YKK AP presents 伊藤綾子の窓辺でブランチ TOKYO FM / JFN38 Stations Every Sunday 10:30~10:55

パーソナリティ 伊藤綾子

日曜日の朝、伊藤家の窓からは、今をときめくあの方の笑い声が。
"まどブラ"は、あなたの暮らしに"プラスワン"を提案するプログラム。今日はあなたを窓辺のブランチにご招待。

ayakonoMado

2017年08月20日

「夏の宮島」

「夏の宮島」

広島県にある宮島です。30年ぶりに訪れました。
母の故郷である広島は何度か訪れていますが、宮島へ来るのは2度目。
今回は親戚一同が集まり、春に亡くなった祖母を偲ぶ旅をしました。

大所帯での旅は初めてのこと。
子どもからお年寄り世代まで、夏の空の下、
1秒1秒を惜しむように、みんな思い切り楽しみました。
フェリーで宮島へ渡り、世界遺産である厳島神社を巡り、夜は大宴会、
ライトアップした鳥居を拝むナイトクルーズとイベント盛りだくさん。

そして次の日は、墓参りをしました。
墓石に刻まれた祖母の名前はまだ新しく、
隣に掘られた祖父の名前の古さを見て、
祖母が一人で生きた年月の長さを感じました。
若くして自身の夫を亡くした祖母は、半世紀以上、
女手ひとつで子どもや孫を育ててくれました。
こうして親戚みんなで集まれたのも、
祖母が与えてくれた機会だと思います。

すこんと抜けるような青空と、蝉の声、みんなの笑い声に包まれて、
とてもいい夏の思い出を作ることが出来ました。

ayakonoMado

2017年08月06日

「鵜飼」

鵜飼

今回は、初めて訪れた岐阜県長良川の鵜飼です。
この日は併せて花火大会も行われるということで、
船の上から花火と鵜飼を観覧しました。
もう1300年の歴史のある伝統漁法は、
これまで戦国武将をも魅了し、
今では宮内庁に属し大切に受け継がれているそうです。

川の上を吹く風に身をあずけるようにして花火を見ていると、
鵜船がこちらへと向かってきました。
暗がりに赤々と燃えるかがり火。
近くまで来ると鵜が見えました。
船を先導するようにぴょこぴょこと泳ぐ鵜は、
少し得意げにも見えます。

残念ながらこの日は、
鵜が花火の音に驚いて鮎を飲み込まないそうで、
本来の鵜飼を拝むことはできませんでしたが、
花火と併せて幽玄な雰囲気を楽しむことが出来ました。
にっぽんの夏。風情があっていいですね。
季節の中では夏が一番好きだなぁ。

ayakonoMado

2017年07月23日

「高尾山」

「高尾山」

いつか登ろうと思いつつ
登ったことが無かった高尾山に登ってきました。
新宿から電車でおよそ1時間。
たった1時間で、こんなに景色が変わるとは!
高尾山口駅も、とても雰囲気が良く、まさに気分上々。
リフトに揺られて山の中腹まで行き、
そこからは天狗さまを祀った薬王院にご挨拶をしつつ
山頂を目指します。

この日は30度を超える猛暑でしたが、
木陰の風はとても心地よかったです。
それでもたっぷり汗をかいて、登頂。
標高600メートルの眺めが今回のお写真です。
都会のほとりの高尾山。
気分転換には、ちょうどいい散策コースでした。

ayakonoMado

2017年07月09日

「神戸へ」

「神戸へ」

日本を知る旅、続いては神戸にやって来ました。
こちらも訪れるのは初めて。
貿易港として栄え、今でもその歴史がくっきりと残る街でした。

海、街、山。
この全てが一日で廻れるくらいのサイズに収まっていて、
まるで誰かが置いて行った宝箱の中を歩いているようでした。
洋館ホテルの造りにうっとりしたり、
港で海風を感じながら散歩したり、
可愛らしいスイーツを頂いたり。

昔と今、日本と海外。
様々な表情を見せてくれる神戸の旅は大満足でした。

ayakonoMado

2017年06月25日

「cherry picking!」

「cherry picking!」

ふらりと秋田にある実家に帰った先日、
家族でさくらんぼ狩りに行きました。
5歳の姪っ子も楽しめるイベントだからと、提案したのは父。
家族でのさくらんぼ狩りは何年ぶりだったでしょうか。
お米はもちろんですが、
秋田県の南部では果物の生産も盛んです。
車を走らせると、りんごやスイカ、ぶどうなど、
季節によってさまざまな果物畑を眺めることが出来ます。

緑の葉っぱの下で微笑むように
たわわに実るさくらんぼ。
ぴっちぴちに実を膨らませ、はじけんばかりの様が、
とてもかわいらしかったです。
みんなあっちが赤い、こっちは甘いと
夢中で狩っては口に放り込みました。

姪っ子が手の届かない所になっている実を採りたいと、
父に抱っこをしてもらっている姿を見て、
小さいころ、私も父に抱っこをせがんだ記憶が蘇りました。
今では、狙いを定めた赤い実を
ちょっとの背伸びで採ることが出来ます。
大きくなりました。(笑)
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»