2017/08/05

第168回 初代 トヨタ・クラウン

第168回の名車ソムリエ supported by NGP廃車王は、
「初代 トヨタ・クラウン」を紹介しました。

第二次世界大戦が終わって10年。
戦中、そして戦後まもなく自動車生産は始まっていたものの、GHQの政策により
乗用車の生産は制限され、その多くは自動三輪、そして、日産の「オースチン」、
いすゞの「ヒルマン」に代表されるように、海外メーカーの乗用車の、
ノックダウン生産がメインでした。
そうして各社が海外メーカーから技術を吸収する中、トヨタは独自路線での自動車開発を敢行。
戦中からエンジンやシャーシの新開発を続け、1947年には戦後の日本で初となる
完全新設計の小型車、「トヨペットSA型」を発売します。

その後もトヨタは新型車を次々に発表し、金融引き締めによる厳しい制限が課せられる中で、
着実にその技術力を高めていきました。
そして、戦後のトヨタの技術の結晶として、開発されたのが「初代クラウン」です。

開発に先立ち、タクシー市場やディーラーなど、様々な市場調査を行ったトヨタ。
その結果、ボディはアメリカンスタイルを意識した、明るく、軽快なものに。
ボディは、高級感を演出するフロントのメッキグリルにサイドモール、
そして、観音開きのドアが特徴的でした。

搭載されたエンジンは、1952年に誕生した、48馬力の水冷直列4気筒1500ccの「R型エンジン」。
トヨペットSA型に搭載された「S型エンジン」が28馬力だったのに対し、
伝統のOHV式を採用したこのR型エンジンは、燃費はそのままに、
わずか数年で最高出力だけを大幅に引き上げました。

さらに、初代クラウンは目標最高時速を100kmに設定。
新設計のシャーシやフレームボディを使うことで大幅な軽量化に成功した初代クラウンは、
未舗装道路も多かった当時の国内では、未知の領域であった時速100kmをみごとに達成します。
海外の車に引けを取らない性能を強くアピールしました。

こうして、トヨタは、当時、茨の道だった純国産乗用車の開発を成し遂げ、
1955年に「初代クラウン」はデビュー。
日本のクルマ作りのプライドを世界に示し、以降、60年に渡り、トヨタ、そして、
日本を代表する1台となっています。

戦後の純国産車の原点にして、世界に誇る日本のクルマ作りの夜明けを告げた名車、でした。


そんな名車「初代 トヨタ・クラウン」が発売された
1955年のニュースといえば……。

・電気冷蔵庫、電気洗濯機、テレビが「三種の神器」と呼ばれ、憧れの的に
・1円玉、50円玉の発行開始
・自動車を貸してくれる「ドライブクラブ」が普及し始める(現在のレンタカー)
・ドラマ「サザエさん」、「テレビ千一夜」などが放送される

などなど……
あなたの思い出に残っている出来事は何でしょうか?


日本や世界で行われている、ちょっと気になるエコな取り組みやニュースを紹介する
「名車ソムリエ・エコプラス」。

最近、注目を集めているのが紙巻きたばこのリサイクルです。
たばこの吸殻と葉を分離し、殺菌消毒後に巻紙部分を除去。
フィルター部分を他のリサイクル原料と一緒に混ぜて、高温で溶かすことで、
プラスチック加工の原料になる「ペレット」を生成。
さらに葉の部分は堆肥に、巻き紙部分は再生紙の原料として活用されるとのこと。
これまで、吸い殻のリサイクルには膨大な時間と手間がかかっていましたが、
度重なるテストを繰り返すことで従来の数倍の速さと精度でリサイクルすることも可能に。

「ペレット」はクリアファイルや携帯用灰皿などにリサイクルされ、
これまでに1億6000万本の吸い殻から約3万トンのプラスチックが再生されます。


この番組では皆さんの記憶にのこる名車、取り上げて欲しい名車など、お便りも募集しています。
メッセージ募集中」から送ってください。
抽選で毎週3名に「Amazonギフト券」3,000円分をプレゼント。
メッセージお待ちしています!
2017/07/29

第167回 4代目日産 スカイライン C110型

第167回の名車ソムリエ supported by NGP廃車王。
毎月最終週は、車好きの著名人の思い出の名車についてご紹介!

今回は俳優の橋本さとしさんの思い出の名車「4代目日産 スカイライン C110」を
ご紹介しました。

1957年、欧州車を思わせるデザインと当時、1500ccクラスでは国内最速と言われた走りで、
スポーツセダンの新境地を切り開いた「初代スカイライン」。
以降、いつの時代も、日産自動車が誇る最新技術を投入し、
スカイラインは日本を代表する名車となります。

2代目では一転してファミリーカーとして生まれ変わり、「ハコスカ」の愛称で親しまれた
3代目では、直列6気筒エンジンを搭載した、初となる「GT-R」グレードも投入し、
走りの面でも大きな進化を遂げました。

そして、1972年に誕生したのが、「4代目 スカイラインC110型」です。
ロングノーズのスマートな外観に、スカイラインの代名詞とも言える、
丸型4灯のテールランプが採用されたのは、この4代目から。

内装は流行を取り入れた7連メーターや黒で統一された中にウッドパネルを配置するなど、
シックなデザインに。
エンジンラインナップは直列4気筒の1.6リッターと1.8リッターの「G型エンジン」、
直列6気筒の2リッターの「L型エンジン」。
それぞれに電子制御の燃料噴霧装置を採用。
L20型エンジンはシングルキャブレターで120馬力、
ツインキャブレター仕様は最高130馬力をマークしました。
さらに、1973年にはハードトップの「2000GT-R」モデルを追加ラインナップ。
エンジンは最高出力160馬力を誇る2000ccの「S20型」で、
その走りに多くのドライバーが期待を寄せました。

しかし、オイルショックによる排ガス規制の強化もあり、わずか4ヶ月で生産を終了。
結果として幻のモデルとなっています。

また、4代目スカイラインは、「ケンとメリー」という若い男女を
イメージキャラクターにしたCMが大きな話題となり、「ケンメリ」の愛称で親しまれ、
スカイライン史上最大の大ヒットを記録!
CMソングやグッズもヒットするなど、まさに時代を代表する人気車となりました。

日産を代表する車種としての確かな性能とテレビ、ラジオ、グッズまで巻き込む
イメージ戦略によって、国民的な人気を獲得した名車です。


あなたの思い出に残っている名車は何ですか?

この番組では皆さんの記憶にのこる名車、取り上げて欲しい名車など、お便りも募集しています。
メッセージ募集中」から送ってください。
抽選で毎週3名に「Amazonギフト券」3,000円分をプレゼント。
メッセージお待ちしています!
2017/07/22

第166回 マツダ ロードペーサー

第166回の名車ソムリエ supported by NGP廃車王は、
「マツダ ロードペーサー」を紹介しました。

世界初のロータリーエンジンの実用化で、気勢をあげていた「マツダ」。
当時の「東洋工業」だったが、1973年のオイルショックや排ガス規制によって、
その勢いにも若干の陰りが見え始めた頃。
その状況を打破すべく、新型車の開発に着手しました。

マツダが目指したのは、日産の「プレジデント」、トヨタの「センチュリー」が
マーケットを独占していた3ナンバー車の市場でした。
当時、トヨタ、日産に次ぐ、国内第3位の自動車メーカーだった「マツダ」は、
その2社に対抗すべく、フルラインナップ体制を敷いた。

その「マツダ」に欠けている3ナンバー車のラインナップを埋めるべく、
開発されたのが「ロードペーサー」。
とはいえ、TOP2に比べれば、企業体力に劣るため、そこでマツダが取った方法は、
海外メーカーからボディとシャーシを調達し、そこに自社のロータリーエンジンを載せるという、
大胆な方法でした。

「ロードペーサー」のベースに選ばれたのは、オーストラリアのホールデン社の
フルサイズセダン「HJ」の最上級クラス「プレミアー」だった。
全長4850mm、全幅1855mmというボディサイズは、
「センチュリー」や「プレジデント」に対しても見劣りしないサイズでした。

そこに搭載したのは、1.3リッターのロータリーエンジン「13B型」。
当時、マツダ最強のスペックを誇ったロータリーエンジンと、
HJが搭載していた3.3リッター直列6気筒エンジンは、共に最高出力135馬力を発生。
しかし、同じ出力ながら、「HJ」のエンジンに比べ、
「13B型」は、軽量かつコンパクトである点を大きくアピールしました。

内装は日本向きに変更しながらも、“ショーファードリブン”らしく豪華なものに。
シートはセパレートシートとベンチシートが選べ、
エアコンやパワーウインドウ、カセット付きのラジオなど、最新の機能が標準装備されました。
ライバルに引けを取らないボディサイズと最新装備を誇る車体に、
マツダの誇り、ロータリーエンジンを搭載し、市場に打って出た「ロードペーサー」。
しかし、「プレジデント」、「センチュリー」の牙城を崩すまでにはいかなかったものの、
確かな足跡を残したのです。

「マツダ」初のフラッグシップモデルとして、新たな時代の始まりを告げた1台です。


そんな名車「マツダ ロードペーサー」が発売された
1975年のニュースといえば……。

・広島東洋カープがセ・リーグ初優勝
・全国に学習塾が乱立し、「乱塾」と呼ばれる
(※73年のオイルショックに不安を抱いた親が教育に力を入れ、子供を塾に行かせる親が増加した)
・「ローラースルーGOGO」が大人気に
・「アンタあの娘のなんなのさ」、がきデカの「死刑!」などが流行語に

などなど……
あなたの思い出に残っている出来事は何でしょうか?


日本や世界で行われている、ちょっと気になるエコな取り組みやニュースを紹介する
「名車ソムリエ・エコプラス」。

日本でも大人気の世界的ファストファッションブランド、H&Mもリサイクルに力を入れています。
H&Mでは毎年、環境に配慮した素材を使用した商品を導入し、
ペットボトルや海洋ゴミをリサイクルした服も販売。
普通の衣服の製造に比べれば、リサイクルによる素材の開発や製造には、
コストも時間もかかるため、リサイクル商品はどうしても価格が高く設定されてしまいます。
それでも、環境意識の高いヨーロッパの国々では、
むしろそちらの商品の方が売れ筋になるほどの人気。
日本での反応も好評で、2015年にH&Mで導入された、古着の回収活動では、
日本の回収量は、世界トップレベルを誇るのだとか。
ゆくゆくはこのようなリサイクル素材の服を低価格帯で販売することを目指しているといいます。


この番組では皆さんの記憶にのこる名車、取り上げて欲しい名車など、お便りも募集しています。
メッセージ募集中」から送ってください。
抽選で毎週3名に「Amazonギフト券」3,000円分をプレゼント。
メッセージお待ちしています!
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 57 | 58 | 59 || Next»