篠崎晃一 第3回 未来授業 Vol.856

 Podcast

 ダウンロードはこちら

篠崎晃一 第3回 未来授業 Vol.856のメイン画像

今週の講師は、東京女子大学教授 篠崎晃一さん。
専門は、方言学・社会言語学です。方言の専門家として様々なメディアで活躍する一方、最近は大学の学生たちなどと共同で作成した「出身地鑑定!! 方言チャート」というウェブ上のアプリがおよそ800万人以上に利用され大人気になったことでも知られています。
きょうは、篠崎さんが研究してきた日本全国に無数に存在する「方言」の多様性、方言の驚きの世界を、いろいろと教えて頂きます。

未来授業3時間目
テーマは『“えがえが”と“ちくちく”』

篠崎晃一(しのざきこういち)
東京女子大学教授。専門は、方言学、社会言語学。
学生たちなどと共同で作成した「出身地鑑定!! 方言チャート」というウェブ上のアプリが大人気になったことでも知られる。
「出身地(イナカ)がわかる方言 」(幻冬舎文庫)、「海道・東北 「方言」から見える県民性の謎 」(じっぴコンパクト新書)など著書も多数。