未来授業 第4回 北野唯我 Vol. 1461

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 北野唯我 Vol. 1461のメイン画像

今週は北野唯我さんの授業をお送りします。
テーマは『いつでも転職できる自分の作り方』
医療やテクノロジーの発展で、人間の寿命が延び、逆に産業の寿命が短くなってくるこれからの時代、より豊かな人生を送るため、転職は必須のものになってくると北野さんは言います。なりたい自分、やってみたい仕事像を見つけたからといって、その思いが、必ずしも転職先に受け入れられるわけではありません。よりよいアピールをするには、自分という存在をよく知ることが、何より重要になってきます。どうすれば、自分の価値はわかるのでしょうか?

未来授業4時間目、テーマは『転職で目指すゴールとは?』

北野唯我(きたのゆいが)
兵庫県出身。新卒にて大手広告代理店の経営企画局・経理財務局で中期経営計画の策定、MA、組織改編、子会社の統廃合業務などを担当。その後、米国・台湾での留学を経て、外資系戦略コンサルに転職。総合商社の事業戦略立案などを担当。2016年にワンキャリアに参画、経営企画担当の執行役員。一方で、サイトの編集長としてコラム執筆や対談、企業現場の取材を行う。1987年生。初の著書『転職の思考法』がダイヤモンド社より6/21(水)発売。Amazonキャリアデザインカテゴリーでランキング一位獲得。
http://yuiga-k.hatenablog.com/

未来授業 第3回 北野唯我 Vol. 1460

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 北野唯我 Vol. 1460のメイン画像

今週は北野唯我さんの授業をお送りします。
テーマは『いつでも転職できる自分の作り方』
ことし2月、北野さんが執筆するご自身のブログ『週報。』において、ある記事が大きな注目を集めました。タイトルは【凡人が、天才を殺すことがある理由。-どう社会から「天才を守るか?」】いまの日本の閉塞感は、社会に大きな変革を起こしうる天才が、その才能を生かせないことに一因がある、という記事です。北野さんはこれについて、会社という組織においても、よくみられる光景であり、これからは天才を活かす方法を考えていくべきと述べています。

未来授業3時間目のテーマは、『会社における、天才、秀才、凡人の関係性』

北野唯我(きたのゆいが)
兵庫県出身。新卒にて大手広告代理店の経営企画局・経理財務局で中期経営計画の策定、MA、組織改編、子会社の統廃合業務などを担当。その後、米国・台湾での留学を経て、外資系戦略コンサルに転職。総合商社の事業戦略立案などを担当。2016年にワンキャリアに参画、経営企画担当の執行役員。一方で、サイトの編集長としてコラム執筆や対談、企業現場の取材を行う。1987年生。初の著書『転職の思考法』がダイヤモンド社より6/21(水)発売。Amazonキャリアデザインカテゴリーでランキング一位獲得。
http://yuiga-k.hatenablog.com/

未来授業 第2回 北野唯我 Vol. 1459

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回 北野唯我 Vol. 1459のメイン画像

今週は北野唯我さんの授業をお送りします。
テーマは『いつでも転職できる自分の作り方』
人材ポータルサイト『ワンキャリア』編集長の北野さんは、これからの転職のあり方について考察し、情報を発信しています。就職活動をする大学生の2人に1人が転職を意識する時代、転職は、個人のキャリアアップにとどまらず、会社の価値を上げるツールにもなりえる、北野さんはそんな風に考えています。

未来授業、2時間目のテーマは『転職のタイミングを見極める』。まずは転職がもたらす効果とはどんなことか?伺いました。

北野唯我(きたのゆいが)
兵庫県出身。新卒にて大手広告代理店の経営企画局・経理財務局で中期経営計画の策定、MA、組織改編、子会社の統廃合業務などを担当。その後、米国・台湾での留学を経て、外資系戦略コンサルに転職。総合商社の事業戦略立案などを担当。2016年にワンキャリアに参画、経営企画担当の執行役員。一方で、サイトの編集長としてコラム執筆や対談、企業現場の取材を行う。1987年生。初の著書『転職の思考法』がダイヤモンド社より6/21(水)発売。Amazonキャリアデザインカテゴリーでランキング一位獲得。
http://yuiga-k.hatenablog.com/

未来授業 第1回 北野唯我 Vol. 1458

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 北野唯我 Vol. 1458のメイン画像

今週は北野唯我さんの授業をお送りします。
テーマは『いつでも転職できる自分の作り方』
北野さんは、就職氷河期に広告代理店に入社後、転職、現在は人材ポータルサイト『ワンキャリア』の編集長として、取材、執筆など、職業と人生の関係を探り続けています。そしてことし6月、ダイヤモンド社から『転職の思考法』という本を上梓されました。空前の人手不足が叫ばれるいま、会社、そして仕事を変えるというのは、どんな意味を持つ行為なのでしょうか?

未来授業、1時間目のテーマは『大転職時代、到来!』

北野唯我(きたのゆいが)
兵庫県出身。新卒にて大手広告代理店の経営企画局・経理財務局で中期経営計画の策定、MA、組織改編、子会社の統廃合業務などを担当。その後、米国・台湾での留学を経て、外資系戦略コンサルに転職。総合商社の事業戦略立案などを担当。2016年にワンキャリアに参画、経営企画担当の執行役員。一方で、サイトの編集長としてコラム執筆や対談、企業現場の取材を行う。1987年生。初の著書『転職の思考法』がダイヤモンド社より6/21(水)発売。Amazonキャリアデザインカテゴリーでランキング一位獲得。
http://yuiga-k.hatenablog.com/