ON AIR REPORT オンエアレポート

眠れないあなたにも・・ピアノの子守歌〜12月20日は世界こどもの日

2017.11.20


今夜もお聴きいただきありがとうございます。

11月20日は「世界こどもの日」。1954年に国際連合(国連)が、子どもの権利を尊重し、成長を祝うことなどを目的に制定した記念日で、国際デーの一つです。

「こども」というキーワードにつながる音楽作品にはいろいろあります。こども(初心者)のために書かれた教育的な作品、こども時代を回想したもの、子どもの遊ぶ様子を描写的に描いた作品、こどもをモティーフにしたもの、こどもが親しみやすい作品、筋書きがあるもの、あやすための歌など ・・・民謡からオーケストラ作品まで幅広くありますが、今夜は、ピアノのために書かれた「子守歌」に注目しました。

<プレイリスト>
M1 ブラームス 《子守歌》/イエルク・デーム(ピアノ)
M2 ドビュッシー 《子供の領分》 より 第2曲<象の子守歌> / 横山幸雄(ピアノ)「Voyage三鷹リサイタル・シリーズVol.4」 (2012年10月7日)の録音
M3 シューマン 《アルバム・ブレッター》op.124より<子守歌>/ シプリアン・カツァリス(ピアノ)
M4 シューマン 《アルバム・ブレッター》op.124より<小さな子守歌>/ シプリアン・カツァリス(ピアノ)
M5 ショパン 《子守歌》 / 横山幸雄(ピアノ)「入魂のショパン2016」(東京オペラシティコンサートホールでの録音)

有名なブラームスの「子守歌」は、1868年、ブラームスがハンブルクで女性合唱団を指揮していた時のメンバーで、特に親しかったベルタ・ファーバーに次男が生まれたことを聞き、お祝いとして作曲されました。

43歳ではじめて子供に恵まれたドビュッシー。1908年に書かれた『子供の領分』(全6曲)は、一人娘(シュシュ)に献呈された曲集。楽譜の冒頭には「あとに続く者へ、父親のやさしい言い訳を添えて、私のかわいいシュシュへ」という献辞が書き記されています。「象」というのは、シュシュが愛用していた象のぬいぐるみのことで、それを抱きながらいつの間にか眠ってしまう様子を表した作品と言われています。

《アルバムブレッター》は、1832-1845年にわたってシューマンが書きためた小品を集めて出版された曲集です。 全体の作曲年が長期間にわたっているため、曲集としての統一性はあまり感じられませんが、シューマンらしい叙情性や幻想的な美しさを漂わせている全20曲。<子守歌>(16曲目)はシューマンに長女が誕生した1841年の作品。<小さな子守歌>(6曲目)は1843年、シューマンの次女が誕生した年に書かれています。
1冊の曲集に纏めて出版されたのは、シューマンが入院する前年。精神的に極限状態にあった時に、幸せに満ちた頃を思い出していたのかもしれません。

ショパンの「子守歌」は、 1844年頃の作曲。ショパンのピアノの弟子で音楽的な交流も深かった、名オペラ歌手ポーリーヌ・ヴィアルドの娘ルイーズから着想を得た作品です。 演奏旅行に多忙だったポーリーヌはサンドとショパンに、生まれて18ヶ月になるその娘ルイーズを預けました。ショパンはルイーズをルイゼットと呼んで可愛がり、またルイーズも大変ショパンになついていたと言われています。

厳選された音の、シンプルな作品が多いピアノのための「子守歌」。こどものイメージにインスピレーションを受けて生まれた作品、静謐なイメージがあります。大人がきいても、ほどよく眠たく、心おだやかになったのではないでしょうか、と横山さん。











11月生まれの音楽家、ベッリーニに注目!

2017.11.13


今夜もお聴きいただきありがとうございます!

今回は、11月生まれの音楽家の中から、1801年11月3日生まれ、イタリアのオペラ作曲家、ベッリーニに注目しました。ベッリーニは、ちょうどショパンと同世代にあたり、 ショパンが大きな影響を受けたことでも知られています。

<PlayList>
M1 ベッリーニ:オペラ《清教徒》より<いとしい乙女よ、あなたに愛を>/マルセロ・アルバレス(テノール)、マルチェロ・ヴィオッティ(指揮)、シュターツカペレ・ドレスデン
M2 ベッリーニ:オペラ《ノルマ》からアリア〈清らかな女神よ〉/マリア・カラス(ソプラノ)、トゥリオ・セラフィン(指揮)、ミラノ・スカラ座管弦楽団
M3 リスト:ノルマの回想/マルク=アンドレ・アムラン(ピアノ)

【ベッリーニ Vincenzo Bellini (1801〜1835)の生涯】
シチリア島・カターニアで、祖父、父ともに音楽家である家庭に生まれる。 幼少の頃から音楽の才能を認められ、神童といわれた。
1819年(18歳)で奨学金を受けながら、ナポリの音楽院で学ぶ。
1825年(24歳)音楽院の卒業作品である『アデルソンとサルヴィーニ』が、音楽院のホールで1825年に初演されて成功。
その後、『ビアンカとジェルナンド』、『海賊』と相次いで成功、ベッリーニは若くして、一流作曲家の仲間入りを果たします。
1831年(30歳)- オペラ『夢遊病の女』、『ノルマ』を発表。大好評を博す。
1833年(32歳)- パリに来る。ロッシーニ(1792-1868)、ケルビーニ(1760-1842)、ショパン(1810-49)、リスト(1811-86)らと会う。
1835年(34歳)- 『清教徒』を丸一年かけて完成。しかし急病のため9月23日短い生涯を閉じた。

ベッリーニは、格調高く美しい作品が多いのが特徴です。人気オペラ作曲家として、同世代のロッシーニ、ドニゼッティと共に、イタリア・オペラの発展に大きく貢献、のちのヴェルディ、プッチーニのドラマティックなオペラへと続きます。

1833年、その2年前からパリに来ていたショパンと出会ったベッリーニ。二人はたちまち意気投合し親しくなったと言われています。弟子たちに「ベッリーニのオペラを聞け」と言っていたことも知られています。「ショパンは、ピアノという楽器で、ベッリーニと同じような美しい旋律や、格調高い世界観を作り出そうとしたのではないでしょうか、ショパンが20代で作ったノクターンと近いスタイルではないかと思います」、と横山さん。

この時代もオペラの上演は大掛かりなものであり、歌劇場に足を運んで楽しむだけではなく、ピアノや室内楽に編曲して、家庭で楽しむという方法もありました。リストはそうした作品をたくさん残しています。「ノルマの回想」はその頂点をなすものです。

ショパンは、ベッリーニの最後のオペラ《清教徒》に基づいてピアノ曲を作曲しています。この作品は、6人の作曲家による合作になります。全体の構成(つなぎの部分やフィナーレ)は監修のリストが担当し、第6変奏をショパンが書いています。《ヘクサメロン変奏曲》より第6変奏として、横山さんも「プレイエルで弾くショパン ピアノ独奏曲集 8巻」に録音しています。

来週は、「世界こどもの日」にちなんで、ピアノによる「子守歌」に注目します!

11月6日生まれの楽器製作者、アドルフ・サックスに注目!

2017.11.06


今夜もお聴きいただきありがとうございました!

1814年11月6日ベルギー生まれの楽器製作者、アドルフ・サックスにちなんで、サックスの歴史や名曲をご紹介しました!いまからおよそ170年前の1846年に誕生したサクソフォン。金属でできていますが、木管楽器です。金属でできたクラリネットといったイメージがある、と横山さん。フランスを中心に広がった楽器なのです。

<Playlist>
M1 ビゼー 《アルルの女 第2組曲》 より<間奏曲>/小澤征爾指揮、フランス国立管弦楽団
M2 チャーリー・パーカー《コンファメーション》/ チャーリー・パーカー(アルト・サックス)
M3 ミヨー 《スカラムーシュ》/ブランフォード・マルサリス(サックス)、オルフェウス室内管弦楽団
M4 ドビュッシー 《アルト・サクソフォンと管弦楽のための狂詩曲》/ジャン=マリー・ロンデックス(サックス)、ジャン•マルティノン(指揮)、フランス国立放送局管弦楽団

サクソフォンの歴史・・・
1846年に特許を取得し、正式に「サクソフォン」として発表されます。1847年にはパリの軍楽隊学校にサクソフォン科が設置されます。その後1857年、パリ国立高等音楽院に初めてサクソフォン科が設置され、製作者のアドルフ・サックスが初代教授に就任します。しかし、その後の財政難のためサクソフォン科は一時閉鎖。再び設置されるのは1942年。サクソフォンの名プレーヤーとして知られるマルセル・ミュールが教授に就任します。日本では1953年に東京芸術大学にサクソフォン科が設置されています。

パリ音楽院のサクソフォン科はなんと72年もの空白期間があるんですね。その間にアメリカでサクソフォンが人気となります。主にビッグバンドに取り入れられ、大活躍します。その後はチャーリー・パーカーをはじめとする名プレーヤーが次々と誕生し、ジャズに欠かせない楽器として位置付くようになりました。


クラシックの分野ではロマン派以降の作曲家が自分の作品に取り入れはじめます。
ビゼー「アルルの女」
ラヴェル「ボレロ」 (テナーとソプラノのソロあり)
ムソルグスキー「展覧会の絵」より「古城」
ミヨー「スカラムーシュ〜サクソフォンとオーケストラのための組曲〜」
イベール「アルト・サクソフォンとオーケストラのための室内小協奏曲」
ドビュッシー「アルト・サクソフォンと管弦楽のための狂詩曲」
グラズノフ「アルト・サクソフォン協奏曲」
ヒンデミット「サクソフォン・ソナタ」

M4のドビュッシー「アルト・サクソフォンと管弦楽のための狂詩曲」は、アメリカのお金持ちの委嘱を受け報酬を先にもらったものの、なんと未完のまま作品を渡しています。サクソフォンをよく知らずに完成まで持っていけなかった作品として知られています。のちにロジェという人が補完し演奏されるようになりました。

サックスはドイツよりもフランスやロシアの作曲家の作品に積極的に採用されました。フランスの音楽は、管楽器が活躍します。フランスの色彩豊かな音楽に新たな魅力を加えることになりました、と横山さん。








横山幸雄プロデュース クリスマス・スペシャルコンサート

2017.11.02


◎横山幸雄プロデュース クリスマス・スペシャルコンサート
日時:12月25日(月)、昼の部:朝11時開演〜/公開レッスン:昼1時〜/夜の部:7時開演〜
会場:さいたま芸術劇場音楽ホール(埼玉)

【昼の部 】開演11:00 横山幸雄 クリスマスホリデー☆みんなで楽しむコンサート
モーツァルト:きらきら星変奏曲 K.265 トルコ行進曲 k.331
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第8番「悲愴」 第2楽章 ピアノ・ソナタ 第17番「テンペスト」第3楽章
シューマン:「子供の情景」より〜トロイメライ
♫みんなで楽しむコーナー♫
ブラームス:ハンガリー舞曲 第5番(連弾)
横山幸雄と一緒にみんなで歌おう「喜びの歌」
ショパン:小犬のワルツ Op.64-1 幻想即興曲 Op.66 12のエチュードOp.10「革命」
【横山幸雄によるピアノ公開レッスン】13:00〜18:30予定
【夜の部 】 開演19:00 横山幸雄 聖なる夜にSpecialな音楽で乾杯☆
バッハ:主よ、人の望みの喜びよ
横山幸雄:アヴェ・マリア
シューベルト:即興曲 Op.90-2,3
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第14番「月光」
ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ、ノクターン Op.9-2、バラード 第3番
リスト:愛の夢 献呈 スペイン狂詩曲

お問い合わせ:横山幸雄さいたまNew Year Concert 実行委員会(代表:正田) Tel:070-5022-7555  Fax:0276-25-7210

横山幸雄ニューアルバム「ファンタジー」特集!

2017.10.30


今夜もお聴きいただきありがとうございます!

9月に発表されたニューアルバム『横山幸雄/ファンタジー』を今夜はご紹介しました。
タイトルどおり今回は「幻想曲(ファンタジー)」にフォーカスし、古典派からロマン派までの幻想曲の傑作を集めたアルバムです。

<Playlist>
M1 J.S.バッハ 《半音階的幻想曲とフーガ ニ短調》 BWV903 
M2 モーツァルト 《幻想曲 ニ短調》 K.397
M3 シューマン 《幻想曲 ハ長調》op.17 (より第2楽章)
ピアノ、横山幸雄 アルバム『横山幸雄/ファンタジー』より(ARTINFINI MECO-1043)

先日の<ベートーヴェンプラスVol.4>でも、第4部、5部は「幻想曲」がテーマとなっていました。バロック時代の「幻想:ファンタジー」は、形式にこだわらず自由に即興風に書かれた作品を意味していました。M1は、バッハの鍵盤作品のなかでも最高峰の1つ。JSバッハ自身がレッスンの必修科目とし、ベートーヴェンも入念に楽曲を研究したことでしられています。
M2 モーツアルトの「幻想曲」は、初版譜に「導入部としての幻想曲」という表記があり、ソナタやフーガに続いていく役割をもった作品だったと推測されます。
M3は、3楽章からなるソナタ風幻想曲。約30分を要する大曲です。リストが提唱した「ベートーヴェン記念碑建立募金」に寄付するために、ピアノソナタとして書き始めたものの、普通はゆったりとした楽章の第2楽章で行進曲のスタイルがでてきたり、ソナタ形式にあてはまらない内容になりました。

今回は、製造されてから40年ほどのニューヨークスタインウェイで録音しました。これは先日のオペラシティでも弾いたピアノで、スタインウェイは、ニューヨークとハンブルクに拠点があり、同じ設計図で作られていても素材や職人で出来上がりはだいぶ違ったものになっています。
日本の多くのコンサート・ホールなどはハンブルクのスタインウェイを備えていますが、ニューヨーク・スタインウェイの音色もぜひお楽しみください。
これまでは、一人の作曲家に焦点をあてたCDが多かったですが、今回「幻想曲」でまとめたのは珍しいところ。作曲家の自由さと同時に、幻想的で夢見るような部分も感じてみてくださいね!


«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»