未来授業 第3回 塩沼亮潤 Vol. 1300

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回 塩沼亮潤 Vol. 1300のメイン画像

今週の講師は、慈眼寺住職の塩沼亮潤大阿闍梨さん。
宮城県慈眼寺の住職で、1日48km、16時間の山登りを1000日、およそ9年がかりで取り掛かる、1300年に2人の成功者しかいない修行「千日回峰行」の達成者です。

今週は「歩きながら自分を見つめ直す方法、歩行禅」について伺っています。

歩きながら「ごめんなさい」と「ありがとう」を繰り返す。そして座禅を組み自分を省みる。歩行禅という普段の生活の中に取り入れられる形の修行を進める塩沼さん。自分の心の中を見つめることで、見えてくるものがあるといいます。

未来授業3時間目。テーマは「運を良くし、幸せに生きるには」

塩沼亮潤(しおぬまりょうじゅん)
福聚山 慈眼寺 住職
大峯千日回峰行大行満大阿闍梨
著書「歩くだけで不調が消える 歩行禅のすすめ」が発売中。