未来授業 第3回 市原えつこ Vol. 1284

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 市原えつこ Vol. 1284のメイン画像

今週の講師は、アーティスト、市原えつこさんです。
市原さんは、大学在学中からインスタレーションやパフォーマンス作品を制作。最新作<デジタルシャーマン・プロジェクト>では、弔いの儀式とデジタルデバイスを組み合わせて、日本人の死生観に迫っています。
そんな市原さんの作品のひとつが、<セクハラインターフェイス>。大根が艶(なま)めかしく喘ぎ声を上げる、謎のアート作品です。
そこには、市原作品に共通の「ある視点」が。

未来授業3時間目。テーマは

『隠されたものに光を当てる』

市原えつこ(いちはら えつこ)
大学在学中から、日本特有のカルチャーとテクノロジーを掛け合わせたアート作品を制作し、注目を集める。主な作品に大根が艶かしく喘ぐデバイス「セクハラ・インターフェース」や、秋田県のナマハゲ行事を現代の東京に移植した「都市のナマハゲ——NAMAHAGE in Tokyo」などがある。2015年に発表した「デジタルシャーマン・プロジェクト」は文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞している。

未来授業 第2回 市原えつこ Vol. 1283

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回 市原えつこ Vol. 1283のメイン画像

今週の講師は、アーティスト、市原えつこさんです。
大学在学中から、日本特有のカルチャーとテクノロジーを掛け合わせたインスタレーションやパフォーマンス作品を制作。これまでコンセプトもスタイルも異なる、数々のアート作品を発表してきました。
そんな市原さんの最新作が<デジタルシャーマン・プロジェクト>。葬儀という宗教儀式や、日本人の死生観に着目したユニークな作品です。

未来授業2時間目。テーマは

『311後の死生観』

市原えつこ(いちはら えつこ)
大学在学中から、日本特有のカルチャーとテクノロジーを掛け合わせたアート作品を制作し、注目を集める。主な作品に大根が艶かしく喘ぐデバイス「セクハラ・インターフェース」や、秋田県のナマハゲ行事を現代の東京に移植した「都市のナマハゲ——NAMAHAGE in Tokyo」などがある。2015年に発表した「デジタルシャーマン・プロジェクト」は文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞している。

未来授業 第1回 市原えつこ Vol. 1282

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 市原えつこ Vol. 1282のメイン画像

今週の講師は、アーティスト、市原えつこさん。
大学在学中から、日本特有のカルチャーとテクノロジーを掛け合わせたアート作品を制作し、注目を集めてきました。
そんな市原さんが2015年に発表したのが、<デジタルシャーマン・プロジェクト>。大切な人の死をどう受け止めるか。
仏教葬儀のシステムにテクノロジーを持ち込んだユニークな作品です。

未来授業1時間目。テーマは

『デジタルシャーマン・プロジェクト』

市原えつこ(いちはら えつこ)
大学在学中から、日本特有のカルチャーとテクノロジーを掛け合わせたアート作品を制作し、注目を集める。主な作品に大根が艶かしく喘ぐデバイス「セクハラ・インターフェース」や、秋田県のナマハゲ行事を現代の東京に移植した「都市のナマハゲ——NAMAHAGE in Tokyo」などがある。2015年に発表した「デジタルシャーマン・プロジェクト」は文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞している。

未来授業 第4回 かっぴー Vol. 1281

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 かっぴー Vol. 1281のメイン画像

今週の講師は、漫画家で、株式会社なつやすみ代表 かっぴーさん。
美術大学を卒業後、大手広告代理店に就職し、その後WEB制作会社のプランナーに転職。この頃、自己紹介がわりに描いた漫画が社内で評価され、これをきっかけに「フェイスブックポリス」という漫画をWebで発表。大きな注目を集め、一昨年、漫画家として独立し、様々な作品を電子書籍やWeb媒体で発表しています。

今週は、かっぴーさんが現在、Web媒体「cakes(ケイクス)」で連載中の漫画『左ききのエレン』でも大きなテーマとなっている「才能」と
「クリエイティブ」について伺っています。

未来授業4時間目。テーマは「これからのクリエイティブ」。
才能とは。アートとは。仕事とは。この漫画ではこうしたビジネス論がセリフとして積み重なり、読者の共感を呼んでいます。まずは、こうしたセリフはどのように産まれるのか。伺いました。

かっぴー
漫画家、株式会社なつやすみ代表取締役社長。
1985年、神奈川の横浜じゃない田舎生まれ。映画の脚本家やテレビ番組の構成作家に憧れるも、自分が天才では無い事に高校生で気がつきデザイナーを志す。武蔵野美術大学でデザインを学び、2009年卒業後は東急エージェンシーのクリエイティブ職に。アートディレクター・コピーライター・CMプランナーなど天職が見つからぬままアイデアを書き留めた絵コンテを量産する。2014年に面白法人カヤックへ転職。自己紹介のつもりで日頃思っている事を漫画で描いて社内向けに公開し、社内で大ウケ。広告業界で描き続けていた絵コンテが、思わぬ所で役に立った。2015年9月、漫画を見た同僚に背中を押され、描いた漫画「フェイスブックポリス」をWEBサイトへ公開し、大きな反響を呼んでネットデビューを果たした。以降、「フェイスブックポリス」の続編「SNSポリス」をはじめ「おしゃ家ソムリエおしゃ子」「おしゃれキングビート!」「裸の王様VSアパレル店員」などWEBメディアでの多数の連載がはじまる。漫画の広告起用に「サントリー」「ヤフオク!」「パナソニック」「UHA味覚糖」など。また、cakesで「左ききのエレン」好評連載中。池田エライザにツイッターで「ファンです!」と言われた事をきっかけに、どんどん漫画家の様な素振りを見せ始める。子どもの頃憧れた映画の脚本家やテレビ番組の構成作家など、自分が考えた物語を世に広める事を夢みて、2016年2月に株式会社なつやすみを設立した。社訓は「忙しく、遊ぶ。」