未来授業 第4回 沼田真佑 Vol. 1293

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 沼田真佑 Vol. 1293のメイン画像

今週の講師は、沼田真佑さん。
今年7月、「影裏」で第157回 芥川賞を受賞。デビュー作での受賞は大きな話題となりました。この作品は、東日本大震災 前後の東北・盛岡が舞台。震災をきっかけに浮かび上がる、人の知られざる側面が描かれています。
今回のインタビューで沼田さんは、影裏を書いたきっかけについて「これまで遊びで、軽薄な小説を描いていたが震災のあった盛岡に身をおいていてそれでいいのかと、表現者として向き合おうと思った」と話してくれました。そして、この小説を書き上げ、芥川賞という評価を受けたいま、沼田さんは何を感じているのでしょうか。

未来授業4時間目。

テーマは『共感より感銘』

沼田真佑(ぬまた・しんすけ)
1978年北海道生まれ。西南学院大学卒業後、福岡市で塾講師を務める。現在、岩手県盛岡市在住。本作で第122回文學界新人賞受賞しデビュー。