く事が出来る生徒!
・性別やサッカー経験は問いません!
・パスポートを持っていない生徒はそれまでに取得してもらいます!


この条件をクリア出来る生徒は、是非とも参加して欲しい!
さらに詳しい情報については、特設サイトに載ってるのでそこからチェックしてください!


とーやま校長「そして、ミセス先生は、我が校の今を学ぶ授業“超現代史”の講師として去年の10月からミセスLOCKS!を担当してくれていますけど…」

大森先生「そんなに経ちますか!」

とーやま校長「睫鄒萓古にも、よくここまで来たなあって思います?」

睫鄒萓「そうですね。ちょっと色々ありましたけれど…(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「色々(笑)」

とーやま校長「綾華先生はいかがですか?」

綾華先生「毎回楽しく授業をさせていただいてるので、本当に嬉しいです!」

とーやま校長「こちらこそです! でも、ミセスLOCKS!が始まってから生放送教室に来るのは今日が初めてなんですよ!」

藤澤先生「そっか〜!」

あしざわ教頭「意外な感じですね」

大森先生「じゃあ、半年くらい経っているんですね」

さらに、ミセス先生は、TOKYO FM が毎月発行しているタイムテーブルの表紙も飾っています!
欲しいという生徒は、TOKYO FMのホームページから全国へ郵送も出来るから、ぜひ見てみてね!

とーやま校長「そして、先週のミセスLOCKS!で発表されていましたけど…ミセス先生は4月18日に3枚目のアルバム『ENSEMBLE』をリリース決定しました!

あしざわ教頭「おめでとうございます!」

とーやま校長「正直、期待値めちゃくちゃ上がっちゃってますよ!」

SCHOOL OF LOCK!


大森先生「全然いいですよ! もう、軽々と飛び越えるくらい、自信作ができたと思ってます!」

とーやま校長「新曲たちもすごいことになっているじゃないですか」

あしざわ教頭「聴いているだけでワクワクしますよね!」

アルバムリリースに合わせて、今年5月から東京を皮切りに全国14ヶ所を周る
大規模なホールツアー『ENSEMBLE TOUR』を開催します!


<東京> パルテノン多摩 大ホール
2018年05月12日(土)
<香川> サンポートホール高松 大ホール
2018年05月19日(土)
<広島> 広島JMSアステールプラザ 大ホール
2018年05月20日(日)
<埼玉> 大宮ソニックシティ 大ホール
2018年05月26日(土)
<福島> 郡山市民文化センター 中ホール
2018年05月27日(日)
<北海道> わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
2018年06月03日(日)
<宮城> トークネットホール仙台(仙台市民会館) 大ホール
2018年06月09日(土)
<大阪> オリックス劇場
2018年6月15日(金)
<兵庫> 神戸国際会館こくさいホール
2018年06月17日(日)
<福岡> 福岡サンパレスホテル & ホール
2018年07月15日(日)
<静岡> 静岡市民文化会館 中ホール
2018年07月20日(金)
<愛知> 名古屋国際会議場センチュリーホール
2018年07月27日(金)
<長野> ホクト文化ホール
2018年08月04日(土)
<千葉> 幕張メッセ 国際展示場
2018年09月08日(土) / 2018年09月09日(日)



とーやま校長「8月の長野までは全国を周って、ファイナルは幕張メッセ2DAYS!」

あしざわ教頭「この規模って初ですか?」

大森先生「初めてですね。僕たちもまだちょっとよく分かってないです」

藤澤先生「そうですね(笑)」

とーやま校長「若井先生は幕張メッセに立ったことはありますか?」

若井先生「フェスか何かで何回か立ったことはあります。ワンマン2DAYSは初めてなので、めっちゃドキドキですけど、楽しみでもありますね」

とーやま校長「大森先生的にはこういうツアーにしたい、とかありますか?」

大森先生「『Love me, Love you』という曲をリリースして、それがすごくミュージカルのような華々しい曲なので、エンターテイメントに富んだツアーになるんじゃないかなって思いますね!」

とーやま校長「『Love me, Love you』を聴かせてもらった時もめっちゃ興奮したし、家に帰ってパッてテレビをつけたら、曲が流れて。その一瞬だけでも”ワッ!”ってなったんですよ!」

大森先生「うれしーーーーーーー!!!」

とーやま校長「ツアーもアルバムもめちゃくちゃ楽しみにしていますし、ドキドキしながら待っています!」

大森先生「お願いします!!」


SCHOOL OF LOCK!



♪ Love me, Love you / Mrs. GREEN APPLE


とーやま校長「やっぱり良いね!」

あしざわ教頭「テンション上がる!」

とーやま校長「もちろん、この曲もアルバムに…?」

大森先生「入ってます! 新曲もたくさん入りますよ!
あと、ここで初めて言う情報なんですけど、生徒のみんなにお知らせしても良いですか?」

とーやま校長「なになに?」

大森先生「4月18日に発売する3rdアルバム『ENSEMBLE』のリリースを記念して、全国で試聴会を行います!

その名も……「Mrs. 先行試聴 PARTY」!!!

Mrs. GREEN APPLE先生「イェーーーーイ!!」

睫鄒萓「この試聴会は『ENSEMBLE』の予約してくれた生徒のみんなが対象となります!」

藤澤先生「ちなみに各会場には、僕達メンバーも参加します!

あしざわ教頭「これは嬉しい!」

若井先生「まだ明かされていない新曲を僕達の解説付きで聴けるチャンスです!」

綾華先生「この試聴会の場所と日程は、
3月22日大阪・24日名古屋・30日福岡・4月8日札幌・4月14日東京の、5会場となります!」

詳しい情報はMrs. GREEN APPLE公式サイトをチェック!


SCHOOL OF LOCK!



ここからは、先ほど発表したアクエリアス presents
「2018 FIFA ワールドカップ™ ロシア DREAM PASSPORT」にちなんで、生徒みんなの“夢”を聞いていく!


未来の姿
俺は世界を飛び回って世界の情勢を発信していく人に憧れるな〜
まさタイガー
男性/18歳/神奈川県
2018-02-28 13:14


とーやま校長「情勢を発信! 新聞記者だったり、自分の目で見たものをたくさんの人に伝えるために写真を撮ったり、文字にしたりする仕事かなぁ」

あしざわ教頭「かっこいい夢だなあ〜」

とーやま校長「まさタイガーは何歳だっけ?」

あしざわ教頭「18歳ですね」

とーやま校長「18歳で自分の夢を持ててるって…」

綾華先生「すごいです! 私が18歳の時は、そういう風に考えられなくてアホみたいな感じでした(笑)」

大森先生「アホみたいなって(笑)」

綾華先生「すごいしっかりしているなあって思います!」

SCHOOL OF LOCK!



自分の夢
まだ具体的な夢は決まってないけど、子供達に夢を与える仕事に就きたい!
アイスホッケー大好き
男性/13歳/北海道
2018-02-28 17:04


大森先生「ステキ!」

とーやま校長「子供達に夢を与える仕事って、例えばなんだろう?」

あしざわ教頭「アーティストになるっていうのもそうだし、本を書くという仕事も子供に夢を与えますよね。色んな形で夢を与えられると思います」

とーやま校長「単純に保育士さんも色んな希望を与えることができると思うし、YouTuberもそうだよね!」

あしざわ教頭「世界中の人が見ますからね!」

SCHOOL OF LOCK!



ユメユメ
ミセス先生こんばんは!!毎週水曜日のSOLを糧にして生きている学生です笑
今私は高校二年生なので進路とか将来の夢とかを考える時間が学校でもプライベートでも増えています。けど、一概に"夢"を聞かれても難しいなーっていつも思ってしまいます。そこまでに行く過程とか段階とか色々考えると悩ましいなあと思ってしまうからだと思います…。
だからミセス先生にはぜひ"夢を見つける方法"を聞いてみたいなと思います!よろしくお願いします!
やまみう
女性/17歳/埼玉県
2018-02-28 20:00


あしざわ教頭「今回のプロジェクトきっかけに夢を見つけるっていうのも良いですよね」

とーやま校長「ちなみに、ミセス先生は夢を10代の時には持っていましたか?」

大森先生「持ってました! 音楽家になりたいっていうのは小学校の卒業文集に書いていると思います」

とーやま校長「12歳の時にそう思うって結構なことじゃないですか」

大森先生「ちょうど音楽を始めた時だったんですけど、”これしかないんだな”って感じで自分の中で出会った感覚があったんです」

とーやま校長「睫鄒萓犬呂いがですか?」

SCHOOL OF LOCK!


睫鄒萓「僕も中学の時に初めてアーティストさんのライブを観に行った時の衝撃がすごくて、音楽をやりたいっていう衝動とかもあったし、
初めて観たライブだったので、すごく印象にも残ってて、初めての経験をすることで自分の夢だったり、やりたいことを見つけるきっかけになるのかなっていうのは思いましたね」

とーやま校長「先ほどもお話しさせてもらいましたけど、若井先生は学生時代にサッカーをやられていたんですよね」

若井先生「そうですね。でも、FIFA ワールドカップ™に出たいっていう思いはずっとありましたね」

とーやま校長「それってすごい夢じゃないですか。大変なこともありました?」

若井先生「挫折もしましたし、人と比べちゃうこととかありました。サッカーって11人制なのでたまに仲間も恨んじゃったりすることとかありましたね。壁はたくさんありました」

とーやま校長「やっぱり、その時の思いとか、経験したことってMrs. GREEN APPLEとして活動している中でも活きてたりしますか?」

若井先生「そうですね。サッカーってチームプレイなので、そういう面では活きていると思います。ミセスってメンバー多いし」

大森先生「11人になるかもしれないしね」

あしざわ教頭「めっちゃ増える(笑)」

若井先生「そしたら俺に任せて(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「ミセス先生ならありえそうだなあ」

とーやま校長「というか、若井先生はサッカーをやっていただけあって、今回のFIFA ワールドカップ™ ロシアもめちゃめちゃ楽しみですよね!」

若井先生「めちゃめちゃテンション上がってますよ!」

とーやま校長「ニヤつきがハンパじゃない(笑)」

あしざわ教頭「生徒以上に楽しみにしている! でも、こうやってサッカー経験者がサポートでいてくださるっていうことはサッカーの知識がない生徒も嬉しいと思います」

とーやま校長「そうそう! やったことない生徒も大丈夫! ミセス先生は、ロシアは行かれたことありますか?」

大森先生「初めてです!」

とーやま校長「海外のライブとかはどうですか?」

大森先生「やってみたいんですけど、まだ経験はなくて。それこそ、藤澤がホームステイで海外に行ってたんだよね」

藤澤先生「中学生の時にロサンゼルスに10日間遊びに行ったことはあります」

とーやま校長「その10日間、いかがでした?」

藤澤先生「すごい楽しかったです! 街だったり道路だったり、一個一個が大きいし、日本にはない空気感でしたね。自分が今まで生きてきた中で経験したことない景色や空気で、”こういう世界があるんだ”って自分の中でも広がりましたね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「今回、ロシアに行くことによって、生徒の世界がとんでもないものに変わることもあるだろうね」

あしざわ教頭「とてつもないきっかけになると思います! 」


そして、毎週水曜日は、"いま"を学ぶ「超現代史」の授業!
Mrs. GREEN APPLE先生が登場です!

放送後記はミセスLOCKS!をチェックしてね!


とーやま校長「いや〜! 改めて、今回のプロジェクトとんでもないですよね!」

大森先生「初めての事だらけですけど、生徒の夢を見つけるきっかけになる様に全力でサポートしたいと思います!」

あしざわ教頭「そして、現在アクエリアスでは、“コイントスカストディアン”の他に全体プロジェクトとして“フラッグベアラー”の募集もしています!」

とーやま校長「このフラッグベアラーっていうのは、試合前にグラウンドに国旗を持って選手達と入場する役割のこと!」

あしざわ教頭「そのフラッグベアラーは、アクエリアスのサイトで6名まで一般募集をしています!
こちらに関してはアクエリアスのサイトをチェックしてください!」

ちなみに、コイントスカストディアンは一般募集をしていません!
つまりSCHOOL OF LOCK!オンリーってこと!

しかも、ミセス先生がサポートしてくれるのは、コイントスカストディアンだけ!
現地ではコイントスカストディアンとフラッグベアラーの交流もあるらしい!

とーやま校長「一緒に試合を観て、そこで仲良くなって日本に帰ってきても交流があったら良いですよね」

大森先生「すごい出会いですね!」

とーやま校長「何年後とかに『二人ってどこで出会ったの?』って聞かれて『ロシア!』って言えちゃうわけでしょ!」

SCHOOL OF LOCK!


睫鄒萓「かっこいい!」

あしざわ教頭「それでミセス先生のライブとか行ってたら最高ですね!」



ワールドカップ
学校の先生、部活の顧問に怒られるかもだけどやはり行きたい衝動が勝ちすぎてる
応募するしかない
全部ゼロ
男性/17歳/岩手県
2018-02-28 22:37


とーやま校長「確かに、学校のこととかクリアしないといけないけど、本気の熱意を持ってぶつかれば、分かってくれると思うし、人生で何度とないチャンスだと思うんです!」

あしざわ教頭「マジで、こんなチャンスないよ!」

SCHOOL OF LOCK!



ワールドカップ!?
すごいプロジェクトびっくりしました!!
ロシアに行ったことないので行ってみたいです!
ということは英語を勉強しなくちゃいけないですね!?
当たった時のために勉強しておきます!!笑
ちゃちゃもまちゃみちゃも
女性/16歳/東京都
2018-02-28 22:35


大森先生「英語なのかな?」

とーやま校長「英語も公用語だから喋るだろうけど、基本的にはロシア語じゃないかな?」

大森先生「勉強しなきゃ!」

あしざわ教頭「ミセス先生も勉強しないとですね」

大森先生「ペラペラになって帰ってきます!」

とーやま校長「覚えるに越したことはないけど、アクエリアスのみなさんもサポートしてくれるし、ガチガチで行く必要はないからね!」


さぁ、ミセス先生を迎えておくる今夜は、
アクエリアス presents「2018 FIFA ワールドカップ™ ロシア DREAM PASSPORT!」

ちなんで、生徒みんなが思い描く“未来の夢”を聞いていくぞ!

とーやま校長「もしもし!」

ふかこ 埼玉県 17歳 女性 高校2年生

とーやま校長「ふかこは、高校何年生?」

ふかこ「高校2年生です!」

あしざわ教頭「中2高2は…」

あしざわ教頭・Mrs. GREEN APPLE先生フリーーーダーーーーーーム!!!!

SCHOOL OF LOCK!


ふかこ「フリーダーーム!」

あしざわ教頭「すごい! 全員バージョン!」

Mrs. GREEN APPLE先生「よっしゃあ〜!」

大森先生「これだけをやりに来た!」

あしざわ教頭「うそでしょ(笑)」

とーやま校長「みんなでフリーダム言おうって作戦会議してたんですか?」

睫鄒萓「いや、全くしてないです」

大森先生「フリースタイルセッションだったね(笑)」

とーやま校長「ジャズじゃん(笑)」

あしざわ教頭「ふかこ、ナイスフリーダム!」

SCHOOL OF LOCK!


そして、RN ふかこが思い描く未来の”夢”とは…

ふかこ世界中を旅して写真を撮りたいです!

とーやま校長「この夢はいつくらいに思い描き始めたの?」

ふかこ「もともと写真が好きだったんです。で、去年ミセスのライブに行ったときにiPhoneで撮ったけど写真をもっと綺麗に撮りたいなって思って一眼レフを買ったことから本格的に撮りたいなって思って、今に至ります」

大森先生「僕ら、ライブの撮影OKなんです」

とーやま校長「じゃあ、ミセス先生が夢を与えたってことにもなりますよね」

大森先生「嬉しいです! ありがとう!!」

とーやま校長「ふかこは、世界のどこに行きたいとかってある?」

ふかこ「イタリアとかフランスとかに行きたいです!」

とーやま校長「ストリートアートが好きで、そういうのを見たいなって思って」

あしざわ教頭「ストリートアートって壁に絵が描いてあるやつだよね」

海外には修学旅行でオーストラリアに一回だけ行ったことあるというRN ふかこ。
そこで撮影した写真は、友達や家族にも褒められたのだそう。

とーやま校長「良いね! せっかくだから、ミセス先生に聞きたいことがあったらなんでも聞いていいよ!」

ふかこ「ひろぱ先生に聞きたいんですけど、フィルムカメラを買おうと思っていて、どういうカメラがいいとかありますか?」

若井先生フィルムカメラはですねえ〜(渋めボイス)

大森先生「それ、サッカーの先生だから(笑)」

綾華先生「若井コーチじゃん(笑)」

若井先生「これでいきますね(笑) やっぱり、自分が撮っていてテンションが上がるカメラが良いと思います。
見た目がカワイイとか、”このカメラで撮ったら楽しそうだな”って思えるカメラが良いと思いますぅ(渋い声)


ふかこ「ありがとうございます!」

大森先生「伝わったかなぁ? 声で邪魔しまくってる(笑)」

若井先生「ごめんなさい(笑) でも、僕も一目惚れして買ったフィルムカメラをずっと使ってるんで、それが良いと思います!」

SCHOOL OF LOCK!


ふかこ「分かりました!」

とーやま校長「若井先生が写真を撮る時に”こういうことに気をつけてます”ってことはありますか?」

若井先生メンバーを撮る時はなるべく気を抜いている時を撮りますね

藤澤先生「そうなの!?」

若井先生「ぼーっとしている時の方が良い写真が撮れたりするんですよ。キメている姿はアーティスト写真とかで見られるんで」

大森先生「何目線なんだ(笑)」

とーやま校長「じゃあ、ふかこも友達を撮る時は何も言わずに撮っちゃおう!」

あしざわ教頭「それはそれで怒られるかもしれないけどね(笑)」

とーやま校長「でも、ミセス先生に夢を伝えることができて、良かったね!」

ふかこ「はい! すごく嬉しいです。ありがとうございます!!

Mrs. GREEN APPLE先生ありがとう〜!

とーやま校長「プロジェクトの応募も待ってるよ! だってロシアでの写真を撮れるわけだからね」

大森先生「本当そうですよ! 本当そうですよ!!」

藤澤先生「2回言った(笑)」


RN ふかこ! 逆電ありがとう!
「2018FIFA ワールドカップ™ ロシア DREAM PASSPORT」の応募も待ってるね!


続いては…

Mrs.おこめ野郎 東京都 16歳 女性 高校1年生


とーやま校長「Mrs.おこめ野郎の未来の夢は一体どんなの?」

Mrs.おこめ野郎私はまだ夢が見つかっていなくて、どうやったら夢が見つかるのかを聞きたいです!」

とーやま校長「Mrs.おこめ野郎としては、自分は夢がないってことに対して劣等感だったりを感じているってこと?」

Mrs.おこめ野郎「感じてます。友達は、夢を聞かれるとすごく楽しそうに話すんですけど、私は自分がしたいことも分からないし、自分の夢もないから夢を聞かれた時に『夢ないんだよね』って言うたびに自分が嫌いになっていくんです」

とーやま校長「じゃあ、本当は夢を持ちたいんだね。でも、どうやって夢を持てばいいのか分からないと」

SCHOOL OF LOCK!


Mrs.おこめ野郎「今まで何回か、”こういう仕事いいな”って思ったこともあるんですけど、それを周りに言うのも恥ずかしかったし、
周りに言ったことで反対されたり馬鹿にされたりするんじゃないかな、って思ってしまって。それで誰にも言えなくて諦めちゃったって感じです」

とーやま校長「藤澤先生は、自分の夢を他人に話したりできてましたか?」

藤澤先生「漠然とした夢は持っていたんですけど、恥ずかしくて人にはなかなか言えなかったですね。
それこそ、ステージに立って色々やってみたいとか音楽やってみたいと思ってましたけど、なかなか人には言えなかったですし、それを自分で確信は持てなかったですね。
でも、ロサンゼルスにホームステイしに行った時に、当時フルートを勉強してたんで、ちびっことかが遊んでるような公園でフルートを演奏したんですね。
なかなか日本でそういう事って出来ないと言うか、やろうと思えない環境だけど、自分からやってみて、”こんなに音楽って自由に出来るんだ!”ってことを知って、色々やってみたいな、って前向きに思えたんです。
自分の知らない環境とか純粋に楽しいって思えることと出会ってみるのも良いと思いますし、仕事とか夢って言っちゃうと他の人に言いづらかったり、自分でも決め込みづらいと思うんです。
純粋に楽しいって思えることを見つけて、これが自分の将来に繋がったら素敵だなって思えることを見つけてくれたら良いんじゃないかな、って思いますね

Mrs.おこめ野郎「はい!」

とーやま校長「これやっている時、楽しいな〜って思うことはどんなこと?」

Mrs.おこめ野郎「それもよく分かっていなくて、好きなことはあるんですけど、それを純粋に楽しんでるのかな、っていうのが分からないんです」

とーやま校長「冷静でありつつも、自分を客観視してしまうことで、感情が止まってしまうのかな…。
でも、この『好きなもの』っていうのにヒントがある気がするんですよ」

睫鄒萓「間違いなくそうですね。僕も音楽が好きでライブを観に行って自分も音楽やりたいって思ったところもあるし、
例えば、テレビが好きだとか、音楽が好きでももちろん良いと思うし、それ以外で、すごく自分を好きでいられる瞬間とかがあったら、それについて調べてみるとか…。
1回その世界を覗いてみる、じゃないですけど調べてみることで自分の夢だったり、自分のやりたいことに繋がっていくのかなって思います

とーやま校長「綾華先生も大きく頷いていましたけど…」

綾華先生「私も、なかなか好きなことが見つからなかったんです。何をやるにも続かなかったり…。
ドラムに関しても”やめたい”って思ったこともあったけど、”ドラムをやっていて、なんでこんなに楽しいんだろう?”って考えた時にドラムが好きなんだなあって思って続けてこれたんだと思うます。
なんか分かんないけど、好きなんだよな〜ってことは本当に心の底から好きなんだと思います!

SCHOOL OF LOCK!


大森先生「そう、好きに理由ってないと思うんですよね! だから、難しく考える必要ないと思う!」

Mrs.おこめ野郎「はい!」

あしざわ教頭「逆に、自分が好きじゃないものを知るのも大事なのかな、ってミセス先生の話を聞いていて思いました。
他の人は良いって言うけど、私は合わないな、っていうのものも自分をかたどっているものがわかる、大切なピースな気がする。何が好きで何が嫌いか、自分なりの判断をしていったらいいんじゃないかな?」

大森先生「人と比べるものじゃないですもんね」


夢がない
自分も去年までそうでした
でも突然キッカケになるものに出会いました
だから必ず夢に出会えます
誰にだってチャンスはありますよ絶対
ラッキーflowerセヴン
男性/16歳/広島県
2018-02-28 23:40


とーやま校長「自分からアンテナを出し続けていたら、向こうからやって来ることもあるよね」

あしざわ教頭「早く夢が見つかればいいってものでもないから、お前のペースで良いと思うよ!

とーやま校長「みんなの話を聞いて、どう思った?」

Mrs.おこめ野郎「今まで、夢を見つけることに焦ってたんです。周りは夢に向かってどんどん進んで行ってるから、自分だけ置いてかれてるなって思ったんですけど、
焦らず、ほんの少しのきっかけでいいから何か見つけられたらいいな、と思いました!

とーやま校長「うん! これで良いですよね!」

大森先生「全然良い!」

とーやま校長「自分のことを嫌いになる必要なんてないからね。最後、大好きなミセス先生に伝えておきたいことがあったら…」

Mrs.おこめ野郎「いやもう、心臓バクバクしちゃって……」

大森先生「キューティー(笑)」

とーやま校長「じゃあ無しにする?」

Mrs.おこめ野郎「ダ、ダメです(笑) 私、ミセス先生の『ENSEMBLE』ツアーに参戦するのがすごく楽しみなんです!」

Mrs. GREEN APPLE先生「ありがとう! 頑張ります!!」

Mrs.おこめ野郎「こちらこそ、ありがとうございます!」



♪ どこかで日は昇る / Mrs. GREEN APPLE




僕の夢は、サッカーの審判員になること!
審判員としてワールドカップ決勝戦の舞台に立つことが最終目標。
周りからは「審判やってて楽しいの?」とか言われるけど、やってみないとわからない楽しさがあると思います。
そして、ワールドカップ審判員に選ばれたときの僕のテーマソングをMrs. GREEN APPLE先生に作って欲しいです(笑)
むらひろ
男性/18歳/長崎県
2018-02-28 19:56


大森先生分かりました!

あしざわ教頭「OKでた!(笑) むらひろやったぞ!!」


そして、本日も黒板の時間になってしまいました。
いつもはとーやま校長に書いてもらってますが、今夜はミセス先生に黒板をお願いしたいと思います!


SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!



『 その衝撃!!! 』

大森先生「最初に”ヤバイ、これ好きかも! 良いかも!”って思った衝撃、衝動が全てなんですよね。だから、まず、一歩踏み出してほしいなって思います!」


♪ Love me, Love you / Mrs. GREEN APPLE


とーやま校長その衝動に突き動かされて、そのまま一歩踏み出して、色んなところに飛び込んでいく! これでしょ?」

大森先生「それ!」

とーやま校長「ありがとう!」

あしざわ教頭「何これ(笑)」

とーやま校長「睫鄒萓検△修Δ任靴隋」

睫鄒萓「そうです! それ!」

あしざわ教頭「どっち?(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


大森先生「今、惜しかったな〜(笑)」


改めて! 6月に行われる「2018FIFA ワールドカップ™ ロシア」へ行き、
その足で夢の舞台に立ち、日本戦でコイントスをする際に使うコインを審判に渡す
『コイントスカストディアン』という超プレミアムな大役をSCHOOL OF LOCK!の生徒が果たすプロジェクト!

アクエリアス presents『2018FIFA ワールドカップ™ ロシア DREAM PASSPORT!!!』

詳しい情報は特設サイトをチェック!

とーやま校長「全部アクエリアスさんがサポートしてくれるし、何よりMrs. GREEN APPLEがその場にいてくれるから!」

あしざわ教頭「その頃にはロシア語完璧ですからね!」

大森先生「間違いない!」

とーやま校長「最後は、若井コーチから応募を迷っている生徒に向けてメッセージをお願いします!」

若井先生迷う前に来い!!

あしざわ教頭「なんで猪木さんみたいになってるんですか?(笑)」

若井先生「すみません(笑) でも、本当に大切な経験になると思うので応募してきてほしいです!

SCHOOL OF LOCK!



Mrs. GREEN APPLE先生! 今日は本当にありがとうございました!
引き続き、ミセスLOCKS!もよろしくお願いします!!


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN ふてふてりんご


SCHOOL OF LOCK!

ラジオネームを教えてね!


SCHOOL OF LOCK!

RN 青春の青リンゴ


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
ふかこ 埼玉県 17歳 女性
Mrs.おこめ野郎 東京都 16歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
ゴンザレス 岐阜県 16歳 男性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:06 StaRt / Mrs. GREEN APPLE
22:26 yours / PrizmaX
22:35 Love me, Love you / Mrs. GREEN APPLE
23:17 春愁 / Mrs. GREEN APPLE
23:45 どこかで日は昇る / Mrs. GREEN APPLE
23:49 Love me, Love you / Mrs. GREEN APPLE

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

行きてぇ、行きてぇよ・・・、
W杯みてぇよ・・・、本気で言ってんのさこれ!!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

行きたい!と思った生徒は迷わず来い!!
ミセス先生ありがとー!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev                 Next -
<   2018年2月   >
MonTueWedThuFriSatSun
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE