未来授業 第4回 安藤忠雄 Vol. 1325

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回 安藤忠雄 Vol. 1325のメイン画像

「未来授業」。今週の講師は、建築家 安藤忠雄さんです。

プロボクサーから独学で建築家に。既成概念を打ち破る、挑戦的で革新的な作品群は、建築業界に大きなインパクトをもたらしました。
また、環境の再生や震災復興など、建築の枠を超えた取り組みも。挑戦を続ける76歳です。

未来授業4時間目、最後日のテーマは『生涯ケンカや!やったるで~』

◆安藤忠雄(あんどう・ただお)
1941年大阪生まれ。独学で建築を学び、1969年安藤忠雄建築研究所設立。代表作に「光の教会」「ピューリッツァー美術館」「地中美術館」など。1979年「住吉の長屋」で日本建築学会賞、1993年日本芸術院賞、1995年プリツカー賞、2003年文化功労者、2005年国際建築家連合(UIA) ゴールドメダル、2010年ジョン・F・ケネディーセンター芸術金賞、後藤新平賞、文化勲章、2013年フランス芸術文化勲章(コマンドゥール)、2015年イタリア共和国功労勲章グランデ・ウフィチャ―レ章、2016年イサム・ノグチ賞など受賞多数。1991年ニューヨーク近代美術館、1993年パリのポンピドー・センターにて個展開催。イェール、コロンビア、ハーバード大学の客員教授歴任。1997年から東京大学教授、現在、名誉教授。