畠山重篤 第2回 未来授業 Vol.18

 Podcast

 ダウンロードはこちら

畠山重篤 第2回 未来授業 Vol.18のメイン画像

今週の講師は、宮城県・気仙沼の漁師、畠山重篤さん。
牡蠣の養殖を営みながら、20年以上前から、森に木を植える活動を続けています。海で働く漁師さんたちが、森に木を植える理由。それは、森が作り出す「鉄」が、川から海へ注ぎ込み、その「鉄」が豊かな漁場を作る・・・。畠山さんが語る、森と海をめぐる『鉄』の物語は、さらに大きなスケールで展開していきます。

【畠山重篤】
自然の「環」から、人の『「和」を育てよう!』をキャッチフレーズに、環境教育・森づくり・自然環境保全の3分野で活動する特定非営利活動法人、NPO法人森は海の恋人の代表。

畠山重篤 第1回 未来授業 Vol.17

 Podcast

 ダウンロードはこちら

畠山重篤 第1回 未来授業 Vol.17のメイン画像

今週の講師は、宮城県・気仙沼の漁師、畠山重篤さん。
牡蠣の養殖を営みながら、20年以上前から、森に木を植える活動を続けています。「海で働く漁師さんが、森に木を植える。」この、ちょっと不思議な活動が、いま、世界で注目を集めています。
震災による津波で壊滅状態になった気仙沼の漁場。
その復興のカギともなる「森は海の恋人」運動。
そのキーワードは 『鉄は魔法使い』 でした。

【畠山重篤】
自然の「環」から、人の『「和」を育てよう!』をキャッチフレーズに、環境教育・森づくり・自然環境保全の3分野で活動する特定非営利活動法人、NPO法人森は海の恋人の代表。

加藤嘉一 第4回 未来授業 Vol.16

 Podcast

 ダウンロードはこちら

中国は、今後どうなって ゆくのか?
中東の民主化ドミノは、中国にまで達するのか?
中国の、そして、日中関係の未来について伺います。

【加藤嘉一】
2003年高校卒業後単身で北京大学留学。
2010年7月、同大学国際関係学院大学院修士課程終了。
英フィナンシャルタイムズ中国パンコラムニスト、
北京大学研究員。年間300以上の取材を受け、200本以上のコラムを書く27歳。

加藤嘉一 第3回 未来授業 Vol.15

 Podcast

 ダウンロードはこちら

加藤嘉一 第3回 未来授業 Vol.15のメイン画像

外交にもビジネスにも、そして旅行にも役立つ、中国人と上手に付き合う方法。
中国と上手に付き合う上で知っておくべきこととは!?
地理的にも経済的にも避けて通れない隣国と付き合う上で、知っておくべきこととは?
キーワードは「距離感」です。

【加藤嘉一】
2003年高校卒業後単身で北京大学留学。
2010年7月、同大学国際関係学院大学院修士課程終了。
英フィナンシャルタイムズ中国パンコラムニスト、
北京大学研究員。年間300以上の取材を受け、200本以上のコラムを書く27歳。