未来授業 第1回 前田展弘 Vol.1082

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回  前田展弘  Vol.1082のメイン画像

今週の講師は、東京大学 高齢社会総合研究機構 客員研究員で、
ニッセイ基礎研究所勤務の前田展弘さんです。
専門はジェロントロジー(老年学)で、高齢社会における
クオリティ・オブ・ライフや長寿時代のライフデザインにも取り組み、
超高齢社会に対応した地域づくり事業も手掛けています。

「ジェロントロジー」とは、日本ではあまり聞き馴染みのない言葉ですが、
具体的にどういったものなのでしょうか。

未来授業1時間目、テーマは
『ジェロントロジー』

◆前田 展弘(マエダ・ノブヒロ)
ニッセイ基礎研究所 主任研究員 東京大学高齢社会総合研究機構・客員研究員。
2004年ニッセイ基礎研究所入社。
ジェロントロジー(高齢社会総合研究)、超高齢社会・市場、
QOL(Quality of Life)などを専門分野とし、
高齢者の活躍場所を拡大するための「セカンドライフ支援」に関する研究及び事業、
東京大学産学連携組織「ジェロントロジー・ネットワーク」における
「高齢者市場創造」の研究、安心で豊かな長寿を実現するための高齢者の
QOL及びライフデザインに関する研究に取組んでいる。
さらに、2013年度からはジェロントロジーの知識・情報を
社会に広く普及させるための「高齢社会検定事業」の開発に協力し、
その拡大に取り組んでいる。