未来授業 第4回 林真理子 Vol. 1209

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  林真理子 Vol. 1209のメイン画像

今週の講師は、作家・林真理子さん。
1954年、山梨県生れ。82年にエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーとなり、86年には「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞を受賞。その後も数々の文学賞を受賞してきた、日本を代表する女性作家です。
今年は、毎日新聞連載の介護をテーマにした小説「我らがパラダイス」が新刊単行本となり話題です。

今週は、『我らがパラダイス』という小説で林さんが描いたこの国の“介護のリアル” について、伺っています。

この『我らがパラダイス』では、超高級介護施設の様子がリアルに描かれていますが、こうした施設はあまりメディアで見かけない印象があります。 実際、施設の「中の様子」を取材するのに苦労したという林さんは、その理由をこう分析しています。

未来授業4時間目。テーマは『介護施設に入るということ』

林真理子(はやし・まりこ)
1954年生まれ。山梨県出身。1982年にエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーとなり、その後、86年には『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞。毎日新聞で連載されていた長編小説『我らがパラダイス』が単行本として先月の3月17日に刊行。

未来授業 第3回 林真理子 Vol. 1208

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  林真理子 Vol. 1208のメイン画像

今週の講師は、作家・林真理子さん。
1954年、山梨県生れ。82年にエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーとなり、86年には「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞を受賞。その後も数々の文学賞を受賞してきた、日本を代表する女性作家です。
今年は、毎日新聞連載の介護をテーマにした小説「我らがパラダイス」が新刊単行本となり話題です。

今週は、『我らがパラダイス』という小説で林さんが描いたこの国の“介護のリアル” について、伺っています。

『我らがパラダイス』は101歳の母親を持つ林さんの実体験、同年代の介護の実態がモチーフになっていますが、一方、その次の世代、例えば、団塊以降と、その子ども世代の関係性では、「介護」の捉え方が変わってきているようです。

未来授業3時間目。テーマは『誰にオムツを替えさせるか』

林真理子(はやし・まりこ)
1954年生まれ。山梨県出身。1982年にエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーとなり、その後、86年には『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞。毎日新聞で連載されていた長編小説『我らがパラダイス』が単行本として先月の3月17日に刊行。

未来授業 第2回 林真理子 Vol. 1207

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回  林真理子 Vol. 1207のメイン画像

今週の講師は、作家・林真理子さん。
1954年、山梨県生れ。82年にエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーとなり、86年には「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞を受賞。その後も数々の文学賞を受賞してきた、日本を代表する女性作家です。
今年は、毎日新聞連載の介護をテーマにした小説「我らがパラダイス」が新刊単行本となり話題です。

今週は、『我らがパラダイス』という小説で林さんが描いたこの国の“介護のリアル” について、伺っています。

未来授業2時間目。林さんは、介護の実態を取材する中でいわゆる「高級介護施設」も数多く目の当たりにしています。
そしてそこには、もう一つの大きな社会問題があったと言います。

テーマは『最後で最大の格差』

林真理子(はやし・まりこ)
1954年生まれ。山梨県出身。1982年にエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーとなり、その後、86年には『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞。毎日新聞で連載されていた長編小説『我らがパラダイス』が単行本として先月の3月17日に刊行。

未来授業 第1回 林真理子 Vol. 1206

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回  林真理子 Vol. 1206のメイン画像

今週の講師は、作家・林真理子さん。
1954年、山梨県生れ。82年にエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーとなり、86年には「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞を受賞。その後も数々の文学賞を受賞してきた、日本を代表する女性作家です。
今年は、毎日新聞連載の介護をテーマにした小説「我らがパラダイス」が新刊単行本となり話題です。

今週はこの『我らがパラダイス』で林さんが描いたこの国の“介護のリアル” について、伺っていきます。

未来授業1時間目。まずは、『我らがパラダイス』という小説で、多くの方が目を背ける“介護”という問題を、あえてユーモアのある作品に仕上げたその狙いから。

テーマは『介護では、優しい人間が負ける』

林真理子(はやし・まりこ)
1954年生まれ。山梨県出身。
1982年にエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーとなり、その後、86年には『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞。
毎日新聞で連載されていた長編小説『我らがパラダイス』が単行本として先月の3月17日に刊行。