安藤美冬 第1回 未来授業 Vol.210

 Podcast

 ダウンロードはこちら

安藤美冬 第1回 未来授業 Vol.210のメイン画像

今週の講師は、安藤美冬さん。
安藤さんは株式会社spree代表、「自分をつくる学校」学長という肩書きをもつ一方、特定のオフィスに縛られない、いわゆるノマドワーカーとしての新しい仕事のスタイルが、各メディアで紹介され、多くの反響を呼びました。

元々は大手出版社の会社員として、広告営業などに7年間携わり、その後独立。現在の自らの職業を「フリーランス」と呼んでいます。

今回は、既存の、会社員という職業“以外の可能性”、若い世代のこれからの仕事の在り方、向き合い方について、安藤さんに伺っていきます。

未来授業1時間目、テーマは『フリーランスという職業』

【安藤美冬】
株式会社spree代表取締役社長。1980年生まれ、東京育ち。慶応義塾大学卒業後、(株)集英社にてファッション誌の広告営業と書籍単行本の宣伝業務を積み、2008年には社長賞を受賞。2011年1月独立。
ソーシャルメディアでの発信とセルフブランディングを駆使し、一切の営業活動をすることなく、複数の肩書で複数の仕事をする独自のノマドワークスタイルが注目を浴び、MBS-TBS系列『情熱大陸』、朝日新聞などのメディアで多数取り上げられる。またNHK『ニッポンのジレンマ』、TBS『田村総研』にも30代の若手論客として出演。日本初のセルフブランディングをテーマにした「自分をつくる学校」学長を手がけるほか、書籍やイベントの企画・プロデュース、野村不動産、リクルート、東京ガスなど企業が参画する「ポスト団塊ジュニアプロジェクト」のアドバイザーも務めるなど、企業や分野を超えて活動中。