西川悟平 第3回 未来授業 Vol.996

 Podcast

 ダウンロードはこちら

西川悟平 第3回 未来授業 Vol.996のメイン画像

今週の講師はピアニスト、西川悟平さんです。

15歳からピアノを始め、25歳のとき、巨匠・ディヴィッド・ブラッドショー、
コズモ・ブオーノに認められ、ニューヨークへ招かれました。
しかし、夢に向かって順風満帆かに思えた矢先、突如、難病「ジストニア」を発症、
両手の指を思うように動かせなくなりました。

そんな絶望に対し、西川さんは如何にして立ち向かい、
そして這い上がるための強い精神を育んだのでしょうか、
    
未来授業3時間目、テーマは
「あきらめない心」

◆西川悟平(ニシカワ・ゴヘイ)
ピアニスト。1974年大阪府堺市生まれ。
15歳からピアノを始め3年後にニューフィルハーモニー管弦楽団とピアノコンチェルトを共演。
1999年、巨匠・故ディヴィッド・ブラッドショー氏とコズモ・ブオーノ氏に認められ、ニューヨークへ招待される。
2001年、ジストニアと診断され、指の機能を失う。
その後、懸命なリハビリにより奇跡的に少しずつ指の機能を快復させ、現在では7本の指でピアニストとして世界で活躍している。