みらい図鑑

Vol.51 「飴細工」 東京都



今回のタカラモノは、「飴細工」。
砂糖を熱して、飴状になったものをいろんな形につくりあげる製菓技術です。
子供のころ、お祭りの日に、「世界に一つだけの飴細工を作ってもらうのを楽しみにしていた」、
という方もいるのではないでしょうか。




見て楽しい、食べておいしい、日本の伝統的な飴細工は、
温かい飴が冷めてしまう前のたった3分ちょっとの間に、
職人さんたちが手品のように作品をつくっていく匠の技。

東京の下町、千駄木にお店を構える「あめ細工吉原」では、
パンダ、ライオン、キリン、シロクマなど、100種類にも及ぶ動物を、
その場で実演販売して子どもたちに大人気です。



若手女性飴細工師の加藤妹子(かとう・まいこ)さんに伺いました。

「最初は、おじいちゃん、おばあちゃんやお父さんお母さんに連れて来られて、
そんなに乗り気じゃないっていうお子さんも中にはいらっしゃるんですけど、
好きな動物を選んでもらって、目の前で作っていくと、
本当にあっという間に形が出来上がっていくので、
そのビックリした表情がとても印象的です。」




大学時代に培ったガラス工芸技術と日本伝統飴細工のコラボレーションとする加藤さん。
新商品の企画やデザインを担当しています。

確かな技術と豊かな感受性から得るインスピレーションを元に、
見ていて自然と笑顔になるような、 楽しい飴細工が持ち味だそうです。

「お客さんと作り手の間で、短時間で作るということで、
音楽とか演劇みたいに、作っている時間を共有できるという喜びが一番大きいです。
そのあと、飴細工なので最後にお召し上がりいただけるという、
すごく楽しい要素がたくさん詰まっているものだと思います。」




加藤さんは、飴細工の世界に飛び込んで8年。現在、33歳。
お店を訪れた子どもたちが、「将来、飴細工職人になりたい」と言ってくれる声が、
一番うれしいと語ってくれました。

「あめ細工吉原」には、将来の飴細工師のタマゴたちが今日もたくさん訪れています。
100年後にはどんな形の飴細工があるのか・・・想像すると楽しくなりますね。