未来授業 第4回 小松理虔 Vol. 1389

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第4回  小松理虔 Vol. 1389のメイン画像

今週の講師は、福島の声や情報を発信する編集者でライターの小松理虔さんです。
小松さんは、市民の有志による海洋調査チーム「うみラボ」を立ち上げて、福島沖の魚の放射線物質を測定し、その数値をブログで公開。
また、「うみラボ」の活動を通して、福島の海や魚に関わるうちに、福島の漁師や漁業がおかれる現状にも、目を向けるようになったと言います。

未来授業4時間目、テーマは『“おいしい”が福島の未来をつくる』

小松理虔(こまつ・りけん)
1979年福島県いわき市生まれ。報道記者、かまぼこメーカー勤務などを経て現在はフリー。いわき市の漁師町・小名浜で、地元のローカルクリエイティブを伝えるウェブマガジン「tetoteonahama」も主宰し、オルタネティブスペース「UDOK.」を共同運営。近海の魚を釣り、放射性物質を測る「うみラボ」共同主宰。