みらい図鑑

Vol.94 「あきた森の宅配便」 秋田県





地方に暮らすおばあちゃんやおじいちゃんにとって、
山に入り、美味しい山菜を探してくるなんて朝飯前かもしれません。
都会の人にとっては、もちろん、違います。
そもそも、山のどこに山菜があるのか見当もつきません。
美味しい山菜がわからないどころか、
食べられるものと食べられないものを見分けることも出来ません。



山のおばあちゃんやおじいちゃんは、すごい。
すごいけど、決して、スポットライトを浴びることはありません。
スポットライトを当てたら、どうなるんだろう。



秋田県で生まれた「あきた森の宅配便」という会社は、
おばあちゃんやおじいちゃんたちが、
都会に暮らす方に代わって、山で探した山菜を送っています。



 「山菜採りに行く人たちのことを山の名人と呼んでいるんですが、
 その技術や知識に着目して、
 名人たちを主役にしてやっているんですね。



教えてくれたのは、「あきた森の宅配便」
代表の栗山奈津子(くりやま・なつこ)さん。



 「都会から山菜の注文がくると、やっぱり気合が入るんですよね。
 この仕事が生きがいと話してくれるおばあちゃんもいて、
 そういう姿を見ていると、わたしも本当に嬉しくなるんですよ」




今、日本中の多くの地方が、少子高齢化と過疎化という問題を抱えています。
どうやって地域に光を当てるか、試行錯誤しています。
「あきた森の宅配便」の場合は、
山菜を採る、おばあちゃんやおじいちゃんを主役にしているんですね。
物語をまとった山菜。
それを売り出している栗山さんは、まだ、二十代です。

「あきた森の宅配便」のウェブサイトには、
山の名人紹介のページがあり、
そこには30人のおじいちゃんおばあちゃんが掲載されています。

たとえば石垣一子さんの場合、得意な山菜は、「ふきのとう」。
趣味の欄には、「孫と遊ぶこと」と書いてあります。
「もりの宅配便」がまとっているもの。
それは、まるで実家から送られてきたような温もりです。



 「森とか自然を活かしつつ、人間と動物や植物との共存を、
 もっともっと考えて、
 それで、地元の風景を残していきたいな思います」



山菜という恵みは、山からやってきます。
「だからこそ、山菜と一緒に、、、山を大切に想う気持ちも届けたい!」
ステキな取り組みですよね。




おばあちゃんおじいちゃんの名人たちが、山で採った山菜。
インターネットで販売されていて、
今は、年末に向けて、「天然山菜そば」が人気だそうです。

Vol.93 「みかん魚」 愛媛県





国内で随一の柑橘産地、愛媛県。
そんな愛媛県で生まれたのが、「みかん魚」です。




「みかんブリ」、「みかん鯛」、「みかんサーモン」。
この魚たちは意外なきっかけから生まれました。

「愛媛と言えば、みかん大国なんですが、
いままでは、みかんジュースを絞った皮を廃棄処分していたんですね。
ただし、そこにはビタミンCが豊富に含まれています。
それを魚が食べるか実験してみたら、食べた。
そんなことから生まれたのが、この“みかん魚”なんですね。」

教えてくれたのは、株式会社「宇和島プロジェクト」、
代表の木和田権一(きわだ・けんいち)さん。



ジュースを搾ったあとのみかんの皮にも、30%ほどの果汁が残っているので、
皮と果汁を一度クラッシュして、魚のエサに配合するんだそうです。

このエサを食べた魚は、変色防止だけでなく、養殖特有の臭みが消えて、
柑橘のほのかな香りがするといいます。




ジュースにするために絞った、みかんの皮。
いままで捨てるだけだったものが、いまでは、大切な魚のエサになっています。
まさに、山の幸と海の幸のコラボレーション。

徐々に徐々に受け入れられるようになったという「みかん魚」は、
特に子どもたちに人気だそうです。

 「実は、“子どもたちが今まで魚を食べられなかったんですが、
この、みかんブリなどを食べたところ、ほかの魚も食べられるようになった“という声を
頂いて、私たちも本当に嬉しく思っています。
みんなが魚をもっと食べて、日本の水産王国がまた復活するのではないかと思っています。」



地域の資源を組み合わせるユニークなアイデアで、新しい価値を生み出した日本人の知恵は、
海外からも注目されています。
「みかん魚」、世界中の人に是非、食べてもらいたいですね。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 45 | 46 | 47 || Next»