SEVENTEEN先生が来校!!!
本日の授業テーマは…「CALL CALL CALL!逆電!」

生放送 2018.6.13 水曜日

20180613_sol_seventeen3.jpg


SCHOOL OF LOCK!


『 13人 』

とーやま校長「13人と聞いてピンときた生徒! …正解です!

あしざわ教頭「ちなみに、もう我々の目の前に全員いらっしゃいます!」

とーやま校長「壮観ですね! 13人グループで、世界で人気急上昇中!
さらに作詞作曲などの楽曲制作から、ダンスの振り付けまでをなんとメンバーが担当しているグループ! …と言ったら、もっとピーンと来たかな?」

あしざわ教頭「校長、生徒が早く紹介してくれって言ってますよ!」

とーやま校長「それじゃあ紹介しよう!」

今夜のSCHOOL OF LOCK!には、
5月30日に日本CDデビュー! 13人組ボーイズグループ…!

SEVENTEEN先生が登場ーーーーーーーーーー!!!!!

SCHOOL OF LOCK!


エスクプス先生
ジョンハン先生
ジョシュア先生
ジュン先生
ホシ先生
ウォヌ先生
ウジ先生
ディエイト先生
ミンギュ先生
ドギョム先生
スングァン先生
バーノン先生
ディノ先生



SEVENTEEN先生「こんばんは! SEVENTEENです!!

とーやま校長・あしざわ教頭「よろしくお願いします!」

とーやま校長「はじめまして! アニョハセヨ!
今日は、SEVENTEEN先生が勢ぞろいしてくださって、さらに教頭と通訳さんもいて。
SCHOOL OF LOCK!13年やってきて、一度にこれだけの人数で放送させていただくのはこれが最大です!」

SEVENTEEN先生「フゥ〜〜〜!」」

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!の生徒も、SEVENTEEN先生のことをめちゃくちゃ待っておりました!」

あしざわ教頭「そうなんです。書き込みもたくさん届いてます!」

とーやま校長「この学校は、ラジオの中の学校ということで、聴いてくれているのは10代が中心なんですけど、ジョンハン先生は10代のときはどういう学生生活を過ごされていましたか?」

ジョンハン先生「僕の場合、結構活発な少年時代だったと言えます。お昼時間にサッカーをしに行ったり、休み時間になったらバスケをしに行ったりとスポーツを楽しんでいました」

とーやま校長「もうすぐW杯も始まりますしね!」

ジョンハン先生「そうですね。運動大好きなので楽しみです!」

とーやま校長「そしたら……」

あしざわ教頭「あっ! 校長先生、ジョンハン先生のうちわ持っているじゃないですか!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「この間、東京・豊洲PiTでのライブにお邪魔させていただいたんですよ」

あしざわ教頭「我々、伺わせていただきました!」

とーやま校長「グッズ売り場があったので、僕も並んだんですよ! で、誰にしようかな〜って悩んだんですけど、僕が一番なりたい顔はジョンハン先生だ! と思って買わせてもらいました!」

ジョンハン先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「どうしたらジョンハン先生のようになれますか?」

ジョンハン先生「これは、カラットの愛を受けないとこういう顔にはならないですね」

20180613_sol_jeonghan1.jpg


あしざわ教頭「やっぱり、ファンのみんなの愛がないとダメですよね!」

とーやま校長「諦めるつもりはないのでここから頑張ろうと思います!」

SCHOOL OF LOCK!


そして、先月5月30日に日本でのCDデビューが決定!
5月30日と31日、2日間に渡って、デビューショーケースが東京・豊洲PiTで行われました。


SEVENTEEN先生!
実は昨日SEVENTEEN先生の日本デビュー
ショーケースに行ってきました〜!!!
オリジナルデビュー曲の『CALLCALLCALL!』
もバッチリ見てきましたよ!!
まさかまたSOLにでてくれるなんて思っても
みなかったので今すごく驚いてます!!
せぶち先生ファイティン!!
とーやま校長あしざわ教頭!SEVENTEEN先生の魅力をじゃんじゃん引き出してくださいね!笑
Hoshi
女性/16歳/東京都
2018-06-01 01:16


SEVENTEEN先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「ラジオネームもHoshiってことは、ホシ先生のことがもしかしたらめちゃくちゃ大好きかもしれないですね!」

ホシ先生「そうだと良いですね〜!」

とーやま校長「この日のライブはいかがでした?」

ホシ先生「めちゃめちゃ楽しかったです!」

とーやま校長「行っている生徒もたくさんいると思うし、デビューしたその日、SEVENTEEN先生の、JAPAN 1ST MINI ALBUM『WE MAKE YOU』がリリースされています!
おめでとうございます! チュカハムニダ!」

SEVENTEEN先生「ありがとうございます!!」

とーやま校長「新曲『CALL CALL CALL!』もこの学校で初オンエアさせて頂きました!」

今日は、そのミニアルバムの話も、聞かせてもらおうと思います!


とーやま校長「それじゃあ、挨拶しましょうか!」

あしざわ教頭「SCHOOL OF LOCK! 本日も開校です! ……起立!

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!は最初に挨拶をするんですけど、『叫べ』と、大きな声で言ってください! ウォヌ先生大丈夫ですか?」

ウォヌ先生「はい。大丈夫です!」

あしざわ教頭「……礼!!!」


とーやま校長・あしざわ教頭・SEVENTEEN先生叫べーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!


♪ THANKS / SEVENTEEN


とーやま校長「みなさん、曲中にも一緒に歌ったりしていましたね!」

あしざわ教頭「ジョンハン先生なんて立ち上がって踊られてましたよね!」

ジョンハン先生「ミンギュ先生とじゃんけんして負けちゃったので、罰ゲームで踊りました(笑)」

20180613_sol_jeonghan1.jpg


とーやま校長「罰ゲームだったんですか!」

ジョンハン先生「こういうゲームみたいなことをよくするんです」

とーやま校長「で、負けてしまったんですね(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


ミンギュ先生「ジョンハンさんのダンス、どうでしたか?」

とーやま校長「ダンス? …えっと……」

ミンギュ先生「もしや、見てなかったんですか?」

とーやま校長「見てなくないですよ! しっかり見てたし、バーノン先生も歌ってたでしょ? それもちゃんと見てましたよ!」

スングァン先生「う〜ん」

あしざわ教頭「スングァン先生が納得されていないようですよ(笑)」

とーやま校長「バーノン先生歌ってましたよね?」

バーノン先生「歌を歌っていたかも覚えてないですね…」

20180613_sol_vernon2.jpg


とーやま校長「マジか…! 今日の2時間、不安な気持ちになりました」

あしざわ教頭「そんなことないです!(笑) 楽しくやりましょう!」


そして、本日の授業テーマは
「CALL CALL CALL! 逆電!」

JAPAN 1ST MINI ALBUM『WE MAKE YOU』。
その中で日本デビューアルバムのために書き下ろされた曲が、「CALL CALL CALL!

この曲では「悩んでいることとか抱えてることがあったら、今すぐ電話してほしい! すぐ駆けつけるから!」と、セブチ先生が言ってくれてます!

つまり、今日は「セブチ先生に相談したいことがある!」という君の悩みにCALL CALL CALL!
セブチ先生に直接電話でアドバイスをしてもらうぞ!


とーやま校長「セブチ先生、今日は悩みであれば何でもいいですよね? フリーダムですよね?」

SEVENTEEN先生「フリーダム!」

とーやま校長「ディエイト先生、フリーダムでいいですか!」

ディエイト先生「はい!」

あしざわ教頭フリーーーーダーーーム!!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「これは、SCHOOL OF LOCK!の教頭先生の一発ギャグになります」

あしざわ教頭「違う違う! 一発ギャグではないです(笑)」

とーやま校長「ぜひ、セブチの皆さんにも『フリーダーム!』って言ってほしいんです!」

あしざわ教頭「1回練習して見ましょう! フリーーーーダーーーム!!

ディエイト先生フリーーダーーム!!!

あしざわ教頭「ナイスフリーダム!」

とーやま校長「イイね! ジュン先生、フリーダム!」

あしざわ教頭フリーーーーダーーーム!!

ジュン先生フリーーダーーーーーム!!!

あしざわ教頭「ナイスフリーダム!」

とーやま校長「ジュン先生、フリーダ……」

あしざわ教頭「何回やるんだよ! 自由すぎるわ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!



とーやま校長「せっかくだから、アドレス読みをセブチ先生に言ってもらおっか?
ジョシュア先生お願いします!」

ジョシュア先生www.tfm.co.jp/lock www.tfm.co.jp/lock!

あしざわ教頭「カッコいい〜!」

とーやま校長「ありがとうございます! めっちゃカッコ良かったので、僕からの感謝の気持ちでコーラプレゼントします!」

SEVENTEEN先生「おお〜〜!」

とーやま校長「ジョシュア先生、コーラ好きですもんね?」

あしざわ教頭「スングァン先生が、コーラめちゃくちゃ好きだって言ってましたもんね」

とーやま校長「良かったら飲んでください!」

ジョシュア先生「ありがとうございます!」

あしざわ教頭「FAXは…ディノ先生お願いします!」

ディノ先生「はい! 東京03-3221-1800 東京03-3221-1800

あしざわ教頭「ありがとうございます!」

とーやま校長「今度は教頭からディノ先生に何かプレゼントしたほうがいいんじゃない?」

あしざわ教頭「じゃあ…メガネプレゼントしまーす!

SCHOOL OF LOCK!


ディノ先生「そしたら前が見えなくなっちゃうんじゃないですか?」

あしざわ教頭「そうですね。もう誰がディノ先生がわからないです(笑)」

SEVENTEEN先生「(笑)」

とーやま校長「じゃあ、気持ちだけね。…あれ? ジョシュア先生もうコーラ飲まれました?」

ジョシュア先生好き…

20180613_sol_joshua1.jpg


あしざわ教頭「甘い声だなあ〜!」



SEVENTEEN
誕生日2時間前にSEVENTEENの声が聴けて幸せ過ぎます(;_;)
セブチの笑い声が聴けてこっちまで楽しくる…
ジスくんの「好き…」の破壊力…
School Of Lock最高!!!!
みぃ〜ちゃん☻
女性/17歳/千葉県
2018-06-13 22:17


とーやま校長「みぃ〜ちゃん☻……好き

あしざわ教頭「校長の声で上書きしないでくださいよ!」

とーやま校長「いやあ、ジョシュア先生の『好き…』がカッコ良すぎてね!」


seventeeeeeeeeen!!!!!
SEVENTEENの声をこんなダイレクトに聞けるなんて今も信じられません・・
キーボードを打つ手が震えています(笑)

みんないつも通りノリが良くて、聞いていてとっても楽しいです!!
引き続き放送楽しみます!全員が素敵なSEVENTEEN!大好きです!!♡
CARAT のんちゃん
女性/18歳/神奈川県
2018-06-13 22:26




20180613_sol_17_1.jpg



ということで、今夜のSCHOOL OF LOCK! は、世界で人気急上昇!
日本デビューしたばかりの、SEVENTEEN先生迎えてお届け中!

とーやま校長「改めまして! 
SEVENTEEN先生は、先月5月30日水曜日に、JAPAN 1ST MINI ALBUM『WE MAKE YOU』をリリースされています! おめでとうございます!」

SEVENTEEN先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「今までの楽曲も日本語で歌い直してくださっていて。それも入ったミニアルバムになっているんですよね。ウジ先生、今回はどんな5曲になりました?」

ウジ先生「『CALL CALL CALL!』を含めて、ボーカルチームの『20』、
ヒップホップチームの『Lean On Me』、それからパフォーマンスチームの『HIGHLIGHT』。
そして、全員で歌う『Love Letter』が収録されています!」

とーやま校長「さらに、初回限定盤とかもあって、50ページのフォトブックもあるんですね! スングァン先生、フォトブックの撮影はどんな感じだったんですか?」

スングァン先生「日本での初めてのアルバムのジャケットということで、カッコ良く写ったらいいな、と思って頑張って撮りました!」

とーやま校長「『CALL CALL CALL!』は、どういう思いを込めて作られた曲になりましたか?」

SCHOOL OF LOCK!


ウジ先生「『CALL CALL CALL!』は、”いつどこにいても電話をしてくれたら駆けつけるよ!”というメッセージを込めた曲で、カラットの皆さんに伝えたい気持ちを込めた曲になっています

とーやま校長「僕たちは日本で生活していますし、皆さんは世界で活躍されていて、距離は遠いかもしれないですけどセブチ先生がそうやって言ってくれているってことで、
カラットのみんなもめちゃめちゃ距離も近く感じることもできるし、嬉しいと思いますよ!」

ウォヌ先生「僕も嬉しいです!」

20180613_sol_wonwoo1.jpg


とーやま校長「ドギョム先生にとっては『CALL CALL CALL!』はどういう曲になりました?」

ドギョム先生とってもエネルギッシュな曲になっていまして、聴いていたら気分が良くなると思います!
曲のタイトル通り、”電話さえしてくれたらいつでも僕が行くよ!”という気持ちが込められているので、たくさん聴いてほしいです!」

とーやま校長「ドギョム先生、それは僕からの電話でも来てくれますか?」

ドギョム先生もちろんです!!

とーやま校長ありがとうございまーす!!!


♪ CALL CALL CALL! / SEVENTEEN


この曲の合間に、またしてもじゃんけんで負けて踊ることになってしまったジョンハン先生とミンギュ先生!

20180613_sol_17_3.jpg


20180613_sol_17_3.jpg



さらにじゃんけんは続いて、今度はドギョム先生も踊ることに…!


20180613_sol_17_3.jpg



あしざわ教頭「すごいなあ…! でも、なんでこんなことになっちゃったの?(笑)」

とーやま校長「めちゃくちゃカッコイイ曲だから感想を言いたいんだけど、またしても誰が踊るのかじゃんけんが始まっちゃって。
ジョンハン先生とミンギュ先生が2人で踊ってましたね!」

ジョンハン先生「3回戦までやったんですけど、3回とも全部負けちゃいました!」

あしざわ教頭「ジョンハン先生ずっと立たれてらっしゃいましたもんね(笑)」

ジョンハン先生「歌が流れるたびに、僕が立って踊ることになっていましたよね(笑)」

とーやま校長「そして、最後はドギョム先生まで踊ってましたね!」

ドギョム先生「ハイライトは僕が飾りました!」

20180613_sol_dk1.jpg


あしざわ教頭「確かに、キマってましたね!」



そして! SEVENTEEN先生を迎えて送る今夜の授業テーマは……
「CALL CALL CALL! 逆電!」


とーやま校長「生徒の悩みにセブチ先生が電話で直接アドバイスをしてもらいます!
どんな悩みでもOK! ということは先ほど確約いただきましたけれど、自由ということは…? ディエイト先生、つまり……?」

ディエイト先生プリーーーーダーーーーム!!!

あしざわ教頭「プリーダムになってるの、可愛らしいですね(笑)」

とーやま校長「ありがとうございます! ナイスプリーダムいただきました!(笑)」

20180613_sol_the81.jpg



さあ、本日最初に逆電したのは…!

raki 東京都 9歳 男性 小学4年生

とーやま校長「…もしもし」

raki「もしもし!」

とーやま校長「校長のとーやまです!」

あしざわ教頭「教頭のあしざわです! そして!」

SEVENTEEN先生「SEVENTEENです!!」

raki「こんばんは! 東京都、9歳のrakiです!」

とーやま校長「9歳!」

SEVENTEEN先生「カワイイ〜」

とーやま校長「バーノン先生、声めちゃくちゃ可愛いですよね!」

バーノン先生「はい! とてもカワイイ!」

20180613_sol_vernon1.jpg


raki「ありがとうございます!」

RN rakiは、SEVENTEEN先生が1年前から大好きで、
ダンスのレッスンを受けている時に、フリーダンスで使う音楽を探していたらSEVENTEEN先生の楽曲と出会い、
ダンスもカッコ良くて揃っているところを見て、大好きになったのだそう!

とーやま校長「ディノ先生、めちゃくちゃ嬉しくないですか?」

ディノ先生「とっても感動しました!」

20180613_sol_dino1.jpg


とーやま校長「ちなみに、僕が聞くことじゃないかもしれないんですけど…。
セブチ先生の中でも一番好きなメンバーはだれ?」

raki「一番好きなのは、ジョシュア先生です!」

ジョシュア先生「わぁ〜!」

あしざわ教頭「嬉しそうな笑顔!」

スングァン先生「バイバ〜イ」

あしざわ教頭「スングァン先生、バイバイじゃないですよ!(笑)」

とーやま校長「ジョシュア先生、rakiが大好きですって!」

ジョシュア先生「僕もとっても大好きです!」

20180613_sol_joshua2.jpg


raki「ありがとうございます!」

とーやま校長「せっかくなので、rakiだけに僕がプレゼントしたコーラを飲む音をあげてもらっていいですか?」

あしざわ教頭「それ嬉しいのか?(笑)」

<コーラを飲むジョシュア先生>

ドギョム先生「まさか電話でコーラの音が聴こえるなんて!(笑)」

ジョシュア先生「ごちそうさまでした!」

とーやま校長「raki、どうだった?」

raki「カッコ良かったです!」

スングァン先生「ウソだあ〜」

20180613_sol_17_2.jpg


とーやま校長「ウソじゃないウソじゃない(笑)」

スングァン先生「rakiさん、2番目に好きなメンバーは誰ですか?」

raki「2番目に好きなのはディエイト先生です!」

ディエイト先生「ありがとうございます!」

20180613_sol_the82.jpg


とーやま校長「じゃあ今、ディエイト先生の手元には水があるから、水を飲んだ音を…」

あしざわ教頭「各自の音を聞かせるコーナーなんなんですか? でも、ディエイト先生やってくれてる!」

<水を飲むディエイト先生>

SEVENTEEN先生「(笑)」

20180613_sol_woozi1.jpg


あしざわ教頭「…どうだ、raki?」

raki「やっぱり、ディエイト先生もすごくカッコ良かったです!」

とーやま校長「で、rakiはセブチ先生に聞いて欲しいことがあるんだよね?」

raki「はい。僕はSEVENTEEN先生みたいなアーティストになるのが夢です。ダンスやボーカルはレッスンを受けたことがありますが、
それ以外に今から練習しておいた方がいいことはありますか?」

とーやま校長「9歳のときから、何をしておけばSEVENTEEN先生みたいになれますかね?」

スングァン先生「ホシさんがパフォーマンスチームのリーダーだから、何かアドバイスもらえますか?」

ホシ先生「僕たちの会社に入ってきたら良いと思いますよ!」

20180613_sol_hoshi1.jpg


raki「ありがとうございます!」

とーやま校長「いやいや、とんでもない難関をくぐり抜けないと多分入ることできないからね(笑)」

あしざわ教頭「小学4年生で入ったら快挙だよ!」

とーやま校長「実際にメンバーの皆さんの中で、小さい頃からダンスとかされている人はいらっしゃるんですか?」

ウジ先生「僕たちは早い子で中学生の頃、遅くても高校生の頃には練習生として入っていました。rakiくんはもっと幼いので、スタートが早いことになります。
なので、僕たちよりももっとカッコ良くなれるような気がします!」

20180613_sol_woozi1.jpg


raki「ありがとうございます!」

エスクプス先生「僕は、rakiくんが踊っているのを実際に見てみたいです!」

raki「僕も見せたいです!」

スングァン先生「歌声だけでもどうですか?」

とーやま校長「スングァン先生からのリクエストが入りました!」

raki「じゃあ、『CALL CALL CALL!』のサビを歌います!」

とーやま校長「もういける?」

raki「はい! 今すぐ電話して Yeah Ah yeah 今すぐに
鳴らしてよ 躊躇わないで 呼んでみて Yeah Baby すぐ行くよ 何処へでも僕が走るから〜♪


SEVENTEEN先生「わぁ〜〜〜〜〜!!!」

ドギョム先生「歌声がとっても綺麗でカワイイです! 今すぐここに来て〜! 一緒に活動しても良いと思います!」

とーやま校長「ジュン先生はrakiの歌声を聴いてみていかがでした?」

ジュン先生「とても良いです!」

20180613_sol_jun1.jpg


ホシ先生「今そこに、プレディスジャパンの社長さんが来ているんですね。…スカウトしちゃって!」

とーやま校長「raki、14人目のメンバーおめでとう!」

あしざわ教頭「まだ決定してないですから!(笑)」

とーやま校長「でも、いつか色んなことを頑張ったらセブチ先生と同じステージに立つこともあるかもしれないよね」

raki「はい、頑張ります!」

とーやま校長「最後に、rakiからセブチ先生に一言お願い!」

raki僕は、SEVENTEEN先生みたいなアーティストになります! なので、僕のことを覚えていてください!」

ドギョム先生「絶対に会えたら良いね!」

20180613_sol_dk1.jpg


ウォヌ先生「いつか、ステージの上で会えたら良いなって思います!」

スングァン先生「お兄ちゃんが抱っこしてあげる〜!」

ミンギュ先生「絶対に覚えてますからね!」

とーやま校長「raki、どうもありがとう!」

SEVENTEEN先生「頑張ってくださ〜い! ファイティン!」

raki「ありがとうございます!」


♪ HIGHLIGHT -Japanese ver.- / SEVENTEEN


とーやま校長「rakiに便乗して俺もSEVENTEEN入れないかな〜」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「校長はムリだよ!」

とーやま校長「スングァン先生、俺はムリですか…?」

エスクプス先生「ムリです!」

あしざわ教頭「エスクプス先生がムリって言っちゃった(笑)」

スングァン先生「SCHOOL OF LOCK!に集中した方が良いと思いますよ?」

とーやま校長「えぇ〜〜……」

スングァン先生「あまりにもショックを受けすぎじゃないですか? 冗談、冗談です!(笑)」

20180613_sol_seungkwan2.jpg


とーやま校長「今日で校長やめます…」

あしざわ教頭「辞めちゃダメですよ! 校長がいなくなったら生徒のみんなが困るんだから(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


ホシ先生「僕が校長やりますよ?」

とーやま校長「え!? ホシ校長? でもきっと、めちゃくちゃ人気が出ちゃって本当に僕が職を失うことになるので…」

ホシ先生「(笑)」

20180613_sol_hoshi2.jpg


さあ、毎週水曜日23時8分頃は、松田LOCKS!をお届け!
今日は、ONIGAWARA斉藤伸也(Vocal,GAYA,Programming)先生が生徒の悩みを曲で解決してくれたぞ!!




松田部長「ど〜も。松田部長だよ!
SCHOOL OF LOCK!のダイナマイトカリスマ営業部長、松田です!
…いつもここ、甘噛みになるな…。
さあ!JASRAC日本音楽著作権協会がおくる松田LOCKS!
今夜も生徒の悩みをアーティスト講師の方が音楽で解決してくれます!
今回の悩みはコチラ!」

----------------------------------------------------------------------------

私は、緊張すると早口で喋ってしまう癖があります。故に、早口言葉は得意です。
ただ、友達と喋っていると早口で聞き取りにくいことがあるそうです。
どうすれば直りますか?

Sa-i 女の子 14歳 宮城県
--------------------------------------------------------------------------

松田部長「これを音楽で解決してくれます。
さあ、今回この悩みを解決してくれるのは…!?」

斉藤先生ONIGAWARAの斉藤伸也(Vocal,GAYA,Programming)です! 今回、RN Sa-iさんのために選曲した楽曲はこちら!
ONIGAWARAで『夏フェスなんて大嫌い!!なんちゃって』です!」


M 夏フェスなんて大嫌い!!なんちゃって / ONIGAWARA


斉藤先生「この『夏フェスなんて大嫌い!!なんちゃって』はラップなんですね!
ラップっていうのは滑舌が命なわけでして、早口で聞き取りにくいという時には
滑舌を強化するためにラップをコピーしたりなんかして、良い滑舌を身に付けて、
友達に“あ、滑舌イイね!”なんて言わせちゃってもいいんじゃないでしょうか!

で、その友達と夏フェスに行っちゃったりなんかして、その帰り道に
『夏フェスなんて大嫌い!!なんちゃって』がRN Sa-iさんの心に響けば良いなと
私、斉藤伸也は思っておりますよ。でも、早口言葉が得意なんだったら、
『夏フェスなんて大嫌い!!なんちゃって』をコピーしたことをきっかけに
ラッパーを目指してみるってのもアリかもしれないよね!


これからの時代やっぱりね、HIPHOPがガンガンきますから!
そこに向けてラッパーになるっていうのも選択肢じゃないでしょうかね!」

松田部長「斉藤先生…凄いですね(笑)
松田LOCKS!では引き続き、アーティスト講師の皆さんに解決してほしい悩みを募集中!
また、松田LOCKS!のサイトで出題している著作権クイズに正解した生徒の中から毎週1人にオリジナルの著作権カレンダーをプレゼント!
全ては【コチラ】からお願いします! 今夜の松田LOCKS!は以上!」

今夜の著作権名言

「一般的に、単語や単純な単語を組み合わせた楽曲のタイトルは、
著作物にあたらないとされている。
これって、俺と君が一緒にいるくらい、当たり前のことだよね?」





とーやま校長「ラップいいね! いきなりオリジナルでやれって言われたら”ウッ…”ってなると思うけど、コピーならずっと聴き続けて歌詞カードを追えばいいから誰でもできるし!」

あしざわ教頭「そもそも、Sa-iはそういうの得意だもんね!」

とーやま校長「それで口の筋肉とかつけていったら、斉藤の言う通り治るかもしれない!」

あしざわ教頭「早口を治すんじゃなくて、さらにもっと強くしちゃうっていうのもいいですね!」

とーやま校長「我が校には色んな掲示板があって、『ラップ掲示板』っていうのもあるから、
そこで滑舌よくラップ出来ないんですけどって聞いてみたらラップ得意な奴が教えてくれるかもしれないし、どんどん活用してほしい!
そして、ONIGAWARAの斉藤先生ありがとうございました!」

あしざわ教頭「曲、カッコいいですよね!」

とーやま校長「ぜひ、生放送教室でもお会いできるのも楽しみに待っております!」

松田部長! 来週水曜日もよろしくお願いいたします!


20180613_sol_jun2.jpg



ここで、SEVENTEEN先生についての学校掲示板の書き込みを紹介していきます!


SEVENTEEN先生
Twitterでジョンハンくんとミンギュのダンスしてるところの写真ツイートしてくれて嬉しいです!!!
まゆはに
女性/17歳/山梨県
2018-06-13 23:11


とーやま校長「今日の写真は放送後記とか、公式Twitterアカウントにガシガシ上がっているので、見逃す事のないようにね!」



今すぐ電話して!
ラジオ勉強しながら楽しく聴かせてもらってます〜!!
逆電でのせぼんいの反応も全部全部可愛い、、、!
ジョシュア先生とTHE8先生の飲み物飲む音、、イヤホン越しに聴いて悶えました…最高です…
SCHOOL OF LOCK様感謝、、
SEVENTEEN先生日本デビューおめでとう!大好き!
Tsuzuri
女性/17歳/東京都
2018-06-13 22:57


あしざわ教頭「ちゃんと届いてますね!」

とーやま校長「ジョシュア先生がコーラが好きだってことで差し上げて飲んでもらったんだけど、もう聴けないかなあ〜? ジョシュア先生ーーーーっ!」

<ジョシュア先生がコーラを飲む音>

あしざわ教頭「でた! コーラの音!」

とーやま校長「ありがとうございます! からの…ディエイト先生はムリかな〜?」

あしざわ教頭「流石にそこまではねえ?」

とーやま校長「ディエイト先生ーー! お願いしまーーーす!!」

<ディエイト先生が水を飲む音>

あしざわ教頭「来ました、水の音! みんな、違いがわかったか?(笑)」

とーやま校長チェゴクンニョーーーーー!(最高ですね!)」


SCHOOL OF LOCK!



さあここからは再び、SEVENTEEN先生と一緒にお届けしていきます!

とーやま校長「SEVENTEEN先生は、海外コンサートツアーが始まるんですよね? これはどちらを回るツアーになるんですか?」

ミンギュ先生「韓国を皮切りに、色んな国をまわります!」

さらに、9月には日本にやって来てくれます!

「2018 SEVENTEEN CONCERT 'IDEAL CUT' IN JAPAN」
2018年9月4日(火)〜9月6日(木)さいたまスーパーアリーナ


とーやま校長「さいたまスーパーアリーナを3Days! これは日本のミュージシャンでもトップクラスの人じゃないと絶対にできないと思いますよ。
少し先にはなりますが、さいたまスーパーアリーナでのライブはどういうライブにしたいと思っていますか?」

ウォヌ先生「まずは日本のカラットのみなさんに感動を与えられるようなライブになったら良いなと思います!」

20180613_sol_wonwoo1.jpg


とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!の中でも遊びに行く生徒がたくさんいると思いますので、よろしくお願いします!」


そして、SEVENTEEN先生を迎えて送る今夜の授業テーマは
「CALL CALL CALL! 逆電!」

とーやま校長「早速行こう! …もしもし!」

のん 大分県 17歳 女性 高校2年生

のん「もしもし!」

とーやま校長「のんは、今高校何年生?」

あしざわ教頭「中2高2は……フリーーーダーーーーーム!!!

のん「フリーーダーム!」

あしざわ教頭「じゃあ、ディエイト先生……フリーーーダーーム!」

ディエイト先生フリーーーダーーーーーム!!!

あしざわ教頭「ナイスフリーダム!」

とーやま校長「のん、今やばいでしょ? セブチ先生が全員いるからね!」

のん「わぁ〜〜!」

とーやま校長「もちろん、みんな大好きだと思うんですけど…セブチ先生の中で誰が一番好きなのか、教えてくれる?」

のんミンギュくんが好きです!

ミンギュ先生「僕も好きです。ありがとう!」


20180613_sol_mingyu1.jpg



そんなRN のんが、セブチ先生に相談したいこととは…

のん「もともと自分は子供が好きで、教育系の進路を考えていたんですけど、SEVENTEEN先生の影響で韓国語を始めたり、学校に来た台湾からの高校生と交流したのが
楽しくて、最近は海外に出てみたいっていう夢が出来ました!

しかし、RN のんの中で海外に行きたいという気持ちは100%のうち、60%くらい。
教育系の進路は海外に行くよりも安定しているし、海外に行きたいという夢の方は先が見えない面もあり不安定なので、なかなか先生や親にも言えてないのだそう。

のん「でも、自分は高校2年生だからそろそろ進路も決めないといけないので、先の見えている教育系の進路へ進むべきなのか。
今、自分がやりたいと思う気持ちが強い海外の夢を選ぶべきなのか。
どうしたら良いのか悩んだので、SEVENTEEN先生に相談させてもらいました」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「安定も望ましいし、夢を目指すにしても勇気が出ないってことなんだね。
SEVENTEEN先生は、今やられているお仕事は夢のひとつだったと思うんですけど、そこへ進む葛藤とか不安とかはあったんですか?」

スングァン先生「当然、みんな(葛藤や不安を)持っていました。僕たち今はソウルに住んでいますけど、もともとみんなソウル出身ではないんです。
アメリカから来たメンバーもいるし、遠くから来ているメンバーは、それぞれ大きな決心をしてからここに来ているんです。なので、のんさんの持っている悩みも理解ができます」

20180613_sol_seungkwan1.jpg


ウジ先生「とても共感出来る悩みだと思います。僕たちも歌手という職業ですけど、これは安定した職業ではないんですよ。
安定的ではないけれど、歌手という夢を選択したわけですが、やりたいという意志があったからこそ僕たち13人が今ここに集まっているということなんです。
もちろん、安定的な部分も大事なんですけどね。でも、一番重要なのは、自分がやりたいことというのが大事だと思います!

とーやま校長「お2人の話を聞いて、今どんなことを思ってる?」

のん「今やりたい方に進もうかな、って強く思いました!」

とーやま校長「ミンギュ先生からも、のんに一言いただけたらすごく嬉しいんですが…」

ミンギュ先生「僕もまた同じ意見なのですが、悩んでいても、まずはぶつかってみることが大事なんですね。
初めは怖いかもしれないですけど、やってみたら他に知りたいことがまた増えてくるかもしれないし、
そこから夢が変わって来たりすることもあると思うので、まずは海外に行ってみたりと、やりたいと思ったことをやったほうが良いと思います!」

20180613_sol_mingyu1.jpg


とーやま校長「のん、めっちゃ良い言葉もらえたね!」

のん「はい…! ありがとうございます!」

とーやま校長「まだ時間もあるし、今いただいた言葉や気持ちを自分の中に取り込んで進んでいこう!」

SEVENTEEN先生頑張ってーー!

のん「ありがとうございます!!」


♪ Lean On Me -Japanese ver.- / SEVENTEEN


続いて逆電した生徒は…

さくら 鳥取県 15歳 女性 高校1年生

とーやま校長「さくらは、いつからセブチ先生が好きなの?」

さくら「去年からです! 友達に教えてもらって…」

ドギョム先生・ウジ先生「良い友達ですね!」

とーやま校長「どうします? 誰推しか聞いておきます? エスクプス先生もすごい前のめりになっていますから…」

20180613_sol_s_coups1.jpg


あしざわ教頭「嬉しそうに前のめりになってる!(笑)」

とーやま校長「さくらは、誰が一番好きなの?」

さくらウジ先生と、ホシ先生です!」

とーやま校長「おおっ! 2人!」

エスクプス先生「お疲れ様でした〜」

あしざわ教頭「帰らないで〜!(笑)」

とーやま校長「(笑) それじゃあ、さくらは大好きなセブチ先生に、どんなこと聞きたい?」

さくら周りの目を気にしてしまってなかなか自分を出せないのが辛いです

今年から高校生になり、周りの環境が変わった中でも、なかなか自分を出せないというRN さくら。
中学校で転校を経験したことで周りの目を気にしてしまい、みんなに合わせるようになったのだとか。

さくら「本当は、もっと自分を周りの人に知って欲しかったんですけど、やっぱり自分の素を出せなくて…。すごく苦しかったです」

とーやま校長「苦しいし、体も心もめっちゃ疲れちゃうよね」

さくら「はい」

とーやま校長「本来の自分を友達とかに伝えていきたいっていう悩みなんですけど、セブチ先生はこういう活動をされている中でどう感じますか?」

SCHOOL OF LOCK!


スングァン先生「ディノ先生が、その気持ちをよく分かるような気がします」

ディノ先生「こんにちは! 末っ子7年目のディノです! 周りの視線が気になるということ、とても共感するんですけど、僕はこうだったら良いなって思うんです。
まずは、自分の意見を言ってみる! そして、怒りたかったら怒って! そしてそこから何かを学ぼう!
きっと生きる中で多種多様な人たちとこれから会うと思うんですが、僕も最初からお兄さん達とうまくできたわけでもないし、自分を表現できたわけじゃないんだけども、
怒ったり怒られたり、褒めたり褒められたりしながら今に至っているし、その中で成長もしていくから、あまり否定的に考えることはないと思うよ!
そして、こういう悩みを持っているってことは、きっととても性格が優しくて良い子なんだなって思います。
周りの人たちもきっと、さくらさんのことが大好きだと思いますよ!

20180613_sol_dino1.jpg


とーやま校長「ディノ先生も、さくらのように悩んでしまっていた時期があって、でも自分でなんとかしないといけないって頑張った結果、今のディノ先生がいるってことですもんね」

ディノ先生「そうですそうです! 今も学んでいる最中ですよ!」

とーやま校長「そんなディノ先生ですが、昔と比べてどうですか?」

スングァン先生「昔は自分の姿をしっかりと見せることができなくて残念がっている姿もいっぱい見かけたんですけど、今は自信を持ってやっているので、とても良いと思います!
どのみち、全ての人から愛されることなんて出来ないって僕達自身でも思っているんです。なので、自分の姿をそのまま見せてあげて、それを好きになってくれる人たちと一緒にいれば良いと思います

とーやま校長「さくら、今どんなこと思ってる?」

さくら「今、自分はすごく悩んでいるけど、大好きなSEVENTEEN先生も昔は同じことを思っていて、自分も努力したらみんなに認めてもらえるかな、って思うと少し楽になりました!」

エスクプス先生さくらさんのことを好きな人は、さくらさんが合わせなくてもくっついてきてくれるんですよ。なので、合わせようとしなくても良いんですよ。
そして、嫌いな人はどんなに良くしたとしても嫌われちゃうんですよ。だから、さくらさんのことを好きでいてくれる人を好きになってくださいね!

20180613_sol_s_coups2.jpg


とーやま校長「さくら、セブチ先生は優しいね!」

さくら「はい!」

あしざわ教頭「自分のペースで焦らず行こうな!」

SCHOOL OF LOCK!


SEVENTEEN先生頑張って!



そして、本日も黒板の時間になってしまいました。
いつも授業の最後は校長の黒板でしめていますが、今日は、SEVENTEENのミンギュ先生にお願いしたいと思います!

SCHOOL OF LOCK!


『 전부 문제없다!(ぜんぶ問題ない!)』

ミンギュ先生「ただ生きていながら悩むだとか、心配するのではなくて、
そういった心配を克服してみたいと思って動くことが先に必要だと思っています。
そうすれば乗り越えられると思いますし、その為にも勇気を持って前に進んで欲しいと思ったので、『ぜんぶ問題ない』と書きました!」


♪ CALL CALL CALL! / SEVENTEEN


とーやま校長「SEVENTEEN先生! 楽しい時間をありがとうございました!
また是非遊びに来て下さい! 
でも…せっかくだから居残りしてもらいたいな〜。校長権限発動させちゃおうかなあ〜。どう?」

あしざわ教頭「そんなことしていいんですか!?」

とーやま校長「やっちゃおう! だってこんな機会ないんだから!」

ジュン先生「僕ももっとたくさん電話したいです!」

とーやま校長「そうしましょう! セブチ先生、居残りです! ドギョム先生、OK?」

ドギョム先生オッケーです!!

あしざわ教頭「ディエイト先生フリーーーダーーム!」

ディエイト先生フリーーーダーーム!!

あしざわ教頭「ナイスフリーダム!」


SCHOOL OF LOCK!は、明日夜10時に再び開校!


あしざわ教頭「起立! 礼!」

とーやま校長・あしざわ教頭・SEVENTEEN先生また明日〜〜〜〜〜〜!!!!


20180613_sol_seventeen3.jpg



SEVENTEEN先生、本当にありがとうございました!
居残り授業でもよろしくお願いします!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

SEVENTEEN先生のメンバー全員、13人のサイン入りポスターの当選者は…

・RN りんこりんこ 北海道 17歳 女性
・RN hikky 福岡県 15歳 男性
・RN きむきゃのん 青森県 17歳 女性

当選しなかったみんなもたくさんの書き込みをしてくれてありがとう!

SCHOOL OF LOCK!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN サオリ


SCHOOL OF LOCK!

RN 豆乳由来成分ちゃん


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN きなこ大福



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
raki 東京都 9歳 男性
のん 大分県 17歳 女性
さくら 鳥取県 15歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
愛せよオトメ 15歳  香川県 男性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:07 THANKS / SEVENTEEN
22:27 Believe in ourselves / LiSA
22:35 CALL CALL CALL! / SEVENTEEN
22:48 HIGHLIGHT -Japanese ver.- / SEVENTEEN
23:09 夏フェスなんて大嫌い!!なんちゃって / ONIGAWARA
23:22 PARTY / Mrs. GREEN APPLE
23:40 Lean On Me -Japanese ver.- / SEVENTEEN
23:49 CALL CALL CALL! / SEVENTEEN

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

チュルゴウォッスムニダ!トマンナヨー!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

SEVENTEEN先生の人柄も分かってさらに曲が良く聞こえたなぁ…。プリ〜ダ〜〜〜〜ム!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev                 Next -
<   2018年6月   >
MonTueWedThuFriSatSun
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE