2014/09/27

第19回 トヨタ WiLL

「名車ソムリエ supported by NGP廃車王」。
第19回の名車ソムリエは、「トヨタ WiLL」を紹介しました。


写真協力:小久保昭彦/カー・アンド・ドライバー編集部

「トヨタ WiLL」は、1999年、異業種の会社が合同で立ち上げた統一ブランドです。

業種の垣根を超えた統一ブランド名の元、
それぞれのメーカーが商品を開発するというプロジェクトの一環としてトヨタが開発、
販売した自動車が「トヨタ WiLL」です。

2000年に販売がスタートし、最初に発売された、「WiLL Vi」は、
「ヴィッツ」の1.3リッターモデルをベースに設計しました。

若い女性を意識した外見は、カボチャの馬車のような、斬新なデザインでした。
内装もカジュアルで、茶色で統一するなど、徹底的にヴィジュアルを重視し、
その見た目とデザイン性で、若者を惹きつけました。

第2弾の「WiLL VS」は、ステルス戦闘機をデザインコンセプトとし、
シャープな外見だけでなく、ハンドルやシフトレバーは操縦桿を意識するなど、
男性をターゲットとした車に。

フルフェイスのヘルメットをモチーフとし、車内に情報端末も搭載した、
「WiLL サイファ」へと、その歴史は2005年まで続いきました。

そんな名車「トヨタ WiLL」が発売された2000年のニュースといえば……。

・コンピューター誤作動の可能性があった「2000年問題」が話題に
・シドニーオリンピック開催 田村亮子、高橋尚子などが金メダル
・「おっはー」が流行語大賞
・新紙幣2000円札発行
・プレイステーション2が大ヒット
・厚底靴、腰パンが流行 などなど……
あなたの想い出に残っている出来事は何でしょうか?

この番組では皆さんの記憶にのこる名車、取り上げて欲しい名車など、お便りも募集しています。
メッセージ募集中」から送ってください。
抽選で毎週3名に「アマゾンギフトカード」3000円をプレゼント。
メッセージお待ちしています。
2014/09/20

第18回 トヨタ MR2 AW11型

「名車ソムリエ supported by NGP廃車王」。
第18回の名車ソムリエは、「トヨタ MR2 AW11型」を紹介しました。

 
写真協力:小久保昭彦/カー・アンド・ドライバー編集部

「トヨタ MR2 AW11型」は1984年に発売。
当時、運動性能に優れた海外のスポーツカーの多くは、重量バランス、操作性の向上を目的に、
車体の中心にエンジンを配置したミッドシップが主流。

「従来の発想では考えられないコンセプトの車」という意図のもと、
初代「MR2」もミッドシップカーとして開発された1台でした。

エンジンは、室内空間を確保できるよう、横置きに搭載し、
車両重量はハチロクよりも軽くなり、
ミッドシップの最大の魅力である操作性と運動性能を獲得。

2年後のマイナーチェンジでは、よりハイパワーなスーパーチャージャー付きのモデルも発売。

ラゲッジスペースの確保、乗り降りのしやすさなども重視しながら、
スポーティーカーらしさも両立した初代「MR2」でした。

そんな名車「トヨタ MR2 AW11型」が発売された1984年のニュースといえば……。
・女性の刈り上げブーム
・いつまでも少年のままでいたいという心理を表した言葉
「ピーターパン症候群」が流行語に
・男女ともに平均寿命が世界一の長寿国に
・都はるみさんが「普通のおばさんになりたい」と引退
・『8時だよ全員集合!』で生放送中に停電  などなど……
あなたの想い出に残っている出来事は何でしょうか?

この番組では皆さんの記憶にのこる名車、取り上げて欲しい名車など、お便りも募集しています。
メッセージ募集中」から送ってください。
抽選で毎週3名に「アマゾンギフトカード」3000円をプレゼント。
メッセージお待ちしています。
2014/09/13

第17回 スバル 360

「名車ソムリエ supported by NGP廃車王」。
第17回の名車ソムリエは、「スバル 360」を紹介しました。

 
写真協力:小久保昭彦/カー・アンド・ドライバー編集部

「スバル 360」は、1958年、昭和33年に発売されました。

当時自家用車を持つことは、まだ夢の時代でした。
そんな中、政府が進める乗用車の普及促進政策を受け、
広く世間に普及する車として開発されたのが、この「スバル360」だったのです。
 
モノコックボディや樹脂部品の採用など、
航空機技術を応用することで、超軽量ボディを実現。

一方で、十分な強度を確保するために、
車体は卵形とも呼ばれる曲面を用いた形にしました。

徹底したコストダウンと軽量化のために、室内は質素なものだったが、
リアエンジン式にすることで、大人4人が乗れる居住空間を確保しました。

様々な技術を注ぎ込んだ結果、
小型ながら、家族4人で乗れ、値段は手頃で高性能という、
それまでの乗用車づくりの常識を覆したのでした。

この結果、「スバル360」は、日本中に幅広く浸透し、
日本の自家用車普及の原点となりました。

そんな名車「スバル 360」が発売された1958年のニュースといえば……。
・東京タワー完成
・伊勢丹新宿本店で、日本の百貨店初となる「バレンタインデー」のキャンペーン。
  しかし、売れたのは板チョコ5枚
・巨人・長嶋茂雄、4打席4三振でデビュー
・「チキンラーメン」発売開始。
・「野球盤」、「フラフープ」が大ヒット
・日本初の1万円札発行(肖像は聖徳太子) などなど……
あなたの想い出に残っている出来事は何でしょうか?

この番組では皆さんの記憶にのこる名車、取り上げて欲しい名車など、お便りも募集しています。
メッセージ募集中」から送ってください。
抽選で毎週3名に「アマゾンギフトカード」3000円をプレゼント。
メッセージお待ちしています。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 51 | 52 | 53 |...| 56 | 57 | 58 || Next»