佐々木典士 第4回 未来授業 Vol.993

 Podcast

 ダウンロードはこちら

佐々木典士 第4回 未来授業 Vol.993のメイン画像

今週の講師は、ミニマリストの佐々木典士さん。

出版社に勤務しながら普段は編集者として働く佐々木さんは、
ミニマリスト、という、もうひとつの肩書きで
世界中から注目を集めている日本人です。
必要最小限、つまり、ミニマルなモノだけに囲まれた暮らし。
そんな生活をしてこそ、人間は、自由を獲得できるのではないか。
佐々木さんはそう話し、実際、モノを持たない暮らしを実践しています。

「大量生産・大量消費・大量廃棄の時代は、もう、終わり」
モノも情報も持たない時代。
その変化の先には、いったいなにがあるのでしょうか。

未来授業4時間目
テーマは「モノも情報も“持たない”時代」

◆佐々木 典士(ササキ・フミオ)
1979年生まれ。香川県出身。学研『BOMB』編集部、INFASパブリケーションズ『STUDIO VOICE』編集部を経て、現在はワニブックス所属。すべてを保存し、
何も捨てられない元マキシマリスト。