小林弘幸 第4回 未来授業 Vol.77

 Podcast

 ダウンロードはこちら

小林弘幸 第4回 未来授業 Vol.77のメイン画像

ヒトの心と体、全てに影響を及ぼす「自律神経」の研究の第一人者で、スポーツ医学の分野では、数々のトップアスリートに医学の立場からコンディショニング指導を続けている小林弘幸さん。

水を飲む、階段を使う、ガムを噛むなど、震災後のストレスにサラされた自律神経を、正常に戻す方法は、普段の生活の中に色々とあるようです。
では、例えば言葉や音楽は、どんな効果があるのでしょうか。

未来授業4時間目。 テーマは、「言葉と音楽と自律神経の関係」

【小林弘幸】
順 天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1960年、 埼玉県生まれ。1987年、 順天堂大学医学部卒業。1992年、 順天堂大学大学院医学研究科(小 児外科)博 士課程を修了後、ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立病院外科、順天堂大 学小児外科講師・助教授を歴任。その後、現職に至る。
20年以上に及ぶ、外科・移植外科、免疫、臓器、神経、水、スポーツ飲 料の研究を続けるなかで、交感神経と副交感神経のバランスの重要性を痛感し、自律神経研究の第一人者として、数多くのトップアスリー トや芸能人のコンディショニング、パフォーマンス向上指導にかかわる。テレビ朝日系「たけしのみんなの家庭の医学」をはじめ、多くの 健康番組に出演。わかりやすい医学解説に定評がある。