2014/07/05

第7回 三菱パジェロ

「名車ソムリエ supported by NGP廃車王」。
第7回目の名車ソムリエは、「三菱パジェロ」を紹介しました。

三菱は1970年代に入り、そのニーズの高まりから、個人向けの4WD車の開発をスタート。
約10年の開発ののち、初代パジェロは1982年に発表されました。

初代パジェロに採用されたエンジンは、
2300ccディーゼル、2300ccディーゼルターボ、2000ccガソリンエンジンの3タイプ。

シャーシは、強度を確保しやすい、はしご型のラダーフレームを採用。
オフロードや悪路などでの走りに強い、頑丈なボディを設計。

サスペンションは、フロントが操縦性の高い、「ダブルウィッシュボーン独立懸架方式」、
リアは、オフロード向きの「リーフスプリング式リジットタイプ」。
これにより、オフロードとオンロード、双方での走りやすさを兼ね備えることに成功しました。

実用性と快適性が高次元で両立された、新たな4WDの形を示した、
日本が誇る4WDの革命車です。


そんな名車「三菱パジェロ」が発売された1982年のニュースといえば……

・静岡県のCBSソニー静岡工場で世界初のCDがプレス(10月)
・同時に世界初のCDプレーヤーも発売(16万8000円)
・テレホンカード発売、使用開始(12月)
・500円硬貨発行(4月)
・『笑っていいとも!』放送開始(10月) などなど……

あなたの想い出に残っている出来事は何でしょうか?


この番組では皆さんの記憶にのこる名車、取り上げて欲しい名車など、
お便りも募集しております。
メッセージ募集中」から送ってください。
抽選で毎週3名に「アマゾンギフトカード」3000円をプレゼント。
メッセージお待ちしています。
2014/06/28

第6回 フォルクスワーゲン・ニュービートル

「名車ソムリエ supported by NGP廃車王」。
第6回目の名車ソムリエは「フォルクスワーゲン・ニュービートル」を紹介しました。


写真協力:小久保昭彦/カー・アンド・ドライバー編集部

「フォルクスワーゲン・ニュービートル」は、1998年に製造がスタートしました。

1938年の製造開始以来、外観がほとんど変化すること無く
全世界で2000万台以上が製造された「フォルクスワーゲン・タイプ1」。
そのルックスから「ビートル」や「カブトムシ」の愛称で親しまれた名車です。
    
その「タイプ1」・初代「ビートル」をモチーフとして生まれたのが、
この「フォルクスワーゲン・ニュービートル」でした。

「タイプ1」に通ずる、ラウンドフォルム、個性的で可愛らしいデザインが特徴です。

当初搭載されたエンジンは、直列4気筒、2リッターの自然吸気エンジンでした。
その後、1.6リッターの自然吸気エンジンやターボモデルもラインナップ。

一方で、3.2リッター、V6、225馬力を発揮するエンジンを搭載した
「RSi」と呼ばれるスポーツモデルも登場しました。
魅力的なデザインと、車としての走行性を兼ね備えたプレミアムカーでした。

そんな名車「フォルクスワーゲン・ニュービートル」が発売された
1998年のニュースといえば……

天野ひろゆき、28歳。
ブラック・ビスケッツ『Timing』 年間売上第4位。
2月:長野オリンピック。
松坂大輔が夏の甲子園決勝でノーヒットノーラン。
「タイタニック」が大ヒット。
サッカーフランスW杯、日本代表が初出場。
横浜ベイスターズが優勝、「ハマの大魔神」が流行語に。
車のナンバーを自由に選べる「希望ナンバー制度」開始。などなど……

あなたの想い出に残っている出来事は何でしょうか?

この番組では皆さんの記憶にのこる名車、取り上げて欲しい名車など、
お便りも募集しております。
メッセージ募集中」から送ってください。
抽選で毎週3名に「アマゾンギフトカード」3000円をプレゼント。
メッセージお待ちしています。
2014/06/21

第5回 トヨタ・クラウン

「名車ソムリエ supported by NGP廃車王」。
第5回目の名車ソムリエは、7代目「トヨタ・クラウン」を紹介しました。

 
写真協力:小久保昭彦/カー・アンド・ドライバー編集部

7代目「トヨタ・クラウン」は、「最高級のプレステージサルーン」をテーマに開発されました。
デビュー当初、最上級モデルには2.8リッター、直列6気筒エンジンを搭載。

その後、日本初のスーパーチャージャーつきモデルもラインナップし、
エクステリアは、「クリスタルピラー」と呼ばれる、光沢のある樹脂でカバーしたリアピラーで高級感を演出しました。

居住性も、運転席、後部座席ともに疲れを感じさせない、ゆったりとした作りで、
電子制御サスペンション、TEMSを採用。乗り心地、安全性も十分に考慮された1台でした。

豪華な室内空間に、スポーツカー並みのエンジンが搭載されていたため、
「いつかはクラウン」という歴史に残るキャッチフレーズとともに、国民の憧れの名車となりました。
現在は、14代目クラウンまで進化しています。

そんな名車7代目「トヨタ・クラウン」が発売された1983年のニュースといえば……

天野ひろゆき、13歳。
4月:東京ディズニーランド開園、5月には来園500万人突破。
「ファミリーコンピューター」発売(14,800円)。
「キン肉マン消しゴム」が発売され、大ブーム。
「アクエリアス」、「カロリーメイト」、「Gショック」発売。
「おしん」放送開始(最高視聴率62.9%) などなど……

あなたの想い出に残っている出来事は何でしょうか?

この番組では皆さんの記憶にのこる名車、取り上げて欲しい名車など、お便りも募集しております。「メッセージ募集中」から送ってください。抽選で毎週3名に「アマゾンギフトカード」3000円をプレゼント。メッセージお待ちしています。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 51 | 52 | 53 | 54 || Next»