みらい図鑑

Vol.106 「南部鉄のアクセサリー」 岩手県



今回は、アクセサリーの話題。
それも、材料が“南部鉄”のアクセサリーです。



岩手県の伝統工芸といえば「南部鉄器」。
江戸時代から伝わる「南部鍛造」といわれる鉄の加工技術で作られている鉄器で、
鉄瓶や急須、風鈴などがよく知られています。



その魅力を現代に伝えるにはどうすればいいか、
どうしても、鉄器だけでは今の時代には伝わりにくいのではないか。
そんな想いから、伝統の技・南部鉄器にアートを融合させて、
アクセサリーを作っている工房が雫石町にあります。



「流工房(りゅうこうぼう)」、代表の鈴木 勝(すずき・まさる)さんに伺いました。

「私たちの工芸技術っていうのは、世界でも本当に優秀なんですよね。
そういったところを、より引き出していけば、
もっともっと違うものを作れるんじゃないかと思ったのが、最初の着眼点でしたね。」

そんな鈴木さん、出身は大阪。
以前の仕事でたまたま立ち寄った岩手で、土地の魅力に触れ、
南部鉄職人との出会いをきっかけに、岩手県雫石に移住、現在の工房を設立しました。



発信しているのは、“鉄を感じさせないアクセサリー”。
鈴木さんは、こう続けます。

「もちろん、鉄を感じてもらえるような風合いや味わいは残しているんです。
ただ、重いんじゃないか、錆びるんじゃないか、硬いんじゃないか、
冷たいんじゃないかって、みなさん思われるんですね。

そこを、ひとつひとつ解決していって、重くないような、
柔らかい味わいの温かみを感じるものにアレンジしています。
鉄の本当に深い魅力というんでしょうか、それを引き出す努力を常に心がけています。」



南部鉄に加えて、漆の生産でも有名な岩手県。
鈴木さんの流工房では、鉄と漆を掛け合わせたアクセサリーづくりにも力を注ぎ、
国内だけでなく、海外からも注目を集めているそうです。

日本の伝統技術から生まれた現代のアクセサリー。
世界のいろんな場所に広まっていくといいですね。