未来授業 第2回 中沢新一Vol. 1391

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回  中沢新一Vol. 1391のメイン画像

今週の講師は、思想家で人類学者の、中沢新一(なかざわ・しんいち)さん。
ジャンルや学問の枠を超えて、人間の本質と現代思想の在り方に迫る研究で知られています。
中沢さんのライフワークの一つが、「アースダイバー」という一連の作品群。都市と現代思想を地政学的な視点で問い直すシリーズです。最新刊「アースダイバー、東京の聖地」では、
築地と明治神宮周辺を取り上げました。

「築地市場」は日本最大の卸売市場。水産物を中心に、青果や加工品を取り扱い、日本の食卓を支えています。

未来授業2時間目、テーマは『聖地としての魚河岸、築地移転問題の本質』

中沢 新一(なかざわ・しんいち)
1950年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。現在、明治大学野生の科学研究所所長。思想家。著書に『アースダイバー』(桑原武雄賞)、『対称性人類学 5 カイエ・ソバージュ』(小林秀雄賞)、『チベットのモーツァルト』(サントリー学芸賞)、『森のバロック』(読売文学賞)、『哲学の東北』(青土社、斎藤緑雨賞)、『熊楠の星の時間』、『大阪アースダイバー』など多数ある。