未来授業 第1回 河合薫 Vol. 1230

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第1回 河合薫 Vol. 1230のメイン画像

今週の講師は、健康社会学者の河合薫さん。
大学を卒業後、全日空のキャビンアテンダントを経て気象予報士に。お天気キャスターを務めながら東京大学の大学院で学び、健康社会学を専門とする研究者となられました。

職場環境や仕事上の人間関係で生じてしまう「ストレスの雨」に対して、「適切な傘」を差し伸べることが健康社会学の役割だと話す河合さんは、これまで多くの企業のトップにインタビューを行っています。

そんな健康社会学者の河合薫さんは、政府が主導している「働き方改革」をどう見ているのか。4日間に渡って課題を整理して頂きます。

未来授業。1時間目のテーマは、『同一労働・同一賃金という落とし穴』

河合 薫 Kaoru Kawai
健康社会学者(Ph.D.)、気象予報士、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などに出演。その後、東京大学大学院医学系研究科に進学し、現在に至る。「人の働き方は環境がつくる」をテーマに学術研究に関わるとともに、講演や執筆活動を行っている。フィールドワークとして600人超のビジネスマンをインタビュー。メルマガ「デキる男は尻がイイ!ー河合薫の社会の窓」が好評展開中。