未来授業 第2回 酒井順子 Vol.1087

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回 酒井順子  Vol.1087のメイン画像

未来授業。月曜から木曜のこの時間、ラジオを教壇にして開かれる、
未来のための公開授業です。

今週の講師はエッセイスト、酒井順子さんです。
「負け犬の遠吠え」「その人、独身?」「子の無い人生」など、
常に独自の視点で、現代社会や女性の生き方を読み解いてきました。
最新刊は「朝からスキャンダル」。
酒井さんならではの鋭い感性で、
世間を騒がす様々なスキャンダルやキーワードを考察しています。

未来授業2時間目、テーマは『希望出生率1.8 “希望”とは?』

◆酒井順子(サカイ・ジュンコ)
1966年東京生まれ。2003年、『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、
講談社エッセイ賞を受賞。
近刊に『ユーミンの罪』『地震と独身』『オリーブの罠』『裏が、幸せ。』
『中年だって生きている』『子の無い人生』など著書多数。
『その人、独身?』『駆け込み、セーフ?』『いつから、中年?』
『女も、不況?』『こんなの、はじめて?』『昔は、よかった?』
『もう、忘れたの?』『そんなに、変わった?』『泣いたの、バレた?』
『気付くのが遅すぎて、』に続き、週刊現代の人気連載をまとめたのが
最新刊『朝からスキャンダル』(講談社)である。

未来授業 第1回 酒井順子 Vol.1086

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 酒井順子  Vol.1086のメイン画像

「未来授業」
月曜から木曜のこの時間、ラジオを教壇にして開かれる、
未来のための公開授業です。
今週の講師はエッセイスト、酒井順子さんです。
「負け犬の遠吠え」「その人、独身?」「子の無い人生」など、
常に独自の視点で、現代社会や女性の生き方を読み解いてきました。
最新刊は「朝からスキャンダル」。
酒井さんならではの鋭い感性で、世間を騒がすあのスキャンダルを考察しています。
未来授業1時間目、
テーマは『SMAP解散のインパクト』

◆酒井順子(サカイ・ジュンコ)
1966年東京生まれ。2003年、『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、
講談社エッセイ賞を受賞。近刊に『ユーミンの罪』『地震と独身』
『オリーブの罠』『裏が、幸せ。』『中年だって生きている』
『子の無い人生』など著書多数。
『その人、独身?』『駆け込み、セーフ?』『いつから、中年?』
『女も、不況?』『こんなの、はじめて?』『昔は、よかった?』
『もう、忘れたの?』『そんなに、変わった?』『泣いたの、バレた?』
『気付くのが遅すぎて、』に続き、週刊現代の人気連載をまとめたのが
最新刊『朝からスキャンダル』(講談社)である。

未来授業 第4回 前田展弘 Vol.1085

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  前田展弘  Vol.1085のメイン画像

今週の講師は、東京大学 高齢社会総合研究機構 客員研究員で、
ニッセイ基礎研究所勤務の前田展弘さんです。
専門はジェロントロジー(老年学)で、高齢社会における
クオリティ・オブ・ライフや長寿時代のライフデザインにも取り組み、
超高齢社会に対応した地域づくり事業も手掛けています。
課題の多さ故、ネガティブなイメージが強い「高齢化」。
まずその意識を持つことをやめてほしいと前田さんは強く主張します。
高齢化をポジティブに捉えたときに、見えてくるものとは。
    
未来授業4時間目、テーマは
「高齢社会の未来」

◆前田 展弘(マエダ・ノブヒロ)
ニッセイ基礎研究所 主任研究員 東京大学高齢社会総合研究機構・客員研究員。
2004年ニッセイ基礎研究所入社。ジェロントロジー(高齢社会総合研究)、
超高齢社会・市場、QOL(Quality of Life)などを専門分野とし、
高齢者の活躍場所を拡大するための「セカンドライフ支援」に関する
研究及び事業、東京大学産学連携組織「ジェロントロジー・ネットワーク」における
「高齢者市場創造」の研究、安心で豊かな長寿を実現するための
高齢者のQOL及びライフデザインに関する研究に取組んでいる。
さらに、2013年度からはジェロントロジーの知識・情報を
社会に広く普及させるための「高齢社会検定事業」の開発に協力し、
その拡大に取り組んでいる。

未来授業 第3回 前田展弘 Vol.1084

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  前田展弘  Vol.1084のメイン画像

今週の講師は、東京大学 高齢社会総合研究機構 客員研究員で、ニッセイ基礎研究所勤務の前田展弘さんです。
専門はジェロントロジー(老年学)で、高齢社会における
クオリティ・オブ・ライフや長寿時代のライフデザインにも取り組み、
超高齢社会に対応した地域づくり事業も手掛けています。

現在、高齢化における課題の1つに「老後破産問題」があります。
こういった状況に陥らないためにはどうすれば良いのでしょうか。

未来授業3時間目、テーマは
『老後破産問題』

◆前田 展弘(マエダ・ノブヒロ)
ニッセイ基礎研究所 主任研究員 東京大学高齢社会総合研究機構・客員研究員。
2004年ニッセイ基礎研究所入社。ジェロントロジー(高齢社会総合研究)、
超高齢社会・市場、QOL(Quality of Life)などを専門分野とし、
高齢者の活躍場所を拡大するための「セカンドライフ支援」に関する
研究及び事業、東京大学産学連携組織「ジェロントロジー・ネットワーク」における
「高齢者市場創造」の研究、安心で豊かな長寿を実現するための高齢者の
QOL及びライフデザインに関する研究に取組んでいる。
さらに、2013年度からはジェロントロジーの知識・情報を
社会に広く普及させるための「高齢社会検定事業」の開発に協力し、
その拡大に取り組んでいる。