LiSA先生が初来校!!
「君は自信ってある? ない?」

生放送 2016.12.15 木曜日

20161215_sol17.jpg


20161215_sol01.jpg


『 スペシャル授業4日目 』

今週のSCHOOL OF LOCK! は、毎日がスペシャル〜♪ 授業〜♪
本日は、我が校にとって、そして生徒にとっても、スペシャルなゲスト講師が登場します!

鹿児島県のRN したっけ
新潟県のRN て〜きゅう! 聴いてるかーー?

今夜の生放送教室には………

LiSA先生が初来校!!!

20161215_sol05.jpg


LiSA先生「LiSAです! よろしくお願いします!」

とーやま校長・あしざわ教頭「よろしくお願いします!!」

LiSA先生「わーー! 本物だ―! こんな風にお顔を見ながらお話出来るなんて思わなかったです!」

とーやま校長「LiSA先生は、SCHOOL OF LOCK!をご存知だったんですか?」

LiSA先生「もちろんですよ! こんなに夢みたいな番組あります?」

あしざわ教頭「そんな言ってくれる?」

LiSA先生「だって、アーティストの人とお話しできるんですよ。そんな学校行きたかった!」

あしざわ教頭「今、来てらっしゃいますから!(笑)」

LiSA先生「嬉しいです! 校長〜〜〜!!

とーやま校長「LiSA先生〜!」

LiSA先生教頭〜〜〜!!

あしざわ教頭「LiSA先生!!」

とーやま校長・LiSA先生バンザーーーイ! バンザーーーイ!!

あしざわ教頭「始まったばかりでフィナーレ迎えちゃってる(笑)」

20161215_sol03.jpg


LiSA先生は、アニソン界にとどまらない活躍をみせる、ロックなアーティスト!

とーやま校長「曲を聴かせてもらったり、映像を観させてもらったりしていく中で、どこかSCHOOL OF LOCK!の想いとLiSA先生の想いは通じるものがあるなって思っていて。アーティストとして、ロックな魂を持っていると感じたので、我々は、あえて、ロック“な”アーティストと、呼ばせていただこうと思います!」

LiSA先生「ありがとうございます!!」


そして、LiSA先生は以前から“SCHOOL OF LOCK! に出たい!”とおっしゃっていた、ということを耳にしました!
その熱い想いをちょっと紹介させていただくと……

「SCHOOL OF LOCK!」にてLiSA先生、初授業ですっ!!
生電話で私もみんなとお話出来るのか!!う、嬉しい!!
楽しい夜の授業しましょうーー!!


—12月14日。LiSA先生昨日のブログの一部抜粋。


「楽しい夜の授業」! この言葉から、LiSA先生の意気込みをとても感じます!


とーやま校長「今日、生徒と逆電することをLiSA先生もかなり楽しみにしている! ……ってことで、もしもし!!」

かき氷エクソシスト 大阪府 16歳 女性 高校2年生

かき氷エクソシスト「もしもし!」

LiSA先生「先生のLiSAです!」

かき氷エクソシスト「あ〜! LiSA先生!! 待ってました!」

とーやま校長「かき氷エクソシストはLiSA先生のこと大好きなんだよな?」

かき氷エクソシスト「めっちゃ好きです! ファーストミニアルバムの『Letters to U』から好きで、5年間ずっと大好きです!」

とーやま校長「ライブも観に行ったことあるの?」

かき氷エクソシスト「あります! 今年、大阪に来てくれた時に行ったんですけど、その時、ちょっと部活でモメてて、1日だけ部活をサボってLiSA先生のライブに行ったんです。その時、アンコールのラストに私が一番好きな『best day, best way』を歌ってくれて、パワフルで、クルクル動きながら楽しそうに歌っているLiSA先生を見て、勇気とか元気をもらって、頑張る希望になりました!」

LiSA先生もう、私泣いちゃうよ〜〜

20161215_sol08.jpg


とーやま校長「ちょっと目が潤んでますね」

LiSA先生「こんなこと言われたら……うぅ〜〜(涙) 校長、ティッシュが必要です!」

とーやま校長「何枚でも使うんだ!」

あしざわ教頭「取り過ぎですよ(笑)」

とーやま校長「LiSA先生、ここは夜の学校ですから、想いの丈を喋ってくださいね」

LiSA先生「はい。すごく単純に、嬉しいです! 私はただ好きな音楽をみんなと一緒に遊べることが嬉しくって、大阪に行ってみんなと遊んでいただけなのに……かき氷エクソシストの何かになれたなんて、すごく嬉しいなって思いました」

かき氷エクソシスト「ありがとうございます!」

とーやま校長「まだLiSA先生に伝えたりないこといっぱいあるだろ? 全部伝えよう!」

かき氷エクソシスト「はい! 新曲めっちゃ楽しみにしてます! 神戸も楽しみにしてます!!」

LiSA先生「わぁ〜〜〜〜(涙)」

とーやま校長「まだこれからツアーもあるんですもんね」

LiSA先生「あれ? この番組もう終わり?」

あしざわ教頭「まだ終わらないです(笑)」

とーやま校長「今日はこれから2時間、生徒の話をたっぷり聞いていきますよ!!」


♪ best day, best way / LiSA


とーやま校長「この曲を聴いて、かき氷エクソシストは踏ん張らなきゃいけないところを踏ん張れて、今こうして楽しそうな声で喋ってくれて…こうやって出会えて良かったですね!」

LiSA先生「本当ですね。むしろ、私がパワーをとってももらっています! 彼女が勇気を出してメッセージを送ってくれて、直接伝えようとしてくれたことがとっても嬉しくて……(涙) 私、今日ダメだ〜!」

あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「そのままのLiSA先生で、今日はよろしくお願いします!」

LiSA先生「箱ティッシュ無くなっちゃうよ〜!(笑)」

20161215_sol02.jpg



とーやま校長「ここで改めて、LiSA先生について紹介していこうと思います!」

あしざわ教頭「はい! LiSA先生は中学2年生の時に、バンド活動をスタートされております!」

高3になり、明確な夢を持つ周りと比べ、夢がなかった当時のLiSAさん。

音楽を夢にするなんて叶うわけないと思っていた。
卒業してフリーターをしていた時に音楽しかないと思い、
バイトで100万円を貯めて、20歳で岐阜県から上京。

とーやま校長「すごい気概ですけど、この時は不安もありました?」

LiSA先生「そうですね。不安しかなかったです。周りが夢を語っていく中で、“私って何にもないな”って思っていて。でも、振り返った時にずっと音楽が好きだったなぁって思ったので、私には音楽しかない。じゃあ、私は音楽で天下を取らなかったら何で取るんだって思って、母に反対されながら東京に上京してきました」

とーやま校長「やりたいことをやらないとな!」

そして、転機となったのは、上京から2年後。
2010 年に放送されたTVアニメ、「Angel Beats!」の劇中バンド、「Girls Dead Monster」
2代目ボーカル・ユイの歌唱役をつとめ、一躍、人気になります。

そして翌年、2011年にソロアーティストとしてデビュー!!

とーやま校長「今年、LiSA先生は、ソロデビュー5周年を迎えております! 5周年おめでとうございます!!!」

あしざわ教頭「おめでとうございます!」

LiSA先生「ありがとうございます!」

この5年間で、LiSA先生は、武道館2DAYS! ROCK IN JAPAN FESTIVALへの出演! 幕張メッセで1万5000人のライブ! さらに先月には、横浜アリーナ2DAYS!

あしざわ教頭「アニソン界のみならず、ロックシーンでも活躍。雑誌『ROCKIN'ON JAPAN』のインタビューの中で、LiSA先生は、“ロックヒロイン”という名前をもらっています!」

とーやま校長「我が校の生徒の中には、LiSA先生と同じくらいの年で、音楽、バンドを始めている生徒も多くて、そんなやつらに関わってくるのが『自信』!」

ということで、LiSA先生と一緒に送る今夜の授業テーマは…

「君は自信ってある? ない?」

好きな人に告白する、しない
夢に向かっていく気持ち、
そしてこの時期は受験もそう……

いろんなシーンでまとわりついてきてしまうのが「自信」。
今日は自信というものについて、君の気持ちや考え、悩み。自信がある・自信がない、その理由が分かれば聞かせてほしい!
学校掲示板またはメールに詳しく書いてね。

さらに、今夜の授業の中で、LiSA先生の新曲『Catch the Moment』を初オンエアするぞ!! 聴き逃すな!!


LiSA先生私のスペルは、L・i・S・A・! LiSAで〜す!

とーやま校長「入ったー!! ちゃんと人文字でもやってくれてましたね(笑)」

LiSA先生「当然です!(笑)」

あしざわ教頭「でも、カメラが後ろからしか撮っていないんで、背中しか見えてないですよ(笑)」

20161215_sol19.jpg

LiSA先生が人文字をやってくれている様子(後ろから)


そして、今日はLiSA先生が生放送教室に来てくれたということで、掲示板にはたくさんの書き込みが!!


LiSA先生来校!
前に学校運営戦略会議で、「来てほしいアーティスト誰?」みたいなテーマがあって、そのときに、LiSAちゃんて書いたらほんとに叶っちゃってびっくりしてます 夢って言うと叶うときもあるんだね!笑
best day best way大好きでよく聴いてるので今日もし番組で流れたら嬉しいです!
でも用事あってリアルタイムで聴けないのが悔やまれるぐぬぬ。
ささき‐さき
女性/19歳/千葉県
2016-12-15 15:10




LiSA先生「嬉しい! 『best day, best way』ももう流れたし…」

あしざわ教頭「ささき‐さき、二つも夢が叶ってるじゃん!」

LiSA先生「すごい! ささき‐さきちゃんの気持ち届いたよ!」



LiSA先生ー!!
ラジオから流れたLiSA先生の曲を聴いた時、度肝を抜かれました!カッコ良すぎます!僕は普段、ROCKばかり聴いているのですが、日本の女性シンガーでこんなにもカッコいいROCKな人は知りません!(上から目線ですみせん)本当にカッコいいです!!
サムライ少年
男性/16歳/神奈川県
2016-12-15 22:24




LiSA先生「超嬉しい! こんなすぐにメッセージが届くんですね!」

20161215_sol10.jpg


とーやま校長「サムライ少年からの書き込みは10分前ですよ!」

LiSA先生「サムライ少年ありがとう!」


エンディングかな?笑
思ったわ笑笑
LiSA先生初めましてだけど、もうこの10分ぐらいで、LiSA先生は元気で涙もろくてSOL!好きでいてくださってることがわかった!
今日の授業も楽しそうだ!
さきいか。
女性/15歳/沖縄県
2016-12-15 22:15




LiSA先生「嬉しい〜! この書き込みだけで泣きそうだわ」

〜♪

LiSA先生「その切ない音楽やめてってば〜!(笑)」

あしざわ教頭「オルゴール隊に続き、キーボード隊もお帰り頂くことになってしまいましたね(笑)」

とーやま校長「LiSA先生の感情を引き出そうと待ち構えているんですよ!」

20161215_sol09.jpg



そして、LiSA先生は、先月、横浜アリーナ2DAYS、
「LiVE is Smile Always〜NEVER ENDiNG GLORY〜@横浜アリーナ」を終えられたばかりです!

とーやま校長「お疲れ様でした! このライブ、即完だったんですね」

LiSA先生「おかげさまで! あんなたくさんの人がいる横浜アリーナは初めて見ました! 立ち見の人もいたみたいで、私のペンライトの色がピンクなんですけど、舞台に出た瞬間、すごいピンク!!

あしざわ教頭「そうでしょうね(笑)」

LiSA先生「それだけで本当に嬉しくって、その為にみんながチケットを握りしめてその日を待っててくれたんだって思ったら、最高な日にならないわけが無いなって思いました!」

とーやま校長「僕は幕張メッセのライブ映像を観させてもらったんですけど、天性の、人前に出るために生まれてきた人だなって思ったんですよ。曲じゃないところでも、ずっと客席を見渡しているし、すごい楽しそうに飛び跳ねたりしているんですよね」

LiSA先生「だって楽しいもん! あと、嬉しい! 同じ音楽で一緒に歌ったり、踊ったりできて、そんなことを自分が出来ると思っていなかったですし、やりたいと思っていたけど、本当に目の前にあるんだって思うと、この人たちと生きている今って最高だなって思いました」

とーやま校長「そこにたどり着くまでにはしんどい思いもあったと思いますし、乗り越えたからこそ、そういう思いが出来ているんですね」

LiSA先生「そうですね。ずっと願っていたので、願っていた夢が叶った今だからこそ、すごく嬉しいですし、みんなが“LiSA〜!”って呼んでくれるんですけど、その為に集まってくれたみんなが、キミたちが、すごいんだよ! っていつも思うんです。だってみんながいないと幕張メッセも横浜アリーナも出来ないですからね!」

20161215_sol11.jpg


とーやま校長「そういう想いが楽曲からもライブからもファンの皆さんに通じているわけですね!」


そして、このライブで披露されたのが、新曲の『Catch the Moment』!
『Catch the Moment』は、LiSA先生、11枚目のシングル。

来年2月より公開の「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」 の主題歌!

とーやま校長「これは……聴かせてもらえるんですか?」

LiSA先生「聴きましょう!!」

とーやま校長・あしざわ教頭「やったーーーーー!」

ということで、LiSA先生のニュシングル、『Catch the Moment』を初オンエア!
これから流すのは、フルコーラスではなく、RADIO EDITです!

とーやま校長「この曲は、どういう想いがこめられた曲ですか?」

LiSA先生「“この瞬間を掴め!”という、そのままの意味ですね。私はみんなと生きている今がすごく幸せなので、一瞬一瞬を大事に掴んでほしい、そんな気持ちを込めて作りました」


♪ Catch the Moment / LiSA


とーやま校長「心臓がドキドキしてます…! 全身に血を送り届けるために動いているのが心臓の役目ですけど、歌詞にもあったようにカウントダウンでもあって。だからこそ、やらないといけない事や伝えないといけない事も見えますよね」

LiSA先生「そう!」

とーやま校長「そこをクリアにする瞬間があれば、やらなければいけない事を掴むことが出来るし、俺たちはやらないといけないなって思いましたね」

LiSA先生「ありがとうございます!」

あしざわ教頭「LiSA先生の声って真っすぐなんですよ。この曲もそうですけど、向こう側にいる人、聴いている僕らに届けっていう気持ちがすごく詰まっていて、表情や声からもLiSA先生の言葉が身体に入ってくるんですよ。本気でそう思っているんだなって思って、心が動かされます!」

LiSA先生「嬉しいです! やっぱり、みんなには今を大事に生きて欲しい。その瞬間を楽しんでほしい。そんな想いをこめたので、みんなに聴いてほしいですね」



Catch the moment
かっこよすぎかよ!出だしから心震える!今が最高っ!って思える!
じーえむ
男性/19歳/奈良県
2016-12-15 22:42




LiSA先生「やったぁ〜!!!」

LiSA先生のシングル『Catch the Moment』は、2017年2月15日にリリースが決まっています!
生徒のみんなも楽しみに待っていて欲しい!

20161215_sol13.jpg



さぁ! ここからはアニソン界にとどまらない活躍をみせる、 “ロックなアーティスト”LiSA先生を迎えて、
今夜は「君は自信ってある? ない?」というテーマで、みんなに話を聞いていきたいと思う!

最初に逆電した生徒は…

康太 広島県 18歳 男性 高校3年生

康太「もしもし!」

RN 康太は、昔からLiSA先生が大好きで、ライブにもたくさん参加したことがあるのだそう!

とーやま校長「まずはその思いを伝えておこうか!」

康太「いつも元気もらってるよ! ありがとう!!」

LiSA先生「ありがと〜〜(涙)」

あしざわ教頭「LiSA先生早い!(笑)」

LiSA先生「だって、こんなに直接言われたらダメでしょ〜! ありがとうございます!」

とーやま校長「それで、今日の授業テーマなんだけど、康太は、自信がある? ない?」

康太「今、自信が無くなってしまっています」

とーやま校長「無くなってしまっている…。康太は今、何に向かっている最中なの?」

康太「去年の夏から国公立大学に向けて受験を頑張っているんですけど、先月受験があって、全力を出したんで、“受かるかも!”って思っていたんですけど落ちてしまいまして…」

とーやま校長「受かるかもって思っている所からの落差はデカいよなぁ」

康太「今はセンターに向けて勉強しているんですけど、不安になってしまって。過去の自分にどうやって打ち勝って自信を取り戻せばいいのか分からなくて…」

とーやま校長「でも、やれることはやっているんだよな! だからこそ、自信が失われてしまっている状態だと思う。LiSA先生は、いけると思ったけどダメだったってことってありますか?」

LiSA先生「ありますね。今でもステージに立つ前はいつも怖いですし、マイクの前に立つと不安になっちゃうんですけど、応援してくれるみんながいるんで頑張ろうって思えるんです。そんな私の人生の最大のトラウマが、初めての武道館でのライブって時に直前で風邪をひいてしまって! でも、それを誰にも言えなくて、リハも思いっきり歌っていたんです!」

とーやま校長「隠しながら?」

LiSA先生「はい。私は心にやられているだけだって思いこませてステージに立ったんですけど、3曲目で声が出なくなってしまって…」

とーやま校長「本番でですか!?」

LiSA先生「本番で! しかも初めての武道館で! 高音が全く出なくなってしまって、『ヤバい、バレた!』って思ったんですけど、それでも不安を隠しながらやっていたら、会場中“コイツ、やっちまったな…”っていう顔をしていたんです」

とーやま校長「とんでもない雰囲気ですよね。これは耐えられないなぁ……」

LiSA先生「会場のみんなが出ないところを歌ってくれたり、頑張れってペンライトを振ってくれたりして乗り越えられたんですけど、声が出なかった事がすごく悔しくて。それでも応援してくれる人がたくさんいて、それが力になって絶対にリベンジするぞって思ったので、次の年には武道館・2Days大成功しました!! だから、康太くんも、周りの友達とか家族、もちろん私も応援してます! だから、大丈夫!」

とーやま校長「うん! どうだ、康太?」

康太「LiSA先生に言われるだけで自信が持てました!」

LiSA先生「大丈夫! 絶対大丈夫だよ!! その緊張も全部楽しむんだよ!」

20161215_sol12.jpg


康太「はい! ありがとうございます!」


♪ アシアトコンパス / LiSA


とーやま校長「さぁ、引き続き、今夜の生放送教室には……!!」

LiSA先生私のスペルはL・i・S・A・!! LiSA先生で〜〜す!

20161215_sol21.jpg

LiSA先生による人文字! L・i


20161215_sol22.jpg

LiSA先生による人文字! S・A


とーやま校長「身体を使って4文字分表現してくれました! 今回は正面から撮れました?」

あしざわ教頭「バッチリみたいです! ありがとうございます!」


そして、LiSA先生は、年末に、「カウントダウンジャパン」への出演が決定!

LiSA先生「何回か出させてもらっているんですが、今年はなんと…12月29日木曜日、ギャラクシーステージ、二日目のトリです!

とーやま校長「これは来たね! ギャラクシーステージって何番目に大きいんでしたっけ?」

LiSA先生「2番目?」

とーやま校長「2番目! ということは1万人以上余裕で入るところですよね?」

LiSA先生「不安!!(笑) お客さん来るといいなあ…」

あしざわ教頭「来ますって!」

LiSA先生「本当?」

とーやま校長「今の意気込みとしてはどうですか?」

LiSA先生不安!!(笑)

20161215_sol14.jpg


とーやま校長「百戦錬磨を潜り抜けているLiSA先生でも、まだまだそういう気持ちがあるんですね!」


さらに! 先日の横浜アリーナのライブで、発表されていますが、
アリーナツアー、「LiVE is Smile Always〜LiTTLE DEViL PARADE〜」が決定しております!!

2017年6月17日(土) 神戸ワールド記念ホール
2017年6月24日(土) さいたまスーパーアリーナ
2017年6月25日(日) さいたまスーパーアリーナ
2017年7月1日(土) 日本ガイシホール


とーやま校長「さいたまスーパーアリーナは初めてですか?」

LiSA先生「初めてですね!」

とーやま校長「どんなツアーになりそうですか?」

LiSA先生不安!!

あしざわ教頭「引き続きね(笑)」

LiSA先生「でも、すっごい練り練りしてるんで、期待しかしないでくださいね!」

とーやま校長「出た! 生徒の中にもライブに行くやつたくさんいると思うんで!」

LiSA先生「絶対に楽しい自信しかないんで、遊びに来てください!」

20161215_sol04.jpg



ここからは再び、「君は自信ってある? ない?」について、生徒の話を聞いていくぞ!

続いて逆電した生徒は…

ももこちん 宮城県 17歳 男性 高校2年生

とーやま校長「ももこちんは、自信はある? ない?」

ももこちん「完全にないです…」

とーやま校長「ゼロ!? 何に対しての自信がないの?」

ももこちん「今、好きな人がいるんですけど、中学の時に好きな人に告白して、フラれた後にその人に影口を叩かれたことがあって…」

RN ももこちんは、好きだった女の子に影口を言われていたことがトラウマになり、告白とかが出来なくなってしまったのだそう。

LiSA先生「今は仲良いの?」

ももこちん「今、好きな人とはLINEとかをしています」

とーやま校長「ももこちんの中では気持ちを伝えたいって思いはあるけど、中学時代のトラウマみたいなのが引っかかっているんだ」

ももこちん「はい」

あしざわ教頭「また裏切られてしまうかもしれないっていう怖さね」

LiSA先生「でも、1回告白しているんですもんね?」

ももこちん「はい」

とーやま校長「今、好きな子に告白したってこと?」

ももこちん「あ! その子にはまだ告白していないです」

LiSA先生「……あ!! そういうことか! 今、好きな子はフラれた子とは違う子なんだね! じゃあ全然イイじゃん!!」

とーやま校長「急に明るいぞ!(笑)」

20161215_sol07.jpg


LiSA先生「だって、LINEしてるんだよ! これは期待大でしょ。前よりもはるかに可能性がありますよ!」

ももこちん「今年、LiSA先生の『Believe in myself』っていう曲で勇気をもらって、クリスマスにその子を誘ってみたんです」

あしざわ教頭「ええっ!?」

LiSA先生「進んでる! 進んでる!」

ももこちん「そしたら“ちょっと考えてみるね”って返ってきて…」

とーやま校長「これは女子としての意見はどうですか?」

LiSA先生「様子うかがってますね! 押していこう!」

ももこちん「押すしかないですか!」

とーやま校長「誘っているのはクリスマスだろ? ということは相手も自分に対してそういう気持ちがあるのかなって思って、ももこちんという男子に対して向き合おうと考えている時間だったりすると思うんだ」

LiSA先生「そうだと思います!」

あしざわ教頭「すごい意識している状態かもしれないですよね」

LiSA先生「考えておくってことは候補のひとつにももこちんが入っているわけだから、ここは、今だけでも自分に自信を持って、自分の良いところをたくさんアピール出来たらいいな」

とーやま校長「中学校時代の出来事とはもう別の話ですもんね」

LiSA先生「そうだよ! 全然違う話になっちゃうけど、私は幼いころからアヴリル・ラヴィーンが好きでバンドを始めて、ロックやパンクが大好きで音楽をやっていたんです。そこからアニメに出会って、アニメの素晴らしさをたくさん知って、アニメも好きだけどロックも好きだから、ロックの世界に飛び込もうって思って、色んな場所の扉を叩いてきたんです。
でも、なかなか扉を開けてもらえなくて、それって好きな人に好きって気持ちを伝えるのに似ているなって思うんです。今は扉を開けてもらってフェスに出させてもらったり、SCHOOL OF LOCK!に出させてもらったりしているけれど、
好きな事をずっと思い続けていればいつか届くんだなって思ったんです。だから、ももこちんも好きな気持ちを貫いて、いつか彼女の扉を開けて欲しいなって思います!」

ももこちん「絶対に開けます!!」

とーやま校長「よしっ!! イイ言葉もらったぞ!」

あしざわ教頭「声が力強かった!!」

とーやま校長「ちょっと早いけど、ももこちん! メリークリスマス!」

あしざわ教頭「なんで校長が言うんですか(笑) そこはLiSA先生に言ってもらいましょうよ!」

LiSA先生メリークリスマス!

ももこちん「ありがとうございます!!!」

20161215_sol16.jpg



♪ Believe in myself / LiSA


そして、最後に逆電した生徒は…

メーガン警備員 福島県 16歳 女性 高校1年生

とーやま校長「早速だけど、メーガン警備員は自信がある? ない?」

メーガン警備員「自信はないです」

とーやま校長「何に対して自信が無くなってる?」

メーガン警備員「私は、一番じゃないと自分に向いていないって思ってしまう性格で、小さい頃からピアノを習っていて、小学校の頃から毎年コンクールに出るんですけど、毎回1位ではなく、一歩手前の賞なんです」

LiSA先生「ああ〜〜!」

とーやま校長「あと一歩で届かないんだ」

メーガン警備員「自分では一生懸命やっているつもりなんですけど、結果を残さないと自分に残るものが無くて、自信が無くなってしまっています」

RN メーガン警備員は、高校に入る前はピアニストを目指していたのだが、結果が残らない事や進路のことも考えて、高校入学のタイミングでピアニストの夢を諦めてしまったのだそう。

メーガン警備員「でも、そういうのって良くないなって思っているので、LiSA先生に周りを気にしないで自分らしくいられる方法を聞きたいです」

とーやま校長「これも難しいなぁ…」

あしざわ教頭「どうしても周りは気になってしまうよね」

LiSA先生「だけど、そういう時は自分の心に相談してみるのが良いと思います。自分が本当に好きなことを貫けないと、自分がすごく可哀想だなって思うので……自分の人生なので、周りの人がなんて言っても……あ〜ごめんなさい…」

20161215_sol15.jpg


とーやま校長「頑張れ!」

LiSA先生「私は是非、自分を貫いてほしいなって思います。メーガン警備員のピアノを弾いている姿をたくさんの人に見せて欲しいな。
自分の心がヤダって言うまでやり続けて欲しいし、もちろん諦めるのも一つの手だと思うし、ヤダって思っている時ならスッキリ諦められるかもしれない。
だけど、自分の心がやりたいって言っている内は、誰になんと言われても楽しんでやってほしいなって思います!」

メーガン警備員「やっぱり、すぐ諦めちゃうのが良くないなって思うので、1番になれるようにもっと努力しないとなって思いました」

LiSA先生「たくさん頑張ってるよ! たくさん頑張っているから、たまに自分を褒めてあげてくださいね!」

メーガン警備員「はい! ありがとうございました!」


LiSA先生と同じように学生時代に音楽をやっていて、プロを目指している生徒からの書き込みも届いているぞ!


LiSA ありがとう
バンドでプロになって活躍したいと思って4年前、高校の軽音楽部に入りました。今まで全力で頑張って来たけど上には上がいて自分の実力ではプロになんてなれないと思うようになっていました。そんな時にLiSAのライブに行き、心を打たれました。本当にカッコよくて、自分もこんな風になりたいと改めて思いました。簡単なことじゃないけど、もっと上の、もっと綺麗な景色を見れるように頑張ろうと決心することができました。
ぶっちゃん(^q^)
男性/18歳/兵庫県
2016-12-15 23:16




あしざわ教頭「LiSA先生にパワーをもらっているんですね!」


そして、早いもので本日も黒板の時間になってしまいました!
今日はもちろん、LiSA先生に黒板を書いてもらいました。

20161215_sol18.jpg


『 今日もいい日だっ 』

LiSA先生「とにかく、どんな事も楽しんでほしいなって思います。みんなが生きている今日は今日しかないし、キミだけの人生なので自信がないことも、楽しめない事も、全部大事なものとして、せっかくなので楽しんでほしいです。
毎日毎日、『今日も良い日だったな』って思いながら眠りについてほしいので、みんなにこの言葉を届けたいです!」

20161215_sol20.jpg




LiSA先生の言葉
LiSA先生の言葉、すごく心に響いた...
今も勉強したながら聴いてるけど...私も楽しむ!!!試験も、今の勉強も、楽しまないと損ですよね!!!頑張ります!!
ゆゆゆん。
女性/18歳/山口県
2016-12-15 22:53




LiSA先生「うん! 最高!!  SCHOOL OF LOCK!の生徒は最高ですね!」

あしざわ教頭「LiSA先生も最高ですよ! みんなそう思ってます!」

とーやま校長「今日はずっとよどみなく喋ってくれているじゃないですか」

LiSA先生「だって楽しいもん! また呼んでくださいね!」

LiSA先生、今日はありがとうございました!!
また遊びに来てください!

【FAXイラスト】


20161117_fax01.jpg

RN ぽぽこ


20161215_fax02.jpg

RN ユリちゃん


20161215_fax03.jpg

RN あおりんご



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
かき氷エクソシスト 大阪府 16歳 女性
康太 広島県 18歳 男性
ももこちん 宮城県 17歳 男性
メーガン警備員 福島県 16歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:09 best day, best way / LiSA
22:23 Yeah! Yeah! Yeah! / androp
22:39 Catch the Moment / LiSA
22:49 アシアトコンパス / LiSA
23:28 アルクアラウンド / サカナクション
23:42 Believe in myself / LiSA
23:49 シルシ / LiSA

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

LiSA先生のピュアさは、
SCHOOL OF LOCK!を明るく照らしてくれるね!
ありがとうございました!
必ずまた来て下さい!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

LiSA先生の気持ちが全部生徒に届いておりましたよ。
また本当に来てください

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev                 Next -
<   2016年12月   >
MonTueWedThuFriSatSun
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE