三菱UFJニコスpresents 松任谷正隆 DEAR PARTNER
Every Sunday TOKYO FM / FM OSAKA / FM FUKUOKA 21:00-21:55 FM AICHI 20:00-20:55
Personality 松任谷正隆
Assistant 中井美穂 松任谷正隆  中井美穂
三菱UFJニコス
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
TOPPAGE
GUEST FILE 一生つきあえるもの MESSAGE DIRECTOR’S NOTE 松任谷正隆の一言
2013.12.22 石津祥介
 ☆ファッションの成り立ちは...
硬派と軟派の境目は、色気を大切にしてるのが"軟派"自分は色気なんて関係ないと、本当はみんな思ってるんだけど、表向きには出さないで硬派ぶってる人が"硬派"と、私は人間を硬派系と軟派系に分ける事にしているんですよ(笑)。男性も女性も、みんな心の底では軟派なんですよね。ファッションなんて、それがあって成り立ってますから。音楽でも何でも、そうだと思いますよ。アイビーというのは、アメリカの学生が通学に着るような服装で、背広というよりは今でいうカジュアルなんですよ。僕が中学の時に、詰襟の学生服の下にうちで作っている丸首の黄色いセーターを着て行ったんですね。そうすると、袖口から黄色がのぞく、それだけで「石津は今日、女物のセーターを着て来た」と、なったんです。その頃の男の子は、大体母親が編んだグレーか紺のセーターですからね。当時、自分で服を買う事というのは無かったですね。


 ☆ファッションの未来
VANがアイビーで普段着の提示をして、それが定着をしていきました。だけど、本当に期待出来るのは次の世代なんですよね。私の様に子供の頃から無意識で洋服を着させられてたという人が親になる時代ですよね。私が見ていて、もったいないお洒落をしてるな、ちょっと違ってるなという事があるんですよ。まだ、自称時代なんですよね。今の30代、40代のように、生まれた時からお洒落の世界があったという時代の人達の子供は、ファッションという事を意識しないで着る様になると思います。今はまだ、日本人はファッションに意識を持ちすぎるんです、逆に言えば世界で一番お洒落な国民にはなっているんですけどね。私がこの業界に入って、見た事無かったのはフリースだけですね。知らなかったし、こんな新しいものが出来たのかと思いましたよ。最近では3Dコピーが出て来て、まだ一般化はしてないけど、あっという間でしょうね。着るという事に関しても、変わって来る可能性がありますよね。「昔、洋服って、平らな生地を裁断して縫って、立体作ってたんだって」と言われるような時代が来るかもしれませんよ(笑)。

■石津祥介インフォメーション


TOKYO FM Copyright (c) TOKYO FM Broadcasting Co.,Ltd. All Rights Reserved.