毎週月〜金 JFN38局ネットでお送りする「あぐりずむ」では、毎週木曜に「ニッポンおむすび便り」プロジェクトをお届けします。

おむすびは究極の和食

18.05.31

こんなメールを頂きました。

「“おむすび”というのは、究極の和食だと思っています。」

たった1行ですが、これ以上の表現はない。
おむすびを食べたことある人、握ったことのある人なら、ナットクですよね♪

ということで、今回のテーマはこちら。


続いては、こんなエピソードです。

「仕事でアメリカに行った時、現地で働く日本人の奥さんが、おむすびを差し入れてくれました。
久しぶりの日本食に嬉しく思い、美味しくいただいていると、横にいたアメリカ人が、おむすびの海苔をバナナの皮を剥くように、はがして食べようとしていたんです。
びっくりして笑っちゃったんですが、海苔を巻き直して一緒に食べると「美味しい」と言ってくれました。
初めて食べるおむすびで日本の文化と美味しさをわかってもらって嬉しかったです。」

番組でロンドンに取材に行った時も、同じようなエピソードがあり、ナイフとフォークで食べようとされました^^;

私たち日本人が当たり前だと思ってる食べ方が、海外の人にはオドロキの体験。
これひとつで、日本の文化を知ってもらえるおむすびは、やっぱり究極の和食ですね!


最後は、こんなメールです。

「おむすびが食べたくなるのは、海外にいるときです。
留学していた時はわざわざ作っていたし、海外旅行の時は帰ってきたらおむすびを買います。
日本にいると、そのありがたみがわからないものなんですね。おむすび万歳!」

日本を離れてみて改めて感じる「日本人のおむすび愛」。
こういう経験をしたことのある人、多いのではないでしょうか?

やっぱりおむすびは、一番日本を感じさせてくれる食べものですね。


  • mixiでシェアする
全農Apron
JAタウン

おむすび便り募集

応募する

JFN各局の放送日時

各局放送時間