プレゼント
当シネマテークでは「映画音楽」のリクエストを大募集中です!
血湧き肉躍るあの曲から、思わず涙が流れてしまうあの曲まで、映画の名シーンを思い出させてくれる映画音楽のリクエストをぜひ当シネマテークにお寄せ下さい。
(曲名が分からない場合も映画『○○○○』のテーマ曲とか映画『××××』のエンディング曲といったリクエストで大丈夫です!)

リクエストをお寄せ下さった方から抽選で毎週1名様に番組特製の「ポップコーンメーカー」をプレゼント!
もちろんリクエストしていただいた曲は番組の中でご紹介していきますのでお楽しみに!

リクエストは

コチラ

からお送り下さい。
製作:1980年(アメリカ/イギリス)
監督:スタンリー・キューブリック
出演:ジャック・ニコルソン/シェリー・デュヴァル/ほか

ホラー文学の帝王、スティーヴン・キングの同名小説を、『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』の鬼才スタンリー・キューブリックが映画化した傑作ホラー。雪深いため冬期閉鎖されるリゾートホテルを管理する親子3人が直面する怨念と狂気の超常現象を描く。


― TVディレクター/TV番組制作会社「笑軍」代表取締役のマッコイ斉藤さんが語る『シャイニング』 ―

マッコイ斉藤
僕は19歳の時から極楽とんぼの加藤浩次が親友なんですが、彼はものすごい映画オタクなんです。その加藤に「映像の仕事をしてるのにキューブリックの映画も観てないの?」と言われて『時計じかけのオレンジ』を観たら、ものすごくおもしろくて。それで次に観たのがこの『シャイニング』でした。そして自宅でひとりで観たらめちゃくちゃ怖かったんです。

ジャック・ニコルソン演じる主人公は作家で、彼は雪深いため冬の間に誰もいなくなってしまうコロラド山奥の高級ホテルの管理を引き受けます。ところが子供と奥さんを連れてそのホテルで暮らしている内に、彼はどこかおかしくなっていくんです。実はそのホテルは以前、彼と同じように冬の間の管理を引き受けた人が狂ってしまい、家族を惨殺する事件が起きていた……というお話です。

この映画は人を怖くさせるためにシンメトリー(左右対称)な映像を多用しています。人間が一番怖さを覚えるのはシンメトリーなのだそうで、廊下のデザインもシンメトリーだし、登場する亡霊も双子の女の子。そうやって怖さを煽っています。

またキューブリック監督のファンの間では物議を醸したそうですが、冒頭の空撮シーンではヘリコプターの影が映り込んでしまっています。キューブリック監督ともあろう人が気付かないはずがないので、わざとそうしたのか、どういう意図なのか、そのあたりもすごく気になりました。

この映画のポスターにもなっている「斧で叩き割ったドアの隙間から顔を覗かせる主人公」のシーンは衝撃的でした。エレベーターから血が溢れ出すシーンも驚きましたし、子供が三輪車に乗るシーンは繰り返される音が怖さを倍増させます。本当に怖くて勉強になった映画です。


※8/29(月)、スターチャンネルで『シャイニング』放送!
−皆さんからのご感想−
製作:2013年(アメリカ)
監督:ジョン・カーニー
出演:キーラ・ナイトレイ/マーク・ラファロ/ほか

第80回アカデミー賞で歌曲賞を受賞した『ONCE ダブリンの街角で』のジョン・カーニー監督による音楽ドラマ。恋にも夢にも破れた女性がニューヨークの街を舞台にしたゲリラレコーディングで奇跡を起こすハートウォーミングストーリー。


宮崎香蓮
― 女優の宮崎香蓮さんが語る『はじまりのうた』 ―

キーラ・ナイトレイ演じる主人公はミュージシャンの恋人と曲を作り、それが映画の主題歌として採用されます。そんな幸せの絶頂の中、彼の浮気が発覚してしまうんです。やさぐれた彼女がバーで失意のままにギターを弾いていたら、それが敏腕プロデューサーの目にとまります。そして2人はニューヨークの街でいろんな曲を録ることになり、その中で新しい人生を見つけていく……という映画です。

とにかく曲が素晴らしくて、私はすぐにサントラを買ってしまいました。私が一番好きなのは主人公が失恋した時にバーで弾き語りした曲です。マーク・ラファロ演じるプロデューサーがその曲に「ここはピアノ」「ここはドラム」とオケを追加していくんですが、どんどんいろんな楽器が加わって、最後は本当に素敵な曲に仕上がるシーンが大好きです。

浮気する彼氏を演じているのはマルーン5のアダム・レヴィーン。この映画の役どころは嫌なヤツですが、ずるいくらい良い声ですし、プロのミュージシャンとしての葛藤も見えるので、一概に責められない雰囲気もあります。彼はどんどんスターになっていき、2人で作った曲をめちゃくちゃリミックスしてしまいます。でも最後はライブでオリジナルバージョンを歌って、目を覚ました感じに。2人のよりは戻りませんが、ハッピーエンドと言って良いでしょう。

キーラ・ナイトレイはこの映画で初めてギターを握ったらしいのですが、まったく違和感を感じさせません。一番好きなシーンはキーラ・ナイトレイとマーク・ラファロがイヤフォンで音楽を聴きながら夜のニューヨークを散歩するシーンです。お互いの好きな曲を聴かせ合いながらのデートなんて、思わず憧れてしまいます。


・宮崎香蓮さんのプロフィールや最新情報はこちら!
・宮崎香蓮さんのブログはこちら!

※8/22(月)・27(土)、スターチャンネルで『はじまりのうた』放送!


― 皆様から寄せられたリクエスト&ご感想 ―

◎もぐりんさん(岐阜県・男性)

リクエストは映画

『はじまりのうた』

より、キーラ・ナイトレイが歌う「Lost Stars」です。演技だけでなく歌も上手いという新たな彼女の魅力に出会うことができる一曲です。

◎クロエさん(東京都・女性)

『はじまりのうた』

は見終わったあとすぐにサントラを買いました。Lost Starsや、Tell Me If You Wanna Go Homeなどどの曲も名曲揃い。ぜひかけてください!

◎ホーネットさん(東京都・男性)

ジョン・カーニーの『シング・ストリート』観てきました。音楽ものをやらせたら今一番アツい監督だとおもいます。ぜひ過去作の

『ONCE ダブリンの街角で』

『はじまりのうた』

『シング・ストリート』

の主題歌かけてください。
−皆さんからのご感想−
| Next»

パーソナリティ

  • グレゴリー・スター
  • 笹本玲奈
  • FILM BACKNUMBER

TWITTER