みらい図鑑

Vol.56 「桜のおわん」 神奈川県



日本を代表する花と言えば、桜。その魅力は、“花”だけではありません。
今回は、桜の“木”にクローズアップ。

桜の木を使って、ひとつひとつ丁寧に「お椀」を作っている工房が、
神奈川県の小田原市にあります。



木工所をかまえ、原木の加工から塗装までの一貫生産で、
木工製品・漆器・小田原漆器の製造販売を行っている会社、
「薗部産業」、代表・薗部利弘(そのべ・としひろ)さんにお話をうかがいました。

「桜はですね、やさしい、柔らかい感じの材料です。
同じ素材でも重たい時もあるし、軽い時もあって、木目も個々にみんな違うんです。
それを景色として楽しんで頂いて、みなさんに使って頂ければありがたいなという想いで
作りました。」

使う木材は、木を切るのに適した時期があり、春に芽吹く前に伐採。
そして、製品になるまで、なんと6ヶ月もかかるというから驚きです。



材料の“板”からお椀を作るのは、実は難しい、と薗部さんは語ります。
お椀の形にくり抜き、乾燥から加工まで、職人の技が必要。
塗装の工夫も試行錯誤しながら、一つ一つ改善していったそうです。




桜のお椀を手に取った人からは、さまざまな声が届いているようです。

「“かわいい”とかそういう声が多いんですが、使っている方に聞くと、
手に取った感じがとてもいいとか、今まで味噌汁を飲まなかったお子さんが、
このお椀を買ったら、味噌汁を毎日飲むようになったとか、
嬉しい声をたくさんいただいています。」

桜のお椀は、平成10年から小田原の小学校でも使用。
お椀は使ってもらうのが一番!と、小学生が扱いやすいサイズに仕上がっています。

お椀のひとつひとつ異なる“木目”を景色として楽しみながら頂く食事。
きっとお箸も進みますよね。

Vol.55 「砂浜美術館」 高知県



高知県の黒潮町に、建物を持たない美術館があります。
長さ4キロの砂浜そのものを美術館に見立てたのが「砂浜美術館」。
29年前に生まれました。

BGMは波の音、夜の照明は月の光。
目の前に広がる“様々な自然”が、24時間・365日展示されている作品です。



NPO砂浜美術館・西村優美(にしむら・ゆみ)さんのお話です。

「常設展示の作品だと、たとえば、砂浜についた小鳥の足跡や沖を泳ぐニタリクジラ。
たくさんの作品に溢れています。

砂浜美術館の活動は30年近くになっているんですが、最初から関わっている方が、
“毎日見ていたら、海も空も砂も、毎日、新しい発見の連続なんだ”って、
おっしゃっていたんです。

小さな変化を楽しみながら飽きることなく付き合うことで、一見、変わらない自然って、
ずっと守っていくことができるのかなって思っています。」




美しい砂浜を残したい、という思いはもちろんあるけれど、
それは決して、塀で囲んだりして自然を保護するのではなく、“付き合う”という姿勢。
そのままの自然の魅力を体感することで、この場所をもっと大切にしたい、
そんな気持ちになるようなサイクルを作っていきたいと西村さんは語ります。



海も空も砂も、毎日が新しい発見の連続。
できるだけ多くの方に訪れてほしいと、砂浜美術館では、毎年5月に「Tシャツアート展」を
開催しています。



全国から寄せられたアートがプリントされた、真っ白なTシャツ、およそ1000枚が
砂浜に展示される様子はまさに圧巻。

今年の開催は5月3日から8日まで。
是非、皆さんも「砂浜美術館」で、新しい何かを発見してみては如何でしょうか?
http://www.sunabi.com/exhibition/
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 26 | 27 | 28 || Next»