未来授業 第4回 指出一正 Vol.1161

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 指出一正 Vol.1161のメイン画像

最終日のきょうは、これからの未来を楽しくするために求められる、“複眼的な視点”の養い方について考えます。
毎日の安定した生活を主流とするならば、そこから外れる不安というのは大きいはず。でもその不安を和らげる考え方があります。
ヒントとなるのが、一つではなく、複数の視点を持つということです。    

未来授業4時間目。『自分のこととして楽しむ』

指出一正(さしで・かずまさ)
月刊『ソトコト』編集長。1969年群馬県生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。雑誌『Outdoor』編集部、『Rod and Reel』編集長を経て、現職。島根県「しまコトアカデミー」メイン講師、広島県「ひろしま里山ウェーブ拡大プロジェクト」全体統括メンター、高知県文化広報誌『とさぶし』編集委員、沖縄県久米島町アドバイザー、静岡県「地域のお店デザイン表彰」審査委員長、奈良県「奥大和アカデミー」メイン講師、広島県「ひろしま さとやま未来博2017」総合監修をはじめ、地域のプロジェクトに多く携わる。趣味はフライフィッシング。