2013/6/30
6月2日に放送では編集者さんについての話で盛り上がり、ワンマントークショーになってしまったのですが、たくさんの反響をいただきました。
「私は蛤なんです。焼き蛤でパカッと開いてしまう。焚き付けられるとすぐに開いてしまうんです(笑)」
という江原さん。
大変ご好評いただいたワンマントークショーを、今日もお届けしました。



今夜お届けしたナンバー

◇Where are we now? / デビット・ボウイ
◇太陽が燃えている / THE YELLOW MONKEY

江原さん

「今日、びっくりした事があった。THE YELLOW MONKEYのベストアルバムに特典映像が付くそうで、その中に1994年に私がカウンセリングをした内容を収録させて欲しいとの依頼があった。20年前に『GEE』という生放送のTV番組があって、初めて人前でカウンセリングをした。スピリチュアルカウンセラー、略して『スピカンのコーナー』。今にして思えば、相当ミュージシャンをみている。かっこいいアーティストたちが、素直に聞いたり、涙流したりという別の顔がみえるという事で大変好評になり、それまでは別にMC二人がいたのに、他の人がいると集中が出来なくなるという理由で、別室でコーナーをひとりで仕切ってくださいという事になった。素人の私が、生放送。そこで回し上手になってしまいました(笑)。カンペで素人に“あと3分です”“そろそろまとめを”など出され、毎週木曜日の放送だったが、前の日当たりから胃が痛くなった。吉井さんは、その番組の内容が大変インパクトがあったという事で、自伝にも書いてくださっているようです。20年前の映像なので心配なのですが、嬉しいですね」




●江原さんに聞きたい事のコーナー―――

「6月の終わりの神社での大祓いは好きな神社ではなく、やはり産土の神様にした方がよいですか」というメールをいただきました。

江原さん


「産土さんでなさったら良いと思いますが、産土というのは生まれた土地で、離れている方が多いですから、そうすると自分が住んでいる土地の氏神様、またはお好きな神社でも結構です。なぜかというと6月に行われる大祓いというのは夏越の大祓い。年末というのは、歳を越すための大祓い。要するに日本というのは夏を越える為に、ひとつ夏までの穢れを落としましょうという事ですから、穢れを落とす事が目的。それだけでなく、ちょうどこの季節、今までの半年の汚れを落とされたらいかがでしょうか」



●6月生まれの方 誕生日おめでとう!! ―――

6月は、輝かしい夏に備えて潤いを蓄える季節。幸せの糧を蓄えましょう。
6月生まれの方には、それが出来るはず。


たくさんのメールいただきました!すべての方の名前をご紹介できずに申し訳ありません。

◇ “おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
お誕生日の方に“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。

7月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
7月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなどひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


●Dr.Recella城嶋さんへのお便りの募集を始めました!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

◇リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。


●江原啓之 今夜の格言


「人生は視点を変えれば、喜劇ばかりです」
  
「どのような悲しみも怒りもすべて笑いに変えましょう」


番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 7月お誕生日の方
◇ De.Recella城嶋さんへの質問コーナー

メッセージの応募はこちらから

メッセージの応募はこちらから
 





2013/6/23
番組には女性からのたくさんのご相談が届いています。
「一生は二度とやり直せない。旅の恥はかき捨てではないが、自分自身を大いに開いて磨かれていくべきだと思います」と言う江原さん。
今日は『迷える女性たちの為の恋愛相談特集』をお送りしました。



今夜お届けしたナンバー

◇Natural Woman / キャロル・キング
◇ルリカケスのうた / 江原啓之

「今、私は恋愛という壁に当たっています。約2年付き合っている彼氏がいます。楽しい思い出が多いのですが、何度も衝突もありました。彼は普段写真など撮らない人なのですが、彼のPCには高校時代や大学時代の女の子の写真が何枚もあります。今回はさすがにいやらしい写真が含まれていたのでショックな気持ちになったと同時に起こりました。また、付き合っている関係なのに時々彼は、他の人を好きになります。私の存在が彼の気持ちを押し殺すほど束縛しているのかもと感じ、別れようと思いました。しかし、今まで彼が私を助けてくれた事を考えると、もっと彼にしてあげたい事が込み上げてきます。彼と一緒にいたい理由は、私が持っていない長所を持っている事です。その優しさを私も与えられる人間になりたいと思って付き合いました。人には欠点が誰しもありますが、どこまでの範囲で許したり、怒ったりして接したらいいのかわかりません」というメールをいただきました。

江原さん

「要は自分の思うような彼でいてくれないという事ですね。自分の思うような彼じゃないから別れよう。でも良い所や尊敬できる所があったり、優しくもしてくれた。だからまた与えてあげたい。彼女はしてくれた分だけ返したい人なんですね。ギブアンドテイク。これは私がよく言うところの物質的価値観。レッスン1として、あなたの正直な気持ちを知りなさい。好きなのか、好きでないのか。好きだったら仕方がない。レッスン2は、愛というものは無償。あなたにその人がどれだけしてくれたかではない。何もしてくれなくても、どれだけ彼を愛し、サポートしたいのか。それを知る事。ここまできてマイナスマイナスと答えが出たら、即刻別れる。それはただの遊びに過ぎない。ここまでプラスプラスと出たならば、あとは相手ではない。自分の問題。レッスン3は、その1、2を越えたら、信じられるかどうか。恋愛ではなく、子育てで私はよく言うのですが、自分を込めて生きていたら、その人の中に自分が宿る。密に接していたら、その中に自分が宿っているんだから、自分の気持ちが分かっているはず。その人自身の事も理解しているんだから、信頼するという事は、自分を信頼する事。信頼出来るかどうかが分からない、信じられないという事は、その付き合いにどれだけ込めていないか。という事は、恋愛じゃなかったという事になる。このレッスン3の部分までをよく考えて“自律”する。なぜ、相手の状況に合わせて、自分の幸福を決めるのか。相手の顔色を見るのではなく、あなかた好きかどうか。もっと向き合ってドーンとボロボロになるまで愛してみたら。頑張ってね」


「私はいい歳をして、片想いはありますが、恋愛も告白もした事がありません。恥ずかしい話ですが、俗に言う“好き避け”をしてしまいます。職場なので失敗も出来ないし、興味があって普通に話がしたいのに、ものすごく意識して避けています。気持ちを隠すどころか、周りからも本人からも若干引かれています。いつもこう言っておけば良かったの繰り返しで、思い切って飛び込んで楽しめばいいのに、なんて馬鹿なんだろうと悪循環で治したいです。性格でしょうか」というメールをいただきました。

江原さん

「好きになったり、失恋したり。悲しんだり、悩んだり。それが楽しいんじゃない。恋愛って。ある程度歳を越してしまうと、そんな刺激良かったなと思う。人生にはスパイスが大事。人生にスパイスがないと本当の意味で老いてしまいますよ。年齢は重ねても、心は若くいきましょう!」


「最近失恋しました。半年程付き合っていた彼がいたのですが、やはり元カノが良いと言われて別れてしまいました。元カノと会う機会があったようで、昔の気持ちが甦ってしまったようでした。元カレは、私と付き合う前に、その元カノに振られたようで、私と付き合っても、未だに未練を浄化出来ていなかったようです。最初は驚きを隠せなかったのですが、しばらく日が経ち、冷静に過去への理解をするうちに、自分に悪い所がたくさんあったと反省し、元カレには次の彼女を幸せにしてあげてと伝え和解して別れました。後悔はしていなく、本当に色々な経験が出来たので、大変人生の勉強になったと思います。この経験を生かして、次回はもっと良い恋愛が出来るように、素敵な人と出会えるように自分を磨きたいと思います」というメールをいただきました。

江原さん

「みなさん、分かっているかな。恋愛と結婚は違うんです。結婚相手を探しているのかな。恋愛がしたいのかな。あなたは、私の読者さんに多いタイプ。妙にお利口さんなんです。“大変人生の勉強になったと思います”というのも、結婚・離婚なら分かるが、恋愛というのは未熟な方が魅力的。磨かれていない状況の中からぶつかり合って丸くなっていく。恋愛は感性の学び。結婚というのは積み重ねていく学び。全く違うもの。折角感性を学ぶのに、みんな受け入れ上手なんですね。私があなたの立場で、元カノが良いと言われたら「うん。お行きなさい。後で後悔するから」と言う(笑)。そう言うくらいの気迫がないと。そうするともったいない事したなと思うんです。でも結婚はそう人は失敗する。結婚は人格が大事。だから、恋愛と結婚をよく分けて、恋愛するんだったらガッツリ恋愛して、結婚するんだったら受け入れて、しっかり勉強してください」


「霊能者に人を好きになってはいけないと言われました。一体どういう事なのでしょうか。確かに好きになるとだいたい嫌われます」というメールをいただきました。


江原さん

「なんでそんな事(笑)。それは嫌われますよ。こんな事気にするんだもん。人を好きになってはいけないなんて、どうやって生きていくのか。一体どういう事なのか、本人に聞いてください。もう行くな。そんな所。バーンと恋愛してスパイス!人生スパイス!!スパイスガールズになってください!!」




●Dr.Recella城嶋さんへのお便りの募集を始めました!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

◇リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。

◇6月・7月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
6月・7月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


●江原啓之 今夜の格言


「自律していること。それが幸せの鍵です」
  
「泣かない女の道を生き抜きましょう」


  
番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 6月・7月お誕生日の方
◇ De.Recella城嶋さんへの質問コーナー

メッセージの応募はこちらから
 






2013/6/23
今日は父の日。
リスナーのみなさんも、お父さんに感謝したり、プレゼントをしたりしたのでしょうか。
「どうも父の日は、母の日よりないがしろにされている気がしますが、生んでくれたり、痛みの重さが違うから仕方がない。お父さんも外で働いているけれど、どちらかというとお父さんの方が、自由に生きているかなという感じがある。でも、毎日が父の日だと思う。なぜかというと、人を見ていると、家庭・家族に愛されている人は、お父さんはとても輝いて生きている。お母さんには“ありがとう”と言いやすいけれど、お父さんには言いにくい。お父さんってみじめですよね。私の子どもが幼稚園の時、父に日にくれた似顔絵と“ありがとう”と書かれたペン立てを今も大事に机の上にあるんです。憎々しい時にそれを見て、なんて可愛かったんだろうと思うんですが、それでも愛されているんだなと思う」という江原さん。
今日は、働くお父さんについて番組をお届けしました。



今夜お届けしたナンバー

◇Dance With My Father / ルーサー・ヴァンドロス
◇やからみち / 江原啓之

「夫は約20年勤めた会社を退職するか悩み中です。パソコン・経理・人前で話すのが苦手で、それらは仕事上必須です。その上、上司が退職し、責任者になり、目に見えて疲弊・疲労しています。このままいくと体調を崩すと思います。誠実で優しい人ですが、繊細で、聞き流す事が出来ず、苦しくなる一方です。精一杯やってダメなら、退職したらいいとも話をしています。何でもいいのでご助言いただけると幸いです」というメールをいただきました。

江原さん


「ご主人を想う愛がここに凄く感じられます。ご主人も繊細だったり、色々あると思いますが、これだけ理解のある奥様がいらっしゃるわけだから、本当に自由にされたらいいと思う。ただ、もう全てやるだけやった、次に目標が出来たという卒業ならいい。でも、疲れているからという理由では、ちょっと中途半端。私は、個人の人生のドライブの運転の仕方に問題もあると思う。私のスタッフにも、長く仕事をしている事は、私はサービスだと思っていない。私はやるべき事をやって終業時間に帰って、自分のプライベートな時間を大事にして欲しいと言っている。そういうのと同じで、ご主人も生真面目なんだと思うが、やはりもう少し切り替え上手でないと、どこに行っても同じになってしまう。自分の在り方も悪い。そこを改善してからでないと、卒業とはいえない。ご主人も、まずご自分を変えられるところから。こんなに恵まれた良い夫婦。もっと生き方上手になって、それからではないでしょうか。仕事は食べる為。生きる為に仕事をするのか、仕事の為に生きるのか。日本人は仕事の為に生きてしまう。生きる為に仕事をしなければいけない。それは怠ける事ではない。働くけど、自分の人生も楽しむ。これが絶対に大事なんです」



「主人の事なのですが、毎日のように世間や政治家等に対しての不平不満を話します。確かに理不尽な事が多かったり、真面目に頑張っているから報われる世の中では決してありませんが、不平不満ばかり言っても何も変わらないと思うのです。朝からの時は流石に気分も落ち込み、やる気をなくしてしまいます」というメールをいただきました。

江原さん


「これはオジサンの典型ですよね。毎日お父さんたちも耐えて生きているんだと思うんです。それを発散させてあげましょう。確かに朝からだとめげるかもしれないけれど、聞き流してあげる優しさも大事。世のお父さんたちって、まずは朝の通勤ラッシュの電車から始まり、色んなところから理不尽な事にあう。たくさん耐えることがあって、我慢を吐き出している。もちろん賢い方たちは違います。賢い方はどう発散して乗り越えていくのかというと『おと語り』を毎週聴いているんです(笑)。ご主人と共に番組を聴いてください。そうすれば変わりますよ。特にネガティブ特集にどんどん送ってください。私が全部聞いて賜ります(笑)」




●突電のコーナー ――――
突電!いしわたりけいこさん
「夫婦・親子の間柄でも、お互い注意を払えなくなると、だんだん後戻り出来ない空気が漂ってきます。私も時折、言ってはいけない一言を言ってしまう可能性のある人間として、我が身を振り返ります。給料が安く、貧しく、苦しい。でも心まで貧しくなると、二重の苦しみを招く。一方、自分がうまくいっていて、幸せに取り巻かれていると、他に関心を向ける必要さえ感じなくなってしまう人もいる。私は、私よりも少なく持っている人から、手を差し出してもらった時に“心の豊かさ”を感じた事があります。しかし、同じように少なく持っている人から、下心だけを感じる事もあります。もちろん、私の感じ方が正しいとは言い切れませんが、誰かの本当の豊かさを感じた時には、そうありたいと本心から思えます。そう思えるだけでも、貧しさばかりでない自分が見えて、ちょっとは安心します。本当の豊かさを手に入れないと、人も信用できないし、ゆとりを楽しめる人間にもなれませんから、必需品ですよね。電話番号は妻のものです」と、旦那さんのいしわたりひろおさんからメールをいただきましたが、留守番電話につながったので、メッセージを残させていただきました。

江原さん


「いしわたりひろお様より賜りまして、電話をして欲しいとの事でございましたので、電話をかけさせていただきました。またご縁がございましたならば是非お話させていただきとうございます。それでは、どうも御免下さいませ!皆様によろしくどうぞ」




●Dr.Recella城嶋さんへのお便りの募集を始めました!
 新入学や就職シーズンにスキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

◇リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。

◇6月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
6月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


●江原啓之 今夜の格言


「想像力はやさしさと和合を生みます」
  
「想像力があればつねに感謝を抱けます」

  
番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 6月お誕生日の方
◇ De.Recella城嶋さんへの質問コーナー

メッセージの応募はこちらから

メッセージの応募はこちらから
 

2013/6/9
今日は、先週お届けする事が出来なかったネガティブ特集をお届けしました。



今夜お届けしたナンバー

◇All Things Must Pass / ジョージ・ハリスン
◇誰かのために / 江原啓之

「結婚しても親に生活費や弟の学費として、毎年百数十万円のお金を渡しているのですが、好き放題に使い尽くされ、すぐに上乗せを要求されます。子どもを預け、仕送りの為に働いているのに、親からは感謝の言葉どころか、希望する家柄の相手と結婚しなかった事だけを会う度に罵られます。最近は自分でも夫が嫌になり、後悔するようになりました。ずっと暗い気持ちに覆われていて、二人の幼い子どもがいるのに料理を用意出来ず、家事もしなければいけないのに体が動きません。先日も、言う事を聞いてくれない子どもたちに苛立って、叩いてしまいました。こんな私ですが、どうしたら明るく爽やかな気持ちで、生きる喜びを感じ、笑顔で暮らす事が出来るようになるのでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん

「自分が悪い。共依存。家族愛も強いのでしょうが、これ以上出来ないという事をちゃんと言わないと。どうしてこういう事になるのかというと“良い子”と言われたいから。幼少からのトラウマもあるかもしれない。弟に期待して、弟を皆で囲んで生きてきたように思う。弟に良き事をすると褒められる。でも今は結婚もして、自分自身の子どももいる。私が気に入らないのは“最近は自分でも夫が嫌になり”という事。こんな理解ある旦那さんはいない。自分の実家にお金を送るのに、働いてどうぞと言ってくれる人がいますか?普通は夫婦で働いているんだったら、自分の子の為に使えよ、学資保険でもすればいいのに、なんで実家の事ばかりなんだよと言いませんか。言われてもおかしくない。結局はあなたも恩知らず。感謝がない。だからあなたも感謝がない事をされる。波長の法則。類は友を呼ぶ。自分がやった事が返ってくる。鏡で、学んでいる訳です。ずっと暗い気持ちに覆われているのはあなたの問題であって、子どもはいい迷惑。子育ては大変なもので当たり前。甘えるな!あたって叩くというのは感情。叱るは理性。叱る事は大事で愛情。あなたは、夫にも子どもにも甘えて“いい子”になりたい。大人になりなさい。ネガティブっている場合ではありませんよ」



「私の悩みは、他人からバカにされたり利用されたりする事が多い事です。最近、現在従事しているアルバイトの職場内で、私の顔を見て爆笑する人がいて“どうして笑うんですか?”と聞いても“いや別に〜。なんか面白〜い”としか答えてくれず、悩んでいました。もうその方は退職されましたが、その人に限らず、私は学生の頃から結構な確率でバカにされたり、大事な存在として認めてもらえなかったりという経験を嫌という程してきました。現在アルバイトから正社員へと転職活動中なのですが、またいじめや嘲笑にあわないか不安になっています。気の弱い私のような人間が苛められないように、バカにされないように生きていく為に、アドバイスいただけないでしょうか」というメールをいただきました。

江原さん

「まず暗い。ネガティブ。鈍感力が必要。気にし過ぎ。そんな事言ったら、芸人さんは笑ってもらってなんぼ。逆にスベったらそれ程辛いものはない。笑ってもらって良かったじゃない。“なんか面白い”と言われたら笑ってアホぶってしまえばいい。なぜそういう事が出来ないのか。それにもうその人は退職している。人間というのは、バカにされるもんかと思うと余計に滑稽に見えるもの。鈍感力で、天然でいる人に関しては、人間というのは言わなくなる。だからあなたは返って引き寄せている。愛の反対は無関心。気にするから言われる。バカにする人はすればいいじゃないかと思えばいい。きっと完璧主義なんでしょうね。鈍感力が必要ですよ」



「将来、講師になりたくて太極拳を習っていますが、どの場所にいても満たされず、いつも影の存在のような感じで軽く見られているようです。太極拳は年配者が多く、一人の人は、私の事をないがしろにして、同じ年代の人に気を遣っています。私も割り切っていましたが、私もその場にいるのが嫌になり離れました。頷いているだけなんて軽く見られていて不愉快です。そんなに私はオーラがないのでしょうか。どこでも下っ端で悲しいです」というメールをいただきました。

江原さん

「オーラは関係ないと思います(笑)。そんな事言ったら、これからの日本、高齢化社会でいつも若い人は下っ端。確かに太極拳は若い方は少ないと思う。上の方になりたければ渋谷あたりの若い人がいるような所に行けば先輩風が吹かせられる。でも、それをしたからってなんなのか。いつも影のようなというのは、要するに壁の花。でも返って気が楽でいいじゃないですか。オーラが無いんじゃなくて、これもひとつのオーラ。下っ端オーラ。それは、みんなを支えますよという良いオーラじゃないですか。頑張って太極拳しましょう。太極拳をやっていたら気が出て、オーラがもっと強くならなければおかしいのに、ちょっと矛盾していますよね」



●あなたが感動した言葉―――

美しい唇であるためには 美しい言葉を使いなさいbyオードリー・ヘップバーン
番組ではみなさんが感銘を受けた言葉を紹介していきます。

「『マイナスの言葉の次を考える』
批判や言い訳など、
 マイナスの言葉を使ってしまったら、
 言いっぱなしにせずに、
その次を考えることが大事です。
 マイナスの言葉を受けとめてくれた人に感謝する。
 そして、プラスの行為で
マイナスの言葉を包み込みましょう。
 進化の方向はプラスですから、
ツキが戻ってきます。
 船井幸雄 蠢グ譱躪膰Φ羹蝓〆嚢盡槎筺|作家
(いしわたりあつしさんが感動した言葉)


●Dr.Recella城嶋さんへのお便りの募集を始めました!
新入学や就職シーズンにスキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

◇リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。

◇6月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
6月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


●江原啓之 今夜の格言

「人生は有限です。もったいない時間を過ごしていませんか?」
  
「もっとあなた自身を正しく愛してください」

  
番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 6月お誕生日の方
◇ De.Recella城嶋さんへの質問コーナー


メッセージの応募はこちらから
 





2013/6/2
関東地方も梅雨入りしましたね。
今日は『お金はこうして引き寄せる』という書籍の監訳をしたという江原さん。
編集者の方とのエピソードを話してくれました。


今夜お届けしたナンバー

◇Rainy Days And Mondays / カーペンターズ

江原さん

「みなさんはよく誤解をされる事が多いので申し上げておきますが、最近お金の本を出して、お金が儲かっているからそんな本を書くんでしょうと凄く冷やかされるのですが、実は私が書いた本ではなくて、監訳なんです。監訳とは、翻訳されたものを専門的な内容を監修して、直していくという作業。作者はイギリスのカレッジ・オブ・サイキック・スタディという学校を出ている人で、私もそういう事をよく知っているので、用語やどう訳したらよいのかなどお手伝いをさせていただきました。この仕事を受けるまでに時間がかかりました。実は書籍においては、多くの方に読んでいただいて、私は一応ベストセラー作家なんです(笑)。そうするとお付き合いが深くなる出版社は決まってしまい、新しい出版社が入ってくる事が難しい。本を書いてくれませんかという依頼も年間結構くる。お付き合いが長かったところは、お約束が何年先までありますというと、解っている分諦めてしまう。そして私はどの出版社でも必ず断ると決めているのは、丸投げ。なんでもいいから書いてくださいと言うのは一見聞こえはいいが、要は企画力がない。ノープランな所に限って、想像力がないから、原稿が出来てもきちんとした装丁や、書店でどういう展開をするか等のプロデュースが出来ない。しかしその割に、人から決められるのは嫌。天邪鬼なんです(笑)。親しくしてくださっている編集者さんたちは、次にはきっとうちに合ったものを江原さんは持ってきてくれるのではないかとみんな待っている。公演にも来て、楽屋にも来て、素晴らしかった!と言いながらも、で?という感じで言葉はないが目を見る。偉そうな事を言っていますが、有難い事です。みなさんに求められるうちが華ですから。しかし、お金の本を私も書きたかったのですが、日本はお金の事を言うとえげつないとすぐに批判される。嫌だなと思っていたところにその方が来た。読んでみないと分かりませんよと言いながら読んだら、やはり“生き方”について。もちろん私が書いたのではないので100%ではないが8割以上は共感出来た。どうして引き受けたのかというと、共感できた事がひとつ。もうひとつ決定的だったのは、私は丸投げは嫌、チャラチャラとした編集者さんもパス、あとは凄く読者でファンなんですという編集者さんも一般の目が無くなってしまうからパスという私ですが、今回の編集者さんはスーツを着て、ネクタイをしめて、編集者さんの中でもちょっと見かけないような真面目な方。そして、ある程度の年齢でそれなりの立場の方。「こんな事を申し上げるのは甚だ筋違いとは存じておりますが、是非これは江原先生に監訳をして頂けないかと・・・。厚かましいのは承知の上で」と言われ、気の毒になってしまった。翻訳するのは本当に大変。翻訳や版権にお金がかかり、先方からの指示や注文でがんじがらめになる。その編集者の方の最後の決め文句は「この本がもう最後で、しばらくは翻訳はなくなると思います。円高で、版権を買うのもお金がかかってしまって。本の単価も安くしたいのに高いんです。些少ですが、江原さんには印税と言うよりもこれしか払えないんです」という言葉。いいです!どうぞ!と内容もいいし、助けちゃった。そしたらアベノミクス効果もあり、今の時代に乗り、凄く売れちゃった。もっと印税をとるようにしておけば良かった。私が一番引き寄せなかった(笑)。その人の勝利は真面目にやってきた事。正直者なんです。無欲の勝利。みなさんも自分は暗く見えるという人がいても、実直・誠実が見えればいいという事だと思います」



今日はネガティブ特集をお届けする予定でしたが「編集者さんというのは面白い人がたくさんいて話が尽きない」という江原さんはその他、『神紀行』や『予言』の編集者の方々などのエピソードをお話し、時間の都合上お届けする事ができませんでした(笑)。
来週ネガティブ特集をお届けします!お楽しみに。


●新コーナーへのお便りお待ちしています!
◇多くの反響をいただいている『ネガティブ特集!』
◇リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』
自分に電話が来てもいいと思われる方は、メールに言葉と共に電話番号も添えてください。「江原です」と突然電話がいくかもしれません。
※電話番号を書き忘れている方が多くいらっしゃいました
ご応募の際は電話番号を必ず明記してください
※こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。

●Dr.Recella城嶋さんへのお便りの募集を始めました!
 
新入学や就職シーズンにスキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。

◇6月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
6月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

●江原啓之 今夜の格言

「明るい未来を築く念力を持っていますか?」
  
「あなたの想いは未来を作るのです」

  
番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 6月お誕生日の方
◇ De.Recella城嶋さんへの質問コーナー


メッセージの応募はこちらから