2014/08/09

第12回 三菱 ギャラン・シグマ

「名車ソムリエ supported by NGP廃車王」。
第12回目の名車ソムリエは、「三菱 ギャラン・シグマ」を紹介しました。

「三菱 ギャラン・シグマ」は、1976年に発売。

デザインは、イタリア人デザイナーが担当。
当時の国産車にはない、ヨーロピアン調を意識したスタイリッシュさがありました。

エンジンは4気筒1,600cc、1,850cc、2,000ccの3種類。
最高時速170キロに達しながらも、エンジンにサイレントシャフトを設けることで、
振動や上下運動の低減に成功。

サスペンションは前輪がストラットの独立タイプ、後輪はリジットアクスルタイプ。
ハンドリングも先代のギャラン以上にスムーズなものになりました。

また、当時の国産車では初となる、後部座席のリクライニング機能を採用。
全ドア パワーウインドウなど、充実の内装で快適さも兼ね備えていました。

結果、様々な先進技術が注ぎ込まれた「三菱 ギャラン・シグマ」は、大ヒット。
当時の5ナンバー市場で、好セールスを残した三菱の歴史に残る名車でした。

そんな名車「三菱 ギャラン・シグマ」が発売された1976年のニュースといえば……。
・日本初の5つ子誕生。
・学校給食に米飯導入。
・1等1000万円の年末ジャンボ宝くじ発売。
・アントニオ猪木VSモハメド・アリの異種格闘技戦。
・「徹子の部屋」、「お笑いマンガ道場」放送開始。
・「こちら葛飾区亀有公園前派出所」連載開始。
・ロッキード事件 などなど……
あなたの想い出に残っている出来事は何でしょうか?


この番組では皆さんの記憶にのこる名車、取り上げて欲しい名車など、お便りも募集しています。
メッセージ募集中」から送ってください。
抽選で毎週3名に「アマゾンギフトカード」3000円をプレゼント。
メッセージお待ちしています。
2014/08/02

第11回 二代目 マツダ RX-7 FC3S

「名車ソムリエ supported by NGP廃車王」。
第11回目の名車ソムリエは、「二代目マツダ RX-7 FC3S」を紹介しました。

「二代目マツダ RX-7 FC3S」は、
当時、世界で唯一のロータリーエンジン搭載車であり、
日本のみならず、アメリカでも人気を博したマツダが世界に誇るスポーツカーでした。

「R」は「ロータリーエンジン」、
「X」は「未知・未来を象徴する記号」、
「7」は「開発コード」を示す番号です。

初代を超えるスポーツカーを目指し、開発されたFC3Sは、
ボディの突起を減らし、ブリスターフェンダーを装着。
見た目の重厚感を演出しました。

サスペンションはアルミ合金化し、軽量化しました。
フロントブレーキには、日本車初の対向4ピストンのアルミキャリパーを採用。

エンジンは、インタークーラー付きのターボ、13b型ロータリーエンジンを採用しました。
185馬力を誇る高性能エンジンを搭載することで、
メーカーテストでは、最高速度230キロ以上を記録。

ちなみに後期型では205馬力に出力がアップ。
海外輸出モデルには「NA」、「自然吸気エンジン」もラインナップされていました。
    
進む、曲がる、止まる、が高次元でバランスされ、「スポーツカーとは何なのか?」
という原点に立ち返って生み出された名車でした。

そんな名車「二代目マツダ RX-7 FC3S」が発売された
1985年のニュースといえば……

・阪神タイガース、21年ぶりの日本一
・スーパーマリオブラザーズ発売、以降、一大テレビゲームブームが巻き起こる。
・夕やけニャンニャン放送開始。
・初の日本人宇宙飛行士誕生。(土井隆雄、内藤千秋、毛利衛)
・禁煙パイポのCM「私はこれで会社をやめました」が話題となり、流行語に などなど……
あなたの想い出に残っている出来事は何でしょうか?

この番組では皆さんの記憶にのこる名車、取り上げて欲しい名車など、お便りも募集しています。
メッセージ募集中」から送ってください。
抽選で毎週3名に「アマゾンギフトカード」3000円をプレゼント。
メッセージお待ちしています。

2014/07/26

第10回 初代 ホンダ シティ

「名車ソムリエ supported by NGP廃車王」
第10回目の名車ソムリエは、初代「ホンダ シティ」でした。

初代「ホンダ シティ」は、ホンダが提唱している
「マンマキシマム・メカミニマム」思想に基づき設計された1台。
それは「居住空間は広く、メカニズムは最小限に」という、
創業者の本田宗一郎氏が唱えた、自動車のあるべき姿を表した思想のこと。

車高を抑えたクーペタイプの車が人気の中、
「初代 ホンダ シティ」は、「トールボーイ」と呼ばれる、車高の高いユニークなデザインを採用。
一定のラゲッジスペースを確保するために、新設計のリヤサスペンションが開発されるなど
様々な工夫が凝らされました。

エンジンは、COMBAXと名付けられた、高圧縮、高出力、低燃費の新しいエンジンを搭載。
67馬力の高出力とクラストップの低燃費を実現。
1年後には、ターボタイプも発売されるなど、
小型車ながら、走りと居住性を兼ね備えた車へと進化を遂げました。

快適な走りにユニークなデザインと居住性を兼ね備え、若者に大人気となった名車・・・、
それが「初代 ホンダ シティ」です。

そんな初代「ホンダ シティ」が発売された
1981年のニュースといえば……
・ピンクレディ解散(3月)
・英国・ダイアナ妃結婚
・「なめ猫ブーム」−CDや写真集が大ヒット
・「オレたちひょうきん族」「北の国から」放送開始
・国内初、レーザーディスク・プレーヤー発売 などなど・・・、
あなたの想い出に残っている出来事は何でしょうか?

この番組では皆さんの記憶にのこる名車、取り上げて欲しい名車など、
お便りも募集しています。
メッセージ募集中」から送ってください。
抽選で毎週3名に「アマゾンギフトカード」3000円をプレゼント。
メッセージお待ちしています。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 || Next»