「ここ最近気になる逆電!!」

生放送 2018.6.7 木曜日

あしざわ教頭「今日は暑いからTシャツにしようかな…と思って服を探していたら、ふと、『オペT』のことを思い出しまして。
ラッキーflowerセヴン、今も着てくれているのかな〜って思ったんですよ」

みんな、教頭のオペT覚えているかな?

「変なあだ名しりとり」という授業の時にあしざわ教頭が着ていた、薄緑色でポケットがついたTシャツなんだけど、
その日の書き込みで、RN ラッキーflowerセヴンが「オペ」というあだ名で呼ばれているということが発覚!
なんと、その場であしざわ教頭が脱いでプレゼントしてくれたのがオペTなんです!

とーやま校長「確かに、最近のオペT事情、知りたいね!」

あしざわ教頭「めちゃくちゃ着てて汚れちゃったんです。とかでもいいから様子を知りたいな!」

とーやま校長「話はちょっと変わるけど、22時58分くらいからやっている、生徒の声を放送する放送部で紹介させてもらった生徒には、
もれなくSCHOOL OF LOCK!放送部の缶バッチをあげてるのさ

あしざわ教頭「あげてますね」

とーやま校長「俺が見落としているだけかもしれなんだけど、『缶バッチ届きました!』、『リュックにつけてます!』みたいな報告を一切見たことがないんだよ(笑)

あしざわ教頭「俺もちょっと見れてないかもなあ」

とーやま校長「で、俺は職員にちゃんと缶バッチを送っているのか、確認を取ったわけ。そしたらちゃんと送っていると。
ただ、我が校の缶バッチを生産していた缶バッチ工場長が、つい最近、工場長の作業服からスーツに着替えさせられてしまってだね…」

あしざわ教頭「違うところで働いているということですよね(笑)」

とーやま校長「缶バッチ工場長はいなくなっちゃったけど、工場長の意思を引き継いでバッチは作っているから、”缶バッチこんな風に使ってますよ!”っていう報告があったら嬉しいな!」

あしざわ教頭「そうだね。オペTも、今こんな感じで着こなしてますっていう報告待ってる!」

とーやま校長「ちょっと俺たち、欲しがり過ぎ?」

あしざわ教頭「(笑) いや、ちょっと思い出しただけですから。みんなで振り返る時があったっていいじゃない」

とーやま校長「こんな所に缶バッチ着けること出来るんだ、みたいな発見とかもあるかもしれないしね」

あしざわ教頭「お互い共有できたらいいですよね!」


そして、今日の黒板は…

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 6月7日を忘れるな 』


二者面談で
ついさっき担任の先生と進路について二者面談を終わらせてきました。「今お前が希望している大学は諦めた方がいいかもしれない。」などと言われましたが、正直落ち込んでいません。まだ僕は受験に対して足掻くことができてません。正直悲しかったですが、泣くのは自分の中で精一杯やってからと決めているので、今日も学校で自習し、塾で勉強します。
のぎこう
男性/17歳/徳島県
2018-06-07 17:58


あしざわ教頭「これ、スイッチ入ったタイミングかもしれないですね

とーやま校長「そうだよ! マジで悔しかったし、今までの俺、何してたんだろうって反省もしたかもしれないけど、そこでスイッチ入ったと思えば!
おそらくのぎこうは高校3年生だと思うけど、相当早い段階でそんな自分に気づくことが出来たことはプラスでしかないでしょ」

あしざわ教頭「ここから勉強できるなんてなかなかないよ。
大抵みんな夏を過ぎたくらいからようやくスイッチが入ったりするからね。今からスイッチが入っているのはいいぞ!」

とーやま校長「だけど、どうしても”しんどいな…。辛いな…”って思った時は、6月7日を絶対に忘れるんじゃないぞ!
お前の中に刻まれているはずだからね。感情だったり気持ちだったり、絶対に忘れることのないように。そしたら、のぎこうは必ず笑って春を迎えることが出来るはずだから!

あしざわ教頭「そうだぞ!」

とーやま校長「応援してる! 頑張れ!!」

あしざわ教頭「さあ、SCHOOL OF LOCK! 本日も開校です!  ……起立!」

とーやま校長「北海道 13歳 女の子 神崎シノアも、明日から気合だ!
愛知県 小悪魔タイガーも、県予選通過めでたい!」

あしざわ教頭「よく頑張った! …礼!!」

とーやま校長・あしざわ教頭叫べーーーーーーーーーー!!!!


授業テーマ発表の前に…
オペTをあげたRN ラッキーflowerセヴンから書き込みが届きました!


オペT
2日に一回のペースで着てますよ教頭
ありがたく着まくらせて頂いてます
今日も着ました
ラッキーflowerセヴン
男性/16歳/広島県
2018-06-07 22:04


あしざわ教頭「さらに、この書き込みの前にも5月24日に校長&教頭へのメールに『教頭ありがとうございます。2018年初オペT。今年の夏はオペTにしっかり活躍してもらいたいと思います!』
って、写真付きで送ってくれているんですよ! 気づかなくてごめんね!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「ラッキーflowerセヴンが着ているオペT、教頭から見てどう?」

あしざわ教頭オペTは、ラッキーflowerセヴン完全にお前のものだ! 着こなしている!!」

とーやま校長「でも、最新の注意だけははらってね!」

あしざわ教頭「どういうことですか?」

とーやま校長「だってオペするわけだから」

あしざわ教頭「違う違う! マジで手術の時に着るやつじゃないから(笑)」

とーやま校長「だけど、写真見るとめっちゃ良い顔してるんだよね!」

あしざわ教頭「決まってるよ! カッコ良くなってるぞ!」

とーやま校長「じゃあ、今日着ている黄色と白のシャツはどの生徒に?

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「あげないよ! なんで俺毎回身ぐるみ剥がされるの!? 恐ろしくて服買えないよ(笑)」

とーやま校長「ノープレゼン?」

あしざわ教頭ノープレゼン! ごめんね!」

とーやま校長「からの?」

あしざわ教頭「あげちゃ…わないよ! やめて!(笑)」


SCHOOL OF LOCK!



さぁ、今夜の授業テーマは……
「ここ最近気になる逆電!!」


SCHOOL OF LOCK! には、みんなが自由に今の気持ちを書き込める、
WEBの中の教室「学校掲示板」があります。

あしざわ教頭「学校掲示板の書き込みにはレスもできるので、毎日、生徒同士がこの教室でアドバイスしたり、質問に答えたり、いろんな話をしています!

とーやま校長「いつも書き込んでくれてるみんな! サンキューな!」

あしざわ教頭「カッコイイな(笑) みんなありがとう!」

とーやま校長「毎日、掲示板を見ていると、全部が気になる書き込みばかりなんだけど、時間に限りがあるから日によっては紹介できなかったりするんだよね」

あしざわ教頭「この学校には、毎日、授業テーマというものがあって、
そのテーマと違う内容の書き込みは、気になっててもなかなか紹介したり、電話して話を聞くことができなかったりします」

今日は、これまで学校掲示板に書き込んでくれた書き込みの中から、
校長と教頭が気になった生徒に、話を聞かせてもらおうと思う!

もちろん、今日の書き込みの中からも気になった書き込みには、逆電していくぞ!
生徒のみんなは、今日あったこと、楽しかったこと、辛いこと、なんでもいい!

いつも通り、学校掲示板に書き込み待ってるよ!


まずは、4月30日「未確認フェスティバル2018」締め切り直前スペシャル!!の授業の時の書き込みを紹介!


野球
中学帰宅部のこの僕が、、、
高校で野球部に入るかも?
野球未経験者ですがよろしく
オスマン侍
男性/15歳/福岡県
2018-04-30 19:27


あしざわ教頭「どういうきっかけかは分からないですけど、オスマン侍が野球を始めるそうなんです!」

とーやま校長「軟式か硬式かどちらにしても、高校でいきなり野球結構大変かもしれないね」

あしざわ教頭「中学からそのまま高校でも野球をやる子が多いですからね」

とーやま校長「小〜中〜高の流れが多いよね」

あしざわ教頭「でも、せっかくやりたいっていう気持ちが芽生えたのなら思い切ってやってほしいですよね」

とーやま校長「逆に、癖とか付いてないから小さい時からやっていないのが功を奏してプロの世界に入っている選手もいるはずだし、新鮮な意見とかも注入できると思うよ」

あしざわ教頭「あと、オスマン侍は電話番号の登録がなくて逆電ができないので、もし逆電したかったら番号も登録してほしいな。また書き込み待ってるよ!」



部活
僕は、小さい頃からサッカーをやっているんですけど、
最近学校に行けてないので、部活にすら入れていません。
でも僕は、今年から変わろうと思っていました。
でもなかなか簡単じゃなかったです。
でもここにみんながいると思って学校に行きたいと思います。
Rola 503
男性/14歳/神奈川県
2018-05-25 18:31


あしざわ教頭「宣言を書き込んでくれたんだね」

とーやま校長「これが5月25日の書き込みなんだけど、その3日後の5月28日に書き込みをくれていて…」


今週も頑張ろう
毎週過ぎていくと、どんどん修学旅行に近づいてくるから頑張って学校に、
行こうと思います。
WANIMAの歌でも聴いて頑張ります。
修学旅行、京都奈良に行くんですが、
美味しいお店や絶対言ったほうがいい場所とかあったら教えてください。
レス待っています。
Rola 503
男性/14歳/神奈川県
2018-05-28 15:10


あしざわ教頭「いいじゃん!」

とーやま校長「どんどん右肩上がりになっているわけさ!」

そして…


学校行けたよ(^-^)
皆さんのおかげで1週間ぶりに学校に行けました。
元気の出る曲を聴いて元気が出ました。
Rola 503
男性/14歳/神奈川県
2018-05-30 19:02


あしざわ教頭「かっこいいな、Rola 503!」

とーやま校長「これはやったでしょ!」

あしざわ教頭「宣言してやり遂げているって超絶かっこ良くないですか!」

とーやま校長「こんな風に掲示板を大いに活用してほしいし、Rola 503に言葉をかけてくれた生徒もたくさんいるはず。みんなもありがとうだし、Rola 503も、最近どうだ?」


続いては、「君を縛っている大人のルールについて教えて欲しい。」という授業の時の書き込み!



プレゼント
隣の席の女子が鞄にOfficial髭男dism先生のステッカー貼っていたので、「髭男好きなの?」って声をかけてみたんです。そしたらまさかの「エスカパレード」のCD貸してくれたんです!
まさか女子からCD借りる日が来るだなんて、しかも高校生のうちに。こんなこと全く思ってもみなかった。

初めて女子にCDを貸してもらった誕生日。
この経験が、最高のプレゼントです。
如月二十日のストレイシープ
男性/18歳/鹿児島県
2018-05-31 17:08


とーやま校長「俺たち男子からしたら、女子からCD借りるってマジ奇跡だからね

あしざわ教頭「これ、本当にそう!」

とーやま校長「聴き倒してアルバムも理解しているのに、返したくないからね」

あしざわ教頭「関係が終わってしまうことの恐怖ね」

とーやま校長「だって、部屋にその子の息吹があるんだもん!」

あしざわ教頭「息吹(笑)」

とーやま校長「CDをパカッて開くたびに、その子の息吹を感じられるわけだから。俺はそのつもりでいるし、如月二十日のストレイシープも何パカしたかな?」

あしざわ教頭「それ、CD聴いてないじゃん!」

とーやま校長「ただ、それが大好きな髭男先生のCDっていうのも嬉しいよね」

あしざわ教頭「ここから繋がっていって、いつか一緒にライブに行こうよとか、そういう風になったら息吹嗅ぎ放題だよ(笑)」

とーやま校長最高のプレゼントだな!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭おめでとう!


続いては、気になる書き込みをくれた生徒に逆電!


初デート
校長先生、教頭先生こんばんは!
自分は中学三年生なのですが、今日好きな女子に告白しました!結果はOKで、相手は中体連があるので夏休みから本格的に交際スタートとなりました。自分は彼女ができるのが初めてですのでデートなどはどこに行けばいいかわかりません。校長や教頭は初デートのときどこに行きましたか?
フジワ☆ラー
男性/14歳/福岡県
2018-06-07 19:39




とーやま校長「…もしもし!」

フジワ☆ラー 福岡県 14歳 男性 中学3年生

フジワ☆ラー「もしもし!」

とーやま校長「フジワ☆ラーは、今何してた?」

フジワ☆ラー「受験勉強してました」

とーやま校長「勉強中にごめんな。でも…勉強、手につくのか?」

フジワ☆ラーつきませんね…

あしざわ教頭「冷静に言ったね(笑)」

RN フジワ☆ラーは今までの人生で彼女ができたことが無く、初彼女ということもありニヤケが止まらないのだそう!

とーやま校長「いつから好きな女の子なの?」

フジワ☆ラー「小学4年生から5年間くらい片思いしてました!」

とーやま校長「その5年間の間、告白とかはしなかったの?」

フジワ☆ラー「してないですね」

とーやま校長「想いが爆発しそうな時とかなかったの?」

フジワ☆ラー「ありましたけど、なんとなく怖いな…と思って(告白するのは)やめてました」

とーやま校長「想いを告げた瞬間に色んなものがなくなってしまうかもしれない、ってビビっちゃうよな」

その女の子とはもともと仲が良かったというRN フジワ☆ラー。
今日、告白しようと思ったのは、6月1日に自分の志望校に行って高校生活を体験してみる「高校1日体験」という取り組みでその子と一緒になり、
そこで仲良くなったことで、高校では離れ離れになってしまうかもしれないと思って告白しようと決めたのだそう。

とーやま校長「その女の子のどういうところが好き?」

フジワ☆ラー「一目惚れだったので、全部ですね!」

あしざわ教頭「あ〜いいなあ〜」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「髪の毛の先のDNAごと好きだもんな! それじゃあ、今日告白するまでのフジワ☆ラーの1日を教えてくれ!」

フジワ☆ラー「朝学校に行って、先生たちが出張に行くって理由で部活が早くなったので、休んでいた友達に手紙を届けるのと一緒にその子のところに行って…」

とーやま校長「その子の教室に?」

フジワ☆ラー「いえ、その子の家に行きました」

とーやま校長「家に!? なんて言って行ったの?」

フジワ☆ラー「その子が昨日誕生日だったので、誕生日プレゼントあげるってことで、家に行ってその時に告白しました!」

誕生日プレゼントは、RN フジワ☆ラーがたまたま持っていた、その子が欲しがっていた本!

とーやま校長「その時のフジワ☆ラーの心拍数どれくらい?」

フジワ☆ラー「もう、口で言い表せないです」

あしざわ教頭「BPMえぐいことになってたんだね(笑)」

フジワ☆ラー「止まってるんじゃないかってくらい速かったです(笑)」

とーやま校長「で、本を渡して何て言ったの?」

フジワ☆ラー「シンプルに『好きです!』って伝えました」

そして、無事にOKをもらえたRN フジワ☆ラー!
その子はバドミントン部に所属していて中体連があるので、7月の終わりに中体連が終わってから本格的にお付き合いをスタートすることになったのだとか!

とーやま校長「フジワ☆ラー! ……おめでとっ!

フジワ☆ラー「ありがとうございます(笑)」

あしざわ教頭「なんでチョケたの(笑)」

とーやま校長「チョケてないよ! 本心からのおめでとうだよ!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「ごめんなさい、チョケた感があったもので(笑)」

とーやま校長「いや〜、最高の1日だね! それは何時くらいの話?」

フジワ☆ラー「5時30分過ぎくらいです」

とーやま校長「今日の福岡は天気良かった?」

フジワ☆ラー「曇りでした」

とーやま校長「曇りか〜。でも、絶対に忘れない景色だよね!」

SCHOOL OF LOCK!


フジワ☆ラー絶対に忘れません! あの時見た空は、今まで見た空の中で一番綺麗でした!

あしざわ教頭「その言葉すごい! 曇ってるとか関係ないな!」

とーやま校長「じゃあ、夏になったらデートに行くわけだろ?」

フジワ☆ラー「はい、遊びに行こうって約束はしているんですけど、何をしようかは決まってないので…何か良いところないですかね?」

とーやま校長「やっぱり、福岡といったら教頭先生だから…」

あしざわ教頭「初めて聞いたわ!(笑)」

とーやま校長「俺の初めてのデートは街に行ったなあ。俺は札幌だったから大通り公園に行ってブラブラしてご飯食べて…。普通のことが全部楽しかったな〜。
俺の初デートは中2かな。俺の方が早い〜!

あしざわ教頭「どこで勝負してるんですか!」

とーやま校長「でも別に付き合っているとかじゃない〜!」

あしざわ教頭「付き合ってないんだ! 切ないなあ(笑) だけど、映画とか行っちゃうと会話が出来ない時間が長いから、そういうのじゃないほうが良いかもね」

フジワ☆ラー「ああ〜」

とーやま校長「映画よくない? 手繋げるじゃん! 手繋ぎたいだろ?」

フジワ☆ラー「最終的には繋ぎたいですね!」

あしざわ教頭「でも、初デートだとちょっと早くない?」

とーやま校長「え〜? 付き合ってるんだよ?」



福岡
福岡ならキャナルシティー行けばなんでもあると思いますよ。
映画もショッピングもできますよ
竹の丈
男性/16歳/福岡県
2018-06-07 22:44


とーやま校長「キャナルシティだって! 分かる?」

フジワ☆ラー「分かります! 天神のところにある、ファンシーなお店が集まっているところっていうことしか分からないんですけど…」

あしざわ教頭「フジワ☆ラーが迷っちゃうと2人して迷っちゃうし、先導していくほうが男性として良いと思うから、先に色々調べておくのはアリだよね!」

フジワ☆ラー「なるほど…ありがとうございます!」

とーやま校長「デートプラン何も考えてないの? っていう雰囲気を女子は醸し出してくるときあるから、
”俺、何も考えないタイプだよ?”みたいなぶっきらぼうな感じでいくのであればいいんだけど、フジワ☆ラー的にはどっちのタイプなの?」

フジワ☆ラー「プラン建てるほうかな、とは思います」

とーやま校長「じゃあ、なんとなく大まかな流れを彼女と相談してもいいから考えておくと良いかもね。ガチガチに決めていくんじゃなくて、余白大事です!

あしざわ教頭「校長先生のお言葉入りました!」

とーやま校長「デートは余白が大事だと思っています!」

あしざわ教頭「デートのプロになってる(笑)」

とーやま校長「目に飛び込んできた映画やお店でも、”あれ楽しそう!”って思ったものに2人で流れていく。そういうのって2人だからこそ、生まれるものだったりするから、そんなのも良いんじゃない?」

フジワ☆ラー「ありがとうございます!」

とーやま校長「あとは手をつなぐタイミングだよなあ。俺は、あえて言っちゃうけどね」

あしざわ教頭「何をですか?」

とーやま校長「突然、変なタイミングで『いや、ここ手を繋ぐタイミングでしょ!?』って言って手をパッと出して」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「そのパターンね!」

とーやま校長「これ、わりと良いと思う!」

あしざわ教頭「校長はすでに何回かやってるっぽいぞ!(笑) いけそうだったらやってみよう!」

フジワ☆ラー「はい(笑)」

とーやま校長「それじゃあ、福岡の夜空に向けて、今の気持ち届けちゃう?」

フジワ☆ラー「いや、ちょっとやめておきます。隣で親がニヤニヤしてるんで(笑)

とーやま校長じゃあ、親に向けての気持ちを届けようか!

あしざわ教頭「急に!?」

フジワ☆ラー「それもちょっと…(笑)」

とーやま校長「やめておこうか(笑) 想いを叫ぶのは、彼女に対してだけにしておこうな。
それじゃあ、フジワ☆ラー。引き続き勉強頑張れな! そして、彼女といつまでもお幸せに!!!

フジワ☆ラー「ありがとうございます!」


♪ SUMMER BREEZE / go!go!vanillas



そんなこと言ってたら、、、
やばいよ、そんなこと言ってたら一年とか簡単にたってしまうよ!笑笑
手とか積極的に繋いだほうがいいよ!笑笑
(経験者の体験談)
Re'main
男性/15歳/山口県
2018-06-07 22:46

大丈夫です!
中学生で手をつなぐの全然大丈夫です!!
女子も嬉しいと思います!
沙耶花
女性/19歳/岩手県
2018-06-07 22:45


とーやま校長「マジで、変なタイミングでいったほうが良いよ!」

あしざわ教頭「変なタイミングの方が良いんですか?」

とーやま校長「2人で歩いてて、『うん…うん………いや、ここ手を繋ぐとこでしょ!?』って」

あしざわ教頭「急にどうしたの? ってなりますよ(笑)」

とーやま校長「これくらいぶち抜いたほうが良いんだから! これを君たちに授けるよ…!」

SCHOOL OF LOCK!



いいなー、
手ー繋ぎてー!笑
RUHIYA
男性/15歳/静岡県
2018-06-07 22:54


とーやま校長「…座禅だね」

あしざわ教頭「完全に座禅です!」

とーやま校長「恋人がいない我が校の生徒のこと、座禅組の叫びが教室にとどろいたね。でも、俺の作戦マジで良いと思うから!
変な間が出来たタイミングで『いや、ここで手繋ぐでしょ!?』って言う!」

あしざわ教頭「急すぎる気もするけどなあ(笑)」

とーやま校長「変に作戦たてるよりも、ボケで行ったほうが良いんだって! みんな、使えよ〜!」


そして、22時台に逆電したRN フジワ☆ラーのお父さんからメッセージが届きました!



息子に彼女が出来たのをラジオで知らされるとは思いませんでした。
塾で塾長をしているので、このラジオはいつも帰りの車の中で聴いています。
今日は本当にびっくりしました。校長、教頭、ありがとうございました!

男性/46歳/福岡県


あしざわ教頭「そんな形で自分の子供の初めての告白の話を聞くとは…! 毎回聴いていただきありがとうございます!」

とーやま校長「男同士で恥ずかしいかもしれないけど、塾長からも手の繋ぎ方を指南できるんだったらお願いしたいね。
口頭では恥ずかしいと思うので、ボイスメモかなんかに録音して食卓の上に置いたりね」

あしざわ教頭「もしくは放送部の方に送っていただく手もありますね」

とーやま校長「46歳、男の子、ラジオネーム 父…放送部で待ってるぞ!」



手のつなぎ方
校長の手のつなぎ方、なんか嫌だよ〜笑笑。
とりかめ
女性/16歳/福井県
2018-06-07 22:51


とーやま校長「でも、とりかめの好きな男の子がそうやって言ってきたら絶対に繋ぐからね!
とりかめ、一回想像してみろ! 好きな人と一緒に歩いていて、『…いや、ここ手繋ぐところだろ!?』……はい、手繋いだね!」

あしざわ教頭「それでOKなんだ(笑)」


SCHOOL OF LOCK!




天使が来たァァァァァァ
我がスキー部にめちゃくちゃ可愛い子が来て
まだ仮入だけど、テンション上がりまくりだは
うっひょーーー
木ニックー
男性/15歳/東京都
2018-04-17 21:49


とーやま校長「最高だね!」

あしざわ教頭「雄叫びが上がっております!」

とーやま校長「もう2ヶ月くらい経っているけど…その後どうなっているのかな?」

あしざわ教頭「気になりますね」

とーやま校長「でも、可愛い子がいるだけでテンション上がって学校に行くのが楽しくなるし、
今まで頑張れなかったことも、その子の視界に入るかもしれないって思って頑張れることもたくさんあるから良いことしかないよ!」

あしざわ教頭「そういう時、ありえない力が出るからね!」

とーやま校長「それでさらに、木ニックーがカッコイイ奴になって、可愛い子と仲良くなってお付き合い出来たらすごい良いね」

あしざわ教頭「そうなってくると楽しいことしかないな!」

とーやま校長「そのあとどうなったのか、良かったら俺たちに教えて欲しいな。木ニックーよろしく!」



続いては、「未確認フェスティバル2018」締め切り直前スペシャル!!の授業があった4月末の書き込み!



校長、教頭、助けてください。
1年とちょっとぶりに戻ってきました。
校長、教頭こんにちは!

私はこの番組を約6年前から聴き始めて、この番組を通して知った乃木坂46の橋本奈々未さんの大ファンです!
でも、ななみんが芸能界を引退してからは、登校していませんでした。
いわゆる不登校ってやつでした笑笑

なぜ再登校しようかと思ったかというと、今年高校生になって校長や教頭に相談したいことができたからです。
自分は今年、小学生のときからずっと行きたかった高校を受験し無事合格することができました。自分がもともと住んでいた県とは別の県にあり、また、偏差値も76というめちゃくちゃ高いところだったので、正直言って受かると思っていませんでした。また、どうせ受かりっこないと思っていた学校だったので、受験勉強を始めたのも去年の12月からでした。推薦までとって死にものぐるいで2ヶ月間勉強した結果、なんとか引っかかってくれました。私の場合は、頭がもともと良いとか言うよりかは、運が良かっただけで、正直今でもその学校に通っている実感が湧いていません。

自由な校風で、縛られるのが嫌いな自分にも合うような、とってもとっても良い学校ですが、
自分の身の程に全く合ってない学校なので、そこにいる生徒も、自分とは比べものにならないくらい凄い存在です。
今は自分に劣等感を抱きつつ学校に行っています。
授業にもあまりついていけてない状態です。
友達は意外とたくさんできました。
でも、その友達もみんな頭が良くて、なんでもできて、面白くて優しくて、本当にこの子たちと一緒にいてもいいのかな?と不安な気持ちになりま す。
劣等感を抱きつつも、他県に出てしまったので、頼れる親もいない、相談できる友達も傍にはいない、そんな状況です。今は姉と二人暮らしをしていますが、姉は自分のことが忙しくてなかなかそんな話はできません。
この1ヶ月溜め込んでいましたが、ちょっとしんどくなってきました。
学校は楽しいです。
でも、こんなに楽しい学校に私はいていいんでしょうか。
こんな思いを3年間抱き続けて学校に行くのは、メンタルの弱い自分には無理だと思います。
今のうちに、だれかに相談してモヤモヤとしたこの気持ちを晴らしたいです。

校長、教頭、
助けてください。
なちょんす
女性/15歳/広島県
2018-04-30 16:35



とーやま校長「…もしもし!」

なちょんす 広島県 15歳 女性 高校1年生

なちょんす「もしもし!」

とーやま校長「今、4月の終わりにくれた書き込みを読ませてもらったんだけど、ここからひと月経っているじゃん。まず、今のなちょんすはどんな感じ?」

なちょんす「変わらず…って感じです」

中間テストがあって、より劣等感が強くなったというRN なちょんす。

とーやま校長「それは、テストの成績があまり良くなかったから?」

なちょんす「そうですね。結構頑張ったんですけど、周りの友達とからよりは全然ダメで…」

とーやま校長「そこに対しての劣等感が体を支配しちゃってる?」

なちょんす「はい」

あしざわ教頭「じゃあ、前よりもキツイ状況になっているよね」

RN なちょんすは、みんなと一緒にいるときは大丈夫だけど、
テスト前などで「全然勉強してない〜」と言っていたのに良い点を取っているのを思い出したりすると、気持ちが落ち込んでしまうのだそう。

とーやま校長「なちょんすも分かっていると思うけど、”勉強してない”っていうのはアピールの部分も多いからね。
ちなみに、親にもなかなか相談できないんだもんね?」

なちょんす「離れて暮らしていて、今はお姉ちゃんと2人暮らしです」

あしざわ教頭「お姉ちゃんにも相談できない?」

なちょんす「大学とかバイトとかで忙しくて時間がないし、今まで相談していた友達も離れてしまって、相談相手がいないって感じです」

とーやま校長「吐き出せないのってしんどいよね…。他に、なちょんすはどんなこと思ってる?」

なちょんす「もっと努力したらみんなに追いつけるかもしれないけど、自分が頑張っても追いつけなくて、どう頑張ったらいいのか分からない状況で…。
メンタルも弱い方なので、このまま劣等感が続くようなら学校に行きたくなくなっちゃうんじゃないかな、って思ってます」

周りのみんなが完璧なので、自分も完璧になりたいと思っているRN なちょんす。

とーやま校長「なちょんすの思う完璧ってどういうもの?」

なちょんす「勉強もできるし、運動もできるし、みんなとも仲良くて優しいし…。私からみてキラキラしていると、この人完璧だなって思います」

とーやま校長「そんな風になりたいし、近づきたいけど、そのためにはどうすればいいか分からないんだね。他にも何か吐き出したいことはない?」

なちょんす「校長や教頭だったらどうやってこうやってモヤモヤを退治するのか知りたいなって思います」

とーやま校長「劣等感が今の問題だとしたら、なちょんすの希望を砕くことになるかもしれないけど、俺は未だに劣等感があるからね」

なちょんす「そうなんですか…!」

とーやま校長「それでも、やっぱりやらないといけないな、って思ってここまで生きている感じなんだよ。
俺が思ったのは、本当にダメな人間っていうのは、自分の弱いところを見ることが出来ないし、目をそらして生きちゃうわけよ。
自分のことをごまかして、騙して生きちゃうわけね。そうなると、自分にウソをつくことになるし、他人にもウソをつく人間になってしまう。良いことないでしょ?」

なちょんす「はい」

とーやま校長「でも、なちょんすはこれだけ自分の弱いところやダメなところに気づけてる。自分のダメなところと向き合うのってめっちゃ嫌でしょ?」

なちょんす「嫌です」

とーやま校長「だけど、それがしっかり出来ているってことが本当にすごいことなんだよ! そこは胸を張って良いところ。ここ大事だよね」

あしざわ教頭「大事! あと、なちょんすは周りの人のことを完璧だって思うかもしれないけど、完璧な人なんかいないと思っているからね。
”なんかうまくいかないな…”ってみんな思っているんだよ。でも、そうは見せたくない自分がいるし、弱みを出すのをダサいって思っているから、それを見せないようにしてるんだよね。
Instagramですごく楽しそうな日々を送っているように見える人も、しんどいことがめっちゃあるんだよ! でも、せめてそこだけは楽しくいよう、っていう見せ方だったりするわけ」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「だけど、完璧だと思っていた人が悩みとか、弱いところを見せてくれた時ってめっちゃ嬉しいんだよね。
完璧だと思っていた人から悩みを打ち明けてもらうことで、その人のことを好きになったりするの。
だから、自分も心の中身を見せたりすれば良いんじゃないかなって思ったんだよね。”こういうことで悩んでいるんです”、”実は、みんなとうまく喋れないんです”って言うとすごいスッキリもするし、そう言ってくれたことが相手はめっちゃ嬉しいと思うんだ。
だから、なちょんすもそういう部分をもっと出して良いと思ったな」

なちょんす「そうですね」


あああーーーー分かる、、、
私も、偏差値高めで(多分、さすがに76もないけどww)自由な高校に行けて、すごく嬉しいけど、今までの中学とあまりにレベルが違って、劣等感抱えちゃってます。
なんでそんなにできるのかって思っちゃいますよね。でもやれるだけのことをやってるのは素晴らしいと思います。自分の努力だけは認めていいと思います。
弱化硝子の少年
女性/16歳/長野県
2018-06-07 23:39


とーやま校長「弱化硝子の少年がこう言ってくれてるよ!
なちょんすが完璧になりたいのはすごく分かるけど、友達のこととか勉強のこととか、色んなことが目の前に迫ってきているでしょ?
俺は1つだけで良いと思うんだよね! 例えば、何か得意なものとかはある?」

なちょんす「得意ってことではないんですけど、部活を頑張ってます!」

あしざわ教頭「良いじゃん!」

とーやま校長「その1つだけでも良いと思うな。俺も未だに劣等感を抱えているって話をしたけどそれはウソじゃなくて。こうやってラジオをやらせてもらっていて、他の人のラジオとかも”すごいな〜”って思いながら聴かせてもらっているんだ。
すごい人が世の中にたくさんいる、って毎日思うけど、
明日もし、”この人のラジオすごいな!”って俺が思っている人がSCHOOL OF LOCK!をやることになっても、
”絶対に俺の方が出来ます!”って胸を張って言えるの。なぜなら、明日来るやつよりも、俺の方がなちょんすのこと好きだし、話したいって思っているから!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「劣等感はあるけど、この1つだけを持ってここに来れているわけ。だから、なちょんす自身、”これです!”って思える1つだけで良いと思うんだよね。
そしたら、いつの間にか表情とかも変わって、イケるかもしれないってなったら、今までの他のことも一緒にポイント上がって来るから。こういうのってくっついて来るよね!」

あしざわ教頭「ひとつの自信が全部を引っ張ると思うし、弱いところを見せちゃっても良いよ! そこでウソをつかなくても良いと思う」

なちょんす「はい。たぶん、見栄を張っちゃってて…」

とーやま校長「張っちゃうよね! でも、全然大丈夫だよ」

あしざわ教頭「お前のままでいいんだ!」

とーやま校長「他に言い残したことない?」

なちょんす「大丈夫です。ありがとうございます!」

とーやま校長「いいえ! また話そうね?」

なちょんす「はい。校長、教頭。大好きです!!」

とーやま校長「ありがとう! 俺も大好きだよ!」


♪ プライド / 高橋優



そして、本日も黒板の時間になりました。


SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!



『 1つでいい、1つで 』

色んなジャンルで完璧にならなくていいな、って思った。
そんなことは無理だしね。得意なもの、好きなもの1つを、深く熱く好きになりさえするば、
たぶん自分が出来上がっていくから、それでいいと、改めて思った2時間だったな。

今日も話せなかった生徒がいるんだけど、
時間がある限り、みんなと話していきたいので、また学校掲示板に書き込み待ってるからね!
改めてSCHOOL OF LOCK!をよろしく!!


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN ももとりまかろに


SCHOOL OF LOCK!

RN かんばるりんね


SCHOOL OF LOCK!

RN さきっちょ



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
フジワ☆ラー 福岡県 14歳 男性
なちょんす 広島県 15歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
115万キロのプレアデス 兵庫県 15歳 女性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:06 CALL CALL CALL! / SEVENTEEN
22:26 君のこころは輝いてるかい? / Aqours
22:48 SUMMER BREEZE / go!go!vanillas
23:48 プライド / 高橋優
23:51 私らしく生きてみたい / Little Glee Monster

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

どんな人にも絶対、絶対に1つはあります、胸張れるもの。探さないと見つけられないかもしれないし、もう既に気づいてないだけで持っているかもしれないし、とにかく必ず!1つ!あるよ!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今日も紹介できなかった生徒もたくさんいたと思うけど、ごめんな!!これからも引き続きお前の学校をよろしく頼む!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev                 Next -
<   2018年6月   >
MonTueWedThuFriSatSun
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE