みらい図鑑

Vol.53 「組紐」 三重県



1本の映画の大ヒットによって、日本の“ある伝統技術”が、
世界中の注目を集めていることをご存知でしょうか。

それは、何十本もの糸を組み合わせて作る「組紐」。
映画『君の名は。』で、物語の重要なカギを握るアイテムとして、組紐が描かれています。



長い伝統をもつ日本の優れた工芸品の一つである「組紐」。
奈良時代以後に日本で作り始められた組紐は、経巻・巻物・甲冑や刀の紐などに利用され、
その後、武具から着物の帯締に姿を変えるようになりました。

日本を代表する組紐の産地のひとつが、三重県伊賀市。
この地域では、伝統を守りながらも時代の流れに合わせた、
様々なものづくりがおこなわれています。



創業明治35年。
「組紐工房 廣澤徳三郎」3代目・廣澤浩一さんのお話です。

「組紐をはじめて45年ぐらいになります。
わたしのところはネクタイを開発しまして、組紐ネクタイとして売っているんですが、
ほかにも、キーホルダーやブレスレット、ストラップ・・・。
大変喜んで頂いているんですが、技術を持っている方が高齢化してしまいましたので、
もう10年ぐらいで無くなるんじゃないか、そんな危惧もあります。
全国には趣味を持っている方もいますので、
日本の中で組紐を残していってもらいたいなと思っています。」



廣澤さんの工房では、20分ほどでキーホルダーを作ることが出来る、
組紐体験もおこなっています。

昭和51年には国の伝統的工芸品に指定され、脈々と受け継がれ現在に至る組紐。
後継者不足の危惧もある中、映画によって多くの人の注目を集めることとなりました。

古き良きものを、今に、そして、未来に。
この先もずっと受け継がれる伝統の技であってほしいですね。