THE ORAL CIGARETTES先生が来校!
「人には言えない、ここだけの話」!!

生放送 2017.2.1 水曜日

20170201_sol17.jpg


すっかりゲーム実況にハマってしまったあしざわ教頭!
今日はオープニングでメタルギアソリッドに出てくるスネークのものまねを披露していました!

20170201_sol02.jpg

麻酔銃でとーやま校長を撃っているあしざわ教頭


20170201_sol03.jpg

敵に見つからないようにダンボールに隠れるあしざわ教頭



そして、本日の黒板は…

20170201_sol01.jpg


『 こんな機能が! 』



うれしい
今日は自分の誕生日です!
アプリを開いたら最初のページにhappybirthdayって書いてあってすごいうれしかった!
今年もがんばります!
ありがとうSOL!
りゅうちゃん(白目)
男性/17歳/東京都
2017-02-01 19:52




とーやま校長・あしざわ教頭「りゅうちゃん(白目)! 誕生日おめでとう!!」

他にも、今日誕生日の生徒のみんな! お誕生日おめでとう!!

とーやま校長「というか、こんな機能があるんだね! 学校掲示板を管理してくれているチームKGBが、生徒一人ひとりの誕生日を手帳にびっしり書き込んでいるからね! 手帳真っ黒だよ!!」

あしざわ教頭「えぇ!? めっちゃアナログじゃん!(笑)」

とーやま校長「でも、この機能があれば一人で誕生日を過ごすっていう生徒も安心だね!」

あしざわ教頭「誕生日には是非、SCHOOL OF LOCK!のアプリを開いて頂きたいですね! 他にも隠れた機能があるかもしれないので、見つけて欲しいです。こんな機能見つけたよーって生徒は学校掲示板にドンドン書き込んで下さい!」


今夜は、miwa先生の新曲を初フルオンエア!


♪ SPLASH / miwa


とーやま校長「今まで何度かmiwa先生とお会いしたこともあるし、楽曲も聴かせてもらったことがある中で、miwa先生のイメージは天真爛漫で元気なイメージなんだけど、この曲の最初はすごく優雅で、いままで会ったこと無いmiwa先生と会っているなと思いきや!
途中からはいつもの元気なmiwa先生が、波かなにかに乗ってザブンと来て、そこからずっと弾け倒していて! 新しいmiwa先生に会えた喜びがあって、すごく嬉しいね!」

あしざわ教頭「歌い方とかもいつもと違う所があって、出だしは水の上を歩いているイメージから始まったけど、途中、潜ったかと思えば空の上まで行っちゃうみたいな。そんな、自由気ままなmiwa先生が見えましたね!」

『SPLASH』が収録されているアルバム『SPLASH☆WORLD』2月22日発売です!


今夜の生放送教室には…

THE ORAL CIGARETTES先生が全員揃って登場!!!

20170201_sol04.jpg


山中拓也(Vo/Gt)
あきらかにあきら(Ba/Cho)
鈴木重伸(Gt)
中西雅哉(Dr)


本日発売のニューアルバム『UNOFFICIAL』を手にしての来校だ!!


THE ORAL CIGARETTES先生イィヤッフゥゥゥゥゥゥ!!!!

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

山中先生「どうですか? いつもと違うテンションで来てみましたけど…」

とーやま校長「とまどいを隠せません(笑)」

あしざわ教頭「校長の顔が真っ白になってました(笑)」

とーやま校長「THE ORAL CIGARETTES先生とあしざわ教頭は、よくお会いしているんですよね?」

あしざわ教頭「そうなんですよ。番組でご一緒させてもらったり、山中先生とはご飯にも行ったりしていますね」

山中先生「この間も焼肉おごらされて…」

あしざわ教頭「そんなことはない!(笑)」

とーやま校長「最低〜! 俺は全員におごるけどね!」

THE ORAL CIGARETTES先生「ありがとうございます!!」

とーやま校長おご、おく、おくりますよ!

全員笑い

あしざわ教頭「送りますよ?(笑)」


ここで、山中先生からどうしても確認しておきたいことがあるらしい……!

山中先生「先日、生放送教室に来させていただいた時に“マグカップ使ってくれへんやん!”って言ったじゃないですか?」

とーやま校長その前に来ていただいた時にいただいたマグカップですね!」

山中先生「あれ、ずっと根に持っていて、いまだに家であのマグカップ見ると思い出すんですよね(笑) 今も棚の中に入れっぱなしなんやろな〜って思って…新しいの持ってきました!」

なんと! 新しいマグカップを持ってきてくれた山中先生!!
しかも、アルバム『UNOFFICIAL』仕様!

とーやま校長「カッコいい!!  『UNOFFICIAL』って書いてありますね!」

あしざわ教頭「蓋までついてる!」


20170201_sol05.jpg



とーやま校長「じゃあ、乾杯しようかなぁ!!  かんぱ〜〜い!

あしざわ教頭「ああっ! 前のマグカップ持ってきてる!!


20170201_sol06.jpg



とーやま校長「美味しいわぁ〜!」

山中先生「前のやつ使ってくれてる!」

とーやま校長「使ってる使ってる!!」

とーやま校長「……校長、底を見せてもらっていいですか? バーコードついてますよね?」

山中先生「良く使っていたら洗ってて、水でふやけてバーコード取れてきてるはずですよねぇ?」

とーやま校長「いやいや! 使ってるって!(笑) でも、新しいマグカップもカッコイイので使わせていただきます!」

山中先生「ぜひ使ってください!」


20170201_sol16.jpg



THE ORAL CIGARETTES先生を迎えてお届けする今夜の授業テーマは…「人には言えない、ここだけの話」!!!!

「周りでこんな事してるのは自分だけ?」
「ここだけの話、私は〇〇なんです」
「誰にも言えないけど、固く誓った将来の夢があります」


など「人には言えないUNOFFICALな事」を今すぐ学校掲示板に書き込んで、THE ORAL CIGARETTES先生にぶつけてみよう!
内容を他の生徒に見られたくない場合はメールからでもOK!
書き込みをくれた生徒の中から電話で詳しいエピソードを聞いていくぞ!!


そして本日、2月1日にTHE ORAL CIGARETTES先生のニューアルバム『UNOFFICIAL』がリリースされました!

とーやま校長「聴かせていただいたんですけど、めっちゃカッコいいですね! 1曲目の『リコリス』からドカンと来て、“やっぱりオーラル先生だな!”と思いましたね。色んなテイストの曲もあったりするなかで、最後の『LOVE』という曲があるんですけど、あの曲の為にあるアルバムなのかな、とさえ思ったんです。
あの1曲があることで、他の9曲がより良く聴こえるし、アルバムを聴き終えると当然音は無くなるじゃないですか。だけど、頭の中に『LOVE』のフレーズが残っていて、僕の中では終わったけど終わってないんです。めっちゃ良いアルバムでした!」

山中先生「嬉しい!」

中西先生「マジですか! 250点!

とーやま校長「やった! 自分の中では180点だったんで!」

20170201_sol12.jpg


あしざわ教頭「自分の中の点数めっちゃ高い(笑)」

とーやま校長「(笑) だけど、それくらい僕の中ではすごい10曲でした!」

山中先生「嬉しいです! ありがとうございます!」

とーやま校長「新しいアルバムが発売になりましたが、いかがですか?」

山中先生「僕らはずっとMCとかでも言っているんですけど、自分の目で見て、自分の耳で聴いて、あなた自身が“良いな”って思ったらついてきてください。良くないって思ったら離れてもらっても結構です。ってずっと言ってきているんです。
昔から言っていることは変わってなくて、今回の『UNOFFICIAL』というアルバムでもそういう所をしっかり伝えていきたいって思ったんですよね。他の人に合わせる必要なんてなくて、自分自身が持っている武器を最大限使って、自分自身をどう自己表現するかっていうのが大事だと思うんです。
周りに流されずに自分っていうのをしっかり持ってください。というメッセージ性を『LOVE』という曲にも、最初の『リコリス』にも込めたアルバムになっています。全編通してメッセージがあって、そこにはストーリーもあるので、1曲目から10曲目まで、飛ばさずに聴いてほしいなって思います!」


♪ リコリス / THE ORAL CIGARETTES


あしざわ教頭「今回のアルバムは今までのカッコ良さプラス、みんなと目線を合わせてくれているような気がしていて。最後の『LOVE』もそうですし、今回のアルバムは全体的にラブソングもいくつかあって、そういう曲って今までは無かったなぁって印象だったので、 “(ファンのみんなと)一緒に行きたい”みたいな想いがあるのかなぁって印象を受けました」

中西先生180点!

あしざわ教頭「低くはない!(笑)」

山中先生「この間、あしざわ教頭と焼肉食べに行った時も“バラード良いわぁ〜”って言ってて(笑)」

とーやま校長「ざっくりとした感想だな(笑) だけど、『不透明な雪化粧』とかはまさにそういう曲じゃないですか。この曲もすごくでっかいですよね!」

山中先生「そう言ってもらえると嬉しいです! ラブソングって世に溢れているじゃないですか。だから、すごく敷居が高かったんですよね。 “よし、書こう!”って腹くくって書いたのでそう言ってもらえると嬉しいです」

20170201_sol07.jpg



ここからは、今夜の授業テーマ「人には言えないここだけの話」!
生徒の「UNOFFICIAL」な秘密を聞いていくぞ!


とーやま校長「もしもし!」

のりのりわかめ 静岡県 19歳 女性 大学1年生

のりのりわかめ「もしもし!」

とーやま校長「校長のとーやまです!」

あしざわ教頭「教頭のあしざわです! そして…」

THE ORAL CIGARETTES先生「THE ORAL CIGARETTESです!!」

とーやま校長「のりのりわかめは、オーラル先生大好きなんだよな?」

のりのりわかめ「大好きです!」

とーやま校長「『UNOFFICIAL』はもうゲットした?」

のりのりわかめ「予約したので明日取りに行きます!」

山中先生うれぴーまん!

とーやま校長「“うれぴーまん”入りました!(笑) のりのりわかめは、人には言えない『ここだけの話』ある?」

のりのりわかめ「あります!」

とーやま校長「恥ずかしい系の話?」

のりのりわかめ「一世一代の恥ずかしいことです(笑)」

とーやま校長「そんな恥ずかしいことを大好きなオーラル先生の前で言えるのか?(笑)」

中西先生「みんなついてるから大丈夫だよ!」

とーやま校長「中西先生も、受け止める準備は出来ていますもんね?」

中西先生「全然出来てますよ! 僕の心は寛大なので、なんでも受け止めます!」

とーやま校長「じゃあ、飛び込んでみようか! のりのりわかめのUNOFFICIALな秘密教えて!」

のりのりわかめ「私のUNOFFICIALな秘密は、マンガの匂いを嗅いでからじゃないと読めません!

THE ORAL CIGARETTES先生「(笑)」

とーやま校長「ちょっと闇を感じるけども(笑)」

山中先生「僕はこういうちょっと変なところがある人、好きですね! この秘密を打ち明けるのって勇気がいると思うので…」

とーやま校長「鈴木先生はあまり表情が変わらなかったんですけど、どういう印象受けました?」

鈴木先生「僕、マンガがすごく好きで(マンガを読むときに)一番好きな体勢が仰向けになって顔にマンガをかぶせたまま寝るのが好きなんです。
その時に、マンガが鼻にも当たっているので匂いを嗅いでいるわけじゃないですか。だから、やっている事はあまり変わらないのかなって」

とーやま校長「じゃあ、ちょっと仲間の気持ちもあるんですかね!」

鈴木先生「そうですね。仲間がいたんだなって思いましたね(笑)」

とーやま校長「マンガの匂いを嗅ぎ始めたのはどういうきっかけなの?」

のりのりわかめ「元々は、友達に勧められてやり始めたんです」

とーやま校長「のりのりわかめにとって、マンガってどういう匂い?」

のりのりわかめ「私が感じるのは、森林にいるような木の匂いを感じます」

山中先生「匂いフェチなん?」

のりのりわかめ「匂いフェチです!」

山中先生「じゃあ、マンガの匂いする男の人がいたら、すぐに着いていってしまうな!」

鈴木先生「何したらマンガの匂い着くん?(笑)」

もう、マンガの匂いを嗅ぐのは止めらないというRN のりのりわかめ!
マンガを嗅ぐ時のマイルールも出来たのだそう。

のりのりわかめ「色んな本を試したんですけど、マンガがずば抜けて良くて、べた塗りのページや、夜空のページがあるとたまらないです! 中古じゃなくて新品の漫画っていうのが必須なんです」

とーやま校長「中古だと紙に匂いが吸い取られちゃうのかな?」

のりのりわかめ「そうなんです!」

山中先生「めっちゃテンション上がってる(笑)」

のりのりわかめ「一度、匂いを嗅いだら、もうそのマンガの匂いは嗅がないってルールもあります」

あきら先生「一度きりなんや」

のりのりわかめ「森林にいるような世界観がたまらないんです!」

鈴木先生「漫画の中の世界観は森の中ではないんだよね?(笑)」

のりのりわかめ「それとはまた別なんです(笑)」

山中先生「どんなマンガ読んでも世界観が森の中になってしまうのかな?」

中西先生「海のマンガ読んだ時はすごい複雑な世界観になるな(笑)」


自分も!!!
自分もマンガは嗅がないと読めない
だいっぴー
男性/13歳/岡山県
2017-02-01 22:47




あきら先生「いるんだ! 気になるんですけど、CDのジャケットはどんな匂いがするの?」

のりのりわかめ「まだ嗅いだこと無いんです…!」

とーやま校長「結構、森みたいな匂いしますよね?」

あきら先生「しますします! 僕もよくDIYをするので、それこそ木材コーナーとか行くと何とも言えない癒しがあるんですよ。それに近いのかなっていうのは感じますね」

中西先生「いつかどこかで出会いたいよね! 本の匂い嗅いでいる子がいたら“あの時の子や!”ってなると思う(笑)」

山中先生「その光景見たら曲書けそうやわ!」

とーやま校長「次のアルバムを楽しみにしておこうな!(笑)  のりのりわかめ、ありがとう!」

のりのりわかめ「ありがとうございます!」

20170201_sol09.jpg



そして、THE ORAL CIGARETTES先生はワンマンツアーが決まっております!

「唇ワンマンツアー UNOFFICIAL BRUNCH TOUR 2017」
2017年3月21日(火)大阪BIGcAT
3月22日(水)名古屋ダイアモンドホール
3月28日(火)赤坂BLITZ

「唇ワンマンツアー UNOFFICIAL DINING TOUR 2017」
2017年4月6日(木)岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
4月8日(土)高松 festhalle
4月9日(日)高知 CARAVAN SARAY
4月11日(火)札幌 PENNY LANE 24
4月12日(水)札幌 PENNY LANE 24
4月16日(日)仙台PIT
4月23日(日)新潟 LOTS
4月27日(木)福岡 DRUM LOGOS
4月28日(金)福岡 DRUM LOGOS
4月30日(日)広島 CLUB QUATTRO
5月4日(木・祝)Zepp Nagoya
5月12日(金)大阪 Zepp Osaka Bayside

とーやま校長「これ2種類あるってことは中身も少し違ったりするんですか?」

山中先生「中身で言うと、BRUNCH TOURの方がキャパが少し狭めになってますね。より近くで表現できる事っていうのを、2017年にもう一度表現しておきたいなっていうのがあります。
DINING TOURの方は今までのツアーの中で最大規模のツアーになるので、こちらのツアーでは“これからオーラルはこういうステージもするんだ”っていうのを感じてもらえたらなと思います」

とーやま校長「そして! 2017年6月16日(金)には、日本武道館での公演が決まっています! おめでとうございます!」

THE ORAL CIGARETTES先生「ありがとうございます!!」

とーやま校長「オーラル先生にとっての日本武道館ってどんなものなんでしょう?」

山中先生「通過点ですね。でも、お客さんにとっては特別な場所であったりもするので、それも踏まえてライブをしたいなと思っています」

とーやま校長「鈴木先生としてはどういうツアーにしていきたいと思っていますか?」

鈴木先生「2017年『UNOFFICIAL』というアルバムを出して、武道館も含めて、次のツアーではこの先オーラルがどうなっていくのかっていうのを身体で体現して、“僕達はもっとデカくなっていくよ”っていうのをしっかりお客さんに提示出来たらな、と思っています。こういう所で観られるのも、おそらく今回が……」

とーやま校長「手が届くところで観ることが出来るのも…! ってことですか!」

鈴木先生「そうなっていけるように、頑張っていきたいなと思っています!」

詳しくは「THE ORAL CIGARETTESオフィシャルWebサイト」を見てみてくれ!

20170201_sol08.jpg



ここからは再び、「人には言えない、ここだけの話」!
生徒に話を聞いていくぞ!

とーやま校長「もしもし!!」

はつひので 北海道 15歳 女性 中学3年生

はつひので「もしもし!」

とーやま校長「はつひのでが、人には言えないUNOFFICIALな秘密って一体何?」

はつひので「幽霊が怖くて、一人で2階に上がれない事です!」

山中先生「自分の家ってこと?」

はつひので「はい! 自分の家です」

とーやま校長「はつひので、もう中学3年生だろ? 昼間は大丈夫なの?」

はつひので「昼間はいけます!」

鈴木先生「電気つけてても怖い?」

はつひので「ちょっとでも暗いところがあると、不安になります」

とーやま校長「小さいころから暗い所は怖かったの?」

はつひので「元々怖がりだったんですけど、小学校5、6年くらいの時にテレビで怖い話を見たんですよ。生霊が憑く話で、憑かれたお姉さんが貞子みたいですごく怖くて……」

<クスクス…>

はつひので「家にもいるんじゃないかって…」

とーやま校長「ち、ちょっと待って。今の笑い声なに!?」

はつひので「(笑)」

山中先生「怖い怖い! 誰の笑い声!?」

はつひので双子の姉がいるんですけど、近くで聴いてます!

中西先生「ビックリした〜〜!」

とーやま校長「双子なのか…!!!」

あしざわ教頭「そこじゃない!(笑) でも怖かった〜! めっちゃ鳥肌立ちましたよ!」

とーやま校長「普段はどうしてるの? 一人で上がらないといけない時もあるよね?」

はつひので「一人で上がる時にはルールを決めていて、怖いので心の中でカウントダウンをするんです。ゼロになったら貞子が猛スピードで追いかけてくるんで……」

とーやま校長「逆に怖くない?(笑)」

あしざわ教頭「なんで自分を追い込んでるの?(笑)」

とーやま校長「ゼロになるまでに駆け上がらないといけない。っていうルールにわざわざしてるんだ?」

はつひので「はい! 時間内に上がれば、追いかけてこないって思って安心して上れるんです」

中西先生「時間内に行けば襲われないよってことか」

とーやま校長「中西先生的に、“こんな解決方法どう?”みたいなのありますか?」

中西先生「怖いものって思っている事がまず間違いで、(霊の中にも)色んな人がいますから、僕の事を支えてくれる人もいれば、暗示を知らせてくれるパターンもありますし」

20170201_sol10.jpg


山中先生「守護霊的なね」

中西先生「みんながみんな怖いものじゃないから、襲ってなんてこないよ! 友達になっちゃえ!」

とーやま校長「今日はカウンセラーの方にも来ていただきましたけど…」

あしざわ教頭「違いますよ! バリバリドラム叩いてますから(笑)」

山中先生あぁ…あぁぁ……

中西先生「だれか拓也さんのうめき声に触れてあげて(笑)」

とーやま校長お前だ――――!!!

あしざわ教頭「なんで俺!?(笑)」

20170201_sol13.jpg



中西先生「やりたい放題(笑)」

とーやま校長「(笑) はつひのでの話を聞けて良かったですし、なにより双子だったってことが分かって良かった!」

山中先生「双子が一番怖かった!(笑)」

RN はつひので、話聞かせてくれてありがとう! 

20170201_sol14.jpg



続いては…

カナ@ロック 北海道 16歳 女性 高校1年生

とーやま校長「カナ@ロックも、オーラル先生が大好きなんだね! 『UNOFFICIAL』はもう聴いた?」

カナ@ロック「聴きました!」

とーやま校長「こんな機会めったにないし、せっかくだから感想を伝えておこう!」

カナ@ロック「全部の曲が好きなんですけど、特に『エンドロール』が今の自分のUNOFFICIALな事にピッタリで、『記憶に住んだ星を 消し去って 夢の待つ方へ』っていう歌詞が、今よりも頑張れば辛いことも乗り越えて良い関係になれたりするんだなって感じました」

山中先生「歌詞もちゃんと見てくれているんやなぁ。嬉しいです!」

とーやま校長「『エンドロール』という曲と、カナ@ロックの秘密はどんな風に関係しているの?」

カナ@ロック「私のUNOFFICIALな事は、北海道から東京に引っ越すことを親友に言えてない事です!

とーやま校長「いつ東京に出てくるの?」

カナ@ロック「3月です」

あしざわ教頭「もうすぐじゃん!」

とーやま校長「それは、どういう心情から親友に引っ越しの事が言えないの?」

カナ@ロック「やっぱり離れてしまうのは悲しいし、まだ引っ越すっていう現実を受け入れられていない自分がいて、言えていないです」

RN カナ@ロックが引っ越すことを知ったのは1月20日頃。
突然決まった引っ越しの為、気持ちの整理もまだついてないのだそう。

カナ@ロック「その親友とは、引っ越しが決まってから3回遊んでいて、この前も一緒にカラオケに行った時に言おうとしたんですけど、オーラル先生の『エイミー』を歌った時に、“もう、こういう楽しい時間も過ごせないんだな”と思ったら感動して泣いてしまって、言えなくなってしまったんです。それからずっと言えないでいます」

とーやま校長「その時、友達には泣いた理由は聞かれなかったの?」

カナ@ロック「“どうしたの?”って言われたんですけど、“曲に感動した”って言いました」

THE ORAL CIGARETTES先生「んんん〜〜〜〜!!!」

とーやま校長「そうかぁ…! でも、この“言いたくても言えない”って気持ち分かりますよね?」

20170201_sol11.jpg


山中先生「そうですね…。でも、時間が経つことで、あの時は言えなかったけど、今は言えるようになったって思うこともあると思うんです。僕も中学の時にずっと仲良かった親友がいたんですけど、そいつとずっと一緒にいたんで離れるのがイヤだったんですよ。
でも、25歳になって久々に親友と会った時のお互いを確かめ合う感じというか“俺も成長したぜ。お前も成長しただろ?”みたいな、そういう嬉しさもあるし、親友だからそこで縁が切れることなんて無いんですよ。
将来の親友に会うために、自分も成長して、相手も成長して。そういう時間を過ごすために離れるっていう考え方をしたらいいと思うし、親友にも正直に言って、“また会おうね”って言える関係性をずっと続けていくことが大事だと思う」

カナ@ロック「はい!」

山中先生「何も言わずに距離が離れてしまうのは親友といえないと思うし、ここまで悩んでいるってことは、軽い結びつきじゃないと思うから、絶対に言っても大丈夫だと思う! そこからより親友になれると思うよ。勇気出して! 大丈夫!!」

とーやま校長「山中先生の話聞いて、どう思った?」

カナ@ロック「すごい勇気出ました!」

とーやま校長「良かったね! まだまだ時間もあるし、色んな所行こう!」

あしざわ教頭「オーラル先生のライブに一緒に行ったらいいよ!」

山中先生「そんなことされたら泣けるわぁ…!」

とーやま校長「しっかり伝えておいで! 話聞かせてくれてありがとう!」

カナ@ロック「ありがとうございました!」


♪ エンドロール / THE ORAL CIGARETTES


そして、本日も黒板の時間になってしまいました!
今日は、THE ORAL CIGARETTESの山中先生に書いてもらいました!

20170201_sol15.jpg


『 あなただけの伝え方を大事に。 』

山中先生「人に何かを伝える時って自分と他者がいるじゃないですか。そこには二人だけの歴史があるんです。関係性とか歴史は自分と相手にしかなくて、そこで成り立つ伝え方が絶対にあるんですよね。
“あの時、イヤな思いさせちゃったなぁ”って思ったとしても、二人だけの関係性があるからこそ、そういうことを感じれるし、辛いなって思えると思うんです。
悩んだり、辛かったりした時に、“私は、次に伝える時に何をこの人の為に伝えてあげればいいんだろう”って考えることが優しさだと思います。
自己表現って誤解を招いたりもすることもあるけど、失敗したら失敗した分だけ自己表現ってどんどん上手くなっていくと思うので、失敗は悪いことじゃないと思います。
経験していくことであなただけの伝え方っていうのが出来ていくと思うので、あなただけの伝え方を大事にしてください!」

20170201_sol18.jpg



THE ORAL CIGARETTES先生! 今日はありがとうございました!!
また遊びに来てください!!


【FAXイラスト】


20170201_fax01.jpg

RN サキ松


20170201_fax02.jpg

RN ねこトラ


20170201_fax03.jpg

RN ハチトマト


20170201_fax04.jpg

RN あおりんご


20170201_fax05.jpg

RN あおりんご


20170201_fax06.jpg

RN あおりんご


20170201_fax07.jpg

RN ハチトマト



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
のりのりわかめ 静岡県 19歳 女性
はつひので 北海道 15歳 女性
カナ@ロック 北海道 16歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:05 SPLASH / miwa
22:27 アマノウズメ / 水曜日のカンパネラ
22:37 リコリス / THE ORAL CIGARETTES
22:52 Shala La / THE ORAL CIGARETTES
23:24 ルーキー ルーキー / BLUE ENCOUNT
23:46 エンドロール / THE ORAL CIGARETTES
23:50 LOVE / THE ORAL CIGARETTES

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

マグカップまた増えた!
わーい!わーい!
THE ORAL CIGARETTES先生!また来て下さい!!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

THE ORAL CIGARETTES先生
次回は全員タモリでお願いします。

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

- Prev                 Next -
<   2017年2月   >
MonTueWedThuFriSatSun
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE