2015/1/25
2015年の1月ももう終わり、早いですね。今年に入ってからも食品に異物が混入していた問題や国際的なテロの不安などあまりいいニュースは聞きません。今夜は、今年に入っても勢いの止まらないネガティブメール特集です。



今夜お届けしたナンバー
◇You're No Good / リンダ・ロンシュタット
◇ひらひらり / 江原啓之


「新年そうそうに心荒立つ事がございましたので、ご報告させてくださいませ。松ノ内の明けないうちに、10年以上前に別れた夫から、突然の電話がありました。いまさら何の用かと聞いてみると『今年、息子の成人式だろ? お祝いあげたいから』とのこと。息子はとうに21歳で、成人式は去年のことでした。まあ思い出しただけマシかと思い『どうもありがとう。でも私達、県外に引っ越ししてるから』と告げると、いきなり『どこに?』と、語気荒く聞かれまました。私も心の導火線が短い気質、低い声で『報告する義務があるのかしら?』と、冷たく一言。帰って息子に報告すると『ああ、あの人ならしょうがないんじゃない?』と、冷静に笑っていました。息子に『連絡するの? 一応、血の繋がった父親だから止めないよ』と聞くと『あんまりかかわりたくないからいいや』と、これまたクール。大人になったんだな……と、感心致しました。夜、仕事から帰ってきた今の主人に報告すると『ふざけてる!』大激怒(笑)。息子に『夫婦揃って導火線が短い』と、たしなめられた1年の始めでした。ちなみに元夫の電話番号は『ラ・フランス(用無し)』の、フォルダに入っておりました(笑)」(オトン大好きさん)

江原さん
「これワタシ的な発想かな(笑)。ときどきね、ラ・フランス送って来る方がいて、私、用無しなのかな……って思うときがある(笑)。ありがたいことなのに素直に受け止められず(笑)。息子さんクールでいいですね。うちの息子だったらね『もらえる金だけはもらわないと』って思うね」



「私は今、学生で学費と留学費を稼ぐためにアルバイトをしているのですが、今しているバイトも続けながら水商売を初めようと思っているのですが、今まで両親にはたくさん迷惑をかけてきてもう心配はかけたくないという反面、学費を稼がないと……という思いの狭間で葛藤しています。何かアドバイスを頂けたら幸いです。よろしくお願いいたします」(ニューヨークさん)

江原さん
「ひとつハッキリさせなきゃいけないのは、両親に心配かけたくないってことは、水商売に対してちょっと否定的な発想がある。だったらやめたほうがいい。商売に貴賎はないでしょ。一生懸命働いている方も居るんだから。逆に言うと、そういう気持ちがない人って、行っても厳しい世界だから負けちゃいますよ。昔ね、個人カウンセリングしていたとき銀座のママがいらっしゃってバッチシ最初に言われましたよ。『先生、こういう仕事してるから男好きだと思いますか? 違いますよ、男が好きじゃないからできるんですよ、でなかったら金取れますか? 商売になりますか?』。いやぁ、学ばせて頂いた!と思いましたよ。長くしっかり続けている人は、ビジネスとしてきちんとやってる。すごい勉強するんですってね、新聞を各紙読んで、どんな人でも対応できるように。なめちゃいけないと思いますよ」



「私の誕生日は1月8日です。二十歳を越えた頃、職場の方に誕生日を聞かれ教えたところ、いちかばちか、といわれみんなで笑ってしまいました。お友達に話すときもいちかばちかと付け加えると忘れられないと、インパクトありありです。誕生日もやはり人生に関連してますか?」(おせっかちさん)

江原さん
「いや、関係ないでしょう。だって日本だけのことだもん、いちかばちかなんて。でもおもしろいです、その発想は。素晴らしいことです」



「笑い袋をぜひ作ってください! 僕は江原さんの笑い袋をひとつ持っていますが、とってもありがたいものです。僕の代わりに江原さんが暗い気持ちを笑い飛ばしてくれるのです。笑い声を聴いているうちに、僕も自然と笑顔になっています。なので、たびたびご協力していただいております。感謝、感謝です。番組で作られるなら、城嶋さんやヨシダさんの笑い声も入っている、おと語り仕様がいいです。袋は、ここはひとつ、ナウいデザインでお願いします」(小鳥書房さん)

江原さん
「『ナウい』が古いもん! 笑い袋欲しいっていう人がいっぱい来てます、闇夜の鳥さんとか、ゆきりんごさん……。あら欲しいの〜? じゃあ作る〜? 城嶋さんと話しているとツボに入りますからね。なかなかおもしろいお話がね(笑)」




●1月生まれのみなさん、誕生日おめでとうございます。
1月生まれの方は、鋭い洞察力があること。その眼力が他者も自分も救います。

※たくさんのメールいただきました! すべての方の名前をご紹介できずに申し訳ありません。

●2月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
2月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


◇Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。
◇ リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。


●江原啓之 今夜の格言

「どんなに立派に見える人でも、人は可愛いものです」
「大切なのは、気づいて立ち上がることです」



番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 1月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー


メッセージの応募はこちらから





2015/1/18
今日はセンター試験だったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。「センター試験より共通一次のほうがなじみがある」という江原さんから受験生のみなさまにエールをお送りつつ、「前回の放送は紀尾井ホールの模様をお送りしましたが、多くの反響を頂きました。そして、新年なぜかエンジェルさん情報がたくさん届いてます。そこで今夜はエンジェルさん特集です」。



今夜お届けしたナンバー
◇You Are So Beautiful / ジョー・コッカー
◇天使のリュート / 江原啓之


●紀尾井ホールの感想


「おと語りスペシャルではいしわたりファミリーに便乗し、楽屋を訪問させて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。半年前、色々と経験を積もうと、月に5回の夜勤を含む仕事に就きました。ひとり夜勤でしたので、番組放送日には、当日分の仕事を10時までにすべて終え、夕食を食べながら番組を聴くのを楽しみにしていました。しかし、若い頃から慣れているならまだしも、51歳で夜勤デビューは無理があったようで、体調を崩しドクターストップがかかりました。勤務先からは、夜勤ができない人は……となり、6ヵ月の勤務で退職となり、前向きになれない日々を送っていました。そんななか、おと語りスペシャルでは、素敵な歌や朗読、目の前での番組体験など、楽しませて頂いたうえ、楽屋訪問では吉田さんをはじめ温かいスタッフのみなさまのご対応に、「こんな、どうしようもない自分だけれど、人生って、悪くない!」と思えました。素晴らしいクリスマスプレゼントをありがとうございました。幸い、2月からの仕事が決まりました。また、頑張ろうと思います」(グレートノーザンさん)


「いま、『おと語りスペシャル』に行ってきました。いやぁーすばらしかったです。ピアノ、フルート、歌のコラボレーション。美しかったです。江原さんの歌から『ネガティブなことを考えないで、勇気を持って生きて行きましょう』と、感じ取りました。江原さんの歌いながらの表現力は、すごいですね。この日までの試練も大変でしたでしょうに、そのぶん、歌う喜びに満ちているようでした。そして、今日驚いたこと! 吉田さん、いい男!! 毎回、遠慮がちに江原さんとおしゃべりをしている吉田さん。声や話し方からして、きっと腰の低い、40代から50代の方なのだ。そしてすごく小柄で、薄い髪をベッカム風に立てたりして、メタルのフレームで業界の人っぽく口ひげなんか生やしていそうな父さんタイプを勝手に想像しておりました。なんと素敵な方ではないか! 生の吉田さんをじっと見てしまいました。声だけで勝手にここまで想像する自分もすごくおかしいですね。これからもおと語り楽しみに、より親近感を感じながら拝聴してます」(まーまるさん)


●エンジェルさん目撃情報


「おばあちゃんの家で一緒に暮らしてから、15年近く経つのですが……前々から、家の中で不思議な物音をたくさん耳にします。最初は、『家が新しいので、木がしなっている』と、聞かされました。しかし、いまもなお続くので、不思議に思えてきたんです。ときには、金のハンガーがカランカランと落ちたような音や、上から電気でも落ちてきたかのような物音がしたので、恐る恐る見に行っても、まったく異常なし。ラップ音を聞いてしまいました……。なんとなく、誰かに見られているような気配や、『パキッ、カタッ』など、ほぼ毎日聞いているような気がします。これが、ただ私の妄想だけなら良いのですが、やはり、エンジェルさんなのでしょうか?」(ごまさん)


江原さん
「15年一緒ならもうこれが普通。15年経っていまごろこんな気になるって、いままで忙しかったのが、急にヒマになったんでしょ。エンジェルさんなんです。ここまで経ったら逆に音がないほうが怖いですよ。無音ってないんですよ、水道管の音とか空調の音とか外の音とかあるでしょ。まったく無音って怖いですよ。そう思ったら幸せ!」




「先日とても解決できない不思議な出来事が起こりました。3年前になくした鍵3つの内の1つだけがなぜか机の上に置いていた新聞や広告の間から出てきました。鍵はキーホルダーに3つついていたのに、1つだけが取れて出てくるなんてことはあるのでしょうか? とくに家の中を荒らされているとか言ったことはなかったので誰かが入ったとも考えにくいです。なくなったものがなくしたときのまま出てくるならわかるのですが、ほかの鍵やキーホルダーはどこにいったのかすごく謎です。江原さん何かアドバイスください」(ぷーさん)


江原さん
「これはエンジェルさんの仕業です。これはポルターガイストのなかのひとつ、アスポーツっていうんですがね。物が消える現象です。エンジェルさんが自分が居るよ、自分が居るよということを知らせたい、ただそれだけの現象のような気がします。あとの2つを返してって言ってみてください。それが返ってきたらきたらぜひお便りください」



「9月に新しい家に引越したのですが、単身赴任中の夫が週末帰ってくるのですが、そのたびに玄関の鍵を開けているのですが、なぜか自動的に閉まるのです。7回も繰り返し開けているのですが、自動的に閉まるので怖くなってしまいます。毎週です。これは、エンジェルさんのいたずらでしょうか?」(観葉植物さん)


江原さん
「観葉植物さん、オートロックだってことをご存知なかったんじゃないですか?(笑) 夫のときだけ? じゃあ無意識に、帰ってきてほしくないっていう深層心理がパチって閉めてるとか(笑)。それか、ご主人が単身赴任中に鍵をちゃんと閉めるという習慣ができたとか。これは私はね、故意な感じがする。エンジェルさんじゃない。そこを調査してまた再びお便りください」




「数年前散歩中に等身大の妖精を見ました! 帽子、シャツ、短パン、靴下&靴と全身白ずくめに黒のサングラスを掛けたジョギング姿の西洋人のおじ様でした。そのとき私はジョギングに疲れ、もうずっと歩いちゃえっ、と怠け心でいましたがそのおじ様がカーブの向こうからこちらに向かって走ってきていたのでその姿を見て、あの人も頑張ってるから私もはーしろ、っと再度ジョギングを始めました。あの距離だと数十秒後にはすれ違う予定でしたが一向におじ様の姿が見えません。そのうちさっき彼を見かけた場所を通り過ぎるとなんと、そこにはめずらしい白の消火栓がありました。通常妖精は小さいと聞いてますが、あのおじ様は私を励ます為に現れた消火栓の妖精だ!と信じています。でもその話をするとみんなに笑われます……。江原さん、私の勘違いでしょうか?」(夜更かしさん)


江原さん
「ジョギングで疲れると酸欠になるんですよ。脳に酸素が欠乏するんですね。そうするとね、白い消火栓がね、西洋人のおじさまになるときがあるんですよ(笑)。幻覚というか、白い消火栓がね、西洋人のおじさまに自分のなかで変換されるときがあるんですよ」



「私が中学生のときの話なのですが夜歩いてると空から聞いたことがないような声がギャーという声に近い声を発しながら飛んでいるものが。人の体に羽が生えていて色は白。最初は白鳥と思ったのですが目をこらしてみても人に羽が生えたようにしか見えません。それを学校で話したら笑われたのですがその1ヵ月後笑っていた友達と帰っているときにあの独特の鳴き声が聞こえてきて空を見ると、いたーー。前より真近に見えやっぱり人の体に羽が。色は白です。笑っていた友達は、本当だったと信じてくれましたが後にも先にもそれ以来一度も見ていません。あれはなんだったのでしょうか? 前の放送で天狗の話をされていましたが私が見たのも天狗さんですね? また、ここ何年かは、部屋で小さな影もみます。視界には入るので見るとささっと隠れます。これもなんでしょうか? 教えて頂けるとうれしいです」(そのミンさん)


江原さん
「天狗さんです。これは天狗さんです。見る人って何回も見る。子供のときに見る人は大人になっても見たりします。逆に大人になるまで見てない人はあまり見る率がないですね」



●1月・2月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
1月・2月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


◇Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。
◇ リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。


●江原啓之 今夜の格言

「目に見えないものへの敬いこそこの世で一番大切です」
「この世だけの秤で考えないことは、大きな癒しなのです」


番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 1月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー

メッセージの応募はこちらから





2015/1/11
200回めの放送となる今回は、2014年12月25日、紀尾井ホールで開催したコンサート『「おと語りスペシャル2014」〜未来へのことたま〜』のステージ上で「おと語り」を再現して収録しました。会場でみなさまに書いて頂いた生投稿と合わせてご紹介します。




今夜お届けしたナンバー
◇自分自身から解放されますように / 江原啓之
◇光の輪舞曲 / 江原啓之


「9月に取引していたお店から、今月いっぱいでと取引がなくなり、いまとても金銭的に苦しいです。なのに、この会場に来ています。先生の歌声を聞いてパワーアップして家に帰りたいと思います。負けないぞー」という投稿をいただききました。

江原さん
「金銭的には苦しくても心は豊かになって帰れるじゃないですか。お金だけあっても心が豊かじゃなかったらつまんない人生ですよ」



「この間、夫にもっと強くなりたいと言いましたら、いいよとひとこときっぱり言われ、その代わりに優しくなってと言われました。私としては本当に強くなれたらやさしくできるようになる気がしました。どう思われますか」という投稿をいただきました。


江原さん
「出た、言いわけ。私としては本当に強くなれたらやさしくできるようになる気がします、世の中の奥さんってこういう言いわけするの。こうできないからできないの……みたいな」



「今年の春、単身赴任の夫と9年ぶりに同居することになりました。二人いた息子も独立し、二人だけの生活が30年ぶりに始まりました。自由を奪われ、洗濯させられ、食べてもらいたいと思うことなく食事を作り、なにもかもイヤです。楽しくなることはありますか?」という投稿をいただきました。


江原さん
「ものすごいネガティブですね。なに言ってるんですか、いままでさんざんラクさせてもらってたんだから。旦那さんだってね、帰りたかないかもしれませんよ。戻ることになっちゃって自由がなくなっちゃってね。そうは言っても二人で歩み寄るチャンスを逃してんじゃないですか? なにか夫にも言ってもらいたいんじゃない? ただいまとか、またよろしくな、とか。それ言われればたぶん気持ち変わるんですよ」




「結婚したいと思ってますが相手が見つかりません。つきあってみるとその人はほかに女性がいるとかわかったりして、そういう経験からなかなか次に進めないのです。ひとりで生きるべく生まれてきたのか。もしそうだとしたらなんの学びがあるのでしょうか」という投稿をいただきました。


江原さん
「学び足りない! 責任主体ですから。自分の人生は自分で開くもの。運命は決まってないです。ほかに女が居るような人を選ぶからいけないのよ」


「私は小学3年生です。学校の友達がつまらなくてしょうがありません。だってクラスメイトの男の子にはくそばばあとか言われるし、となりのクラスの女の子はうそつきだし、だから放っておいているのですけど、絡んできてなんかイラッてします。それでもつきあってあげてます。その中の会話でうそが混じっています。どうすればいいですか?」という投稿をいただきました。


江原さん
「うそってわかってんだから、はい、はい、はい、はいって聞けばいいです。右から左。聞かないことなの、まともに。ここでいちいちそれうそだーとか言うと、同じ穴のムジナって言ってね。同じ土俵に乗っかっちゃう。わかってるんだったらむしろ自分はもっと高いとことにいってね、よかったね、よかったねってね。だってここに居る人たちもね、みんなうそつきだよ。おじさんもそうだしね。今日も思っちゃったもん、どうして食べてないのに太るんだろうって(笑)」



●1月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
“おめでとう”の“ことたま”をプレゼントします。
こういう時代だからこそ生きていること、生まれてきたことに感謝したい。
1月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。


◇Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。
◇ リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。


●江原啓之 今夜の格言

「人のふりみて我がふり直せ」
「みなさん笑ってばかり居られませんよ、すべては学びですから」


番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 1月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー


メッセージの応募はこちらから





2015/1/4
明けましておめでとうございます!
「みなさまは、お正月いかがお過ごしですか?私はずっと年末年始働きづめ。今年2015年はどのような年になるか。残念ながら、景気等は冬。心配な出来事が今年も多い。しかし、あまり心配する事はない。今日の格言の“どのような不安も、分析すれば苦ではありません”。経済では、国の政策に期待していたかもしれない。思う様にいかないといっても、私たちはいつも贅沢をし過ぎているから、工夫ができない。値上げ等、様々な事があっても、値上げに振り回されない暮らし方。それを逆手にとって楽しむという様な考えを持てばいい。あとは、火山の噴火や山火事も出てくるかもしれない。日照りになれば水の問題もあるが、大事にする気持ちになる。全ては、導きにあるのだと思います」という江原さん。
今日は、できるだけたくさんのメールにお答えしながら、番組をお届けしました。

今夜お届けしたナンバー
◇Jump Start / ナタリー・コール
◇さくら咲く / 江原啓之



「おみくじの中には、これって本当に大吉?という文字が書かれている物もあります。やはり神様の思う大吉と、僕らの思う大吉は違うという事なのでしょうか。大中小よりも、中身の文章が、神様からのメッセージで大切と思っていますが、江原さんから見て、大中小にはどんな意味があると思われますか?」というメールをいただきました。

江原さん
「“大中小”はゲーム。遊び。大事なのは、中の文章。だから、大吉と書いてありながら、辛辣な事が書いてある事もある。浅草寺のおみくじは、とても厳しい。今でも忘れないが“逆さになった刃物の上に、鳥が下りようとして下りられない様”とあった。怖い。物事が落ち着く事がないという事。厳しい言葉が欲しい方は、浅草寺へ行ってみてくださいね」



「感動した言葉というか、有難いなって今思った言葉は、父が、ご飯を食べているか気にかけてくれていて、実家へ行くと、ご馳走を用意してくれます。“こはんちゃんと食べてるか?”言葉少ない父の台詞。家族との食卓を私も大切にしたいなと思います」というメールをいただきました。

江原さん
「これは、やっぱり全てですよね。家族の一番の温かい言葉だと思う。食べるという事は、温まる事。お腹が満たされれば、心満たされ、明日への活力になる。この番組での私の名言。『生きるという事は、食べる事。食べるという事は、生きる事 by江原啓之』」



「私には困った癖があります。人生の転換期に、自分の物を大量に処分してしまう事です。それまで、宝物の様に大切に思っていた物、高額の物、レア物まで。とにかく身軽になりたいが為に処分して、後になって、どうして捨ててしまったのかという念にかられてしまいます。現在も、これからこの季節に必要になるであろうアイテムを過去に処分してしまって、後悔し、苦しんでいます。こんな私をどうか慰めてください」というメールをいただきました。

江原さん
「いいじゃない。身軽になる。でもあなたの場合、今必要になるアイテムとは、コートまで捨てちゃっているのかな。ひとつずつを大事にして生きていって欲しいなと思います」



●厄払いのコーナー
「息子が7歳の頃突然“お母さんの名前は何?お母さんていう名前なの?”と聞いてきました。今まで知らなかったのか。驚きで少しくらくらしながら漢字で書いて教えました。“ありがとう。先生に見せるね”と言い、授業で手紙か何かを書いていたようでした。後で見せてみらった手紙の名前は『辛子』。確かに辛口の母ですが、ちょっと悲しかった。子育て頑張ります。幸子より」というメールをいただきました。

江原さん
「惜しい(笑)!今年の初笑い!でも最近、夫婦で“お父さん・お母さん”と呼ぶ人が多いから、そういうお家も多いかもしれませんね(笑)」



●エンジェルさん目撃情報
「あるお天気のいい平穏な昼下がりの事。住宅地を車で運転していると、左前方から右に二足歩行で歩いている、くちばしの長い真っ白な鳥がいたので、ブレーキをかけ、渡りきるのを待ちました。初めて見るペンギンのような鳥でした。ペンギンと違うところはしっかり二足歩行で歩き、真っ白で足が長いのです。翌日、近くに住んでいる友達に聞いてみましたが、近所にペンギンを飼っている家もないというのです。木にとまっていたらこんな感じと絵に描いて見せても、面白いだけでした。自然霊という言葉も知らなかった頃の事です。江原さんがエドガー・ケイシーについて語っている本を読み進めていると“チョコボールのキャラクターのキョロちゃんのような○○」の一文。私の記憶が甦りました」というメールをいただきました。

江原さん
「“キョロちゃんの様に見える”というのは、天狗。天狗っているのです。それも烏天狗。天狗は二種類いる。鼻の長い大天狗と、烏天狗。烏天狗は高尾山等に行くと、木の枝にとまっている。そしてキョロちゃんみたいだが、色は黒く、50僂修海蕕梁腓さで、足をブラブラさせている。みなさんも山を登る時に言ったらいい。足が疲れたり、登るのが大変な時“天狗さん、助けてください”と言うと、足が軽くなる。みなさん、おかしいと思うでしょう。しかし、いるのです。高尾山に行くと、烏天狗の像もある。本当にいるのです。私は、あなたが見たのも天狗だと思う。天狗というエンジェルさんです」



◇ 1月お誕生日の方、メールをお待ちしております!!
1月お誕生日の方、番組に対してや、自分のお誕生に関するエピソードなど
ひとことメッセージを添えてお送りください。出来る限りご紹介させていただきます。

◇Dr.Recella城嶋さんへのお便り募集しています!
スキンケアや化粧で気を付けている事や、
失敗談などみなさんの体験談をお待ちしております!
美容法、健康法だけでなく、素朴な疑問でも構いません。
城嶋さんに聞きたい事など、みなさんからのお便りをお待ちしております。
◇ リスナーのみなさんの生の声が聴きたい!『突電コーナー』ご好評いただいておりますが、こちらからかける場合は“非通知”となりますので、あらかじめ“非通知解除”をお願いします。


●江原啓之 今夜の格言

「どのような不安も、分析すれば苦ではありません」
「考え方ひとつで、人生は輝きます」

番組ではあなたからの感想・メッセージを募集しています
◇ あなたが感動した言葉
◇ いま江原さんに聞きたいこと
◇ ネガティブなお便り
◇ 突然の電話コーナー
◇ しょく語り
◇ 厄払いのコーナー
◇ エンジェルさんのコーナー
◇ 1月お誕生日の方
◇ Dr.Recella城嶋さんへの質問コーナー
メッセージの応募はこちらから
→こちらの部分にメールへのリンクをしてください


メッセージの応募はこちらから