みらい図鑑

Vol.54 「おのくん」 宮城県



今回のタカラモノは、「おのくん」。
「おのくん」とは、おさるさんの人形の名前です。

2011年3月11日。
東日本大震災のあと、宮城県東松島市「小野駅前応急仮設住宅」の人々の、
暮らしがあった奥松島の復興を願って、2012年4月20日に生まれたキャラクターです。



「おのくん」は、大きさも色も柄も違う、さまざまな“靴下”を縫い合わせた
“ソックスモンキー”。
作り始めたのは、仮設住宅に暮らすお母さんたちでした。

震災前のゆったりとした暮らしから一変、被災して先の見えない状況のなかで、
さまざまな困難に立ちむかいながら、「めんどくしぇ」とぼやきつつ、
前向きに、新しい未来を自分たちの手で築いていこう、という思いが込められています。



小野駅前郷プロジェクトの共同体表・武田文子(たけだ・ふみこ)さんのお話です。

「なんか、あまりの大きさのショックに笑うのはできたんですね。
でも泣くのは、涙が出なかったんですよ。二年ぐらい涙が出ませんでしたね。
なにかをしないといられない精神状態だったんですね。」

仮設住宅の集会所に集まったお母さんたちが作る「おのくん」。
ひとつひとつ顔は違いますが、“東松島を知ってほしい”、“東松島に来てみてほしい”という
願いが込められています。

「おのくん」は購入することができ、購入した人は「里親」と呼ばれています。



「おのくんそのものはお人形ですけど、これを見ると、
“ああ震災で出来たやつだよね”って、
何年後も、これを話題に震災の話ができたらいいかなって思っていますね。
忘れないように、っていう意味で。」

里親ひとりひとりがみな家族・・・そんな想いでお母さんたちは毎日、一針一針、
絆を紡いでいます。
手に取った人、ひとりひとりが東松島でつながっている家族。
「おのくん」の里親は、いまも増え続けています。



おのくんウェブサイト
http://socialimagine.wixsite.com/onokun