ON AIR REPORT オンエアレポート

散歩にまつわる音楽

2017.05.26


新緑の季節ですね。自然の中を散歩するのも楽しい季節です。 作曲家の中には、「散歩」を習慣としていた人も少なくありません。
散歩しながら音楽のアイディアを練った、歩いている時にインスピレーションが湧いてきた、など様々なエピソードが残っています。
今回は、「散歩」にまつわる音楽を集めてお送りしました。

<プレイリスト>
M1 ベートーヴェン 《交響曲第6番「田園」》 より第1楽章
演奏)クラウディオ・アバド指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
・1808年に完成された。ベートーヴェン自身によって「田園」と標題がついています。

M2 プーランク 《散歩(プロムナード)》より 1曲目<徒歩で>2曲目<車で>
演奏)パスカル・ロジェ(ピアノ)
・1921年に書かれた全10曲からなる作品。それぞれ徒歩(呑気に)、車(非常に興奮して)、馬(穏やかに)、船(興奮して)、飛行機(ゆっくりと)、バス(動揺して)、鉄道(生き生きと)、馬車(ゆっくりと)、自転車(はやく)、駅馬車(ゆっくりと)、とタイトルと曲想が付けられています。飛行機ーゆっくりと、などプーランクらしいですね。
・2曲目の途中、楽譜に「CHOPIN」と記された箇所があり、ショパンをイメージして書いたと思われます。

M3 ブラームス 《ヴァイオリン・ソナタ 第1番》より 第1楽章
演奏)オーギュスタン・デュメイ(ヴァイオリン)、マリア・ジョアオ・ピリス(ピアノ)
・≪雨の歌≫とも呼ばれるこのソナタ第1番Op.78は、1878年から1879年にかけて、夏の避暑地だったベルチャッハで書かれました。


ベートーヴェンは大の散歩好きで、よほど体調が悪くない限り雨の日でも欠かさなかったと言われています。散歩には五線譜と筆記用具を持ち歩き、アイディアが湧くと、どこであってもすかさずメモをしていたそうです。中でもベートーヴェンが最も愛した散歩道が、ウィーンのハイリゲンシュタットのあたりです。緑が生い茂り、川のせせらぎが心地よい「ベートーヴェンの小径」は、今では観光スポットとしても有名です。
ブラームスは、毎日規則正しく、早朝1時間ほど歩き、昼には「赤いはりねずみ」というレストランに出かけるのを毎日の習慣としていたといわれます。

チャイコフスキー、サティ、マーラーなど、散歩を習慣にしていた作曲家はたくさんいます。サティの散歩は、パリのカフェや酒場で、いつも持ち歩いた小さな五線譜にアイデアが浮かぶと、おもいつくまま音符をかきつづっていたそうです。
最近の研究では、自然の中だけでなく、「散歩」すること自体で、脳が活性化してアイディアがわいてきたり、考えがまとまりやすくなるそうです。
横山さんは、今ごろから暑い季節が大好き。演奏旅行でいろいろな土地へ行くと刺激を受けますが、その日の演奏会が優先なので、あまりふらふらしてもいられませんね。音楽家として自然の中を歩き回ってみたいととおっしゃっていました。

次回、5月28日は、ロシアの作曲家、バラキレフの特集です。お楽しみに。





バッハに影響を与えたモンテヴェルディ生誕450年!

2017.05.15


今夜もお聴きいただきありがとうございました。

5月15日は、今年生誕450年を迎える初期バロック音楽の大家、クラウディオ・モンテヴェルディ が洗礼を受けた日です。
ルネサンス音楽からバロック音楽への転換期に活躍し、近代オペラの原型を作り上げた他、宗教音楽の分野でも傑作を残し、その後の音楽に多大な影響を与えました。バッハもモンテヴェルディから大きな影響を受けたと言われています。

<プレイリスト>
M1 モンテヴェルディ 歌劇《オルフェオ》より <プロローグ>
演奏:エマニュエル・アイム指揮、ル・コンセール・ダストレー、ヨーロピアン・ヴォイスィズ(歌:ナタリー・デセイ、イアン・ボストリッジほか)
M2 モンテヴェルディ 《マドリガル集 第8巻》より <ニンファの悲歌(ひか)>
演奏:ニコラス・アーノンクール指揮、ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス、アン・マレイ(ソプラノ)、フィリップ・ラングリッジ(テノール)、クルト・エクヴィルツ(テノール)、ルドルフ・ハルトマン(バス)

M3 モンテヴェルディ 《聖母マリアの夕べの祈り》より <神よ、慈悲もてわれを助けたまえ>
演奏:ジョン・エリオット・ガードナー指揮、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ、モンテヴェルディ合唱団

M4 モンテヴェルディ オペラ《ポッペーアの戴冠》より 第3幕フィナーレ <ただあなたを見つめ>
演奏:クラウディオ・カヴィーナ指揮、ラ・ヴェネクシアーナ、ロベルタ・マメーリ(ソプラノ)、エマヌエラ・ガッリ(ソプラノ)

M1は、1607年、イタリアで上演されたオペラ最初期の作品です。オペラは、もとは古代ギリシャの演劇復興から始まりました。歌うようにセリフを語る「演劇」から始まったものが、モンテヴェルディによって「音楽劇」の形になっていきます。その後、華やかでドラマティックな作品になっていきますが、これはその源流ともいうべき作品です。この「オルフェオ」は、ある旋律にある楽器を指定する、ということを史上初めて行った作品です。

M2 マドリガルとは、16世紀半ば頃から17世紀初頭にかけて多数作曲されたイタリアの世俗声楽曲です。モンテヴェルディは、第8巻まで「マドリガル集」を出版しました。とりわけ充実しているのが、この60歳代半ばで発表した第8巻です。

M3《聖母マリアの夕べの祈り》は、モンテヴェルディの代表作であり、教会音楽史上の最高傑作のひとつ。現在でも抜群の人気です。

M4は、晩年の傑作オペラ《ポッペーアの戴冠》からの美しい二重唱。《オルフェオ》がギリシャ悲劇をモティーフとしたのに対し、《ポッペーアの戴冠》は史実に基づき、人間の愛憎劇を描いた点において当時としては画期的な作品でした。

横山さんは、フランス留学時代に、こういった古楽がよく聴こえていたので懐かしい気持ちと、古さと新鮮さどちらも感じたと語っていました。

1567年、ヴァイオリン製作の町として名高いクレモナで医者の息子として生まれる。
1582年、15歳で最初の作品集を出版
音楽家として成功し、宮廷楽長、ヴェネツィアの聖マルコ教会大聖堂の楽長などをつとめ、
1643年、76歳で逝去。亡くなるまでヴェネツィアで過ごしました。

5月5日、入魂のショパンにお越しいただいたみなさま
ありがとうございます!終演直後の笑顔です!

20170505 TOKYO OPERA CITY CONCERT HALL






5月7日生まれのブラームスとチャイコフスキー

2017.05.08


今夜もお聴きいただきありがとうございます!
そして、5月5日入魂のショパン2017へご来場いただいたみなさまありがとうございました!

今夜は、5月7日生まれの有名な作曲家2人が、同時期に作曲したピアノトリオに注目しました。その二人とは、1833年生まれのブラームスと、1840年生まれのチャイコフスキー。7歳違いで、二人とも、ピアノ曲、オーケストラ作品、室内楽も作曲しています。

<プレイリスト>
M1 ブラームス 《ピアノトリオ 第2番 Op.87》より第1楽章
演奏:ウラディミール・アシュケナージ(ピアノ)、イツァーク・パールマン(ヴァイオリン)、リン・ハレル(チェロ)

M2 チャイコフスキー 《ピアノトリオ イ短調 Op.50「偉大な芸術家の思い出に」》 より第2楽章
演奏:ボザール・トリオ

M1は、ブラームスが1880−1882年、50歳を前に書いた2つ目のピアノ・トリオ。ブラームスの3曲のピアノ・トリオは、1番が朝っぽくさわやかで、この2番は地味ながら味わいぶかくクララ・シューマンが最も愛したと言われます、3番は、深刻な雰囲気がします。20歳で出会ったシューマンによって才能を評価されたものの、40代以降に作曲の才能が開花したブラームスにとってこの2番のピアノ・トリオは円熟期の1作です。

M2も、1881年から1882年にかけて作曲されました。チャイコフスキー40代前半の作品です。この曲は、旧友ニコライ・ルビンシュタインへの追悼音楽として作られ、作品に付された献辞にちなんで『偉大な芸術家の思い出に』という副題ないしは通称で知られています。ニコライ・ルビンシュタインは初代モスクワ音楽院院長でピアニストで、チャイコフスキーに協奏曲第1番の初演を依頼されるも断ったエピソードは有名です。50分近い演奏時間の大作で、とりわけ第2楽章は、主題と変奏曲で形成された巨大な構成です。

横山さんにとってチャイコフスキーは、幼いころからいろいろなレコードで聞いて親しんだ作曲家です。このピアノ・トリオもひんぱんに演奏しますが、1番多いのは「ピアノ協奏曲」、反対にピアノ・ソロ作品はあまり弾く機会がありません。

ピアノ・トリオは、ベートーヴェン以降、デュオと4人以上の合奏の間で、最も演奏者それぞれが自己主張する形態として充実していきました。ベートーヴェンは7番まで、ショパンも1曲、シューベルト4曲、シューマン3曲、フランク4曲、ブラームス3曲、ドヴォルザーク4曲、ラヴェルもピアノ・トリオを書いています。

入魂のショパン2017直前スペシャル 第3弾!

2017.05.01


今週も、ピアノでめぐり逢いをお聴きいただきありがとうございます。
5月5日の入魂のショパン2017、いよいよ近づいてきましたね!

直前スペシャルも最終回。
今週は、フィナーレの第5部で演奏される曲からお送りしました。

<プレイリスト>
M1 ショパン 《マズルカ風ロンド Op.5》演奏:横山幸雄(ピアノ)入魂のショパン2015より
M2 ショパン 《バラード 第1番 Op.22》演奏:横山幸雄(ピアノ)入魂のショパン2016より
M3 ショパン 《ポロネーズ第7番「幻想」 Op.61》演奏:横山幸雄(ピアノ)入魂のショパン2014より

2010年のショパン生誕200年からスタートしたこのリサイタルも8回目を迎えます。今回の入魂のショパン2017では、20代半ばから後半のショパンに焦点をあてます。第1部は滅多にまとめて演奏されることがない20代前半の代表作「24のエチュード」全曲を、第2部〜第4部で、20代半ばから後半にかけての作品を作品番号順に演奏します(op.26-op.44)。ラストの第5部では、今いちどショパンの全生涯をその代表作によって見渡します。トークもまじえて進行しますので、GWの1日をショパンに浸ってたっぷりとお楽しみください。

M1の「マズルカ風ロンド」は、16歳の作曲です。「天才ショパンのきらめきが随所に感じられる最初の作品」と横山さん。「ロンド」は当時ウェーバーなどが作曲し流行していたスタイルで、ショパンがポロネーズやマズルカではなく、国際的に通用するスタイルで曲を書こうとしたことがうかがえます。

M2は、ウィーンでワルシャワ蜂起の知らせを受けたころに着手した作品。1831年から35年ごろと、ショパンは最も長い時間推敲を重ねています。ピアノ音楽史上、最初に「バラード」とタイトルが付けられた作品です。

ショパンの創作の絶頂は32歳ごろと横山さんは考えています。「バラード第4番」「英雄ポロネーズ」などを次々に作曲しました。
今年は、20代後半のショパンの作品を第2部から4部で聴くことで、円熟期に入る直前の魅力、色合い、特徴を感じていただけると思います。
ジョルジュ・サンドと出会い、創作環境も整い、傑作ぞろいの作品群です。

そして、M3でお送りした「幻想ポロネーズ」は、35−36歳の頃作曲されました。身体的にも精神的にも弱っていたショパンによる生涯最後の10分規模のピアノ・ソロ作品です。

それでは、5月5日(金・こどもの日)、東京オペラシティコンサートホールにぜひお越しください。
当日券もあります!

◎入魂のショパン2017
日時:5月5日(金・こどもの日)、お昼1時開演 夜9時ごろ終演予定
会場:東京オペラシティ コンサートホール
曲目:<第1部> エチュード集 Op.10 、エチュード集 Op.25
<第2部> 2つのポロネーズ Op.26 、 2つの夜想曲 Op.27 、24の前奏曲 Op.28
<第3部> 即興曲 第1番 Op.29 、4つのマズルカ Op.30 、スケルツォ 第2番 Op.31
2つの夜想曲 Op.32 、4つのマズルカ Op.33 、3つの華麗なるワルツ Op.34
ピアノ・ソナタ 第2番 「葬送」 Op.35
<第4部> 即興曲 第2番 Op.36 、 2つの夜想曲 Op.37 、バラード 第2番 Op.38
スケルツォ 第3番 Op.39 、2つのポロネーズ Op.40 、4つのマズルカ Op.41
ワルツ 第5番 「大円舞曲」 Op.42 、タランテラ Op.43 、ポロネーズ 第5番 Op.44
<第5部> マズルカ風ロンド Op.5 、 アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ Op.22、バラード 第1番 Op.23 、ポロネーズ 第6番 「英雄」 Op.53 、子守歌 Op.57
舟歌 Op.60 、 ポロネーズ 第7番 「幻想」Op.61

各部の間の休憩時間には、会場の外にも出られます。オペラシテイ内でご飲食、コンビニでのお買い物もできます。


入魂のショパン2017 直前スぺシャル2

2017.04.24


今夜もお聴きいただきありがとうございます!

入魂のショパンまであと2週間!!!ワクワクしますね!
3回にわけての直前スペシャルで予習すると、本番もいっそう楽しんでいただけると思います!

今夜・2回目は、第3部、第4部で演奏される曲について解説、ご紹介しました。
すべてこの番組だけで聴ける過去の入魂のショパン音源です!

<プレイリスト>
M1 ショパン《即興曲 第1番 Op.29》演奏:横山幸雄(ピアノ)入魂のショパン2014より
M2 ショパン《スケルツォ 第2番 Op.31》演奏:横山幸雄(ピアノ)入魂のショパン2015より
M3 ショパン 《ポロネーズ 第5番 Op.44》演奏:横山幸雄(ピアノ)入魂のショパン2014より

M1は、ショパン27歳のとき作曲。当時の「即興曲」は今でいう即興演奏とはあまり関係がなく、気軽なジャンル、即興風の雰囲気を醸し出している曲、という意味。即興演奏に近いのが「幻想曲」と名付けられた曲です。

●今回の演奏会では、第2部から第4部で、20代後半のショパンの作品を作品番号順に演奏します。Op.26〜44です。作品群としては「ポロネーズ」「ノクターン」「プレリュード」「即興曲」「マズルカ」「ワルツ」「ソナタ」「バラード」「スケルツォ」・・・と実に多彩で、作曲家として充実した20代を送っていたことが分かります。
●シューマンのように作曲家によっては、ある時期に同じジャンルの作品をまとめて作るタイプもいますが、ショパンは、ほぼピアノ曲に絞って作曲しているものの、バランスよく様々なジャンル・形式を取り入れていると言えると思います。

M2の「スケルツォ」とは、ベートーヴェンが交響曲の中の明るい楽章を「スケルツォ」と呼んでいましたが、ショパンはそれを発展させてピアノ曲として独立させています。

M3の「ポロネーズ第5番」は、30歳ごろの作品で、今回の演奏会では、4部の最後に演奏されます。この頃、ジョルジュ・サンドのもつノアンの館で過ごすことの多かったショパン。パリの喧騒を離れ、創作活動に集中できる環境だったと考えられます。本作はそこで完成させた作品の一つ。

力強いコントラストをもつ作品がそろっています。ぜひ、会場でお楽しみください!

◎入魂のショパン2017
日時:5月5日(金・こどもの日)、お昼1時開演 夜9時ごろ終演予定
会場:東京オペラシティ コンサートホール
曲目:<第1部> エチュード集 Op.10 、エチュード集 Op.25
<第2部> 2つのポロネーズ Op.26 、 2つの夜想曲 Op.27 、24の前奏曲 Op.28
<第3部> 即興曲 第1番 Op.29 、4つのマズルカ Op.30 、スケルツォ 第2番 Op.31
2つの夜想曲 Op.32 、4つのマズルカ Op.33 、3つの華麗なるワルツ Op.34
ピアノ・ソナタ 第2番 「葬送」 Op.35
<第4部> 即興曲 第2番 Op.36 、 2つの夜想曲 Op.37 、バラード 第2番 Op.38
スケルツォ 第3番 Op.39 、2つのポロネーズ Op.40 、4つのマズルカ Op.41
ワルツ 第5番 「大円舞曲」 Op.42 、タランテラ Op.43 、ポロネーズ 第5番 Op.44
<第5部> マズルカ風ロンド Op.5 、 アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ Op.22、バラード 第1番 Op.23 、ポロネーズ 第6番 「英雄」 Op.53 、子守歌 Op.57
舟歌 Op.60 、 ポロネーズ 第7番 「幻想」Op.61



«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»