若松孝二 第3回 未来授業 Vol.148

 Podcast

 ダウンロードはこちら

今週の講師は、映画監督の若松孝二さん。

若松監督の昭和三部作と言われる作品の中でも、「実録・連合赤軍 あさま山荘への道」と「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」では、昭和史の中で革命を起こそうとした若者の姿が別々の角度から描かれています。
今「昭和」という時代を改めて描いた理由とは?

未来授業3時間目、テーマは「昭和という時代」

【若松孝二(映画監督)】
1936年4月1日生まれ。宮城県出身。主な作品に『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(2007)・第20回東京国際映画祭「日本映画・ある視点 作品賞」・第58回ベルリン国際映画祭最優秀アジア映画賞(NETPAC賞)国際芸術映画評論連盟賞(CICAE賞)『キャタピラー』(2010)第60回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(寺島しのぶ)
※他多数 国際映画祭のみ表記
最新作「海燕ホテル・ブルー」は3月24日
テアトル新宿・シネマジャック&ベティにて公開。