未来授業 第2回 清水英斗 Vol. 1439

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回 清水英斗  Vol. 1439のメイン画像

「未来授業」。月曜から木曜のこの時間、ラジオを教壇にして開かれる、未来のための公開授業です。
今週はサッカーライター、清水英斗さんの授業をお送りしています。
テーマは『サッカー監督でみるワールドカップ』
日本は6大会連続、6回目の出場となるワールドカップ。直前に監督の交代劇があったことから、懸念材料も多く挙げられています。しかし清水さんは、代表チームの監督にこそ、厳しい状況を味方にしていく力が重要といいます。

未来授業、2時間目のテーマは『名監督の条件』

清水英斗(しみず・ひでと)
1979年12月1日生まれ、岐阜県下呂市出身。試合の深みをすくい取るサッカーライター。近著は「アホが勝ち組、利口は負け組 ~サッカー日本代表進化論~」「実況! 空想サッカー研究所 もしも織田信長がW杯に出場したら」「サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術」「サッカーDF&GK練習メニュー100」など。現在も週に1回はボールを蹴る。海外取材では現地の人たちとサッカーで触れ合うのが楽しみ。

未来授業 第1回 清水英斗 Vol. 1438

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 清水英斗  Vol. 1438のメイン画像

「未来授業」。月曜から木曜のこの時間、ラジオを教壇にして開かれる、未来のための公開授業です。
今週はサッカーライター、清水英斗さんの授業をお送りします。テーマは『サッカー監督でみるワールドカップ』
開幕がせまる2018FIFAワールドカップ、32の国が出場する、世界最大のサッカーの祭典です。初開催から88年。選手たちの活躍がドラマに、そして伝説になって積み重なってきたのと同様、チームのスタイル、伝統を作り上げているのが、32人の監督たちです。
今週は、監督の視点を通じて、今回のワールドカップをより楽しむためのガイド、お送りします。初日のきょうは、6大会連続、6回目の出場を果たした私たち日本から。
ことし4月、日本代表を監督解任という衝撃が襲いました。
未来授業、1時間目のテーマは『解任は正しかったのか?』

清水英斗(しみず・ひでと)

1979年12月1日生まれ、岐阜県下呂市出身。試合の深みをすくい取るサッカーライター。近著は「アホが勝ち組、利口は負け組 ~サッカー日本代表進化論~」「実況! 空想サッカー研究所 もしも織田信長がW杯に出場したら」「サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術」「サッカーDF&GK練習メニュー100」など。現在も週に1回はボールを蹴る。海外取材では現地の人たちとサッカーで触れ合うのが楽しみ。

未来授業 第4回 鬼丸昌也 Vol. 1437

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 鬼丸昌也  Vol. 1437のメイン画像

今週の講師は、鬼丸昌也(おにまる・まさや)さんです。
鬼丸さんは大学在学中の2001年にNPO法人テラ・ルネッサンスを設立。アジアやアフリカを中心に、地雷除去や子ども兵の社会復帰など、さまざまな社会活動を行ってきました。
テラ・ルネッサンスの17年間の活動をまとめたのが、鬼丸さんの著書「平和をつくるを仕事にする」。その中で鬼丸さんは、「知ること、伝えること、行動すること」の大切さを綴っています。

未来授業4時間目、テーマは『真のグローバリズムとはなにか』

鬼丸昌也(おにまる・まさや)
1979年、福岡県生まれ。立命館大学法学部卒。特定非営利法人テラ・ルネッサンス理事・創設者。2001年初めてカンボジアを訪れ、地雷被害の現状を知り、講演活動を開始。同年10月、大学在学中に「全ての生命が安心して生活できる社会の実現」をめざす「テラ・ルネッサンス」を設立。2002年、(社)日本青年会議所人間力大賞受賞。年に100回以上、地雷や子ども兵など、平和問題を伝えるための講演活動をしている。近著「平和をつくるを仕事にする」(ちくまプリマー新書)。

未来授業 第3回 鬼丸昌也 Vol. 1436

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 鬼丸昌也  Vol. 1436のメイン画像

今週の講師は、NPO法人テラ・ルネッサンスの理事で創設者、鬼丸昌也(おにまる・まさや)さんです。
鬼丸さんは大学在学中の2001年にNPOを設立。アジアやアフリカを中心に、地雷除去や子ども兵の社会復帰など、さまざまな社会活動を行う38歳です。
内戦や紛争と聞くと、「自分とは関係ない」と考える人もいるかもしれません。でも「民族対立や地域紛争は、遠い国のことではない。」と鬼丸さんは言います。

未来授業3時間目、テーマは『世界を変えるためにわたしたちにできること』

鬼丸昌也(おにまる・まさや)
1979年、福岡県生まれ。立命館大学法学部卒。特定非営利法人テラ・ルネッサンス理事・創設者。2001年初めてカンボジアを訪れ、地雷被害の現状を知り、講演活動を開始。同年10月、大学在学中に「全ての生命が安心して生活できる社会の実現」をめざす「テラ・ルネッサンス」を設立。2002年、(社)日本青年会議所人間力大賞受賞。年に100回以上、地雷や子ども兵など、平和問題を伝えるための講演活動をしている。近著「平和をつくるを仕事にする」(ちくまプリマー新書)。