みらい図鑑

Vol.76 「エディブルフラワー」 東京都



今回の話題は「花」。
花といっても“飾る”ためのものではなく、“食べる”ための花、「エディブルフラワー」です。



サラダやケーキ、料理などに添えられている彩り豊かな花、あれは飾りものではなく、
「エディブルフラワー」というれっきとした食材なんですね。
東京都の立川市でエディブルフラワーを生産している、
「あみちゃんファーム」、網野信一(あみの・しんいち)さんに伺いました。

「野菜と一緒で、安心・安全に食べられるように、
特別栽培で作られたお花のことを、エディブルフラワーと言います。
うちでは、年間で20種類ぐらいを作っていて、
コスモスやパンジー、ビオラ、ペチュニア、なでしこなど、
本当に誰もが普段見ているようなお花を作っています。」





実にいろんな種類がある「エディブルフラワー」ですが、
基本的には際立った味のあるものは少なく、料理の味に大きな影響を与えません。
ですが、中には、甘みや辛味、酸味、苦味といった特徴を持つ花もあり、
味をしっかり楽しめる品種もあるんです。



観賞用の花との大きな違いは、安心して食べられるように農薬を使わずに育てること。
見た目に楽しく、食べておいしい。そんなエディブルフラワーを、是非、食卓に取り入れて
ほしいと網野さんは話します。
「たとえば飲み物ですと、氷の中にお花を入れるだけでも飲み物がまた一段と変わったり、
サラダに散りばめて頂くだけでも、緑だけのものが、ピンクや黄色など、
様々な色が入るんですよね。食卓にちょっとお花を飾るだけでも、
会話が広がったり、雰囲気が良くなったりすると思うんです。」



エディブルフラワーを生産する生産者は、全国で少しずつ増えているといいます。

同じ東京に暮らす若者に花をとおして農業の魅力を伝えたい、と言う網野さんは現在30歳。
同じ志をもつ仲間が増えると、日本の食卓は一段と華やかになりますね。


Vol.75 「すごろく」 愛知県

null

今回は、誰もがきっと一度は遊んだことがある、「すごろく」の話題です。

すごろく作りのワークショップを通して、街づくりや防災に活かす取り組みを行っている
「すごろく研究所」が愛知県にあります。

null
null

「すごろく研究所」を立ち上げた、西村健(にしむら・たけし)さんにお話をうかがいました。

「すごろくって、誰でも遊べるっていうことと同時に、
誰でも作れるのが良さの一つだと思うんですね。
街のパンフレットだと読んで終わるんですが、すごろくだと遊ぶという、
またひとつの新しいアクションが生まれると思います。」

null

ワークショップの参加者は、子どもをはじめ、親子連れやシニアも多いといいます。

みんなで街を歩いて、メモをして、それから「すごろく」を作る。
一番多いのは、普段、何気なく歩いている街で新しい発見があったという声。
街を「すごろくの目」に見立てることで、地域の新しい魅力が見えてくるそうです。

null

同じ街の様子を見ても、すごろくのルールに落とし込む時に、
プラスの要素としてとらえる人もいれば、マイナスの要素として捉える人もいる。
個人個人の考えを比べるのも面白いと、西村さんは言います。

null

「小学生のお子さんだと、夏休みの自由研究があると思うんですが、
そんなときにちょっと街を歩いてみて、すごろくにしてゲームにすると、
2学期に他のお友達にも遊んでもらえるようなものができるのかな?と
思ったりもします。」

null

すごろくを通して、子どもからシニアが話し合うきっかけになるのも魅力のひとつ。
子どもたちが作ったすごろくをシニアの方がみて、どんな会話が生まれるのでしょうか。

「全国の街で作って、みんなで一斉にすごろくで遊ぶというイベントが、
いつかできれば良いなと思っています。」

同じ街でも作る人によって全く違うものに仕上がる、オリジナリティ溢れる「すごろく」。
自分の街が“自分の目線”で出来上がるのは、なんだかとても楽しそうですね。

null
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 36 | 37 | 38 || Next»