未来授業 第2回 植木亜弓 Vol. 1407

 Podcast

 ダウンロードはこちら

未来授業 第2回  植木亜弓 Vol. 1407のメイン画像

今週の講師は、音楽療法士、植木亜弓さん。
音楽療法は医療や福祉の現場で活用が広がっています。

未来授業2時間目、テーマは『音楽の“癒す力”』

音楽療法を用いた具体的な事例を伺います。脳梗塞の後遺症により言葉を話せなくなったことで、周囲からは認知症が進んでいると思われていた男性が、音楽を通して周囲が思うほど認知症が進んでいないと思える手がかりを見つけ、言葉を取り戻していく事例と余命数週間を宣告された20代女性の終末期の緩和ケアの事例をご紹介します。

植木 亜弓(うえき あゆみ)
幼児教育や高齢者の介護や福祉の仕事を通じて音楽の力強さや癒しの効果を知り、音楽療法の道を志す。東北労災病院緩和ケア内科、ホームホスピス「にじいろの家」、共生型施設「みんなのおうち太白だんだん」などで音楽療法士として活躍。国際音楽療法専門学院講師。目指すはミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」のマリアのような音楽療法士。