2017/05/13

第156回 初代 三菱 ミラージュ

第156回の名車ソムリエ supported by NGP廃車王は、「初代 三菱 ミラージュ」を紹介しました。

1970年代、原油価格高騰による、オイルショックに見舞われた日本。
省資源、省燃費が叫ばれる中、三菱自動車は、「ギャラン」のヒットで深めた
自信とノウハウを元に、新たな自動車の開発に着手し、誕生したのが「初代・ミラージュ」です。

デザインは台形を基本とした、3ドアハッチバックのコンパクトカー。
大胆なスラントノーズのフロントは、大型のバンパーと角型のヘッドライトが目を引く作り。
ピラーを細くすることでグラスエリアは大きくなり、明るく、広い室内空間を演出しました。
また、ボディはフラッシュサーフェス化することで、空気抵抗を低減。
シンプルながらも美しく、個性的なスタイリングは、多くのユーザーから愛され、
後に5ドアハッチバックも追加されました。

エンジンは、最大出力82馬力をマークする、
水冷直列4気筒SOHC 1400ccの「G12B型」と、1200ccの「G11B型」。
その年の排ガス規制をクリアしたこのエンジンをミラージュではFF方式で配置。
「初代・ミラージュ」が、三菱自動車初のFF方式の採用でした。
搭載された、4速のトランスミッションには、「パワー」、「エコノミー」と、
2つの副変速に切り替えることが出来る「スーパーシフト機構」を採用。
4速×2つの副変速で、実質「8速」となり、低燃費からスポーツライクまで、
幅広い走りを可能にしました。

サスペンションはフロントがマクファーソン ストラット、
リアには新開発のU字型サスペンションを採用。
四輪独立懸架とし、操作性、安定性にも優れました。

インテリアはシンプルなものでしたが、インパネの左右には、
ライト類やワイパーのスライドスイッチを配置。
当時はレバー式のスイッチが当たり前の中でこうした新たなアイデアも取り入れられました。

新たな技術やスタイリングを取り入れながら、使い勝手もよく、燃費面もカバーした
ミラージュは、大々的なキャンペーンや販売戦略も相まって、大ヒットします。

以降、国内では2000年に販売終了した5代目まで、20年以上の長きに渡って進化を続け、
三菱を代表するコンパクトカーとなりました。
斬新なスタイリングに確かな新技術を取り入れた革新的な名車でした。


そんな名車「初代 三菱 ミラージュ」が発売された1978年のニュースといえば……。

・原宿に「竹の子族」が登場
・新東京国際空港(現成田国際空港)が開港
・映画「サタデーナイトフィーバー」が大ヒット
・日本各地でディスコブーム
・ピンク・レディー旋風が吹き荒れる

などなど……
あなたの思い出に残っている出来事は何でしょうか?


日本や世界で行われている、ちょっと気になるエコな取り組みやニュースを紹介する
「名車ソムリエ・エコプラス」。

日本の株式会社サエラと「エイト ブランディング デザイン」が手掛けたのは、
オールプラスチックの傘です。
その名も「+TIC(プラスチック)」。

普通の傘なら金属が使われる骨部分にいたるまで、プラスチックで作ったこの傘。
オールプラスチックなので当然、錆びることもなく、耐久性も抜群。
壊れやすいビニール傘に比べ、しなって風を受け流すことが可能で、
風速30mの風でも壊れないそう。
オールプラスチックということで、仮に壊れたとしても、すべてがリサイクル可能な素材です。
今、日本国内で使われている傘の70%は、ビニール傘と言われています。
そんな使い捨てのビニール傘に代わる、新たな傘のあり方を目指した傘です。


この番組では皆さんの記憶にのこる名車、取り上げて欲しい名車など、お便りも募集しています。
メッセージ募集中」から送ってください。
抽選で毎週3名に「Amazonギフト券」3,000円分をプレゼント。
メッセージお待ちしています!