未来授業 第3回 指出一正 Vol.1160

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 指出一正 Vol.1160のメイン画像

地方で、より面白い未来を作ろうとしているソーシャル世代の若者たち。その多くが一度は都会の生活を経験しています。
人やモノ、仕事や娯楽にあふれる都会を離れるとき、多くの人々は生活の糧(かて)をどうするかといった理想と現実のギャップに悩むことになります。
現代社会を生きるために必要な仕事とお金の問題。一見、実際住むにあたって厳しいように思える場所での生活も、
ちょっと考え方を変えるだけで豊かなものに変わります。

未来授業3時間目。『縁が生み出す仲間経済』

指出一正(さしで・かずまさ)
月刊『ソトコト』編集長。1969年群馬県生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。雑誌『Outdoor』編集部、『Rod and Reel』編集長を経て、現職。島根県「しまコトアカデミー」メイン講師、広島県「ひろしま里山ウェーブ拡大プロジェクト」全体統括メンター、高知県文化広報誌『とさぶし』編集委員、沖縄県久米島町アドバイザー、静岡県「地域のお店デザイン表彰」審査委員長、奈良県「奥大和アカデミー」メイン講師、広島県「ひろしま さとやま未来博2017」総合監修をはじめ、地域のプロジェクトに多く携わる。趣味はフライフィッシング。