みらい図鑑

Vol.103 「メロン柄の革小物」 東京都



去年、北海道の夕張市長がSNSで発信した「名刺入れ」が、大きな話題を呼びました。
外は黄緑で、中はオレンジ。まるで夕張メロンのような柄。
作っているのは、東京・浅草にある、革小物の専門店「MELON&CO.」です。




お店をのぞくとビックリ!
バッグ、財布、スマホケース、コインケース…。
あらゆる革製品がメロン柄です。



メロン柄の革小物を手がける会社、
「andcompany」、代表の大澤慶久(おおさわ・よしひさ)さんに伺いました。

「革っていうのは高い商品になるので、似たような、オーソドックスな商品が多いなって
感じていたんですね。
これだったら、自分で作った方が面白い商品ができるんじゃないかって、
そんな風に簡単な気持ちで考えたのが、きっかけといえばきっかけなんです。」

革であれば、布では表現できないような、デコボコの加工ができる。
デコボコといえば、そうだ、メロンがあるじゃないか!!!いう発想から生まれたんだそうです。




“メロンな革小物”というお店なので、扱う商品はメロンの革製品のみ。
道行く人は立ち止まり、話題にもなる。反響は大きいと大澤さんはいいます。

特に女性のお客さんが多く、財布でも、個性的なものが好きな人が購入していて、
“メロンな革小物”を持ったことで、「話しかけられるようになった」という話も
よく聞くんだそうです。
パッと見でメロンとわかるので、会話のキッカケにもなりやすいんですね。




「単なる大量製品ではなくて、アート性のあるものを作っていきたいし、
そうすることによって、より、革の魅力っていうものも伝わっていくんじゃないかなと
いう気はしています。」

会話が弾み、革の魅力もより伝わる、“メロンな革小物”。
名刺やお金だけでなく、いろんな可能性が入れられそうですね!