YKK AP presents 伊藤綾子の窓辺でブランチ TOKYO FM / JFN38 Stations Every Sunday 10:30~10:55

パーソナリティ 伊藤綾子

日曜日の朝、伊藤家の窓からは、今をときめくあの方の笑い声が。
"まどブラ"は、あなたの暮らしに"プラスワン"を提案するプログラム。今日はあなたを窓辺のブランチにご招待。

ayakonoMado

2017年05月14日

「志の輔落語へ」

「志の輔落語へ」

先日、赤坂で行われた志の輔落語を
聞きに行ってきました。
GWの時期に行うこの高座は、今年で6年目とのこと。
会場で馴染みの顔に遭遇!
その方は3回目だそうで、聞いたことのある人でも
また聞きたくなるのが志の輔さんの落語なのだと仰っていました。

演目は「忠臣蔵」。
そもそも忠臣蔵とは、というお話を
解説に笑いを交えながら進め、休憩をはさみ、
後半は、その歌舞伎の忠臣蔵に出ていたある歌舞伎俳優さんの物語。
志の輔さんの弾むようなテンポや心に迫るたっぷりの間。
それはまるでお話のジェットコースターに乗っているようでした。
志の輔さんの表情が役によってくるくると変わるところも驚きました。
若い俳優さんに見えたり、血気盛んな年頃の方に見えたり、
はたまた重厚な老人に見えたり。憑依しているかのよう。

考えてみれば、舞台の上には座布団が一つ。
持っているのはお扇子と手ぬぐい。勝負は話術だけ。
それでここまでお客さんを引き込ませる志の輔さんの落語。
すっかり心を掴まれてしまいました。
絶対、また行きたいです!