未来授業 第3回 谷崎テトラ Vol. 1368

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第3回  谷崎テトラ Vol. 1368のメイン画像

今週の講師は、小説家であり、ミュージシャンであり、放送作家。いくつもの顔を持ちながら、京都造形芸術大学の教授を務める谷崎テトラさん。
専門領域は、「地球環境」。

AIの進化によって、将来、2人に1人の仕事はコンピューターに変わると言われています。そのとき、私たちは、どうやって稼ぐのか。いま、世界中の国々が、「ベーシックインカム」の導入を検討しています。「すべての国民に、一律、お金を配布する」という考えです。

現実離れしたように聞こえるこの制度が、なぜ、注目を集めているのでしょうか。地球環境とはどんな関係があるのでしょうか。

未来授業3時間目。テーマは、「ベーシックインカムと信頼資本」

谷崎テトラ(たにざき・てとら)
京都造形芸術大学 創造学習センター教授・愛知県立芸術大学非常勤講師
作家・放送作家・小説家・メディア&音楽プロデューサー・DJ
1964年、静岡生まれ。環境・平和・社会貢献・フェアトレードなどをテーマにしたTV、ラジオ、WEB番組、出版、イベントの企画・構成をつうじて、新しい価値観(パラダイムシフト)や、持続可能な社会の転換(ワールドシフト)の 発信者&キュレーターとして活動中。世界のエコビレッジやコミュニテイラーニングに関して深い知見を持つ。国連 地球サミット(RIO+20)など国際会議のNGO参加・社会提言、環境省「つなげよう森里川海」映像制作など、社会提言のメディア発信、企業・市民セクターとの連携などを数多くてがける。