未来授業 第2回 鴻上尚史 Vol. 1415

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回  鴻上尚史 Vol. 1415のメイン画像

今週の講師は、鴻上尚史さんです。
劇団「第三舞台」を中心に、およそ35年に渡って演劇活動を行う一方、作家、映画監督としても活躍してきました。そんな鴻上さんの最新刊が、「不死身の特攻兵、軍神はなぜ上官に反抗したか」。第二次世界大戦に従軍した、特攻の生き残り、佐々木友次さんへのインタビューをもとに、戦争と日本型組織の不条理を描いた一冊です。

未来授業2時間目、テーマは『死なない特攻兵』

鴻上尚史(こうかみ・しょうじ) 作家・演出家
1958年愛媛県出身。早稲田大学法学部出身。 1981年に劇団「第三舞台」を結成。以降、作・演出を手掛ける。2010年には虚構の劇団旗揚げ三部作戯曲集「グローブ・ジャングル」で第61回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞。 また、「からだ」と「声」に関する著作「発声と身体のレッスン」(白水社)、「あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント」(講談社)「表現力のレッスン」(講談社)や、教則DVD「鴻上尚史の『声』のレッスン」等を発表している。 舞台公演の他にも、映画監督、小説家、エッセイスト、ラジオ・パーソナリティ、脚本家、などとしても幅広く活動。 桐朋学園芸術短期大学教授。

未来授業 第1回 鴻上尚史 Vol. 1414

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回  鴻上尚史 Vol. 1414のメイン画像

今週の講師は、鴻上尚史さん。
大学在学中に劇団「第三舞台」を結成し、作家、演出家として活躍してきました。そんな鴻上さんの最新刊が、いまベストセラーとなっています。タイトルは「不死身の特攻兵、軍神はなぜ上官に反抗したか」。第二次世界大戦に従軍し、特攻で9回出撃を命じられながら、命令に背き、生還を果たした、ある特攻兵の生きざまを、本人へのインタビューをもとに記した一冊です。

未来授業1時間目、テーマは『手繰り寄せる戦争の記憶』

鴻上尚史(こうかみ・しょうじ) 作家・演出家
1958年愛媛県出身。早稲田大学法学部出身。 1981年に劇団「第三舞台」を結成。以降、作・演出を手掛ける。2010年には虚構の劇団旗揚げ三部作戯曲集「グローブ・ジャングル」で第61回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞。 また、「からだ」と「声」に関する著作「発声と身体のレッスン」(白水社)、「あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント」(講談社)「表現力のレッスン」(講談社)や、教則DVD「鴻上尚史の『声』のレッスン」等を発表している。 舞台公演の他にも、映画監督、小説家、エッセイスト、ラジオ・パーソナリティ、脚本家、などとしても幅広く活動。 桐朋学園芸術短期大学教授。

未来授業 第4回 杉本昌隆 Vol. 1413

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  杉本昌隆 Vol. 1413のメイン画像

今週の講師は、プロ将棋棋士、杉本昌隆さんです。
杉本さんの段位は七段。弟子は史上最年少でプロ棋士となり、史上5人目の中学生棋士となっただけでなく、29連勝で将棋界の連勝記録を更新した藤井聡太六段。3月に行われた師弟対決では、弟子に軍配が上がりました。新年度、藤井六段はどんな活躍を見せるのか。昇段やタイトル戦へのチャレンジにも注目が集まっています。                                 
                                                    
未来授業4時間目、テーマは『弟子、藤井聡太から学んだこと』

杉本昌隆(すぎもとまさたか)
1990年にプロ入りし、段位は7段。2001年第20回朝日オープン将棋選手権準優勝。2006年7段。2008年「NHK将棋講座」の講師を務める。本格派振り飛車党。 将棋の戦術書は15冊以上。藤井聡太の師匠としても知られる。
《新刊情報》 『弟子・藤井聡太の学び方』 杉本昌隆 著 発売中 PHP研究所/1,512円(税込)
「思考力」「集中力」「忍耐力」「想像力」「自立心」「平常心」… 将棋に強くなるために要するこれらはすべて、人生をより豊かに生きていくうえで必要な学びである。本書では、藤井聡太という才能、兄弟弟子との交流、師弟関係の源流ともいえる、著者・杉本昌隆の師匠・板谷進との師弟関係から、「真に学ぶこと」とは何かを明らかにする。

来週の講師は、著書「不死身の特公兵―軍神はなぜ上官に反抗したかー」が売上10万部を超えるベストセラーとなってい作家の鴻上尚史さんです。

未来授業 第3回 杉本昌隆 Vol. 1412

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  杉本昌隆 Vol. 1412のメイン画像

今週の講師は、プロ将棋棋士、杉本昌隆さんです。
杉本さんの段位は七段。弟子は史上最年少でプロ棋士となり、史上5人目の中学生棋士となっただけでなく、29連勝で将棋界の連勝記録を更新した藤井聡太六段。将棋界にもAIの指し手を取り入れる人が増えていますが、AIに頼ってばかりいると、自分で考えなくなってしまう。それは車にカーナビを導入すると道を覚えなくなってしまう事に似ているそうです。最後は自分で考えて決めることが大事。それは人生も同じ。 藤井少年がなぜ、強くなれたのか。その秘密を明かします。                                                                   
                                  
未来授業3時間目、テーマは『自分で考え抜く力を養う』

杉本昌隆(すぎもとまさたか)
1990年にプロ入りし、段位は7段。2001年第20回朝日オープン将棋選手権準優勝。2006年7段。2008年「NHK将棋講座」の講師を務める。本格派振り飛車党。 将棋の戦術書は15冊以上。藤井聡太の師匠としても知られる。
《新刊情報》 『弟子・藤井聡太の学び方』 杉本昌隆 著 発売中 PHP研究所/1,512円(税込)
「思考力」「集中力」「忍耐力」「想像力」「自立心」「平常心」… 将棋に強くなるために要するこれらはすべて、人生をより豊かに生きていくうえで必要な学びである。本書では、藤井聡太という才能、兄弟弟子との交流、師弟関係の源流ともいえる、著者・杉本昌隆の師匠・板谷進との師弟関係から、「真に学ぶこと」とは何かを明らかにする。