未来授業 第3回 川原啓嗣 Vol. 1188

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  川原啓嗣 Vol. 1188のメイン画像

今週の講師は、日本における「ユニバーサルデザイン」の第一人者!インダストリアルデザイナーで、一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会の専務理事、川原啓嗣さんです。

老若男女、文化も、言語も、国籍も違い、障害の有無を問わず、だれもが、利用することができるデザイン、それが「ユニバーサルデザイン」。日本においてその理解が進む絶好の機会が、2020年だと川原さんは話します。

未来授業3時間目

「ダイバーシティ・インクルージョン」


川原啓嗣(かわはら・けいじ)
インダストリアルデザイナー 名古屋学芸大学 メディア造形学部 デザイン学科 学科長 一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会の専務理事。専門分野は、身体障害者の生活機器のデザイン。これまで、産業、情報、住宅、医療など、分野を越えて、たくさんのプロダクトの企画・開発を手掛けている。