みらい図鑑

Vol.95 「SHY FLOWER PROJECT」



パーティや結婚式などで飾られる”花”。
それらの多くは、役目を終えたあと、まだまだキレイなままの状態で捨てられてしまいます。

「これは、もったいない!」

そう考えた、一人の女性が始めたプロジェクトが、今、全国に広がっています。
廃棄花をさまざまなものに加工する取り組みです。





「SHY FLOWER PROJECT」、代表の古橋あや香(ふるはし・あやか)さんにお話を伺いました。

「結婚式とかのお花って、実は、二時間とか三時間で捨てられてしまうんですね。
それを、なにか別のものにならないかな、面白いものにならないかな、って
考えること自体がすごく楽しいんです。」

プロジェクトの作業ですが、まずは、花を使った会場に出向いて、廃棄される花を回収します。
その後、回収した花をドライフラワーや押し花など、長く楽しめるものに加工。
作品の売り上げは、新たな活動資金として活用されます。




「たとえばお花屋さんで売っている新鮮な花よりは、色がくすんでしまったりするんですが、
それが逆に、味として捉えられて、
アンティークっぽいアクセサリーに生き返らせることができるんです。」

ピアス、ヘッドアクセサリー、コサージュなどのアクセサリーにも再生可能で、
オーダーメイドもできるんだそうですよ!




「自分だったらこれをどう生き返らせるだろう?っていうアイデアが、
どんどん生まれてくることが楽しいと思っていて、
もともとゴミにしかならなかったものが、
そうやって私たちの気持ちを楽しくさせることがすごく価値のあることだと思って
活動しています。」

「SHY FLOWER PROJECT」がスタートして5年。
楽しみながら、社会的なメッセージを投げかけることもできるこの取り組み。
女性男性を問わず、共感の輪が広がっています。