森達也 第1回 未来授業 Vol.20

 Podcast

 ダウンロードはこちら

森達也 第1回 未来授業 Vol.20のメイン画像

東日本大震災が日本人にどのような影響を与え、メディアはどう報じたのか、ドキュメンタリー映画監督の森達也さんの見解を伺います。

【森達也】
1956年 5月10日 広島県呉市生まれ。
1986年 テレビ番組制作会社に入社。デビュー作は小人プロレスのテレビドキュメント作品。
以降、報道系、ドキュメンタリー系の番組を中心に、数々の作品を手がける。
1998年 オウム真理教の荒木浩を主人公とするドキュメンタリー映画『A』を公開。
2001年 続編『A2』が、山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞・市民賞を受賞。
その後はテレビ東京の番組『ドキュメンタリーは嘘をつく』などに関わる。現在は執筆が中心。
近著に、『A3』(集英社インターナショナル)、『極私的メディア論』(創出版)、
『首都圏生きもの記』(学研新書)などがある。

畠山重篤 第3回 未来授業 Vol.19

 Podcast

 ダウンロードはこちら

畠山重篤 第3回 未来授業 Vol.19のメイン画像

今週の講師は、宮城県・気仙沼の漁師、畠山重篤さん。
牡蠣の養殖を営みながら、20年以上前から、森に木を植える活動を続けています。森が作り出す「鉄」が、海へ注ぎ込み、海の栄養となり、豊かな漁場を作っている。
三陸の沖に広がる、世界有数の漁場も、そんな森の恵みを受けています。三陸沖へ流れる、世界最大級の「鉄の川」が、三陸から遠く離れたところから流れてくることが、つい1年前に分かりました。そして今、畠山さんが活動する「森は海の恋人」運動が、世界へ広がろうとしています。

【畠山重篤】
自然の「環」から、人の『「和」を育てよう!』をキャッチフレーズに、環境教育・森づくり・自然環境保全の3分野で活動する特定非営利活動法人、NPO法人森は海の恋人の代表。

畠山重篤 第2回 未来授業 Vol.18

 Podcast

 ダウンロードはこちら

畠山重篤 第2回 未来授業 Vol.18のメイン画像

今週の講師は、宮城県・気仙沼の漁師、畠山重篤さん。
牡蠣の養殖を営みながら、20年以上前から、森に木を植える活動を続けています。海で働く漁師さんたちが、森に木を植える理由。それは、森が作り出す「鉄」が、川から海へ注ぎ込み、その「鉄」が豊かな漁場を作る・・・。畠山さんが語る、森と海をめぐる『鉄』の物語は、さらに大きなスケールで展開していきます。

【畠山重篤】
自然の「環」から、人の『「和」を育てよう!』をキャッチフレーズに、環境教育・森づくり・自然環境保全の3分野で活動する特定非営利活動法人、NPO法人森は海の恋人の代表。

畠山重篤 第1回 未来授業 Vol.17

 Podcast

 ダウンロードはこちら

畠山重篤 第1回 未来授業 Vol.17のメイン画像

今週の講師は、宮城県・気仙沼の漁師、畠山重篤さん。
牡蠣の養殖を営みながら、20年以上前から、森に木を植える活動を続けています。「海で働く漁師さんが、森に木を植える。」この、ちょっと不思議な活動が、いま、世界で注目を集めています。
震災による津波で壊滅状態になった気仙沼の漁場。
その復興のカギともなる「森は海の恋人」運動。
そのキーワードは 『鉄は魔法使い』 でした。

【畠山重篤】
自然の「環」から、人の『「和」を育てよう!』をキャッチフレーズに、環境教育・森づくり・自然環境保全の3分野で活動する特定非営利活動法人、NPO法人森は海の恋人の代表。