2017/04/22

第153回 初代 トヨタ・カリーナ

第153回の名車ソムリエ supported by NGP廃車王は、
「初代 トヨタ・カリーナ」を紹介しました。

トヨタを、そして日本を代表する大衆車である「カローラ」とファミリーカーである「コロナ」の
中間に位置する車として、兄弟車である「セリカ」とともに誕生したのが「初代カリーナ」

主なコンポーネントは、セリカと共用していたものの、
スペシャリティーカーであるセリカに比べ、カリーナに求められたのは、
安定したセダンとしての走りでした。
ボディラインナップは、4ドアセダンと2ドアセダンの2車種。
ボディデザインは、ロングノーズ・ショートデッキのセミファストバック。
独特な丸目4灯式のヘッドライト、縦長のリアランプもカリーナの特徴でした。

当初搭載されたエンジンは、1400cc4気筒OHVの「T型」。
1600ccの「2T型」、ツインキャブ仕様の「2T-B」型。
さらに、1年後には、セリカGTと同じ1600cc DOHCの「2T-G型」エンジンを搭載した
「1600GT」モデルが登場。
最高出力115馬力、最高時速は185kmをマークし、
セダンながらスポーツカーさながらの豪快な走りを見せました。

サスペンションは、フロントがストラットコイルの独立懸架、
リアが4リンクコイルのリジット式。
500mmを切る低い重心高とコロナよりも短いホイールベースで
高速でも安定感のある走りを披露します。
セリカの低重心のクーペボディから生み出される、スポーティな走りを、
カリーナはセダンで実現したのでした。

その後も2ドアハードトップや2000ccの「18R-G型」エンジンを搭載した2000GTモデルなど、
ユーザーのニーズを受け止めるべく、ラインナップを追加。

初代カリーナは、当時としては異例となる7年間に渡り、
フルモデルチェンジをすることなく、販売されました。

2代目以降もカリーナは、バンやステーションワゴン、4WDモデルの登場など、時代に合わせた
進化を続け、2001年まで、実に31年間、7代に渡って愛される人気車種となりました。

大衆車、ファミリーカー、堅実というトヨタのイメージにセリカとともに
「スポーティ」という一面も加えた名車でした。


そんな名車「初代カリーナ」が発売された
1970年のニュースといえば……。

・銀座、新宿などで日本初の「歩行者天国」が行われる
・ボウリングがブームに
・国産初の「電子式保温ジャー」が大ヒット
・「あしたのジョー」、「ムーミン」等のアニメが人気

などなど……
あなたの思い出に残っている出来事は何でしょうか?


日本や世界で行われている、ちょっと気になるエコな取り組みやニュースを紹介する
「名車ソムリエ・エコプラス」。

2020年までに、排出されるゴミの50%をリサイクルする事を目標としているEU。
各国が目標達成に苦労する中、脅威のゴミリサイクル率99%を誇っているのがスウェーデンです。

スウェーデンでは、国民の中に環境を優先する意識が根付き、化石燃料に税金を課すなど、
世界に先駆けて、環境に配慮した法律も制定してきました。

もちろんリサイクル施設も充実しています。
ゴミなどをリサイクルしたことによって発生した熱エネルギーは、各家庭に供給され、
インフラとして利用されているそうです。

そんなスウェーデン、今では目標達成に苦しむ近隣諸国からなんとゴミを「輸入」し、
リサイクルするなど、世界に先駆けた取り組みを続けています。


この番組では皆さんの記憶にのこる名車、取り上げて欲しい名車など、お便りも募集しています。
メッセージ募集中」から送ってください。
抽選で毎週3名に「Amazonギフト券」3,000円分をプレゼント。
メッセージお待ちしています!