TOP PAGE

JOURNALTOKYO FM EARTH&HUMAN  CONSCIOUS TOPICS

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»
(this article is also available in English. Click here.)

1945年8月6日午前8時15分人類史上はじめての原子爆弾が広島に投下されました。この時の「原爆の火」が福岡県八女市星野村で、65年経った今も灯し続けられています。

星野村から出征し陸軍の兵士として軍務についていた山本達雄さんは広島で被爆しました。原爆投下後の地獄を生きのびた山本さんは広島市内で書店を営む叔父の安否が気がかりで探し回りましたが見つけることができず、叔父の書店跡に燻る火を形見としてカイロに入れて星野村に持ち帰りました。山本さんが戦後も絶えないように守り続けてきたこの火は、1968年に「平和を願う供養の火として永遠に灯し続けよう」と星野村に引き継がれました。被爆50周年を迎えた1995年には星野村役場前に「平和の塔」が建立され「平和の火」として納められています。星野村では毎年8月6日に村を挙げての平和式典を続けています。

山本達雄さんは、2004年に亡くなられましたが、ご子息の山本拓道さんが、父・達雄さんの思いを受け継ぎ、今も地元の小中学校などで平和の授業を行っています。拓道さんのお話を聞いた子供たちからは、たくさんの手紙が拓道さんに寄せられており、ある子供の手紙には「達雄さんは原爆の火に当たった人から『ころしてください』と言われ首をそっとしめた。そのとき、とても悲しかっただろうなと思い、あらためて戦争のこわさをしりました」と書かれていました。
TOKYO FMでは、この「平和の火」のことを多くの方に知っていただきたいと思い、星野村に行きこの火を採火させていただき、東京に運んできました。

半蔵門にあるTOKYO FMの1階ロビーでみなさんにご覧いただけるように公開展示します。是非この「平和の火」を見に来ていただき、65年前にヒロシマ、ナガサキで起きたことを、この「平和の火」とともに語り継いでいきましょう。

■「平和の火」公開時間、場所

8月23日(月)〜27日(金) 10:00〜18:00
8月30日(月)        10:00〜18:00        

TOKYO FM 1Fロビー  (東京都千代田区麹町1-7)

上記公開時間インターネットでこの「平和の火」の映像をご覧いただけます。

Live TV : Ustream
※公開時間のみ中継しています。公開時間内でも、メンテナンス等の理由で配信を中断する場合があります。

■特別番組について

私たちがこの火のことを知ったのは、8月30日放送予定の特別番組「夏は来ぬ」の番組制作を通じてのことでした。

65年前、ヒロシマとナガサキに投下された原子爆弾。そして敗戦。年を経るごとに語り継ぐことが希薄になりつつある現在。
長崎、広島、東京の路面電車を貸しきり、広島電鉄チンチン電車の中で被爆した女学生たちの姿を描いた芝居を公演する劇団があります。
長崎の爆心地近くで被爆しながら戦後を生き抜いた83歳の女性は語り継ぐことを自らの使命として、「語り部」を続けています。

そして、65年前の「原爆の残り火」が、今もなお福岡県の星野村で守られて灯し続けられています。この「原爆の火」をキャンドルに灯して、ピースマークを作るイベント「Be-In」を行うアーティストがいます。
若松孝二監督は「あの戦争は何かを忘れないで、考えて」と映画「キャタピラー」の公開日を沖縄は軍から解散命令を受けて姫ゆり部隊が自害した6月19日に、広島は8月6日、長崎は8月9日、そして全国は8月14日という日にこだわってメッセージを送りました。

TOKYO FM 特別番組「夏は来ぬ」は、人類史上はじめての原子爆弾が広島、長崎に投下された65年前のことを、いま語り継いでいるさまざまな人たちに取材し、原爆投下後に何が起きたのかを浮き彫りにする番組です。

TOKYO FM特別番組「夏は来ぬ」は、8月30日・月曜日 深夜1時から2時までの放送です。

■スペイン坂スタジオでの展示と番組について

8月28日(土)、29日(日)TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオでも「平和の火」を公開します。土曜日は午後1時から5時まで、日曜日は正午から1時までです。

そして、28日(土)午後3時半から、スペイン坂スタジオで特別番組
「Peace Fire 〜平和なココロに火をつけて〜」の公開収録を行います。
出演は広島出身の小林克也さん。LUNA SEA/X JAPANのSUGIZOさんをゲストに迎えこの「平和の火」を前にして番組の公開収録を行います。みなさんも是非この「平和の火」を見に来ていただき、65年前にヒロシマ、ナガサキで起きたことを、番組を通じて一緒に考えていきましょう。この模様をお送りする特別番組「Peace Fire 〜平和なココロに火をつけて〜」は、8月29日(日)25:00〜25:50の放送です。

【SUGIZOプロフィール】

1992年、LUNA SEAのコンポーザー、ギタリスト、ヴァイオリニストとしてデビュー。1997年、ソロ活動を開始。
2000年末、LUNA SEA終幕後は映画音楽や役者、コンテンポラリー・ダンスなど領域を広げつつソロ活動を再開。音楽と平行しながら平和・環境活動に積極的に参加、アクティヴィストとしての活動をも幅広く展開している。また、「SUGIZO」としてのソロ・ワークの他、伝説的トランステクノ・ユニット「JUNO REACTOR」、10年振りに復活した「X JAPAN」へ正式にギタリストとして加入するなど、 多岐に渉って世界規模で活動中。現在、ソロシングル「MESSIAH」「FATIMA」「PRANA」「Dear SPIRITUAL LIFE」をマンスリーで配信リリース。4ヶ月連続でiTunesエレクトロニック・ランキングで1位を独占し好評を得る。

SUGIZO OFFICIAL WEB SITE http://www.sugizo.com


2010Aug23

HUMAN CONSCIOUS
Fire of Peace
(original article in Japanese is here)

The first atomic bomb was dropped on Hiroshima at 8:15AM, August 6th, 1945. Even today, 65 years later, the flame of this atomic bomb continues to light at Fukuoka-prefecture Yame-city Hoshino-Village.

Tatsuo Yamamoto who was on military duty as a soldier during the time was exposed to the radiation of the atomic bomb of Hiroshima. Tatsuo Yamamoto who survived through this disastorous experience went to look or his uncle who owned a bookstore. However, he could not find him. The aftermath of the bookstore was fire and smoke. As a memoir of his uncle, Tatsuo Yamamoto took the fire home to Hoshino-Village on a heading oil pad. He protected this fire as a sign so that we will not forget the terrible experience of the war. In 1968, this fire was handed to Hoshino-Village as a memoir of the war, and is safely continuing to burn.
In 1995, 50 years from the Hiroshima atomic bomb, Hoshino-Village built the “Tower of Peace” and this fire was named as the “Fire of Peace.” Hoshino- Village continues to hold a peaceful ceremony every year on August 6th.

Tatsuo Yamamoto passed away in the year 2004. His son Takudou Yamamoto took after his father and continues to preach the experience of the war to schools in Hoshino-Village. Many children who listed to Takudou’s story wrote letters to him. Here is one example of a letter from a child.

In the stories of Tatsuo Yamamoto, there was an explanation that when the atomic bomb was dropped and many people exposed to this bomb laid on the street, they cried out “Please kill me” and strangled their necks to kill themselves. When I heard of this situation I was in shocked, and for the first time realized the terror of being in a war.

TOKYO FM would like for many people to know about this “Fire of Peace,” and so we went to Hoshino-Village to borrow a piece of this Fire and brought it to Tokyo. It is placed on the first floor of TOKYO FM, located in Hanzomon. Please come by to take a look at this fire. And please do not forget what happened 65 years ago in Hiroshima and Nagasaki.

“Fire of Peace” schedule

August 23 (Monday)〜August 27(Friday) 10:00〜18:00
August 30(Monday)10:00〜18:00

TOKYO FM 1F lobby (1-7, Kojimachi, Chiyoda-ku, TOKYO)

Furthermore, you can view the light of “Fire of Peace.”

Live TV : Ustream



EARTH& HUMAN CONSCIOUS
TOKYO FM



7月23日(金)晴れ。
『クロノス presents STOP TRAFFICKING ACTION』 イベントが、TOKYO FMホールで開催されました。

子どもの人身売買(トラフィッキング)について知らない事だらけで番組『クロノス』と参加して下さった皆さんと一緒にこの日トラフィッキングの現状を教わりました。そして考えさせられました。

私たちに、できる事は何だろう?それはまず『知る事』そして『伝える事』なのかもしれない。

今回はワークショップとして、STOP TRAFFICKINGに賛同する!意思表明として皆さんの手形を大きなステージの幕(フラッグ)に押して頂きました。

実は『手』というのは、今回のキーワードでもあります。

「NOと拒絶するのも手だし、人にやさしく差し出すのも手。手には大切な意味があるので」

とTHE BODY SHOPの藤田さんがおっしゃっていました。STOP TRAFFICKINGに対してのNO!という『手』そして、人を助ける・支える『手』。

皆で一緒に作ったフラッグの前で、最後にYOSHIKAさんのライヴ。
無数の “おもい”という手形がフラッグに散りばめられ、そのフラッグがとても美しく幻想的で。
本当に素敵なライヴとなりました。YOSHIKAさんは3歳の子供を持つ母として・・・
曲と曲の間のMCに溢れんばかりの気持ちを伝えてくださいました。


7月23日、これはキックオフ・イベントです。

あなたも「STOP TRAFFICKING」に賛同して頂ければ・・・
一人一人の力がいずれ大きな力に代わり
何かが変わるかもしれません。

イベントサイトにフォトレポートを掲載中です
BODY SHOPさんの活動の詳細はこちらから



子どもの人身売買(トラフィッキング)は、武器や薬物の違法取引に次ぐ犯罪産業で、世界中で年間180万人の子どもが被害にあっています(2002年ILO調査より)。その多くは売春などを目的に国境を越えて行われ、日本でも売買の対象になっています。これらは子どもの基本的な権利を侵し、人生を崩壊させる犯罪行為です。日本では法的な措置が不十分で、被害にあった子どもをケアする専門機関が無いのが現状です。この人身売買の根絶を目指して、THE BODY SHOPは国際NGO「ECPAT」とともに「子どもの人身売買 反対キャンペーン」を世界規模で展開しています。そして、TOKYO FMは、ラジオの電波とイベント(7月23日@TOKYO FMホール)を通じてこの活動を応援します。

TOKYO FMではTHE BODY SHOPとのコラボレーション企画として、キャンペーンキックオフイベント「クロノス presents STOP TRAFFCKING ACTION」を7月23日、TOKYO FMホールにて開催いたします。出演はYOSHIKA(アーティスト)、中西哲生(「クロノス」パーソナリティー)、古賀涼子(TOKYOFMアナウンサー)、ECPAT/ストップ子ども買春の会関係者他。リスナー100組200名様をご招待する番組公開録音イベントです。
参加ご希望の方はこちらからご応募下さい。
http://www.tfm.co.jp/eh/





「HUMAN CONSCIOUS〜生命(いのち)を愛し、つながる心」の一環として、この4月からTOKYO FMが新たに始動した『Hellosmile PROJECT』

【あなたと、あなたの大切な人の笑顔のために】をコンセプトに、「子宮頸がん」という日本の若い女性に増え続ける病気への予防啓発を推進していきます。 

まずは、4月スタートの新番組「LOVE CONNECTION」内に連動コーナー「Hellosmile CONNECTION」(毎週火曜日放送)がスタート。

さらに、そのキックオフ・イベントとして、「子宮頸がんを予防する日」である4月9日(金)、JCB ホールにて、『Hellosmile Live 2010』が開催されました!

当日は、子宮頸がんに関心をもつべき若い女性たちと同世代の女性アーティスト5組が出演。約2000人の来場者の皆様を迎え、各アーティストが自らの音楽で、言葉で、メッセージを届けてくれました。


■ LOVE

トップバッターを切ったのは、「LOVE CONNECTION」のパーソナリティでもある、LOVEさん。
故・川村カオリさんの楽曲に詞をつけた新曲「遠い声」ほか全4曲を披露。
「女性だけではなくて、男性も来てくれて嬉しい。今日ライブに来てくれた男性は近くの女性に(検査へ行くことを)勧めてほしい」と呼びかけ、その後もトークナビゲーターとして、各アーティストとライブ後にトークを展開して頂きました。

■ 伊藤由奈

続いて登場は、ブルーのロングドレスに身を包んだ伊藤由奈さん。
「一番大事なのは予防だと思う」「アメリカでは80%の人が子宮頸がん検診のことを知っていて、高校を出たらチェックしに行くことになっている。」
とハワイ在住経験のあるご自身の経験を交えてトーク。「ENDLESS STORY」など大ヒット曲5曲を歌い上げ、会場が酔いしれました。

■ lecca

レゲエのリズムに乗せて、一気に会場のムードをヒートアップさせたのが、leccaさん。
「My Measure」ほかメッセージ性溢れる全6曲を披露。会場は立ち上がってタオルを回すファンの皆さんでいっぱいに。
自身の経験を踏まえ、「1年に一回は検査に行くべきだと思います!検査に行くことの普通さを今回のライブに来た人に知ってもらい、それを周りの人に伝えてほしい。それを伝えたくてライブに来ました」と、力強く訴えて下さいました。

■ YOSHIKA

今度は一転、しっとりムードで、優しい歌声を聴かせてくれたのが、YOSHIKAさん。
(※TOKYO FMの新ステッカー「トーキョーエフエム、トーキョーエフエム…」を言っているのは、実はこのYOSHIKAさんです。)
出演者の中では唯一“お母さん”であることから、「産婦人科に恐怖感は無い。まず良い産婦人科を探すことが大事だと思う」と語り、「Someday」ほか全6曲を、しっとりと歌ってくださいました。

■ BENI

そして、トリを務めたのは、若い女性たちのファッションリーダー的存在でもある、BENIさん。
「このイベントに参加して子宮頸がんの知識が増えました。もしかしたら自分に起きるかも知れない、友達に起きるかも知れないと知らされたことは大事」と、等身大のメッセージを届けてくださり、新曲の「ギミギミ」ほか全8曲を披露して頂きました。

そして、エンディングでは、全出演者とともに、このプロジェクトの 応援キャラクターである 、「ハローキティ」が登場!!



このプロジェクトのために作られた、珍しい横顔のハローキティのロゴマークがあしらわれたオリジナルグッズが会場限定で先行販売され、終演後のグッズ売り場にはキティちゃんも駆けつけて、大変な盛り上がりとなりました。

このオリジナルグッズの売上の一部は、 子宮頸がん予防啓発活動と財団法人日本対がん協会子宮頸がん基金に寄付されます。

今後もTOKYO FMでは、この「Hellosmile PROJECT」に年間を通じて取り組み、放送やイベントなどを通して、子宮頸がんの予防啓発を展開していきます。

ぜひこれを機会に、少しでも多くの方に関心を持っていただけると嬉しいです。

Hellosmileプロジェクトサイトはこちら


«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»
TOKYO FM 会社案内 EARTH&HUMAN CONSCIOUS