未来授業 第3回 長谷井宏紀 Vol. 1264

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 長谷井宏紀 Vol. 1264のメイン画像

今週の講師は、映画監督、長谷井宏紀(はせい・こうき)さんです。
長谷井さんの長編初監督作品「ブランカとギター弾き」が、先日公開されました。

20代のころから、世界各国のスラムを旅し、フィルムに収めていた長谷井さん。その短編映画を評価し、自分が主催する映画祭での上映を勧めてくれたのが、
世界的な映画監督、エミール・クストリッツァさんでした。
長谷井さんはその後2年間ほど、クストリッツァ監督の村で生活。監督との出会いが、長谷井さんの映画人生を大きく変えていきます。

未来授業3時間目。テーマは『 クストリッツァの村で 』

長谷井宏紀(はせい・こうき)
1975年岡山県出身。「w/o」を監督。ロッテルダム映画祭、ウイーンビエンナーレ映画祭などで上映。ART BOOK 「OBSCURE」、映像集「IMAGE GARDEN-inspired by デレクジャーマン」、浅野忠信監督作品「TORI」参加。またUA「踊る鳥と金の雨」などのMV や、セルゲイ・ボドロフ監督「MONGOL」で映画スチールを担当。世界を旅しながら、映像作品を制作している。 短編フィルム「GODOG」にてInternational Film Festival Kustendorf 2009にて金の卵賞を受賞。charaのミュージックビデオ「call me」がSpace Shower Music Video Awards 09のFemale Video部門にノミネート。初長編「ブランカとギター弾き」(『BLANKA』)が今夏全国順次ロードショー。